FC2ブログ
□  2012.07 □  06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
音楽の祭典@グルガーオン!!
昨年のデリー日本人会・忘年会で一番ウケまくったのが
「ギター同好会」のオリジナルソング
♪♪インドでギターはじめました♪♪ でした。

そのギター部のみなさんが、デリー&グルガーオンの
音楽好きなみんなで集まれる機会を!と
「夏祭り」を企画して下さったのです~~

デリー和太鼓会さん、ボリウッドダンスのデリーラビッツさん、
混声合唱のチャート・マサーラーさんとともに
私が入っているゴスペルサークル Amigo Delhi も出演しました。
Oh Happy Day と Shout to the Lord が発表曲目。
delhifes290712b.jpg

インドでギターはじめました のオリジナル「単身赴任バージョン」に
加え、新たに「独身バージョン」が出来てましたぁ。
「長渕軍団」がパワーアップしてましたよ!!
もうすでに、忘年会が楽しみになってきました。
おまけにzaitonさんのホーンセクションもあり
エアギターの最高に上手な方もいらして、最初から最後まで
笑いっぱなしの3時間、楽しい会でした。
ギター部の皆様、企画・運営に携わってくれた皆様 
本当にありがとうございました。出演者の皆様、お疲れ様でした。

「め組のひと」などなど、みんなと一緒に久々に踊りました。

でもね、個人的に一番嬉しかったのは 「Gold Finger」!!
これも踊りましたよ。郷ひろみのフリで!!
だってこの曲、博多での結婚式披露宴の
「新郎新婦入場BGM」
だったんです。すみません、ワタクシごとで。
あの頃から、ジャニーズおたくなの。

ようやくまとまった雨が降って、ちょっと凌ぎやすくなったデリー
そろそろラキーの腕輪やら、フレンドシップデイ用のブレスレットを
準備せねばなりません。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2012.07.30(Mon)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
なんでも再生・修理する
コンタクトレンズのメンテナンスが大変なので
インドではずっと眼鏡を愛用しています。
レーシックは勇気がなくてできないし、そのうち
老眼にもなっちゃうだろうし。

眼鏡だと、度入りのサングラスを調達しないかぎり
私のあこがれのスタイルはできないんですよね。
あこがれのスタイル=サングラスをカチューシャのように使うこと。
髪の毛が多いので、(いや、頭が大きいのか)なぜだか
サングラスがオシャレに頭上に止まらないのが悩みの種でした。

デリーを離れる友人が、使わなくなったサングラスをくれたので
それを利用したかったんだけど、度が入ってないのでどうするかなぁと
思っていたところ。ふと、いつも行く眼鏡屋さんに「これの
レンズを度入りにしてくれる?今かけてる眼鏡と同じ度数で」と
言ったら、あっさり「できますよ」って。

度入りレンズが入って、生まれ変わったサングラス。
これがうまい具合に頭上に留まって、とっても自己満足しています。
(前に日本で同じようなことを頼んだら、断られたことがありましたよ。)
sunglasses12.jpg
おまけにレンズに傷が入って見づらくなった眼鏡と
前に取材で行ったお寺で、サルに取られて(!!?)
2階部分から落とされてレンズが欠けた眼鏡も
全部新しいレンズを入れなおしてもらいました~。
それぞれ400ルピー前後。お得でしょ??

サルに取られたのはクリシュナ神の生誕地にある
Govind Deo Temple、クライアントに対して
「ここのお寺はサルがいっぱいいて、参拝者の眼鏡を
取るので気をつけてくださいね」と言ってるそばから
自分がやられたという・・・・・・あはは。その後残りの出張期間
2週間を角っこが欠けたレンズでしのぎましたとも。
そのおサルさんたちは、取られた眼鏡を取り返すために、
みんながビスケットなどをわたすようになったので
餌ほしさにだんだん知恵がついたらしく。賢いね~~
glasses12.jpg
たいていのものが修理できちゃうインド。
家電なども正規修理店が「もう部品がないからできない」と言ったものが
町の修理屋さんで「部品を作ってもらって」修理できたりします。
靴底の修理なんてお手の物。
もう使えないかも~~ とあきらめる前に、ダメもとで修理に出すと
使えるようになって戻ってくること多々あり。

大雑把なようでいて、すご~~く繊細な仕事ができる
むっちゃアナログかと思うと、最先端技術を駆使していたりする
何年住んでも不思議満載の国です、インド。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
雨乞いの踊り
まじで。
モンスーン(雨季)に入ったというのに
雨が降りません。雨乞いの踊りを踊りたい気分。
今年の酷暑期(5月~6月)は33年ぶりに記録更新の
暑さだったらしいのですが、雨の降らないモンスーンも
記録更新になるのかも。

そんな中、水曜日にはインド第13代目大統領に
プラナーブ・ムカルジー氏が就任、就任後大統領官邸に向かう
車輌を警護する、騎兵隊がカッコ良かったです。
この儀式が雨に降られないように、気象庁は予報を出すのにも
ヒヤヒヤものだったらしいですが。
13president-horseguard.jpg
photo courtesy; Indian Express

8月半ばにはジャイプル近郊で1週間ほど取材なので
ここで雨に降られちゃ~とっても困るんですけどね。

今朝も霧雨のようなのが申し訳程度に降りましたが
それでも気温が下がり、ほんの少し過ごしやすいかな。
bear-bread-mini.jpg

そうなると、俄然創作意欲が沸いてくるわけですよ。
最近作ったのは、クマちゃんのパン(幼児の食べきりサイズ)↑とか
(粘土細工感覚でこねこね、丸める作業なので、楽しいんです。)

フルーツのせティラミスとか。
fruit-tiramisu250712.jpg
これはめちゃくちゃ簡単に作れるのです。
季節のフルーツを彩りよくカットし(今回は李・キウィ・マンゴー)
無印の399円のティラミスのもとを使います。

容器の底に一枚ずつにはがしたオレオ(クリームは除く)を敷き
ティラミスを流しいれ、冷凍庫で固め、家を出る直前に
フルーツをのせれば、ちょっとした茶話会などにも
もって行けるのです。399円万歳!! 

ティラミスは火を使わずできるから楽チンだけど
でもね、まだオーブン仕事には辛い季節かも~~

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2012.07.27(Fri)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
心洗われる風景 風に乗せて
私が彼らの年代のころ(30歳前後)何をしていたかなぁ?
彼らのように、あれこれ考えて行動していたかなぁ?
恐れず、知らない土地に飛び込み、暮らしてみる勇気が
あったかなぁ?

そんなことを考えながら、彼らの世界一周をずっと
見守っていました。届けられる画像に、本当にうっとりしながら
世界を一緒に旅した気分になり、自分が行ったことのある場所を
反芻し。

彼らとは ONE+ ご夫妻、ふとしさんと さちさん
前に「ビビっ♪♪とアンテナが立つ」とご紹介した旅音さんつながりで
お二人の世界一周旅行のことを知り、旅の記録をずうぅっと読んでいたのです。

今は日本に帰国なさっていますが、本当に芯の通った
それでいてしなやかな、素敵な生き方のお二人です。
サイト紹介文には
DROP IN THE WORLD!!日本から一旦DROP OUTして夫婦で世界一周中。
なによりお祭り騒ぎが大好きな旦那と三度のメシより四度のメシ!!が大好きな嫁さんが
奄美皆既日食を機に世界中のお祭りと旨いメシを求めて旅する世界一周旅行記。

とあります。
creation-of-gaia-futoshi.jpg

その松尾太士さんの写真展「ガイアの創造」が、
8月2日から30日まで上野のユニバーサルカラーで開かれます。
澄んだ心で写された世界各地の素敵な風景
自分で行けないのがとっても残念ですが
東京および近郊の方はぜひぜひ!!
ph_01.jpg

会場所在地
〒110-0005 東京都台東区上野1-15-10 株式会社 ユニバーサルカラー
TEL:03-3834-7641 / FAX:03-3833-7960

はまって読み耽ってしまうこと間違いなしの、お二人のサイトはこちら↓ 
                 ONE+


今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2012.07.25(Wed)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
デリー☆「今」やっとくべきこと
モンスーンに入り、ちょっとでも雨が降ると
酷暑期に比べてぐんと野菜の種類が増えます。
この時期になると山ほど出回るのが「トウモロコシ」。
日本のみたいに柔らかくないです。でも一粒一粒が
ぷっちぷちで元気いっぱい。かたくてあごが疲れるのもあるけど
私はトウモロコシが大好きなので、市場で嬉々として買い込みますよ~
corn230712a.jpg
デリー市内でも場所によって多少値段のばらつきはあるでしょうが
1キロ20ルピー(30円くらい)、1キロで大体4本ですから
一本あたり5ルピー(8円弱)ってこと。
道端で炭火で焼いてくれるのが1本10ルピーです。

そして、マンゴーのシーズンも終わりに近づき。
アルフォンソやサフェーダーにはじまり、
ラングラー、ケーサル、チョーサーの時期を過ぎ
ただいま「インドのマンゴー好きに人気の高い」香り高き
ダシャハラーという種類が出回っています。

見た目は緑色でも、中身はちゃんとオレンジ色ですからご安心あれ。
買うとき「押しちゃダメ」って言われますけど、持ってみて
プニプ二柔らかいのはダメ。程よい弾力のある、香り高いのを選んでください。

「今」やっとくべきことって???

美味しいマンゴーを「ピューレ」と「薄切り」にして
冷凍しとくんですよ~。私は↓ 冷凍用ジップバッグに2個分ずつ入れてます。
これでしばらくは「マンゴーラッシー」とか、「マンゴーミルク」とか
「マンゴームース」とか、マンゴーの時期が終わっても
あれこれ楽しめるわけですよ。
mango-puree230712a.jpg

さてと、早速マンゴータルトでも焼きましょっかね~
いやいや待てよ、クリームチーズケーキも捨てがたいわね~
・・・と、悩みは尽きないわけですよ。

あっ!!そういえばKALEVA(ゴールマーケット近くのお菓子屋さん)の
季節限定マンゴークルフィーの時期もそろそろ終わるから、
シーズンが終わる前に食べとかなくちゃ!!

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ


2012.07.24(Tue)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
アンテナがビビっ♪と その参
ある日、それはまるで呼び寄せられたかのように
私のタイムラインに一枚の写真が登場。
白い蓮の花のオブジェ。ピャ~ッと後光がさして見えたんです。
pao-lotus.jpg
迷わずポチっと。そしたら飛んだ先のサイトには
うひゃ~~!! な 服やら靴やら雑貨がてんこ盛り。
な、な、なにコレ!どこにあるの、このお店は~~
pao-shoes.jpg
それが、本日の「アンテナがビビっ♪と」シリーズの
2012年夏の完結編、京都にあるセレクトショップPAOさん☆
ちょくちょくメールのやりとりなどをしつつも、
4月にアップされた服とバッグの写真がどうにもこうにも気になって
あつかましいながらも「取り置き」&「私が5月に博多に
一時帰国した頃に実家に送ってほしい」旨を書き送ったら
快くOKしてくださったのです。博多に帰ったらすぐに
手元に届いた服とバッグ。帰国中ここぞ!という場面では
大活躍してくれたのでした。

そして、5月末から1週間限定で東京へと出かけた際
(1週間乗り放題のJRパスを使い倒し(!?)ての旅)
浜松の友人の家で最後の一泊を過ごし、乗り放題期限の最終日
博多に19時までには戻らねばならない・・という日

よっしゃ~、途中下車して3時間だけ京都に行こう!と
9時半浜松発の新幹線に飛び乗ったのでした。
いきなり行ってびっくりさせようと、事前連絡もせずに。

とはいえ住所を書いたメモはキャリーバッグの中、
取り出すためには荷物を全部出さなきゃならないし・・・・
覚えていたのは
四条河原町で降りて、錦市場に向かい蛸薬師の近く ってこと。
ビルの名前が記憶にあったので、多分わかるだろうと
探し当て、11時すぎにお店に行ってみましたら

がび~~ん。開いてない。

入り口のガラスにへばりついて中を見たら、開店は
12時からと書いてあります。そんじゃあ・・・・と息子と二人
南座のあたりまで行ってみたり、錦市場でアイスを食べたりして
またもチャレンジ。 2階へトントンと上がって行ってもまだ
開いてる気配はない・・・・あぁ、店休日だったかも。驚かそうなんて
思わずに、前もって連絡しとけば良かった、と思いつつあきらめきれず
そろ~~っと扉を押してみたら、
開きましたぁ!!
pao-clothes.jpg
お店情報⇒PAO 中京区御幸町通り錦小路上る山岡ビル2F
電話;075-229-4111

こうやって、無事PAOのオーナーさんとめぐり合い、お互い
初めて会ったというのに旧知の友のように抱き合ってよろこび
更にはクリエイターの友人を紹介したりして、次々と
輪がつながり、出会いが更なる展開をみせはじめたところ。

ん!この人と会いたい、この人と話してみたい・・・と思える
そんな出会いがこれからもいっぱいありますように~

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2012.07.23(Mon)  日本へ一時帰国COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
サンスターン新聞・Download版
モンスーンに入ったというのに、雨がドシャ~っと
降ったのは最初のうちだけで、最近全然降る気配なく
毎日あっついですっ!! 
家の中でパン発酵がばっちりできるくらい。

さてさて、先日お知らせした
ケーンドリーヤ・ヒンディー・サンスターン(ヒンディー語学校)の
日本人学生さんが発行している
「ほぼ月刊サンスターン新聞」(毎月満月の日に発行)
*ぜひ読みたいけど、デリーにいないので入手できない
*ウェブ版はできないのか  などなどの希望が寄せられ
sansthan-news-logo.png

なんと、ダウンロード版ができました!!
毎満月の日に紙版が、そして毎新月にダウンロード版が
あなたのお手元に届きます。

ご希望の方は インド留学を志す日本人のための強い味方
masalabanner.gif
の下記ページからDLしてくださいませ。(青字をクリックしてね)
まさら通り ほぼ月刊サンスターンダウンロード版

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いしますっ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2012.07.22(Sun)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
インドの現状を知る
インドに縁あって住んでいる方も、旅行でインドを
訪れる方も、それぞれの立場で「インドのことを理解する」ため
アンテナは張り巡らせておいて頂きたいな、と常々思っています。
何もかも「インドだから仕方ない」と切り捨ててしまうのでなく、
なぜそうなのか、それはどう進化してゆくのか 
この国で起こるものごとの経過を見続けることも必要だと思います。

  ~~~*~~~*~~~*~~~*~~~

5年生のときに交換プログラムで長野に行ったジャマイマちゃん
とっても聡明で、カタックダンスが上手で、ヴァイオリンを
習いに休みごとにオーストリアに行っている・・・・という子で
すごく印象に残る子でした。
あれから5年たって、10年生になった彼女が
インドの抱える問題をさまざまな角度から自分なりに
ドキュメンタリーフィルムに仕立てるプロジェクトを開始したので
ぜひ観て、感想を聞かせて下さいと連絡がありました。

第一弾はインドのトラックドライバーたちの抱える問題について。
ネタバレにならないように、ここでは内容を記すのを控えますが
ぜひYoutubeでご覧ください。そして、アカウントをお持ちの方は
感想を書き込んであげてください。
(画像貼り付けができないので、アドレスを記します。
青字クリックでサイトに飛びます~~)
http://youtu.be/H_GMijUYIjU
若干15歳の子が、体当たりで作った15分のドキュメンタリー。
トラックドライバーへのインタビューや、娼婦たちへの聞き込み
そして編集作業までを一人でこなしたというから驚きです。
indiantruck-rear.jpg
あまり知られていないインドのトラックドライバーの抱える問題、
相手が女子高校生だから、とインタビューされる側も意外と
あっけらかんと質問に受けこたえしているのが印象的でもあります。

現在彼女は第二弾フィルムの編集作業中。
次はどんな切り口で来るのかな、と楽しみです。

このまま「ジャーナリズム」を勉強して
末はバルカー・ダット(インドのトップ女性ジャーナリスト)か
はたまたアーミル・カーンのSatyamev Jayateみたいな
社会問題に切り込むような番組を作るようになるのか
こりゃ大変だ~~

・・・・とちょっと親ばか気分・教え子贔屓しすぎな私。。。。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2012.07.20(Fri)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
デリーお祭りカレンダー 「2012夏」編
5月・6月の酷暑期を過ぎ
7月に本格的にモンスーン季(雨季)に入ると
いよいよ お祭りシーズン 到来のインド。
すでに街中のマーケットやショッピングセンターには
8月頭のラキーのお祭りのため、手首に巻く飾り紐が処狭しと
並べられています。
bougenverea1.jpg
いろんな宗教が共存しているインド。
地方によりさまざまなお祭りがあるインド。
デリーはことに、中央政府が置かれているので、各州からの
役人なども中心部の官舎に居住しており、出身地ごとになんとなく
住みやすい場所もあるんです。(たとえば ベンガル州出身者が
多いのがチットランジャン・パーク、ヴァサントやマルヴィヤナガル
ラジパトナガルあたりはパンジャーブ州出身者が目立ち、
ムニルカはタミル州出身者が多い・・・・といった風に。)
それでデリーにいれば、各州出身者が祝うインド各地のお祭りも楽しめるというわけ

さて、8月・9月のお祭りと祝日は以下のとおりです。
あまりにお休みやお祭りが多くて、
あれ??今日はなんでお休みなんだったっけ??と思うこともしばしば。
bougenverea.jpg

☆印がついているのは移動祭日で、毎年月齢により日にちが移動します。
国が定めた祝日は1月26日の共和国記念日
8月15日の独立記念日、10月2日のガンディーさんのお誕生日の3日。
ただし、日付が赤になっているところはインド全国、基本的に官公庁はお休みです

8月2日  ☆ラクシャ・バーンダン:ラキー(兄弟の息災無事を祈るお祭り)
8月5日  フレンドシップデイ(友人同士、腕輪を贈りあい友情を誓う日)
8月10日 ☆ジャナ・マーシュトミー(クリシュナ神の誕生を祝うお祭り)
8月15日 独立記念日(インドの独立を祝う日)
8月18日 パルスィー新年(拝火教徒の新年)
8月20日 ☆イードゥル・フィトル(イスラムの断食あけ)
8月29日 ☆オーナム(南インドのお祭り)

9月5日  Teacher's Day(インド第2代大統領 Dr.Radhakrishnanのお誕生日)
9月19日より ☆ガネーシュ・チャトルティー(ガナパティ祭り・マハーラシュトラ州など)

たとえば、お手伝いさんや運転手さんがムスリムの場合には
イードにお休みを取ってもらいますし、ガネーシャ神やクリシュナ神を
特に信仰している使用人がいる場合には、関連祭日をお休みにします。
ラキーの日は、ヒンドゥー教徒の大事な「兄弟姉妹」の儀式ですから
朝ちょっと遅れてきたり、午後はやめに帰ったり・・・という変則も
おおめに見てあげてね。
hibiscus.jpg
お子さんのいるご家庭では、フレンドシップデイの前に
交換用の腕輪(ブレスレットでもミサンガでもOK)を
準備せねばなりませんし、Teacher's Dayには
先生に花束を持って行く日・・・・・・と、まぁ何かとちょこちょこ
気をつけておかねばならないことがあるわけで。
郷に入っては郷に従い、楽しんでいただきたいな~と思います。

もっとそれぞれのお祭りを詳しく知りたいわ、という方は
↑リストの青字をクリックしてくださいませ。該当過去記事へ飛びます。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2012.07.18(Wed)  インドの祝祭日COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
ファームへ突撃!
暑い時期は、極端に葉物野菜の流通量が減るデリー
レタスなど、売ってるところもあるんですが、理不尽に高い。

どうしてもルッコラが食べたくなって、スルターンプルのファームへ
行ってきました。雨季にはいって雨が結構降ったので
それでなくともガタガタの道中が、さらにデコボコ道に。

ホテル向けの出荷が終わった頃合を見計らって行ったのですが
この時期、やはり葉物やズッキーニなどはほとんどなく。
tejfarm160712.jpg
ルッコラ、細~いセロリ、ほうれん草、ネギ、三尺ささげなどを
買ってきました。「レタスはいつ頃から手に入るの~?」と尋ねたら
ちっちゃな、花が咲きかけたのを5~6株、オマケに入れてくれました。へへへ

早速お昼は野菜たっぷりのサラダと
ささげ&人参のキンピラなどを作り
卵焼きでも・・・・・と思って割りいれた卵がこんな↓
egg-2colors.jpg
右手の黄身がレモン色っぽいのはお店で普通にばら売りしているもの
奥の黄身がオレンジっぽいのは、オーガニック卵。

そういえば、昔(7~8年前まで)は黄身が白っぽい卵が主流で
茶碗蒸しなどを作っても白っぽく、カステラも白っぽく仕上がって
なんだかな~・・・・と思っていましたっけ。

黄身の色は餌の配合次第でどうにでも操作できるそうで
オレンジっぽいのはトウモロコシやパプリカ粉末、
マリーゴールド色素などのはいった餌を食べているらしく。

インドの家庭の食卓にのぼる食材も、どんどん進化をしているってことですね。

ルッコラも根っこつき状態で買ってきたので、数株とりわけておいて
植木鉢に植えました。これで当分緑の葉っぱが食べられるわ。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2012.07.17(Tue)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
蒸し暑い日々ですが
モンスーンの雨が降り、7月頭のあの暑さとくらべると
日々とっても凌ぎやすくなったデリーです。

暑いとオーブン仕事やら揚げものやらは、避けたいし~
・・・・と思っていたけれど、これくらいの気温なら
ちょっとオーブンでも使ってみようかしら と
日曜日のお昼はピザを焼いたのでした。(↓焼く前)
pizza-150712a.jpg

ん~~~、やっぱり暑かった!キッチンが
もわ~~んと。でも美味しかったからいいか。(↓食べてる最中)
pizza-150712b.jpg
ピザ作るなら、モッツァレラを~ と近くの
ル・マルシェ(DLFヴァサントクンジ)に行ったら、
閉まってて、大ショック~~たな卸し中なのか、リノベーション中なのか
定かではありませんが・・・・・仕方なくとろけるチーズで代用でした。

酷暑期が終わったとたん、「蟻」が発生して困る というお宅も
あるようですが、砂糖容れに「クローブ」を4~5個入れておくと
不思議と蟻ちゃんたちが寄って来ませんから、ためしてみてね。
(お砂糖にほんのりクローブの香りが移りますが。)
ant-prevention.jpg
こう蒸し暑いと食欲も落ちるわよ、でも野菜は食べたい って方
緑豆もやしを作って(作り方;緑豆をあらってひたひたの水に3~4時間漬ける
⇒水を切って、容器に蓋をして置いておく⇒一晩~2日くらいで食べられます)
玉ねぎ・トマト・きゅうりのみじん切りと塩・胡椒・レモン汁で和えると 食べやすい
さっぱりサラダができますよ。同じ要領でヒヨコ豆モヤシもできま~す。
beansalad.jpg
暑い時期、インドで体調を万全に整えるには
「冷房をこまめに調節する」「水分はたっぷり、ただし
室温と差のある冷たい飲みものは避ける(つまりつめた~い
麦茶とか、氷入りソフトドリンクなどはやめといたほうが良いってことです)」
「外食で生ものは控える」 ってことがポイントでしょうか。
手洗い・うがい励行も忘れずにね~

デング熱やマラリアの原因となる蚊の発生源にならないように、
植木鉢の水とかバケツの水とか、必要以上に溜めないようにしましょうね~

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2012.07.16(Mon)  天気COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
シヴァ神巡礼 オレンジ軍団の季節
デリーでは、雨季になると「シヴァ神の信者たちの巡礼」風景が
見られます。ヒンドゥ教のサーワン月に行われるシヴァ神巡礼で
これが毎年7~8月にあたりますが、今年は7月4日から
2週間の間がピークになり、すでにデリーでも、グルガーオンでも
オレンジ色の装束に身を包み、肩にガンジス河の聖水を
入れた天秤棒を担いだ人々が目立つ時期。
kanwariya2012a.jpg
毎年、このオレンジ装束のシヴァ神巡礼者を見ると「あぁ、もう
カーンワリヤーの時期なんだなぁ」と思う、デリーの夏の風物詩でもあります。

特にハリアナ州やラージャスターン州、パンジャーブ州の人々が、
その村を代表して巡礼団を組織し、徒歩で・裸足でガンジスの聖地へ向かって
ご聖水を頂戴し徒歩で自分の村にあるシヴァ寺院まで
それを持ち帰り、ご神体に捧げる・・・という巡礼。
肩に担いだ天秤棒(+聖水容器)は、カーンワルと呼ばれ
この巡礼者たちはカーンワリヤーと称されています。

もちろん昨今は、仕事をそうそう長くは休めないとのことで
往路のみ列車を利用したり、往復とも村で準備した乗合トラックで移動したり
・・・というエクスプレス組もあり、逆に「全行程を裸足で走るというツワモノも。

聖水を頂きに行くガンジスの聖地は、多くがハリドワールですが
もっと源流に近い、氷河のあるゴームクやガンゴートリまで向かう
熱心なシヴァ信者もいて、この時期だけ運行するインド国鉄の
カーンワル巡礼特別列車もあるほどなんですよ。


彼らが自分の村まで帰るルートはいくつかあるのですが、デリーを通過する
際には、政府により巡礼ルートが定められています。
代表的ルートはUP側から、ヤムナ川を超えて リッジロード、ダウラクァンを抜け
NH8に出て、ハリアナやラージャスターンに向かう道。

この期間、巡礼者をもてなすための接待所が有志や支援企業により
デリー各地にも設けられ、休憩するカーンワリヤーたちの
オレンジ装束が目立つようになるのです。日本のお遍路さんの
ご接待と同じような感じでしょうか。
カーンワル(聖水の入った天秤)は、決して地面に置いてはいけないので
休憩所には必ず、カーンワルをかけておくための柵が設けられています。
(カーンワルに限らず、ガンガージャル;ガンジス聖水 は地面や
自分のいるところより下に置いてはいけないのです。)
kanwariya2012b.jpg
自分の町や村に持ち帰ったガンジス河の聖水は、サーワン月の
アマーワスィヤ(新月)の日に、その地のシヴァリンガに
捧げられ、これでシヴァ神巡礼が完結します。

交通混雑を避けるため、また徒歩で移動するカーンワリヤーたちの
安全を守るため、この時期になると新聞などに
カーンワリヤーの通るルート地図が載ったりするので、
デリー、グルガーオン在住の皆様、要チェックです。

これで「謎のオレンジ軍団」の概要がつかめましたか~?
今日も応援クリック ポチっと↓ ね!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

この時期になると「あのオレンジ装束の巡礼者は何?」と
尋ねられることが多いので、過去記事の抜粋・再掲載でした~!
アンテナがビビっ♪と その弐
博多から葉山の「カノムパン」を目指して突進した
一時帰国中の行脚(?)の続き。

どうしても、どうしても会いたかったお方がもう一人。
tabioto-southamerica.jpg
最初のとっかかりは、何かの雑誌で「中南米スイッチ」という
本の存在を知ったことにありました。
ただ、なぜだかどうしてもインドの私のPCからは
作者の「旅音(たびおと)」さんのサイトが開けず。
(中南米スイッチの、この写真にヤラれました。↓)
tabioto-bolivia.jpg
他の雑誌やイベント告知などで
たまに旅音ご夫妻の名が出てくるたびに私の内臓アンテナが
ビビッ♪♪と立つ日々を送っておりました。

そして、一年ほどたったある日、ふと旅音のサイトアドレスを打ち込んで
みたら、夢への扉が開いたじゃ~ありませんか。思えば
PCを買い換えたから??原因はいまだによくわかりませんが
ようやく接点が出来た~!と思って小躍りしました。
tabioto-indoholic.jpg
そのうちお二人のインド旅が「インドホリック」という本になり
これも早速ゲットして、すみからすみまで熟読。
一時は真剣に、お二人愛用のと同じカメラを買おうかと思ったことさえ。
(同じカメラを使ったからって、急にすごい写真が撮れるようには
ならないところがミソ。ww)

その間もSNSなどで連絡をさせていただき、
ずうずうしくも今回の葉山&鎌倉行きの際に
どうしても会いたいとお願いをして、念願叶い
旅音ご夫妻の奥様とお子さんと一緒に夕食を。

駅前のおっしゃれ~~なカフェレストランで
素材のうまみが全部つまった美味しいディナーを頂きました。

いや~~、この人と会いたい!と思える人は
やっぱり素敵なオーラを放っていて、楽しいひと時でした。
kamakura.jpg
「旅音」のお二人は現在子育て真っ最中。
ちび音くんを交えて、今度は「子連れ海外旅行」の
本も出る予定です。

家族の成長とともに変容する旅のかたち。
お二人の目を通して、私も楽しませていただいているのです。

今日も 応援クリック↓ ポチっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2012.07.11(Wed)  日本へ一時帰国COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
デリーでヒンディー語を学ぶなら
ヒンディー語をきちんと系統だてて習いたい方は
やはり「ケーンドリーヤ・ヒンディー・サンスターン」
(中央ヒンディ語語学学院)でしょう。

ここに通う日本人の数もずいぶん増えてきているとのことですが
最上級の試験などは山ほどの述懐問題があって、
と~ても大変なのだと聞きました。

そのケーンドリーヤ・ヒンディー・サンスターンの学生の
学生による学生のための日本語新聞が発行されたんですよ~
どぉおおおん!と。
sanstanrogo1.png
ロゴ紹介がでかすぎましたかね あはは
でもほぼ月刊、ってところがいいでしょ。
学生のための、と銘打ってありますが 
デリー暮らしで見逃せないちょこっとした生活情報や
デリー探検に役立ちそうな地図などがあったりして
ワクワク読める新聞なのです。

ちょこっとだけお見せしましょうね~
sansthan-shimbun1.png
え、今度はちっちゃすぎて読めませんか

やきとらさん、日本人会室、ヤスクラフトさんはじめ
市内各所で入手できます。うちにも置いてありますので
ご希望の方はお知らせくださいね~

今日も応援クリック ポチっと↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
2012.07.10(Tue)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
モンスーンのはじまり
今年は7月に入っても相変わらずの酷暑で
たいていは天井扇だけでOKな私でも、とうとう昼間冷房を
つけておりました。学校も暑さのため夏休み延長になるし。

でも、金曜日にようやくまとまった雨がドシャ~っと降り、
一気にかなり気温が下がってしのぎやすくなりました。
(と言っても30度はあるんだけどね)

雨を待ち望む気持ち、日本にいた頃にはち~とも理解できず
City of Joy(歓喜の街)という映画で、モンスーンの雨が降って
みんなが雨の中で踊るシーンが出てきてもピンと来ず。

インドに住むようになって、Lagaanという映画を観て
村中が雨乞いをするシーンでようやく共感できたというか。
今年はもう、本当に雨が待ち遠しかったです。

この雨、インドの映画;ボリウッド映画でも重要な役割を
果たしています。特にラブシーンには欠かせないシチュエーション。
たいていいい感じのところで雨が降ってきたり、はたまた
噴水の水がかかったり・・・な場面が出てきて
「サリーが濡れて身体に貼りつく」というのはインド人男性には
たまらなくセクシーに写るらしく。

たとえばGURUの中でアイシュワリヤー・ラーイ・バッチャンが
踊るこれ↓ Barso re とか


カリーナ・カプールがCHAMELIで雨の中踊る
Behta hai mann kahinとか


ボリウッド映画の雨のシーンはまだまだ数限りなく
全部紹介してるときりがないので・・・・
最後にLagaanから 雨を待ちわびる村人たちの
歌と踊り Ghanan Ghanan


待ち望んだ雨が降って、涼しくなったのは有難いんですが
道路の水はけが悪いため大渋滞を引き起こしたり
蚊(デング熱やマラリアの媒介となる)が発生する時期になったり
長雨が続くと室内に湿気が入ったり・・・・と新たな問題が
出現するデリー暮らし。
なにごとも「予防」にこしたことはないのでございます。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2012.07.09(Mon)  天気COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
インド 食わず嫌いのアナタにも。。。
インド赴任・・・・って聞いただけで、地の果てまで送られるような
そんな気分になってしまう駐在関係者の方々も多いと聞くと

まぁねぇ、日本とくらべてしまうと、どこの国で暮らすのも
大変だぁね・・・・とインド擁護に回ってしまう私ですが
何事も食わず嫌いでいるよりは、食べて味わってみたほうが
良いだろうと思うわけですよ。インドに限らずね。
そのインドだって、10年前、5年前、いや昨年と比べても
どんどん暮らしやすくなっているんですからね。

まぁねぇ、そうは言ってもインド人を相手に「仕事」を進めるとなると
本当に大変だということは十分すぎるほどわかりますし
奥様方の生活面でのハードシップも・・・・・

今日はそんな「インド食わず嫌い」のアナタにも、
そしてインド大好きなアナタにも
これは読まんといかんでしょう、というお気に入りの本をご紹介。
 コレです!! もともと1990年代に発表されたシリーズなんですが。
ao-no-maharaja.jpg

「蒼のマハラジャ」
メイン舞台はラージャスターン州、ジョードプル。
時代背景はマハーラージャ制度がまさに廃止されようとしている時代
インド独立の前後。

インドの近代史を読むの、めんどくさい!と思っている方にも
漫画ならすんなり読めるかも。

史実にかなり忠実で、登場人物も実名で登場する人が多いので
「あれ?こっちが本当の歴史の流れだったっけ?」と思えるほどの
よ~~~くできた本なんです。 作者の神坂智子さんの
インドに関する資料読み込み量とか、建築物やら衣服の
表現の正確さに、ほんっとに感激しますよ。

これを読んでからジョードプルに行ったら、臨場感たっぷりだと思うな。

以前あすかコミックスで読んだんだけど、今回は
文庫本サイズのを友人が5巻まとめてプレゼントしてくれたので
改めて読み直して、やっぱり面白かった。

これからインドに来る方も、インドに住んでいる方も
ジョードプルに行ったことがある方にも ぜひお勧めのシリーズです。

神坂智子さんの歴史人物シリーズ(?)には、T.E.ロレンスとか
花とゆめに載ってたシルクロードシリーズとかもありますから、
はまってしまっても わたしゃ責任とれませんよ~~笑

今日も応援クリック ポチッと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2012.07.06(Fri)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
インドを版画で楽しむ
「天竺」という響きは昔から日本人を魅了しており
はまる人はどっぷりはまってしまう、インドには不思議な引力が
働いていると思われます。

日本で有名な版画家 吉田博(よしだ ひろし)画伯をご存知でしょうか

海外渡航がまだ高値の花であった時代に、ヨーロッパや
エジプトなどにも出かけ、アルプスの山々やスフィンクスなどを
版画で表現した芸術家です。

家族そろって洋画家や版画家として名を成した芸術家一族としても
吉田家は有名ですが、久留米出身で福岡県立修猷館高校卒・・・・
というだけで、福岡出身者の私にとっては
なんだか身近に感じられる(恐れ多くも)のです。

その吉田博画伯の版画には、じつは「インド」を題材とした
作品が数多くあります。
hiroshi-yoshida2-tajmahal.jpg
Copyright © Smithsonian Institution

それも、昭和初期にインドを訪れて作品にした・・・・といいますから
その頃の旅の苦労たるや、尋常ではなかったはず。
版画を見るとわかりますが、ダージリンの山々はじめ、
アムリッツァルの黄金寺院やら、マドゥライの寺院風景やら
ジャイプルやらアーグラーやら、ほとんどインドを網羅していると
思われるその作品群。

↓このエローラのカイラーサナータ寺院とか、昭和6年の作なんですよ。
hiroshi-yoshida6-ellora.jpg
Copyright © Smithsonian Institution

これらの作品を通じて、インド今昔物語を読んでいるかのような
気分になって、は~~、実物が見てみたい・・・と思う昨今。

↓蛇使い。 こういう風景は今でもインドの田舎に行くと遭遇できますが
インドの光と、影と、色使いと、なんだかその場の情景がすべて
想像できるような版画で、うっとりしています。
hiroshi-yoshida1-snakecharmer.jpg
Copyright © Smithsonian Institution

これらを間近に見るためには、スミソニアン博物館まで
足を運ばねばならないらしく。

つい最近日本への一時帰国から戻ったばかりなのに、
今度はスミソニアンに行きたい・・・なんて言おうものなら、
いくら「毎日おでかけ子ちゃん」の異名をとる私でも
怒られそうなので、この想いはしばらく胸にしまっておきます。ww

今日も応援クリック ポチッと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2012.07.05(Thu)  芸術・文化COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
アンテナがビビッ♪と その壱
日本への一時帰国中、ほとんど実家のある博多で
過ごしたのですが、途中1週間だけ仕事も兼ねて
東京へ。息子をTDRに連れて行くってのも目的の一つでしたけどね。 

今年は常々サイトなどを拝見していて
「ビビッ」と私の内臓アンテナ(??)が立つ場所や
人々に会いまくるのも上京の目的なのでした。

中でも日本で一番美味しいとファンが多いパン屋さん
(そしてパンに合うお食事も店内で食べられる!)
葉山のカノムパンに、ぜひぜひ行ってみたいと思って
博多から早朝発の新幹線を乗り継ぎ、直行で葉山へ向かった
お江戸(!?)訪問初日!

葉山・・・ってなんかオシャレな響き。(←イナカもん丸出し?)
駅を降りてから、サイトの案内通りにバスに乗り
探検気分で到着したそこは、夢に描いていた通りの場所
kanompang1.jpg
前もって「○月○日に行きます~」と連絡していたのですが
お店に入ったとたんにわかっていただけて、これまた大興奮。
息子と二人でタイ料理(すっかりタイにいるような気分になれる)や
おいしい野菜サンド(パンが噛み応えあって劇ウマ)やらをいただきました。
kanompang4.jpg
お店の中がこれまたとっても素敵で
ひとつひとつ味があるの。このセンスはたまらんな~
kanompang2.jpg
お店のサイトには
「自家製の酵母。塩。水。
地産の原麦をその日に必要な分だけ石臼で。
本当に必要な物以外加えない。」
と書いてあります。 HPはコチラ⇒http://www.khanompang.com/index.html

私たちがランチを食べている間も、ひっきりなしに
お客さんが訪れ、量り売りのパンが次々に売れて行きます。
ベビーバギーを押した赤ちゃん連れのママとか
若夫婦とかがやってきて
あぁ、ワインと一緒にここのパンで
おしゃれなお食事してるんだろうなぁ って思えるような人だらけ。

オーナーのお二人と四方山話を楽しんで、
パンを買ってお暇し、次の目的地「鎌倉」へと向かったのでした。

パンに目がない私。
kanompang3.jpg

日持ちするから・・・・と言われてはいたものの、
ホテルの部屋でちびちび食べていたら
やめられないとまらない美味しさで、翌日には
すっかりなくなり。もっと一杯買えば良かった・・・・

あぁ、このパンの画像を見ていると
あの味が蘇って お腹すいてきました。笑

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2012.07.04(Wed)  日本へ一時帰国COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
新発見のダヒ(ヨーグルト)
ダヒ(ヨーグルト)は自家製が一番だと思っております。
しかもマトカ(素焼きの壺・瓶)で作るとほどよく水分がぬけて最高。
だけど素焼きの壺は管理が難しいので、我が家の壺は
陶器の漬物用のを使っています。

ダヒを作るには、牛乳を煮沸して、人肌に冷まして・・・・っていう
作業が不可欠なんですよね~
どうやって作るかはコチラの過去記事をご覧いただくとして。

でもね~、こう暑いと牛乳煮沸の作業も辛いわけで。

息子の宿題に「1週間続けて、11時から12時まで10分おきに
戸外に置いた水の温度の変化を測る」ってのがあるんですけどね
昨日のなんて、コレ↓ですよ。湯沸かし器なんていらない今日この頃。
hhw-temperature010712.jpg

週末に買い物に出かけたローカルマーケット(マルヴィヤナガル)の
とある店で量り売りのパニール(インドのカッテージチーズ)を
買おうとしていたら、横からオバちゃんが「マトカーのダヒちょうだい」って。

ん??マトカーって壺のことだよね。そんなのあるの~?? と思っていたら
冷蔵庫から出てきたのがこれでした。
dahi-matka1.jpg
私の目は買おうとしていたパニールそっちのけで
この壺入りダヒに釘付け!
(プラスチックの容器はぶっちゃけ「工作用ボンド」の
それに見えなくもない・・・・・笑
ちゃんとチョーティー・マトキー;小さい瓶入り って書いてあります。)

1キロ58ルピー、お値段も良心的です。
中身はこんな感じ。
dahi-matka2.jpg
お味は上々。これに、日本からせっせと持ち帰った
「飲む黒酢・ブルーベリー」をかけて食べるのがマイブーム。
1キロ入り以外にも、2キロ、5キロ入りのでっかいのまで
置いてあったので、かなりの人気商品だと思われます。

しばらくはこれにはまりそう。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2012.07.03(Tue)  食文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
ただいま、デリー 2012年夏編
一ヶ月半の日本への一時帰国を終えて、またまた本拠地(?)
デリーへと戻ってまいりましたよ~。先週末の日本からの便は
一時帰国帰りの皆さんで満席だったかと~。我が家は香港経由で
水曜日に戻ってきてたんですが、あまりの暑さに私だけ翌日は
人間界に戻って来れず。その後は「夏休みの宿題」を
仕上げるのにあたふたしておりました。
(・・・・・・・デリーに戻ってからやればいいわよ~ なんて
悠長に構えていたら、とんでもない内容&量で・・・・泣)

一時帰国中のことはおいおいご紹介するとして

帰りの香港での事件。 以前手荷物検査で
「丸い怪しい物体が写っている」と、全部手荷物を調べられ
出てきたのは「冷凍した餃子の皮」だった・・・・
という、香港の無表情な安全検査係員をして大爆笑! 
なことがあったので、よくよく気をつけて荷造りしたんですけどね~

今度は「とがった金属がうつっている」 ですと!

あれでもない、これでもない とまたも調べられ
自分でも入れたのを忘れていた「ザーサイ」とか「昆布の中華漬け」とかが
あちこちのポケットから出てくる始末。
(上海土産としてお友達にいただいた、貴重品なんだから~!)

最後に出てきたのは、重たいし割れ物だから・・・と手荷物に入れた
IKEAの3段デザートプレートの箱。
ikeaplate1.jpg
これを「開けろ」って言われて、んも~~面倒くさいっ!
・・・と思いつつも開けてみたら、この三角の箱はなんだ!??って

へ・・・・・???
ikeaplate2.jpg

見事、これが金属探知にひっかかったブツでございましたよ。
三段プレートのつなぎの部品。
ikeaplate3.jpg
ど~~うも香港の安全検査では毎回何かが起こる!笑

そんな傷跡を残しつつ、味千ラーメンでお腹を満たし、
スタバのコーヒーを飲み、搭乗前にはビッグマックを食べて
デリー行きの便に乗ったのでした。

せっせと夏休みの宿題を仕上げにかかっておりましたら、
日曜日の新聞に「暑さのため、デリー政府は
新学期の開始を一週間延期するよう通達」 ですと!
学校からも携帯に「7月8日まで夏休みとします」とのメッセージが。
冷暖房のない校舎で勉強するインドの学生たちにとっては
たしかにこの暑さじゃ勉強どころじゃありませんよね~。

冬の寒さのため、冬休みが延長になったことはあったけれど
長引く暑さのため夏休みが延長・・・・なんて措置がとられたのは
息子が就学年齢になってから初めてのこと。
(5月頭から暑くなったから、と早めに夏休みに入ったことはあったけど。)
つまり今年は暑さがしつこく、ハンパないってこと???

みなさま、ご自愛のほど~~

応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
2012.07.02(Mon)  青蓮日記COMMENT(10)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。