FC2ブログ
□  2013.02 □  01≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫03
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
インプットの日@Happy Hunter
ダージリンにあるマカイバリ茶園の根底にある
人々の想い、経営哲学、オーガニック農法についての
勉強会に参加して来ました。(マカイバリ・ジャパンのHP

ハウス・カーズ・マーケットにある紅茶専門店&ティールーム
Happy Hunterのオーナー、石井博子さんが講師をつとめて
くださいました。
happyhunter180213b.jpg
マカイバリ茶園のオーガニック紅茶は、インドからの茶葉として
はじめて日本の有機JAS認定を受けています。

*堆肥等による土作りを行い、播種・植付け前2年以上
及び栽培中に(多年生作物の場合は収穫前3年以上)、
原則として化学的肥料及び農薬は使用しないこと* と
日本の農林水産省の定めた規定があり、更には
頻繁に審査があるとのこと。

収穫前3年のオーガニック移行期のリスクがあまりに大きく
(生産者への収入の保証、茶園の収穫量の確保なども含め)
有機化に二の足を踏む茶園が多い中、マカイバリ茶園では
パイオニアとしてオーガニック/バイオダイナミック農法を
取り入れ、更にフェアトレードも実践しているのです。

石井博子さん自身が大学では国際協力論を学ばれたとあって
マカイバリ茶園で働く人々への生活向上のためのさまざまな
活動、エコツアーや白内障キャンプ、ホームステイプログラム
などにも積極的に関わっておられます。
happyhunter180213a.jpg
Happy Hunterさんの店舗に買い物に行ったときには
なかなかゆっくりと聞けない、博子さんの想いや
理念をこころゆくまで伺ってきました。
今回の勉強会を企画してくれた友人Cさんにも感謝。
本日の参加費は全額 デリーのとある施設への
物品支援として使われます。

「どうした?今日はおとなしいね」って言われましたが
伺った貴重なことを反芻するのに時間がかかるもんで~
アウトプットするためには、このようなインプットの機会が
とても貴重なのです。インプットの日には私とて口数が少ないです。笑

「国際協力するティーバイヤー」石井博子さん。
卸売だけだと仕入れ商品を決めるのは あくまでも
卸担当者であって いくら生産者側がイチオシだと思っても
本当に売りたいものを決められないのがジレンマだったそう。

直営の自分のお店だと、思うように商品が揃えられる。
茶園のバックグラウンドに存在するものを、より広く
知ってもらい、生産者と消費者とを結びつけたい
Happy Hunterをより幸せな出会いの場にして行きたいという
熱い想い、しっかと受け取りました。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2013.02.19(Tue)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin