FC2ブログ
□  2011.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
デリーでも「食欲の秋」でぃっ!
なぜか江戸ッ子みたいに「てやんでぃ」調になってますが
気にしないで。巷は インドF1 で、はたまたメタリカのコンサートで
盛り上がってますが、私はもっぱら「食い気」一辺倒。
日本は栗やカボチャや秋の果物が美味しい季節ですね

デリーでも、基本的に野菜や果物は「旬のもの」しか
手に入らないので、カボチャ類や芋類はこの時期豊富です。
道端の焼きトウモロコシ売りの屋台が「焼き芋」屋台に
変身すると、あぁ、秋だなぁと実感するんですよね。
kanojono-kondatecho.jpg
な~~んか美味しいものはないかいなぁ・・・と
この本↑を読み出したが最後、一気に読んでしまいました。
角田光代さんの「彼女のこんだて帖」

更には、お話の中に出てきた「餃子」が食べたくて仕方なくなり
餃子の皮のレシピをぼんやり眺めていたら、「強力粉100グラム、
薄力粉100グラム、水 半カップ」だって。・・ということは
中力粉200グラムでも行けるやん!

と早速ホームベーカリーで捏ね捏ねし、ひとまとまりになったのを
冷蔵庫で寝かせて、スケッパーで切って、皮をせっせと伸ばしましたよ。
gyoza301011a.jpg
中力粉(マェダ)といい、延棒(ベーラン)といい
材料は全部インドで調達できるじゃ~ん。
突然思いついて作りはじめたので、買いおきの肉といえば
鶏ミンチしかないけど、ま~そこはそれ。

出来上がりはちょっと大ぶりではあったけど、
出来立てアツアツは美味しかった!
gyoza301011b.jpg
まだ10個ほど冷凍してあるので
明日は「彼女のこんだて帖」に出てきた通り、野菜をたっぷり入れて
「餃子鍋」を作ることにします。
あ~一石二鳥、明日の献立も決まったなんて、シアワセ。
(はいはい、シアワセのハードルが低い私です。)

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

スポンサーサイト
2011.10.31(Mon)  食文化COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
デリー国際空港内のスパ!!!
先日のインドの空港についての記事に、ちょこっとだけ
登場した空港内のスパ情報。 Ishanaというお店です。
なんと、インディラガーンディー国際空港・ターミナル3には
アーユルヴェーダ施術が受けられるスパがあるんですよ~
こちらが入口の佇まい。お土産屋さんかいな~と思うでしょ?
igi-ishana2.jpg
店内にはバラの花びらが浮かべられた水盤があり
その向こうでは、インド楽器+インド声楽の生演奏が
行われているミニステージがあります。
igi-ishana1.jpg
入ってすぐのエリアに置かれているのは、インドの工芸品の中で
選りすぐられた、通好みの逸品。真鍮でできた蓮の花型のお皿と
サービングスプーンとか、シンギングボウルとか、インド東北地方の
陶器とか、癒やし系グッズなどなど・・・・
igi-ishana3.jpg
そして、お店の奥には施術がうけられるスペースが。

空港内のスパなので、クイックメニューが充実していて
所要時間は20分~1時間というもの。
出発ぎりぎりまで仕事がつまってて、寝不足のまま出張に出かけるとき、
ちょっとヘッドマッサージをしてもらったり、
肩・背中・腰を揉みほぐしてもらったり、
乾燥する機内でのダメージを軽減するために、搭乗前に
フェイシャルマッサージをしてもらったり・・・・と用途もさまざま。
お値段もフットマッサージ30分 950ルピー
ヘッドマッサージ 20分 850ルピーとなかなか良心的。

次回の一時帰国のときには空港内でぜひ試してみようと思いますっ!

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.10.30(Sun)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
嬉しいお弁当アイテム
今日は日本から遊びに来ている友人家族と合流して
み~んなでコンノートプレイスのNizam'sへ
カティ・カバブを食べに。
その後、子供たちを夫に託して(???)
女性軍はハウス・カーズ・ヴィレッジへ!

可愛いグッズを置いてる店をピンポイントで見て回り
お茶&おしゃべりして帰って来ました。
え?何も買わなかったのかって??

んなわけナイじゃないですか~! Purple Jungleで
可愛いインドチックな模様のパスポートカバーを買って来ましたよ。
そろそろ年末の一時帰国のお土産を揃え始めねば・・・(早い?)
passportcover-pj.jpg
・・・ってか、これ↑は インド好きな人にしか受けないよね~
(と、ウケ狙いなところがすでに間違ってる?)

日本からお土産は何がいいですか~?と聞かれて、在庫切れだった
「マヨネーズ」をお願いしていたのです。嬉しいことには、
件の「ティラミスのもと」も!(ブログ読んでくれてたのね~ ゚(゚´Д`゚)゚)
そしてお土産にいただいたもう一つの 「嬉しいお弁当アイテム」とはコレ↓
decofuri.jpg
デコふり・・・だって。ちょっと留守すると、日本ではどんどん
便利グッズ・便利食品が登場していて、びっくりです。
ふりかけにもなり、混ぜるとご飯にほんのり色がつくそうな。
これで可愛いおむすびができます~~。
来週のお弁当作りが楽しみだ♫♪♫

・・・・とか言いつつ、22日から9連休な息子の学校
31日の再開日はいきなり英語の試験だとよ~ (怒)
ガンバリマス

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.10.29(Sat)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
インドの空港 進化系
SKYTRAX社が毎年発表する、「世界の空港番付」というのを
ご存知でしょうか。スカイトラックスはロンドンに拠点を置く
航空産業コンサルティング会社ですが、ここの格付けランキングに
名前が載ると、かなりなステイタスになるとあって、航空産業各社
各空港は凌ぎを削っているわけです。

2011年度版のエアポート・オブ・ザ・イヤーは
香港国際空港。最近、夏休みと年末年始の一時帰国は
専らキャセイ航空を利用していて、香港空港の使い勝手の良さは
実証済み。(味千ラーメンもあるし!)
なるほどな~と納得のランキング。
(2位はシンガポール・チャンギ空港、3位は仁川国際空港)

そして、「施設の改善著しい空港」ランキングの第三位には
バンガロール国際空港がランクインしておりました。
インド部門のトップスリーは ①バンガロール
②ハイダラバード ③デリー の順。 えぇえええ~
デリーってインドで一番じゃないのぉ~?もっと注目してほしいよね

というわけで、インドの空港事情をちょこっとですが
GQ今月号の「世界の空港特集」で載せていただきました~。
なんとっ!掲載号の表紙が中田英寿さんですよ。嬉!!
gq-dec11-airport1.jpg
インディラ・ガンディ国際空港といえば、芸術的オブジェが
そこここに配置されているのはご存知の通り。中でも
入国審査エリアのムドラー(印相)と銅板ディスクは目立ちますよね。
そのほかにも、カッコ良いラウンジやら動く歩道やら
マッサージの受けられる場所やらをまとめて紹介中↓
gq-dec11-airport2.jpg
更にはまだまだ進化を遂げる予定のハイダラバード空港やら
飽和状態にあるムンバイ空港の混雑緩和の期待策、
ムンバイ・ナヴィ空港のことも、ちょこ~っと触れています。

インドの空港、どんな感じかいな~・・・って方
ぜひ発売中の GQ を入手してくださいませ~

今日も応援クリック ポチっと↓お願いしま~す!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.10.28(Fri)  WorksCOMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
賑やかなこと この上なし
今年の我が家のディワリ祭壇はこんな感じ↓
ディワリのときには、いつもの神棚とは別仕立てで、臨時祭壇を作って
家族で豊穣の女神ラクシュミーと、ガネーシャ神にお祈りします。
diwali-pujadecor11.jpg
各家での夕方のプージャが終わると、みんな花火を持って
家の外へ繰り出し、ご近所や親戚が一緒に花火を楽しみます。
日本じゃ絶対許可にならないような、大玉打ち上げ花火を
一般人がドッカンドッカン打ち上げるド迫力!
爆竹だって、10メートルくらいの長さの(ホースのように
巻いてあるやつですよ)を、道路にずずずず~~っと広げて
バチバチバチバチ~~っと鳴らしまくり。

ドッカ~ン、バチバチ、パパパパ~ン! ってな音に
車のセキュリティが反応して、パォーンパォーンと鳴り響き
その音に野良犬たちが反応してアォ~~ンと遠吠えしまくり
そりゃ~もう賑やかです。まだまだ夜中の2時くらいまで続く
大騒ぎ・・・・・あと3時間は続くってことですよ~
(現在インド時間で26日、22時半になろうとするところ)

一番気の毒なのは、我が家の このおかた。
diwalinite-jackie11.jpg
花火大っきらいで、数日前から試し打ち(?)の花火や
爆竹の音にビクビク・・・

プージャで、人間と同じくおでこにティラックをつけ
腕にはお守り紐を巻きまきしてます。なんせ我が家の一員ですからね。

この時期、世界中からインドに帰省してくるインド人たち
26日のディワリに続き、翌日はゴーヴァルダン・プージャ
クリシュナ神に祈りを棒げ、夫の健康と長寿を願います。
そして28日はバイヤ・ドゥージ。兄弟の無事と健康・長寿を
祈る儀式があって、ディワリの一連の行事が終わり。
なので、この週末はまた列車や飛行機が混む・・・ってことですね

ディワリの時期は「運試し」にも最適とされていて
ギャンブルを楽しむ人も多いんです。これからの一年
お金が懐に入ってくるか否かの賭け・・・ってわけ。

さて、お祭りモードもあと少し。そろそろお仕事モードに
切り替えねば~~

今日も応援クリック ポチっと↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

2011.10.27(Thu)  インドの祝祭日COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
Happy Diwali !!
皆様の1年が
希望に満ちた
すばらしいものになりますように

fc2-diwalicard.jpg



今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.10.26(Wed)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
デコはロイヤルブルー!!
26日はいよいよディワリです~!
トーラン(入口に飾る、注連縄のようなもの)を買わなくちゃ
・・・とあちこちのマーケットに出かけたは良いけれど
コレ!と思うものに巡り会えませんでした。
安っぽい造花が付いていたり、まぁまぁかな・・・と思うものは
有り得ない高値がつけられていたり。上品なのはないんかいな~?

夫は「どうせいるものだから、高くても気に入ったのがあったら
買っておけば」な~んて言いますが、先日のメーラーで
見たのなんて、手作りで一点ものだから・・と言いつつ
1400ルピーですよ!有り得ないボッタクリ(!!?)

手作りで一点もの・・と言うのなら、私も手作りしよ~じゃないかと
買い物に行ったマーケットで、手芸屋さんの通りにまっしぐら!
ちょっと大きめのタッセル状のものと、ちびちびビーズと、
ペーズリー模様のリボンを3メートル買って しめて250ルピー

ゆうべは夜なべして、リボンに接着芯をはり、裏打ちして
せっせとビーズをつけました。今年はなんだか「ロイヤルブルー」な
気分だったので、青系で。手持ちのジャイプル・ブルーポタリーの
丸いビーズがあったので、それも加えて。
diwali-toran2011.jpg
トーランが2つ出来上がりましたよ~。もう、来年から専ら
手作りで行こうと決心したもんね!インド人的には地味なんだろうけど
これから1年、自宅玄関に飾ることを思うと納得いくものが良いやね。

家のまわりに灯すライトは、長持ちするライスライトを調達
(付けたとたんに壊れたりする粗悪品もあり・・・要注意なんです~)
ライトもロイヤルブルーにしてみました♫
diwali-light11.jpg
さて、準備万端。
ディワリにあわせて日本から帰省中のインド人友人知人も多く
楽しみな再会が一杯待っている、ホリデイシーズンです。

今日も応援クリック ポチっと↓よろしくお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.10.26(Wed)  インドの祝祭日COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
ディワリ商戦まっただ中
もうすぐインドで一番のお祭り「ディワリ」です
今年は10月26日がディワリ当日ですが
前日がチョウティ・ディワリ(ディヤ;灯明を少しだけ灯す)
前前日はダンテーラス(金物を新調する)
翌日はバイ・ドゥージ(兄弟のお祭り)と前後もお祭りだらけ

そして、ディワリを境に帳簿を新しくする・・・つまり
会計年度末ともなっていて、「年度末の集金」に出かける人や
ディワリの買出しに出かける人、ディワリギフト(御歳暮感覚)を
配る人などが一斉に動き出すので、街は常にあちこち渋滞中。

それでも出かけなきゃいけない所があるワタシ。
そう、毎年行ってるBlind Relief Associationの
ディワリ・メーラー(ディワリ用品やギフト用品が並ぶ市)ですよ。
場所はオベロイホテルの近く、ホテル・アマン・デリーの先。

ここで買わなきゃいけないものは、キャンドル類なんです。
他のマーケットのは、某国製で混ぜものが多いのか、すぐに立ち消えになったり
でろっと溶けてしまったりと不良品が多いなか、ここのはちゃんと
最後まで燃えます。(・・・って日本品質なら当たり前でしょうが)
大小各種、ティーキャンドルもあわせて↓
diwalicandles11.jpg
そして、ディワリと呼ばれる、吉祥の女神ラクシュミー神と
ガネーシャ神を祀ったミニお社も(写真右手)。これが、昔ながらの
デザインのもので、ちゃんと入口にはヒンドゥ教のお寺よろしく
鐘が下がっています。そして左奥に見えるのが、メインのディヤ(灯明)
当日夕方のプージャから、翌朝まで一晩中灯りを絶やさず灯すため
でっかいのが必要なんです~。中にはギーかマスタードオイルを入れ
火を灯します。
手前のガネーシャ神は、可愛かったのでついつい・・・
diwali_diya11.jpg
Blind Relief Associationのディワリ市は、同じ業者が毎年同じ場所で
営業しているので、お目当てのブースめがけてまっしぐら!
ワタシのお気に入りのAakriti(上のガネーシャ神などを買った店)は
インド人マダムにも大人気で、欲しい品物をゲットするために
狭~い店内を、太ったオバチャンたちと肉弾戦を繰り広げながら
(私も太り具合なら負けてないし!!)あれこれ物色してきました。

これから、ナッツ類やドライフルーツ、お供え用のお菓子各種
プージャ用のフルーツやお花、マリーゴールドの花輪などなど、
まだ買い物に走り回らねばなりません。
玄関に下げるトーラン(注連縄のようなもの。)も買わなくちゃ。

ディワリの時期、インド脱出する在インド日本人の方が多い中
どっぷりインドのディワリに浸っておりますよ~

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いしますっ!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ


2011.10.22(Sat)  インドの祝祭日COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
結婚式の招待状、キタ~!
朝晩ひんやりした空気が漂い、いい季節になってきた昨今

今シーズン最初の結婚式招待状が届きました!
3~4年前はやたらとチョコレート色の招待状が流行ったけど
去年あたりから、また派手派手なのが復活したみたい。
wedding-invitation11a.jpg

かなり厚手の小冊子形式で、中にいろんなイベントごとの
招待状が数枚、入っています。婚約式、リングセレモニー
花婿のセヘラ(おデコまわりにつけるキラキラ飾り)バンドセレモニー
花嫁側のレディース・サンギート(女性のバチェラーパーティみたいなの)
そして結婚式当日、花婿側での列席の場合には、白馬に乗った花婿と
一緒に「踊りながら」会場に向かいますので、そのための集合場所も
記載されています・・・・
wedding-invitation11b.jpg
これ↑はなんだか、表紙が「グッドアース」っぽくて
終わったあと、カードを何に転用しようかしら・・・と考える
楽しみもあり。

結婚式の日取りには、日本の大安吉日と同じく
縁起の良い日があり、家庭円満・子孫繁栄のためには
エカダシと呼ばれる日を選ぶのが良いとされています。
今シーズン、結婚式が多いだろうと予想される、
太陰暦に則った日にちは下記のとおり。
(これだけでなく、花嫁花婿の占星術の結果に則り
最適の日取りが決められるんですけどね)

11月; 3, 7, 12, 13, 14, 19, 21, 23, 27

12月; 1, 4, 5, 6, 10, 11, 17, 18, 25

 1月; 1, 3, 6, 7, 12, 14, 15, 16, 19, 21, 24, 25, 28, 29, 30

 2月; 3, 4, 8, 12, 13, 15, 17, 19, 24, 25, 26

特に、赤い太字の日にちはエカダシなので、結婚式が多いと
思われます~。どこかへおでかけの際は、結婚式場近辺
(ヴァサントクンジのファームハウス街とか、MGロード沿いの
結婚式場などなど・・・)は渋滞する可能性がありますョ。

さ~て、結婚式には何を着て行きましょうかね~

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
胸が大きくなるそうな
今朝、いつもの「巡回野菜屋台」のお兄さんのところで
この野菜↓の新鮮なのを見て、久々に作ってみる気になった
メッティ・アールー。メッティって「フェヌグリーク」の
葉っぱのこと、アールーはジャガイモですね。
(野菜売りのお兄ちゃん、私がバルコニーに顔を出すまで
下からしつこく「サブジ~~ッ、サブジ~~ヤイっ!」って
連呼するんですよぅ。)
methi1_20111020024837.jpg
メッティは、なんだかそのへんに生えてる牧草みたいに
見えなくもないけど・・・・・・
ビタミンCはじめ各種ビタミンやミネラルが豊富で
しかも「胸が大きくなる」と言われているお野菜です。

フライパンに油を大さじ3杯くらい入れ、メッティ・ダナ
(フェヌグリークの種)を入れます~~~
パチパチ爆ぜるくらいまで熱したあと、銀杏切りにした
厚さ1センチくらいのジャガイモを入れ、ざっと炒め
       ↓
そこへ小さめのざく切りにしたメッティをざざっと投入
更に、トマトのみじん切りを上から被せて3層に。
断層(?)面はこんな感じ↓です。
methialoo1.jpg
塩・ガラムマサラ・唐辛子パウダーを適宜加えて
蓋をして「蒸し焼き」にする感じで火を通してください。
methialoo2.jpg
ジャガイモに火が通ったら、ざっとかき混ぜて
蓋をはずして水分を飛ばしたらできあがり~!

苦みがあるんですが、これが食べなれると癖になるのよ。

しかも、作ってる間に「刈り取ったばかりの青草」
「踏みしめた蓮華畑」のような香りが充満して、なんだか
屋外にピクニックにでも出かけたような気分に。
methialoo3.jpg
インドではメッティを食べると、授乳期のお乳の出が
良くなると言われています。(あたしにゃ~もう必要ないが)
食べてみたい方は 割烹青蓮にて事前予約を受け付け中。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
2011.10.20(Thu)  食文化COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
デリーの樹
デリーにいらした方は一様に「思ったより緑が多いですね」
とおっしゃいます。中心部のホテルの高層階から眺めると、デリーは
本当に青々と木々が茂っていますよね。

その樹木について、一番のお気に入りの本はコレ↓。
デリーのどこにその木が生えているか、ということまで
つぶさに記載されています。インド暮らしの記念に
ぜひ一冊お手元に置いておかれることをオススメしたい本。
book07-delhitrees.jpg
それから、前から何度もご紹介している西岡直樹さんの
「インドの樹」シリーズも秀逸で、何度も何度も読み返しては
自分の体験と重ね合わせて楽しんでいます。

車で移動していても、メトロに乗っていても、とことこ歩いていても
街路樹がとても気になって、キョロキョロ。(街路樹だけじゃなくて
周りのすべてが面白いのがインドなんだけどね・・・)

先日、プラガティ・マイダーンの前で、高級銘木を発見!
teak-pragatimaidan.jpg
熱帯モンスーン気候の国々で自生またはプランテーションで
育てられている「Teak Wood」チークの木です。
ビハール州やウッタルプラデーシュ州の仏跡を巡っていると
移動途中で鬱蒼としげったチークの林を通り抜けることがあります。
群生しているチークのイメージは沸いてくるけれど、こんなふうに
ポツネンと1~2本だけ立っているのはちょっと寂しげかも。

インドではチーク材は高級家具や扉材として使われます。
重硬で強靱、収縮が小さく狂いも少ないんだそうで
長持ちし、シロアリにも強いので、人気の木材。
Image_0143.jpg
・・・・なんてことを調べていて、雨季のころには
デリーの結構な高級住宅街でも「シロアリ被害」に
遭っている人が多いことを思い出しました。
原因は色々あるでしょうが、まず作り付けの家具やベッドに
使用する「材木」を、よく乾燥させないまま製品化してしまったり
または雨季の湿気が壁際の家具にまで影響を及ぼしたり
知らずにすでにシロアリにやられている家具を購入してしまったり

日本では有り得ない事件が起こるんですよね、あれこれと。

そこで我が家が常備しているのが、HITやBaygonといった
殺虫剤。本来はゴキブリやハエなどを退治するためのものですが
シロアリの応急措置にも使えます。

大使館街や大統領官邸に通じる道路
インド門に向かう放射線状の道路沿い
カーンマーケットに通じる道、
ローディー・ロード、そしてニザムッディンの住宅街など
街路樹が茂って、緑のトンネル状態になっていると
なんだかワクワクしませんか???

散策にも最適の気候になって来ましたね!
空気が乾燥していますから、奥様方、お肌の保湿をぬかりなく
そして「ウガイ」「手洗い」励行ですわよ~

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.10.19(Wed)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
さくら会の集い=サロン・ド・青蓮オープン
土曜日はデリーさくら会(旧、日本人会婦人部)の集い。
年に一度、デリー・グルガーオン・ノイダなどに住んでいる
女性が一堂に会する日です。サリー着用率高し!なイベント。
去年はさくら会にちなんで、ピンク色のサリーで出席しましたが
ピンクはそもそも似合わないので、どうにも落ち着かなかったのを思い出し。

今年はどうしても着たかった、ケーララのコットンサリーで
行ってきましたっ!ボーダー部分には「孔雀」がいっぱいな、
インドチックなサリー。(写真はハロウィンバージョンでお届けします。)
bl-keralasaree11.jpg
今年のさくら会の集いではデリーメトロ・バンガロールメトロで
現場の指揮を執られたトンネル掘削のスペシャリスト
「阿部玲子さん」の講演会があると聞いたので、何をさておいても
絶対出席するぞ~と、楽しみにしていたんです!!!

そして何を隠そう、今年は何か「当たり」そうな気がしたんです。

前にこういう気分のとき、日本人会の忘年会で一等賞;
日本往復ビジネスクラス航空券が当たったことがありましたのよ~
そのときには、100等賞(?)で冷凍エビ1キロも当たったの。
今回はラッフルくじ1枚100ルピーで、販売合計額はすべて
東日本大震災の復興支援にあてられるとのことだったので
受付で10枚ラッフルを購入しまして~
トラベル部門と家電部門2箇所に半券を入れてクジ入れの
中身をグルグル念を入れて「かき混ぜて」来ました。(爆笑)

その後、パーティが始まるまでに約10名の方々の
サリー着付けをお手伝い。みなさんそれぞれにお似合いの
サリー(色・素材ともに)を選んでらしたので、一番
綺麗に見えるように・・・・と素材・色・その方の雰囲気に
あわせて「サロン・ド・青蓮」(!?)にて着付けをさせて頂きました。
(写真はクリックしてもこれ以上大きくなりません。あしからず。(´▽`*))
salon-de-bluelotus11.jpg
司会のお二人の話術も巧みで、みんなを楽しませよう!という
心意気が伝わってきて、さくら会役員の方々のご尽力に感謝!
(自分が役員だった年のイベントを思い出して、ウルウル・・・・)
趣向を凝らしたサークル紹介のあとは、ボリウッドダンスで
盛り上がり!・・みんなの目がステージに釘付けのそのとき
会場の後ろでは、ホテルスタッフがボリウッドダンスを一目見ようと大集合。
会場設営スタッフからシェフまで勢ぞろい・・・・・↓ ウケました・・・・www
hotelstaff.jpg
そして、ラッフルくじの結果ですけどね
おそらくこりゃ~一等賞に匹敵するかと。
raffle11.jpg

クラリッジズホテル(スラジクンド)のペア一泊宿泊券が大当り!
おまけにテーブルごとの番号くじでは、Baciの
ランチ券が大当り。ほんとは家電部門の
オーディオセットを狙っていたのだけど。(欲張りすぎ?)

改めて、さくら会役員の皆様、お疲れさまでした。

そんなこんなで(どんな?)秋も深まってゆくデリーでございます。

今日も応援クリック ポチっと↓ よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.10.17(Mon)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
冬が来る前に
デリーは内陸部に位置し、大陸性気候ですから
冬の寒さは結構きびしいんです。
常夏の国じゃ~ないんですよ~!
暑い国仕様にできている住居、大理石の床は底冷えがして
靴下重ね履き、ヒートテック+フリースはお約束。

ヒーターをつけても部屋全体は暖まらないし
そんなとき、炬燵は理にかなった暖のとりかただよなぁと
思っていました。頭寒足熱だよね!
最近のは省エネ仕様になってるし欲しいけど、
日本から持ち帰るのは大変だなぁ・・・・と
ブツブツ言ってたら、aranyosさんが「ヒーター部分だけ
売ってるよ~」と教えてくれて、早速購入!!

炬燵櫓を作らねば・・・と思いつつ、どれくらいの大きさだったっけ~
高さは?うたた寝できるよう、腰の高さ以上はなくちゃなぁ・・なんて
床に横になって腰の高さを測るなど、怪しい行動満載の今週。
大工さんに設計図を見せ、どれくらい材木や板が必要か聞いて
材料を買ってきて渡し、コロニー内の裏通りで作業してもらいました。

なんせ、どういう使い方をするのか、どうして枠組みだけで良いのか
それを説明するのに一苦労。上に炬燵布団がかかるんだから、そんなに
上等な材木でなくて良いんだよ~、ってわかってもらうのにまた一苦労。
そうして出来上がったのがコチラ!
kotatsu1.jpg
通りかかるインド人たちが、「なんでこんなにスカスカの
木枠だけの机を作ってるのか」「天版がなんで別になってんの」と
興味津々で見てました。(^0^)/
無事完成し、大工さんにヒーター部分を取り付けてもらって完成!
kotatsu2.jpg

家族3人で、完成記念にわざわざ布団をかけて、電源を入れて
汗をかきながら乾杯しました。あはははは(´▽`*)
kimsmart-oct11.jpg
グルガーオンのKim's Martで買ったネギや白身魚やイカやお豆腐↑
冬になったらこれで、「コタツで鍋」もできるわね~と
妄想列車・爆走中です。

今日も応援クリック ポチっと↓ よろしくお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
2011.10.15(Sat)  天気COMMENT(15)TRACKBACK(0)TOP
4000ルピーは高いぞ
年会費1000ルピー(約1800円)で文化センターのイベントに
参加でき、しかも美味しいイタリアンが食べられる
・・とあって、デリー暮らしのExpatsたちの憩いの場となっていた
イタリア文化センター。
会員申し込み用紙に「会員になりたい理由」を書く欄があって
わざわざ「レストラン利用以外の理由をご記入ください」と
注意書きがあるほど、Diva直営レストランは味も良心的なお値段も人気・・・
でし

・・・って過去形になっているのは、もうご存知の方も多いでしょうが
会員登録費用が10月1日から、一気に4000ルピーに値上がりしたから。
しかもこれから、野外テラス席が最高のシーズンを迎えるこの時期に。

だったらもう、良いや~・・・と更新をしない人も多いのでは?

イタリアン、私のインド暮らしを影で支えてくれる(!?)
有り難き存在なのです。今までも、そしてこれからも。

デリーではハイアットホテルのイタリアンがいける。
スンダルナガルのBaciも美味しい。バーはこんな感じ↓
baci1.jpg
それからディフェンスコロニー(Moolchand Flyover Complex)の
Flavoursとその姉妹店のLe P'tit Barも
リーゾナブルかつ、大食いの我が家には有り難いポーション。
このハムやソーセージの盛り合わせ↓も美味しかった~
ここは牛肉もイケマスよ。
lepeitbar-salami.jpg
昼夜同じ良心的お値段なのに加え、プティ・バーのほうは
チーズフォンデュとか、エビのグリルなどもあり。
フランス人シェフが仕切っているので、味がぶれません。
ショットバーで気軽にお酒と会話を楽しんで行く
デリー在住フランス人の姿もよく見かけます。
いつもデザートが美味しそうなので、食べるぞ~!と
意気込んででかけるんだけど、サラダとメインコースで
お腹一杯になってしまい、デザートまでたどり着けておりません。www

こんなに食の選択肢が出来て、有り難いことでございますよ。
会費4000ルピーを払わなくたってさ。(負け惜しみ!?)

今日のニュースでは、DAISOがインドに出店すると!
まずはグジャラートのリライアンスストア内にDAISOコーナーを
オープンするんですって。
個人的にはナチュラルキッチンとか、Seriaにもインド進出してほしいんだけど。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.10.14(Fri)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
きゅうりです。一応。
ダシャヘラーのお祭りも終わり、次に控えるのは
お正月に匹敵するインド第一のお祭り、光の祭典「ディワリ」です。
クリスマスのライトアップよろしく、家の周りをライトアップして
その間電力消費量もアップするわけでして。
それを見越してか、ここ2~3日停電頻発。発電燃料となる石炭を
ディワリにそなえてためまくっているのではないか・・・と専らの噂。
南デリーは本当に停電の少ないエリアで、冷房をガンガン使っていた
酷暑期でさえ、停電はほとんどなかったのに 何故今ごろ??と
「ディワリ蓄電説」を信じたくもなりますよね~

さて、昨日家人がもらってきた胡瓜なんですが。
果たしてこれ、きゅうりなのかなぁ?
cucumber11a.jpg
真ん中のがインドの普通サイズ胡瓜。
普通サイズ胡瓜でも、日本のより太いんですよ。
この巨大な胡瓜、シンガポール・キューカンバーっていう名前だって。
そんなんシンガポールでも聞いたことないけど・・・・。
おそるおそる切ってみました。
cucumber11b.jpg
意外や意外、とってもみずみずしくて、美味しかったです~
半分を3人でもりもり食べてもまだ余るほど、大きかった!
はしっこの種の少ない部分を、浅漬けのもとに漬けておいたら
これまたカリカリ食感になって美味しかったですっ!
まだ冷蔵庫にあと半分あるんですけど~。

私がびっくりしていたら、パンジャブ州に行けば、野菜はなんでも
もっとでっかい・・・そうな。
でっかいと言えば、ラッスィーのカップだって、パンジャブ州では
高さ30センチくらいある・・・・そうな。
そりゃあ是非、この眼で確かめてみたいもんだ。

とにもかくにも、停電が頻発するのは毎日午前中11時ごろと
午後4時ごろ・・・その間にホームベーカリーなどを使わないように
電子レンジを使うような作業が少なくて済むように、と
智恵をしぼるデリー暮らしの昨今なのでございますよ。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.10.13(Thu)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
ファッションウィーク 2012春夏編
ただいまデリーの見本市会場プラガティ・マイダーンでは、
Wills LifestyleIndia Fashion Week開催中。
昨日はクラフトミュージアムでのDastkar Bazaarのあと
ファッションウィークのショーを観に行ったのです。
クラフトミュージアムはプラガティ・マイダーンに
隣接していますからね。とことこ歩いて移動しました。

会場入口には Play Clanのオブジェが。
wlifw-ss11c.jpg
今回のショーは春夏コレクションなので、カラフルで
ふわふわな服が多くて、可愛かったですよ。
色彩の豊かさは、デザイナーブースを見ると一目瞭然。
wlifw-ss11b.jpg
それにしてもモデルさんたちの細いこと。
そして、とあるデザイナーさんの上顧客さんだろうけど
まんま同じデザインの服を着た人が会場前で鉢合わせ・・・・
本人たちはさぞかし居心地悪かったでしょうね~ 
女学校の同窓会でうちの母くらいの年のオバチャンたち2名が
同じ柄のレオナールのワンピースで鉢合わせしたときみたいな。
(例えが具体的すぎ?www)
wlifw-ss11a.jpg
「旅行でインド行くんだけど、現地調達の安いコットン服に
ビーサンでOKかな」・・・・なんて思っていると
インドの都会のファッションはどんどん進化してますから
ちょっと認識を改めたほうが良いかもですよ~~
 
今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

ファッションウィークの写真をもっと見たい方は右下の more... からどうぞ


More…

2011.10.12(Wed)  ファッションCOMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
地下鉄に乗ってバザールへ
本日の探検先は「クラフト・ミュージアム」!!
最寄駅から地下鉄でGO! まずはデリー見本市会場のある
プラガティ・マイダーンへ。地下鉄は女性専用↓車両があるので
専らそれを利用しています。渋滞なし、駐車場の心配なしで
一人で動き回るときには快適な移動手段です。
ladiesonly-metro.jpg
プラガティ・マイダーンで降りて、歩きだしたは良いけれど
遠いじゃ~~ん!・・・と半分ほど歩いたところで気づくも
遅し。そんなこったろうと帽子は持ってきたけれど、腕が
しっかり日焼けしてしまった ゚(゚´Д`゚)゚

で、目指したのはこのバザールだったんですよ~。
先日もご紹介した「Dastkar Nature Bazaar」
クラフトミュージアムに入った途端に、館長さんにバッタリ遭遇
素敵なサリーをお召しでした・・・・

野外展示場と、奥のお店エリアが全てバザール会場になっていて
優良なNGOやNPO、支援団体のハンディクラフトが山ほどありました。
インド東北部のカゴバッグなども。
northeast-basket.jpg
ディッリーハートより、お値段もちょびっと安くて
掘り出し物もありましたよ~ これが入場料無料で楽しめるとあっては
行くしかないでしょ~。平日はのんびり見て回れるのでおすすめです。
ディッリーハートは季節によってはショール屋さんだらけに
なりますが、こちらはバラエティに富んだインドの手工芸品が
集められていました。
pg-bag.jpg
私が買ったのは、仕上げの綺麗な象さんウッドボックス
日本の友人へのお土産に・・・なるかも。(はたまた私の
お仕事机にチョコリンと鎮座ましますかも。)
woodenbox-elephant.jpg
そしてそして~。可愛いかぎ針編みのベルト↓。
私のじゃ~ありませんよ。可愛い幼稚園の女の子への
プレゼント用に。カチューシャがわりにしてもラブリーよね。
それよか。買ったものを入れてくれた袋に私の目は釘付け!
crochet-flowers.jpg
コレよ~↓。こういうのが手仕事自慢のインドらしさ!
この袋も売ればいいのにね・・・・
shopbag.jpg
帰りには、Dastkarの代表者(ライラ・ティヤブジさん)の
テレビインタビューが通路のど真ん中で行われていました。
ライラさんもコットンサリーを素敵にさらりと着こなして
いらっしゃいましたよ~
laila-tyabji-dastkar.jpg
コットンサリーを上品に、ピシっと糊をきかせて着こなせる
格好良いオバチャンになりたいなぁと思ったのでした。
ま~ね~、相当場数を踏まねば難しいでしょうけどね~

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします~!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.10.11(Tue)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
写真=アート in India
日本では写真は芸術だと当然のように認められていますが
インドでは・・・・

ちょっと前までは写真の著作権なんてほぼない状態で、
「フォトグラファー」という職業では生活できないくらい、
一枚の写真に対するギャラが安かったんです。

写真=アート というのをインドで確立した立役者が
Prashant Panjiar Dinesh Khanna というフォトグラファーたち。
彼らは自ら「Nazar Foundation」という団体を立ち上げ
写真芸術啓蒙のイベントを企画・運営したり
若手写真家たちの勉強会を開いたりして、インドでの
プロの写真家育成にも貢献しています。

Nazar・・・ってヒンディ語で「目」「瞳」のこと。
写真を撮るには被写体を捉える「目」がなくてはね・・・
というわけで、ロゴ↓もわかりやすくアピールしてます。
Nazar copy
そのナザル・ファウンデーションとインディア・ハビタット・センターが
合同で「Delhi Photo Festival」を開催。
なんとインドで初の公式フォト・フェスティバルが今週末から開かれます。

インドで有名な写真家たちのデジタルイメージ
プリントイメージの展示はもちろんのこと
一般公募で選ばれた写真の展示(テーマは「Affinity」)
各種の写真に関するワークショップやトークショウ
そして、写真展審査員たちによる作品批評が受けられたりもします。
(各自写真作品のポートフォリオを持参のこと、有料)
delhi-photo-festival11.jpg

10月15日から28日まで、期間中の各イベントは
下記の公式サイトでご確認ください。
Delhi Photo Festival←青字をクリック!
私は23日の夕方、Dinesh Khannaの写真批評会に
行きたいなぁと思っています。

写真って、同じ場所から撮っていても、人によって
全く違ったものになりますよね・・・・インドは被写体に
溢れているだけに、その切り口の数は無限大。
プロの写真作品を沢山観ることのできる、貴重なイベントです。
ぜひ機会を作ってご覧くださいね~。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

2011.10.10(Mon)  芸術・文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
Kitchens of Indiaなるもの
前々からチェックしていたとある食品ブランド
その名も「Kitchens of India」
レトルトカレーやら、ビリヤニ(インド風炊き込みご飯)の素やら
スパイスはもちろんのこと、「インド料理」に関するあれこれ
鍋やお皿やトングまで(!)が売られているブランドで、
色々なスーパーで取り扱われています。

私のお気に入りの逸品はコチラ
kitchensofindia1.jpg
アップル・シナモン・コンサーヴでございます~
まぁ、ジャムなんですけどね。
秋になると無性に「アップルパイ」とか「パンプキンパイ」とか
食べたくなりませんか~?シナモンの香りが恋しくなりませんか~?

そんなアナタに。蓋を開けると
kitchensofindia2.jpg
ど~んとシナモンスティックが入って主張している
押しの強いインドそのままな(?)ジャム!!
りんごをすりおろしたような、ツブツブ感もありますよ

アップルパイを焼くのは面倒だけど、ちょっと「もどき」が
食べたいな~ってときに、クラッカーにこれをたっぷり塗って
食べると シ ア ワ セ
(注; デリー暮らしが長くなったもんで、「美味しい」の
ハードルがかな~り低い私です。ぶふふふふ)

ま~、80ルピー(130円弱)ですからね
ちょいと試してみてはいかがでしょ?

そして気になっていた Kitchens of India なんですけどね
インドの優良老舗企業、ITC(前のIndia Tabacco Company、1910年創業)の
グループ会社のひとつでした。
この「フルーツ&スパイス コンサーヴ」シリーズには
他に ストロベリー&ミント、 パイナップル&グリーンペッパー
プラム&スターアニス っていう種類があるんですけどね
いっつも↑アップル&シナモンが売り切れてるの。

あなたはどの組み合わせを試してみたい??

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.10.09(Sun)  青蓮日記COMMENT(3)TRACKBACK(0)TOP
お気に入りマーケット、はりきって行こう!
マーケットやお店は数々あれど、お気に入りのお店が
うま~く一箇所にまとまっているマーケットはなかなかないのがデリー。
全部一日でお買い物済ませようと車で回っても、効率悪いのが玉に瑕

そんな中で、気に入っているのが「メヘルチャンド・マーケット」
ちょっと前までは、ローカルな立ち食いレストランとか、
潰れかけたような電気屋さんとかしかなかったエリアに
突如、ブロックプリント専門店Somaの独立店舗ができたのが
かれこれ4年近く前。できてすぐは本当にSomaしかなくて
大丈夫かなぁ・・・・と心配になるほど「掃き溜めにツル」状態だった。

Khan Marketにもほど近く、Lodhi Marketからもすぐ・・・・という
意外な立地の良さが手伝って、あれよあれよと言う間に
おしゃれな店がメヘルチャンドに集まりはじめ・・・・・
Somaは先見の明があったんだろうね

美術系やコーヒーテーブルブックが充実している本屋CMYK↓やら
ひねりのきいたインドグッズが得意な Play Clanやら
チーズ専門店 Flanders Diary Products やら
思わずクスっと笑ってしまうインドネタTシャツの Tantra やら
全部は書ききれんけど、インテリア関連のお店などなど
CMYK.jpg
ちょっとエッジーなインド製品が手に入る、有り難いエリアに進化した。
(デリーに何度も来てるわよ~、って方も、次回はぜひ要チェック!!)

そのマーケットで、10月12日以降、なんだかんだと
「フェスティバル」と称してイベントが行われることになっている。
毎週月曜日は色んな店でディスカウントが受けられたり
毎週土曜日には市がたち、オーガニックフーズが販売されたり
CMYKで水曜日の夜、映画上映会が催されたり。
meharchandmarket-festival.jpg
10月後半、市内各地で開催されるディワリ・メーラーに
対抗するべく企画したんだろうけど、これは一見の価値ありかも
・・・と期待大な「メヘルチャンド・マーケット・フェスティバル」なのだ。

今日も応援クリック ポチっと↓ よろしくね。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.10.07(Fri)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
創作の秋 その2 「むすぶ」
創作の秋シリーズ(シリーズ化するのか!?)第2弾
本日のお題はコチラ↓
necklace051011c.jpg
秋らしい葡萄柄のマンテルがアクセントになって
いろんな応用がききそうなネックレスでございます~
以前教わった「とんぼ玉」のお師匠様と、
オリジナルアクセサリー作りのお師匠様とのコラボ企画

材料はオニキスやラブラドライトや淡水真珠や
サンドストーンなどなど。使いやすく下準備して下さったので
私たち生徒はひたすらシルクコードを結んで、石を通すのみ!
necklace051011b.jpg
・・・といっても、この「結ぶ」という作業が
なかなかのクセモノで。二重に綺麗に結び目が重なるように
結ばなくてはならないのにちびっとズレてみたり、
それを修正しようともう一度結ぶと今度は結び目が三つ並んでみたり。
ぐぇ~~~~!・・・と心の中で奇声を発しつつ、黙々と作業しましたよ。
necklace051011d.jpg
途中でチャーイをいただいたり、おはぎを食べたりしてたもんで
時間内には終わりませんでしたが、家に帰ってからまた
黙々と結び、結び、結び、結び・・・・・・・・
なんか先生のみたいに綺麗じゃないけど、できました!!
necklace051011a.jpg
結び目を数えてみたら、284回も結んでましたっ ひ~~~!

そして今日のおはぎシリーズ(これもシリーズかいっ!!??)
前回のよりも、お米に混ぜる「紅芋粉」を多めにして作り
違う重箱に入れてみました。
ohagi051011.jpg
さて、10日間続いたお祭りも10月6日のダシャヘラーで
終わり。次は女性が夫の長寿と健康を祈って断食する
カルワ・チョウトというお祭りがあるんですけどね。
これが奇しくも10月15日(土)、さくら会(旧デリー日本人会
婦人部)のランチパーティの日。・・・・・・ 断食は延期だな、こりゃ。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いしますぅ。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.10.06(Thu)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
創刊4周年 VOGUE INDIA
VOGUE INDIAが発刊されてから、もう4年目も経つんですって。
月日の経つのは本当に早いですね~
インド産モード系の雑誌が少なかった当時、ヴォーグ・インディアが
自前取材を行なう(他国からの借り物ネタでなく)という
話を聞いて、すごいなぁと関心したものでした。

ちょうど春のファッションウィークのころで
インド版ヴォーグのファッションエディターさんたちが
ファッションウィーク会場やアフターショーパーティを
闊歩しているのを見て、カッコ良いインド女性が一杯だなぁ・・・と
感心しつつ、眺めたのを思い出しました。
創刊号はボリウッドスターてんこ盛りの表紙でしたっけ。↓

そして、1周年記念号は、当時新婚さんだった
アイシュワリヤ・ラーイ・バッチャン。
この表紙も綺麗でした~
vogue-anniversary08.jpg
こういう雑誌は、結構ずっしり重たくて、
しかもファッション雑誌って、服の流行サイクルが早いので
再利用しにくいですよね・・・・・でもなんだか
処分しきれず、あとでじっくり読みなおそう・・・とか思っても
結局読まないまんまなんだよね。

で、ただ今発売中の4周年記念号ですが。
今ボリウッドで一番話題の(浮名を流している、という意味でもね)
ランビール・カプールが登場しています。(格段ハンサムとは思わんけど)vogueindia-4thanniversary.jpg
記念に・・と思って創刊号と1周年記念号と
先日のマードゥリー・ディクシト特集号は取ってあるけど
いいかげん本棚が満杯になってきたしなぁ。
4周年記念号も、本屋さんで中身を確認してから買うかな。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.10.05(Wed)  ファッションCOMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
78円で
普段使いのマグカップが割れたり欠けたりで
気がつくと、どのセットも1~2客しかなく
なんだかな~・・・・と思っていたのだけど
なかなかピンとくるマグに巡り会えず。

日本の百均(キッチン用品などの乙女心くすぐる可愛いほう)で
レース模様のぽってりしたマグを買って、せっせとインドまで
運んできたんだけど、夫の会社に全部里子に出したのだった。

先日、ヴァサントクンジのBIG BAZAARに行ったついでに
アンビエンスモールの地下にあるHome Centerをダメもとで
覗いてみたら、コストパフォーマンスが良いマグを見つけた。
v(=^0^=)v
homecenter-mug11.jpg
49ルピー、80円弱。
一応ボーンチャイナで、珍しいことにはMADE IN INDIAの
刻印がついている。(最近安いのは全部、某隣国のダンピング品
だったりするので・・・・)これが49ルピー定価で買えるんだから、
サロジニナガルの道端で、ぽってり陶器のマグを50ルピー出して
買うことも、もうないだろうな。

もひとつ最近のお気に入りはGAIAというメーカーのミューズリー。
なかなか美味しいのだ。168ルピーだったかな
やたら高い輸入品のミューズりーを400ルピー近く出して買わずとも
インド製のが沢山市場に出回るようになってありがたいこと。
それでもまだ他のインド物価と比べると割高だけど、ミューズリーが
庶民のマーケットに並ぶようになった・・・・・ってことは
インド人の「食生活に対する意識が変わってきた」、ひとつの証でもあるような。
gaia-muesli11.jpg
朝6時に息子を送り出したら
美味しいコーヒーを入れて、ミューズリーにフルーツと
ヨーグルトをたっぷりかけて、のんびり朝食・・・・・
ささやかな贅沢なのでございますよ~~

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

2011.10.04(Tue)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
今月のカレンダーは。
ガーンディー・ジャヤンティ(ガーンディーさんのお誕生日)は
今年は日曜日と重なり、一日祝日を損した気分・・とは息子の弁。
インドは振替休日とかありませんからね。・・・・それでなくとも
各宗教の祝祭日がお休みなんだから、これ以上振替とかで
お休みにされた日にゃ~、お役所仕事や銀行などの業務が
滞るでしょうにねぇ。

10月2日、ガーンディー・ジャヤンティは「閉店法」により
お店を閉めなくてはならない・・・なんて言ってたのも今は昔。
大型ショッピングモールは普通に営業してます。

で、よく考えたら、今月は学校もお休みだらけ。(↓ピンク部分は休み)
oct11-calendar.jpg
10月6日がダシャヘラー当日で、その前後が土日もあわせて
5日間休み。10月11日はヴァルミキ(ラーマーヤナの作者)の
お誕生日でお休み。そして22日から30日までの9日間は
またもディワリ(光のお祭り)で休み・・・と来たもんだ~。
つまり ガッコは一ヶ月の半分しか行かないってこと。しかも
30日まで休んだあと、31日月曜日は英語の試験ですと~!

singara-rice11.jpg
というわけで、なんだかダラダラしてしまいそうな10月。
シャキっとせねば~!と、↑先日ご紹介したスィンガーラー(菱の実)
と雑穀を入れて炊き込みご飯に。
9日間続く菜食メニューの目先を替えてみました~~。

でもね、楽しみなのはそろそろ秋の「メーラー(クラフト市)」の
時期になるってことですよっ!
クラフトミュージアムで開催されるDastkarのネイチャーバザール
(10月8日~19日)や、オベロイホテル近くの
Blind Relief Associationのディワリ・メーラー(18日~24日)など
良質なインド製クラフトが、良心的な値段で買えるイベントが
目白押しです。さぁ、みなさん日にちを( ..)φメモして下さいね~
(宣伝部長か~!? BRAメーラーの去年のお買い物はコチラ

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村




2011.10.03(Mon)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
ガーンディー・ジャヤンティに寄せて
毎年10月2日はインド国民の祝日
「ガーンディー・ジャヤンティ」(ガーンディーさんのお誕生日)

新聞には、沢山のマハートマー・ガーンディーの写真と
お誕生日のお祝いメッセージが載ります。
gandhismriti4.jpg

デリーにいらしたら、ぜひ訪れていただきたい場所
ガーンディーさんの博物館(詳細は過去記事で。コチラ
ここの展示を一順すると、なんとなくおぼろげに
ガーンディーさんの人となりが近しく感じられるように
なると思います。小さなお子さんたちも 見て、触れて
五感で何かを感じ取れるはず。大きくなって、歴史の授業で
インドのことを習うとき、体験が鮮やかに蘇る・・・・って
これほど素晴らしいことはないですよね。

ガーンディーさんがらみでは「ラージ・ガート」
ガーンディーさんが荼毘に付された場所もぜひ。
国賓級の人々が、デリーを訪れるときには必ず最初に
表敬する場所でもあります。
rajghat1.jpg
インドの独立までの道のり
独立に際して、ガーンディーさんが果たした役割
今、インドが抱えている沢山の問題
rajghat2.jpg
そんなことを つらつら考えながら
今自分が住んでいる国、インドの歴史をさかのぼり
お勉強するのもまた一興かも。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
2011.10.02(Sun)  インドの祝祭日COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。