FC2ブログ
□  2013.01 □  12≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫02
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
1月13日:「ローリー祭」なのです
1月13日の夜から1月14日にかけて
デリー、ハリヤーナー、パンジャーブ、ヒマチャル州の一部では
ローリーと呼ばれるお祭りで、この日を境に寒さが緩むと
言われています。
地方によってはマカル・サンクラーンティとかポンガルとか呼び名が
異なるのですが、「冬至」と理解するとわかりやすいですね。

インドは地球の歳差運動を調整せずにギリシア天文暦をとりいれたため
だんだん誤差が出つつあったところに、政府が独立後に
マカル・サンクラーンティを固定祭日と定めたので、この日が
インドにおける冬至の扱いとなっているのだそうです。
(固定祭日制定の情報は「これでインディア」より)
Lohri_Veer-Zaara.jpg
北インドの穀倉地帯でもあるパンジャーブ州やハリヤーナー州では
「収穫」祭でもあり、刈り入れがひと段落した農民たちが、
焚き火を囲んで歌い踊り、火の神様に感謝し、収穫を祝うのです。

ローリーを境にぐっと過ごしやすい気候が実感できるようになり
(人間にはまだまだ「寒い」と感じるこの時期も、ちょっと郊外に出ると
田んぼはすでに菜の花が満開ですしね~)
2月になると花々が咲き乱れる時期となります。
cottontree_20120315010518.jpg
そして、春の訪れを告げるコットンツリーの真紅の大輪の花が
大木に咲き始めます。「春」に落葉する木々が目立つのもインドならでは。
束の間の春を過ぎ、ホーリー祭が終わると一気に夏へとむかい
5月、6月の酷暑期に突入する・・・・というのが一年の前半。

ですからね、ま~だ1月だから・・・なんて思っていると
あっという間に酷暑期になっちゃうんですよ、毎年。
lohri07-1.jpg

ローリーの日には焚き火をして、ナッツやポップコーンを
火に捧げながら、家族やご近所さんと火を囲んで座って
ぼりぼりポップコーン・ナッツ・ガジャック(黒砂糖・生姜・ごまでできたお菓子)を
食べるのです。 ナッツもガジャックも体を温める作用がありますから
ただ単に食べて楽しむだけでなく、「残り少ない寒さを、元気に乗り切れるように・・・」
という願いも込められているのです。
lohri07-thali.jpg

赤ちゃんの「初ローリー」や
結婚後はじめてのローリー祭は特別なおめでたい日なので
特に盛大にお祝いします。
焚き火用の薪や、火に捧げ投げ入れるお菓子類が
マーケットに並ぶのもこの時期。
というわけで、週末はポップコーンやらガジャックやらのお菓子を買いに行かねば~。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2013.01.13(Sun)  青蓮日記COMMENT(3)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin