□  2011.02 □  01≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫03
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
10ルピーのしあわせ
10ルピー(18円くらい)で買えるもの
10rupeenote.jpg
ローカルブランドのチップス小袋
ギフト用ラッピングペーパー2枚
棒アイス
焼きとうもろこし
ビスケット1パック
靴のかかと修理
圧力鍋の圧ボタン取替え
この時期のトマト500グラム
10rupeecoin.jpg

そしてコレ↓
bindi-a.jpg
サリーやパンジャビスーツなどとコーディネートして
眉間につける「ビンディ」も10ルピー。
ローカルマーケットに行って、女性がたむろして(?)いる店には
ヘアアクセサリーやマニキュア、口紅などと一緒にビンディも。
店頭に飾ってあるだけじゃなくて、山ほど入った箱をどんどこ
見せてくれるので、選ぶのも楽しい。
bindi3.jpg
カラフルなのもあれば、シルバー系統もあり
着るものにあわせてとっかえひっかえ
bindi2.jpg
台紙に5個ついてるのもあれば、
小さなのが12~13個ついてるのもあり。
bindi5.jpg
豪華なサリーを着るときには、ビンディも豪華版で
(・・・・といってもコレは1個10ルピーなんですけどね)
bindi4.jpg
ちっちゃなのはネイルアート代わりに爪に貼り付け
クリアマニキュアを塗り塗りしておけば、
お手軽で可愛いネイルができます。
ピアス代わりに耳たぶに貼り付けるのもアリよ~

え、眉間はひとつしかないのになんでそんなに沢山
ビンディがいるのかって?
19日から大学の後輩たちがインド研修に来ておりまして
今日の夕方ヴァラナシからデリーに到着するんです。
明日はみんなでタージマハルを見学に行き、夜はサリーパーティ。
・・・・なので後輩17名全員へのプレゼント。
お土産にTantraでインドチック柄のTシャツも買ってあるんです。

人にあげるものとはいえ、お買い物は楽しいのぅ。

ブログランキング
今日はカタカリダンサーを ポチ↓っとな!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2011.02.26(Sat)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
デリーでメキシカ~ン!
我が家からママチャリ移動圏内(!?)にあるモール群
ルイ・ヴィトンやディオールなど高級ブランドが入っている
Emporio。そのお隣はZARAなどややお手軽系があって
ローカルブランドやIZAKAYA、Italiaなどのレストランも
あるDLF Promenade。
そのまたお隣はHOME STOREやKielなど、あれこれ混在かつ
子供が喜ぶFun Cityも入っているAmbience Mall。

昨日のお昼は友達とランチに行こう!ってことになっていて
新しくできた和食の店にしようか、Smokehouse Deliのテラス席も
この時期は気持ち良いよね~、なんて言いつつ
満場一致(・・・って3人だけだが)で決まった行き先は
Chili's。実はワタクシ、豆系が苦手なのでメキシカンだと
メニューが限られるなぁ・・・ってちょっと心配だったのです。
chilis menu-feb11
でもここ、メニューの品数が多くて、それぞれボリュームもたっぷり
みんなでナッチョスをシェアして↓
chilis nachos-feb11
その後それぞれファヒータなど頼んで、
食べる合間におしゃべり
いや、しゃべりながら食べるのに忙しく、大満足なランチでした。
私は、インドじゃめったに口にすることのない、サーロインステーキを
食べましたよ~。(水牛だと思うんだけど。)
chilis tenderloin-feb11
嬉しかったのは、75ルピーでコーラ・スプライトが飲み放題な
Bottomlessサービスがあること。インドではありそうでないんですよね。
これであとは「コーヒーおかわり自由」な店があったら最高かも。

いつもアンビエンスモールで、ここを通りかかるたびに満席なので
気になってはいたんですが
なるほど、お値段リーゾナブルで量もたっぷりで、
人気の理由がわかった気がしたのでした。

メキシカン、Tex Mex 食べたくなった?
ひとつチリを ポチっと~~↓
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
2011.02.25(Fri)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
デリー あの場所は今
南デリーの「ビバリーヒルズ」と言われている
高級住宅地、ヴァサント・ヴィハール

同じく南デリーの「原宿」と称されるヴァサント・ローク
(プリヤシネマが有名だったので、昔からデリーに
住んでいる人にはプリヤのあるところ、というと
通じる人が多いです。)

そこに通じる道路の角っこには昔からのスラムがあり、
私はここを「ヴァサント・ヴィハール・ゼロ番地」と
呼んでいます。

政府の政策で何度も取り壊しされているのに
しばらくすると、また元通りになっている逞しさ
電線が縦横無尽に張り巡らされ、電線兼物干しになっていて
カラフルな洗濯物が干されています。
岩盤の小高い丘の上には、眺望抜群の家々が陣取り
ふもとの村は、迷路のように入り組んでいます。
vv0a.jpg
このあたり、野豚の団体(?)が徘徊していて
春先には瓜坊がいっぱい誕生するんですよね。
南デリーで曜日ごとに場所を変えて開かれる「野菜市」
(金曜日はFRRO近く、月曜日は南京レストラン近く、など)に
屋台を引っ張って出店する「ジャレビー屋さん」
「焼き芋屋さん」「とうもろこし売り」などの
総元締め以下、ここのスラムから出動している人が多いようです。

野豚だけでなくて、犬や牛やヤギも住んでいるんだなぁ・・・・
なんて眺めていた先日。なんと「ロバの行軍」が
出てきました。
vv0b.jpg
一体何人の人が、何頭の家畜がここに住んでいるんだろう。
国勢調査とか、なしくずしなんだろうなぁ・・・・

コモンウェルスゲームズのときには、看板がたてられ
隠されていた部分も、今では元通り。
デリー市内には、コモンウェルスゲームズ以前に増して
難民が増えている、信号待ちのときの物売り・物乞いが増えている
完成せぬまま放置された工事箇所が多いような気が。

うちの息子の学校では、午後シフトでこういった
スラムの子供たちを受け入れるシクシャ・ケーンドラという
クラスを無償で運営しています。
4月からは息子もシニアスクールに進学するので、5年生までの
いらなくなった制服や、教科書、まだ使えるノートなどを
再利用してもらうため、全部学校に届けてきたところ。

できることからこつこつと。

日向ぼっこ中の牛さんを ポチ↓ !!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

2011.02.24(Thu)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
涸れることなきアイディアの泉
ジュエリーデザイナーやアパレル関係者が
インドを目指すのは、いろんなインスピレーションを
得られるからだと思う。もちろん人件費が安いことや
加工・製造段階での利点が多いこともあるだろうけれど。

街中の壁に書かれた広告のグラフィックスや
女性の普段着の色使いや 木々や花や・・・・・
秘密の壺から、次から次にヒントが湧き出す感じ。

観光地にだって使えそうなものはいっぱい。
風の宮殿(ジャイプル)のこのカラフルさといい
jaipur-hawamahal.jpg

アンベール城の透かし彫りといい
jaiur-amberfort.jpg
↑この透かし彫りね、アップにするとこんな感じ。
かなり大きな大理石(一畳くらいの大きさ)を彫り、組み合わせてあるんです。
jaipur--amberwindowpane.jpg
これをシャドウワークにしたら面白いだろうなぁとか
カラフルな小窓をそのまんまモラみたいにアップリケしたら
可愛いだろうなぁとか。

はい。そうです。ただいま現実逃避中。
来週から息子の学年末試験が始まるので、本腰入れて
勉強させねばならんのですけどね。
なんだけど、妄想してるほうが楽しいのよね。www

ものづくり、好きですか?
指の運動に ニンブーミルチ↓を ポチ!!!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.02.23(Wed)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
インドの花あしらい
庭に咲いている花を利用しているというフラワーアレンジ
オベロイ・ラージヴィラスのレストランにて
flowerarrange1.jpg

早朝、花係の女性がバスケットを手に
落ちた花を拾っていたのを見かけた。
スパの入り口にかわいらしくアレンジされていたブーゲンビリア
flowerarrange3.jpg

大理石の象嵌模様にも負けぬくらいのあでやかさ
ピンクのバラと白い小菊で飾られた
タージ・ランバグパレスのロビー
flowerarrange5.jpg

シンプル・モダンがお得意なトライデント
フロントデスクにもバラが置かれた、バレンタインの日
flowerarrange2.jpg

これ、合成画像ではないんですよ。
毎日、バラが浮かべられた水盤に
とことこ水を飲みに来る孔雀。ジャイプル・Hot Pinkの庭にて
flowerarrange4.jpg

これからデリーは花の綺麗な季節。
5月中旬まで、色とりどりの花々が次から次へと街を彩ります

花・植物・動物  お好きですか?
ブーゲンビリアを ポチっとな↓
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.02.22(Tue)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
グルガーオンで必見
・・・・といえば あ~~た、最近はなんといっても
Kingdom of Dreamsでございましょ。
インド全土を回る時間も体力もな~い!って方も
ここのCulture Gullyへ行けば、インドを代表する14州の
お土産や食べ物が一通り体験できるんですから、ありがたい。

ゴアのビーチを再現した砂場↓もありますから、子供たちも
遊ぶ遊ぶ。猫や犬のフ〇の心配もないしね。
kod-goabeach.jpg
もちろん一番の話題はボリウッド・ライブ・ショーの
ザングーラ・ジプシープリンス物語・・・・ですが
そのほかにも、楽しめる場所、美味しい場所はいっぱい。

カルチャー・ガリーと呼ばれる各州パビリオンの集合体みたいな
建物は、14州の代表的な食べ物やお土産などがありますし
これからまだ、あと9つ足して全部で23州の建物ができる
予定なんだって。ますます楽しみですね。

ゴアのシーフードなどを食べさせるレストランは、こんな感じ↓
壁にはめ込まれている波を形づくっているのは、ワインボトルです。
kod-goa.jpg
ちょっとチャイでも飲もうかしら・・・って時には
お土産屋さんの2階奥、南インドのカフェへ。
壁の模様はカタカリダンサーのドアップ。これが妙に
モダンで良い感じ。そして南インドのシルクサリーが
壁紙かわりに贅沢に使われています。
kod-madras.jpg
いやいや、ここはせっかくだから、豪華なインド料理を
という方には、ラクナウのアワド宮廷料理のレストラン。
ナワーブ(イスラム太守)の風格たっぷり、豪華なキラキラ作り。
kod-lucknow1.jpg
英国統治時代のインドにあっても、独自の文化を
生み出し続けたアワド地方。美味しい肉料理や
ふんだんにスパイスを使ったものが自慢です。
kod-lucknow2.jpg
もちょっと土臭い(?)インド料理をガツ~ンと行きたい方は
パンジャブへ。マトカ(素焼きの壺)がライトになってて
内装もなかなか面白いです。
kod-punjab.jpg
そして、話題になったサルマン・カーンの映画Dabanngの
写真などが飾られ、オープニングにはサルマン自身が
テープカットにやってきたというIIFAラウンジ。
ここの窓際に座ると、カルチャーガリが一望できますよ。
kod-iifa.jpg
日暮れてくると、Culture Gullyの外観はアラビアンナイトもびっくり!
なんだかラスベガスみたいね~~
インド随一のライブ娯楽施設がグルガーオンにある
デリーから30分で行けるというのは
子持ちの母にしてはありがたいことなのでございますよ。
日本からお客様が来たときの、おもてなしの選択肢のひとつにもなるしね。
kod-culturegully (1)
Kingdom of Dreams 平日の入場料は500ルピー
《入場料100ルピー +スマートカード(食事&お土産店で利用可能)
350ルピー分、スマートカードのデポジット50ルピー(払い戻しあり)》
ショーチケットは750~6000ルピーまでありますが
ショーを見なくとも、3~4人で行ってスマートカードを
うまく合わせ使ってレストランで食事するだけでも、価値ある施設。

行ってみたくなった?

ブログランキング 応援クリックお願いね
 ↓オートリキシャをポチ!!!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
2011.02.21(Mon)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
インドに興味を持ったら
昨日、デリー在住の女性たちにクラフト・ミュージアムを
ご案内しているときに、いろんな方から質問されたこと

☆布のことや、ヒンドゥー教のこと、インドのことを
体系的に学べる、カルチャーセンターみたいなところは
ありませんか?

→デリーでは 美術学部や、宗教学科などで専門的に学ぶか
 美術館・博物館主催のワークショップなどで
 各項目を単発で学ぶかしかないようです。

私の場合は、かたっぱしから本を読み、さらに
疑問に思ったことを、その筋の専門家インド人に説明してもらって
理解したことが多いように思います。布については
博物館などで実物を見て、専門家に質問しまくり
高価な本は立ち読みしたりして(!)

日本で手に入る本で、ヒンドゥー教のことがわかる本
入門編としてわかりやすいのはコチラ↓
indoshinwa-tombo.jpg
インド神話入門 (とんぼの本) [単行本]
長谷川 明 (著)

そして、もう少し詳しいのがコチラ↓
ヒンドゥー教の本 (NEW SIGHT MOOK Books Esoterica 12号)
hindu-newsightmook.jpg
もっとあれこれ詳しく知りたい方は、英語版書籍↓をおすすめします。
hindubooks.jpg

そして、インドの布関係で、これは!という一冊はコチラ↓
インド 大地の布 岩立広子(著) 求龍堂
india-watatecollection.jpg
豊富な写真と、布の説明&紀行文とで成り立つ本で
英語も併記されています。インドの布を紹介した
コーヒーテーブルブックは数あれど、これほど広く
インドの布について語られた本はなかなかありません。
私も手元に置いて、ことあるごとにめくっては楽しんでいる本。

布に関しては、やはり手で触れて、さらには作っているところを
直に見ると、文章で説明されていることがストンと腑に落ちます。

インドで服飾関係・布を納めた博物でおすすめなのは
グジャラート州、アハメダバードにあるキャリコ・ミュージアム
そしてデリーのクラフト・ミュージアム。
これらの博物館で、織物とか陶芸とか、体験できるようになると
言うことなしなんですけどね~

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いしま~す。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ 
2011.02.18(Fri)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
濃霧の朝 そしてクラフトミュージアム
昨日の夕方、南デリーはまたもや時ならぬ雨で
ちょうどグルガーオンを目指して移動中、
NH8の料金所のあたりでもどしゃ降り。
屋外での写真撮影の仕事がからんでいたので
あ~あ・・・と思ってたんですが、運よく
グルガーオンでは雨が降らずに済んだんです。

雨の湿気がたっぷり残っているところへ
朝から気温が下がったもので、濃霧発生!
本来ならば、デリーの濃霧は年末年始に集中し
この時期はもうポカポカ陽気のはずなんですけどね。
ハザードランプを点けながら、移動するも・・・・!
インド門のあたりまで来ても、こんな感じで霧は晴れず。
indiagate170211.jpg
今日はデリー日本人会・さくら会ボランティアグループの
イベントで、クラフトミュージアムをご案内する日だったんです~。
9時過ぎてもこんな感じじゃ~、屋外展示の説明が
できないかも・・・なんて心配していたのですが
そこは参加者の皆さんの日ごろの行いが良いせいか(?)
開始時間には快晴に恵まれラッキー♪♪

民族博物館+服飾博物館、って感じのデリーの
クラフト・ミュージアムは、貴重なお宝満載なんですが
図録などないので、つるっと見て回っておしまい・・・に
なってしまいがちな博物館。
でも、展示品ひとつひとつを見ていくと、あっという間に
2~3時間は過ぎてしまうところなんです。
なかなか見ることのできないハヴェリ(豪商の集合邸宅)が
そっくりそのまま移築されていたり、ナワーブ(ムスリムの貴族)の
邸宅にあったジャローカと呼ばれる、すばらしい細工の出窓が
展示されていたり、建築学的に見ても、貴重なものがいっぱい
しかも、博物館を作った建築家が、チャールズ・コレアという
有名な人なんですよ~

2階のテキスタイルギャラリーも、ひとつひとつが貴重な
ピースですから、これを見逃す手はな~~い!
デリーでぜひ訪れてほしい場所でもあります。

最後は皆さんで記念撮影して、なんと参加者全員の
感想入りThank you note↓までいただいてしまいました。
みなさん、ありがとう!
treasure170211.jpg
参加費は、ボランティアグループが支援している各団体へ
寄付されるとのこと。「できることには参加する
だめだと思ったら無理しない」という、私のペースで
やれる活動なので、毎年お手伝いさせていただいてます。
もっと皆さんにインドを身近に感じていただくためにもね。

さぁ、この雨続きの日々もいいかげんで終わりになって
そろそろデリーも春本番へと向かってほしいものです。

今日も応援クリック ポチっと↓ よろしくね~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ


2011.02.17(Thu)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
ムスリムの祭日&インドの祭日カレンダー
明日、2月16日はイード・ミラードゥン・ナビーで
息子の小学校はお休み。
イード・ミラードゥン・ナビーとは、
イスラーム教の開祖ムハンマドの誕生日かつ命日で
イスラーム暦第3月・第12日目に当たる日のこと。

イスラームといっても、この日を祝う派と、そうでない派が
あるようですが、デリーでは役所、公的機関などもお休みです。

そこで~・・・・酷暑期までのインドの主な祝祭日一覧です。
(太陰暦で定められている移動祭日は、月の見え方により
前後する可能性があります。)

3月03日 (木)マハーシヴラートリ;シヴァ神大祭
3月20日 (日)ホーリー

4月12日 (火)ラーム・ナヴミ
4月14日 (木)ベサキー祭 ;北インドの収穫祭☆
4月17日 (日)マハヴィール・ジャヤンティ(ジャイナ教宗祖の誕生日)
4月18日 (月)ハヌマーン・ジャヤンティ 
4月22日 (金)グッド・フライデイ
4月24日 (日)イースター

5月17日 (火)ブッダ・ジャヤンティ (お釈迦様の誕生日)

シヴラートリの日は、お手伝いさんやドライバーさんが
シヴァ神の信者の場合には、午後からお休みが欲しいと
申請があるかもしれませんね。
同じく使用人がキリスト教徒の場合は、4月後半の
イースター前後は御ミサに出たいと言う人もいるかも。

雨が降ってまたも肌寒くなったデリーですが
この曇り空が晴れると、いよいよつかの間の春到来!
花々が一斉に咲き乱れ、来月半ばにはもう「夏」ですよ~!

さぁさ、デリー&グルガーオンの皆さん、
次の晴れ間には冬物のお布団干して、そろそろ
衣替えの準備しなきゃね~。

今日も応援クリック ポチっと↓お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.02.15(Tue)  インドの祝祭日COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
アジアの小学生図鑑・インド編!!
アジアの小学生を紹介する図鑑ができる と聞いて
ぜひぜひ「インド」も加えてもらおうと、インドをアピール
することからはじまったプロジェクト。
もともとは5年前、「世界の中学生」図鑑で、インド編の
コーディネートを担当させていただいたのがご縁でした。

中国・韓国・ベトナム・インドネシア・ブータン
そしてインドが選ばれた!と連絡があってからは
国立小学校、私立小学校、寄宿舎のある小学校を選んで
それぞれ取材許可を取ったり、学校生活だけでなく
お祭り・宗教・習い事や伝統工芸など、内容にあわせて
モデルとなる小学生を選んだり・・・・・・
という下準備に始まった図鑑作りの仕事。
4058111690.jpg

そうです、あの夏の日の、ジャイプル弾丸ツアー(?)も
ブロックプリンティングや細密画やブルーポタリーの
職人さんに会うためだけでなく、その家に「小学生」が
いるかどうかという大事なファクターを確認するためだったんです。

取材班のみなさんがインドで動きやすいように、
無駄のないようにスケジュールを組んだり
取材に同行して通訳したり、場面設定したり
相手が子供たちなので、本番はとても楽しかった!

取材した子供たちとも、連絡をとりあっているので
それぞれが成長する過程を見てると、感無量です。
6年生、7年生のときに取材させてもらった「中学生編」の
モデルになった子達は、なんともう大学生となり
インドだけでなくイギリスやアメリカの大学に進学しています。
そりゃ~私も年取るはずだわな~・・・・・

ブルーポタリー陶芸一家の跡継ぎとなる男の子や
有名な細密画家を父にもつ女の子
タブラーや古典舞踊を習っていて、お師匠さんのお墨付きだった子達
ボリウッド女優になりたい女の子、
両親とグルドワラに詣でるスィク教徒の男の子
それぞれがとても絵になる、素晴らしい笑顔を見せてくれました。
アジアの小学生 全6巻 紹介サイトはこちら

***学研の内容紹介より*****
日本と関係の深いアジアの国々6カ国に暮らす小学生の今を、
学校、家庭、地域での生活にそれぞれ焦点を当て、
豊富な写真と資料で解説。
お祭りや宗教的な行事、スポーツなども紹介し
国際理解教育にも社会科にも役立つ内容構成
******************

2月4日に発売になったばかりの図鑑。学校図書や
図書館の蔵書として、6冊まとめて置いてあると思いますが
どうぞ機会があったら、「インドの小学生のいま」をのぞいてみて下さい。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

2011.02.14(Mon)  WorksCOMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
春の魚で作るカレー(鰆)
デリーの魚屋さんに行くと、「するめい」と呼ばれる魚があり
白身で扱いやすく、フライやカレーにするのに便利なので
冬の間はよく買っていました。魚屋さんに「するめい」って
英語でなんて言うの?と聞いたら、返ってくるのは
「まだむ、これは海の魚ですよ」って・・・・・
seerfish2-feb11.jpg
あの~。海の魚か、川魚か って、それくらいはわかるわよ!
面倒くさいので、そのまんまにしてましたが
やっぱりこれが何なのか知りたい!

英語でSeer Fishと言うそうです。鰆(さわら)の一種だって。
普通に「切って」というと、こんな風に輪切り↓にされちゃうので
三枚におろして、カレー用に切ってもらいます。
seerfish-feb11.jpg
さて、そんな能書きはいいとして
この週末は魚カレー・・・ってのはどうかしら?

材料
☆鰆、または身がしまった白身魚 500グラム
 塩ひとつまみ+酒大匙2

☆玉ねぎピューレ カップ1
 サラダオイル 大匙3杯
 トマトピューレ カップ1
 にんにく 2かけ
 しょうが すりおろし 大匙1杯半
 黒胡椒 大匙1杯

☆塩(2)、ターメリック(1)、
唐辛子フレーク(1)、ガラムマサラ(1) 適宜
(カッコ内の数字は基本の小さじ分量。お好みで
増減してください)

☆素揚げ用のサラダオイル 適宜

にんにく、しょうが、黒胡椒は粗めにつぶしておきます
     ↑
本日の味のポイントはこれ。黒胡椒がきいてます。
fishcurry-feb11.jpg
作り方
1)切り身を酒大匙2杯+塩ひとつまみでさっとからめたあと、水気をふき取る
    ↓
2)サラダオイルをよく熱し、高温で手早く切り身を素揚げする
  (からりと表面が揚がるくらいまで)
    ↓
3)玉ねぎをサラダオイル大匙3杯分でしっかり炒める↓。(黄金色になるまで)
urad-drycurry4.jpg
4)玉ねぎにトマトピューレを加え、しっかり混ざったら
他の香辛料、にんにく・しょうが・黒胡椒をすべて加えて
弱火でしっかり火を通し、水をカップ3杯分加えてひと煮立ちさせる↓
aloopaneer-2.jpg
5)素揚げした魚を加え、7~8分煮たらできあがり。
surmaicurry-feb11.jpg
仕上げにコリアンダーを散らします~!
他の野菜カレーとあわせてお皿に盛れば
マイ・ターリー(大皿盛り合わせカレー)のできあがり!
lunchplate-feb11.jpg
↑手前から時計周りに 南瓜カレーメッティとジャガイモのドライカレートマト・人参・大根のサラダ、そして鰆カレー。中央のご飯には
17雑穀が入ってます。(雑穀ミックスはTop Valueのもん。便利よ)

さぁ奥様、魚を買いにスーパーまで走りますわよ!

今日も応援クリック ポチっと お願いしますだ~。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
This recipe is dedicated to Tacca & Ren
やってくれました!
インドに進出している日本企業のコマーシャルを見るたび
動画であれ、画像であれ、なんでインドでもっと著名な人を
使わないんだろう?
もっとインド人受けする人を選べば良いのに・・・・・って
ずっと思っていました。ボリウッド俳優さんを使うにしても
なんか中途半端で、それは予算の関係かなぁ?と思ったりして。

でもね、やっと嬉しい記事を発見!
brandamb-dhoni2011.jpg
ソニーがブランドアンバサダーとして、マヘーンドラ・スィン・ドーニーを
起用することになった、というのです。
M.S.ドーニーはインドのクリケットチームのキャプテンで
ウィケットキーパー。インドではサチン・テーンドゥルカルに次ぐ
クリケット界の人気者なんです。
Wikipediaにも記事があるので、コチラで見てね!

インド人のクリケット熱といったら、大事なマッチがある日には
仕事そっちのけでこっそりテレビを見に行ってたり
オフィスで試合結果をチェックしてたり
スポーツバーがクリケットを見る人で満席になってたり
・・・・本当にすごいんです。
インド津々浦々、一番知名度が高いのはクリケット選手か
ボリウッド俳優か ってな具合で。
やっとやっと、日本企業が大物をゲットしたね~って感じで嬉しい!
msdhoni-feb11.jpg
なかなか甘いマスクのGood Lookingなクリケット選手でしょ?
他にもデリー出身の笑顔が可愛い(?)ヴィーレーンドラ・セヘワーグとか
ワイルドなスィク教徒 ハルバジャン・スィン とか
どんどん日本企業がブランドアンバサダーに起用すると
良いのになぁ・・・・

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いしますぅ。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

追記
私がご推奨(?)のドーニー、セへワーグ、ハルバジャン・スィンを
3人とも起用した、豪華版CMはこちら↓!ペプシ天晴れ!!
pepsi-cm2011.jpg




2011.02.10(Thu)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
野菜市場より
冬場は野菜・果物の種類も豊富で、新鮮で
ホントに助かる。
旬がはっきりしているインドの野菜や果物
特に今は赤いもの(にんじんやトマト)と
緑のもの(葉もの、ピーマン、豆類など)の
コントラストが綺麗です。
veg-market080211 (2)
(トマトの上にあるのは、ムーングレという
細長い鞘状の豆の一種。小口切りにして
ジャガイモやトマトと一緒にドライカレーにします)

そして・・・・・その野菜市場に必ずいる
「主(ぬし)」
すきあらば並べてある野菜をむしゃむしゃ食べようと
まっすぐに獲物(野菜)を狙っております。
veg-marketking080211 (1)
野菜やさんたちも心得たもので、キャベツの一番外側とか
大根やにんじんの葉っぱの売り物にならなさそうな部分とか
豆の鞘とかを集めておいて、主に献上しているもよう。

大使館街にほど近い、鉄道博物館の裏手あたりにある
ローカルマーケット。ご近所は公務員住宅だらけ。
中央政府で働く地方出身者も多くインドのいろんな地方の
言葉が飛び交う界隈。さすがに日本人の姿は皆無です。

この時期とっても美味しいのが「サントラ」(みかん)
表は緑色なんだけど、中身はしっかりオレンジ色。
日本の甘いみかんになれている人には酸っぱ~~いですが
味が濃いんですよ~。むか~しの、運動会のころの出始めの
青いみかんみたいな。それからグリーンのぶどうも美味しい季節。
santra080211.jpg
にんじんもそろそろ終わりそうなので、シーズン中にあと一回くらい
ガージャル・カ・ハルワーを作ろうかな。
キャベツの新鮮なのが出てきたから、お好み焼きもいいわね~
なんて、あれこれ考える楽しみのある季節です。

今日も 応援クリック ポチっと↓ よろしくね!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.02.09(Wed)  食文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
サラスワティ女神は蓮に乗って
今日は「バサント・パンチャミー」のおまつり。
春の第一日目。サラスワティー女神さまに捧げる
プージャの日。詳細はコチラを見てね。
移動祭日なので、去年は1月19日でしたが、今年は
2月8日になりました~。
春の第一日目とは言え、ゆうべ降った雨で、湿気がたっぷり
残っていたので、朝は一寸先も見えない濃霧↓・・・・
fog080211.jpg
さて、サラスワティー女神様といえば、
蓮の花に座したお姿が描かれていますよね。
蓮の花といえば・・・・

去年、ソファーカバーをフューシャピンクにしてから
ずっと 早く実行にうつさねば~ と思っていた
蓮の花模様のクッションが、ようやく完成しました!
まずは蓮の図案を描くところから・・・・
(カレンダーの裏紙、ってとこが生活観たっぷり?)
そんで、ソファーカバーに使った布の残りに接着芯を貼り
カットして、アップリケして・・・・
neelkamalcushion2.jpg
日本製ジャノメのミシンは大活躍!
かれこれ10年酷使してますが、丈夫で働き者で
功労賞をあげたいくらい。

こんなクッションができあがりました~!
neelkamalcushion1.jpg
他になんにもない部屋なので、蓮の花がアクセントに
なってます。右奥の開いてるスペースには
そのうち「バーカウンター」を設置するつもり。
(・・・・と言っても、なかなか納得いくものに
めぐり会えないので、いつになることやら。)

蓮の型紙ができたので、いつでも応用編ができる・・・かも。
まだ他の模様も構想中なので、乞うご期待よ~!

今日も応援クリック ポチっと↓ よろしくお願いしま~す。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.02.08(Tue)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
算数大会 &若者の多い町
3月に入ると学年末試験が始まるので
その前の時期は、あれこれとコンペティションが続く
息子の学校。先週の算数大会は、スクリーンがある
教室をフル活用して、5年生一斉実施。
親も自由に参観して良いというので、行って来ました。

次々と出される問題(全部で40問)の答えを解答用紙に
記入していくんだけど、できたらいちいち「先生、できました!」って
手を挙げなきゃ気がすまない子が多くて、自己主張の得意な
インド人らしいなぁ・・・・と思いつつ見学したのでした。
mathscompe.jpg
デリー近辺では5年生までが「ジュニアスクール」
6年生からは「シニアスクール」と区切られていて
息子の学校ではシニアクラスは校舎もかわって
R.K.プラムという地区になります。
付属校の二つのジュニアスクールからシニアへ進学してくるので、
またもクラス替え。そのクラスは選択科目によりすでに決定していて
クラスが別れる子とはSlam Book(サイン帳)を書いたりして
別れを惜しんでいる昨今。

そんなわけで、クラスが別れる前に・・・・と今年はみんな
お誕生日会もいつもに増して派手にやっております。
昨日は西デリーのお友達のお誕生日会へおよばれ。平日だと
渋滞もあるし、なかなか西デリーまで出かけることはないけど
日曜日だし、クラスが違うとなかなか一緒に遊べないし、と参加させ。

バッチャ・パーティ(子供のパーティ)だったので
お迎えの時間まで、近くのRajouri Gardenのモール街へ。
南デリーの成熟したモールとちがって、こちらは若いエネルギーに
溢れている、という感じ。なんせ選択の幅が広い。
駐車場一つとっても、モールの地下に高い駐車場(30ルピーとか、50ルピーとか)
払わなくても、でっかい10ルピー駐車場があるし
食べものも5ルピーのチャイから高級レストランまでよりどりみどり。
yummydogs1.jpg
レストランに入らなくても、モールの外に山ほどの
立ち食いコーナーがあるのはありがたい。
モモ(チベット餃子)あり、カティ・ロール(ベンガル風ロール)あり
カチョーリ(インド風揚げパイ+豆カレー)あり・・・・
↑このお店。ホットドッグの専門店。アップで見ると・・・・
yummydogs2.jpg
Yummy Dogsという店で、ちゃんと「ヴェジ・ホットドッグ」も
あるんです。それにしてもこの犬、どっかで見たことない?
ス○ービー○○・・・・・・???

そんなわけで、そろそろ試験勉強モードに突入する
我が家(息子じゃなくて、親のほうが。ぷぷぷ)です。

今日も応援クリック ポチっと↓ よろしくね~!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

2011.02.07(Mon)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
今日はパン三昧!
昨日は博物館で頭を使ったので
(・・・って普段は使ってないのかい?)
今日は手を動かす仕事がしたくて
朝からパンを焼きました。
なんて言うとどんなすごいパンを焼いているのかと
思われそうだけど、メロンパンが食べたくなったのと
息子のお弁当用のお惣菜パンを焼いておかねばと思って。
できあがったのはこちら↓
bread040211.jpg
でも、食い意地がはっているもんで(!?)パンの焼ける
匂いをかいでいると、シナモンロールも食べたくなり
・・・・ま、これは明日のお楽しみにして。

そういえば昨今、デリーの「パン屋さん事情」は
すご~~~く進化しておりまして。
(以前Red Moon Bakeryができたときも興奮モノでしたが)
ちょっと前までデリーに駐在しておられた方々も
びっくり!なくらいですよ~。

まずは色んな方の記事でもすでに紹介されていますが
グルガオン(MG Road, 地下鉄のSikandarpur駅近く)の
DLFに入っているSibang Bakeryという、韓国マダム経営の
パン屋さん。日本人好みのアンパンやら、お惣菜パンが
あるんです~。 Tel;99532 75368
ここのパンは、大和屋さんでも取り扱っていますよ☆

そして、クロワッサンとか、チョコクロとか
歯ごたえのあるヨーロッパ風パンが食べたい方には
Ghitorni(これもMG Road沿い。地下鉄の柱番号の
115と116の間を目指してGO!)にある
Swiss Gormessaというお店。
なんと、朝8時から開いてて、年中ほぼ無休
しかもイートンスペースがあるので、ちょっと
コーヒー飲みつつ、焼きたてパンが食べられるのよ~。
デリバリーも可能です。ホームページはコチラ

北インドは「小麦」文化圏内ですからね~
もっともっと美味しいパン屋さんがあっても良いのに
・・・・と常々思っていたんだけど
ようやくパン好きな私にも納得のパン屋さんが
続々登場して、嬉しい今日この頃なのです。

今日も応援クリック ポチっと↓よろしくね~!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.02.04(Fri)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
マダム軍団、博物館へ
今日はさくら会(デリー日本人会婦人部)のイベントで
国立博物館をご案内する日。開館前から30人ほどの
日本人マダムで華やかな、国立博物館のロビー。

そこへ登場(?)した、卒業旅行らしき日本人大学生男子
まさかインドでこんなに沢山の日本人と、それも
綺麗どころと(!)遭遇するとは!とびっくり仰天していた模様。
午前の部、午後の部と2回実施したんですが、いずれの回も
説明しながらふと見ると、日本人男子がマダムたちに混じって
説明を聞いていて、笑えました~。

デリーの国立博物館といえば、インダス文明の展示がみどころ。
そういえば四大文明で習ったなぁ・・・・と思い出した方も
多かったようで、教科書に載っていたパシュパティの印章やら
踊り子の像、当時(4700年ほど昔)の台所用品など、
興味深くご覧になってましたが、一番注目をあつめたのは
ハリアナ州、ラキガリ遺跡で見つかった女性の骨。

次の見所は、仏教美術展示コーナー。
お釈迦様の一生を、彫刻を追いながら説明しましたが
舎利八分のお話↓や、アシタ仙人の予言の場面など
皆さん興味深く聞いてくださって、メモを取りながらの
お勉強会さながら。バールフットの欄循彫刻など
貴重な品々も触れられるところに展示されているのが
なんとも大らかですね。
nm-buddhanirvana.jpg
初期仏教のご案内から、仏像が現れてからの
ガンダーラ仏↓、そしてマトゥラで作られた
マトゥラ仏は、仏教美術の逸品です。(マトゥラは
デリー側から行くと、アグラの1時間くらい手前。)
nm-gandhara.jpg
その他にも、ブロンズで作られた仏像や、ヒンドゥ教の
神様を展示したブロンズギャラリーも。
シヴァ神のコスミック・ダンスの像は、ライティングも
ばっちりで、踊る姿がとても綺麗です。↓
nm-shivcosmicdance.jpg
そして、世界中の仏教徒がインドへ仏蹟巡礼に来た際に
デリーで必ずお参りに訪れるのが、仏舎利。
ピプラワー遺跡から発掘されたもので、お釈迦様の骨が
展示されていますが、金ぴかのお堂はタイからの寄贈品。
午後の部では、ちょうど巡礼の途中のミャンマーか
カンボジアあたりのお坊さん団体が熱心に勤行していました。

仏教美術に続くのは、細密画ギャラリー
宗教画だけでなく、ムガール王朝のようすを表したミニチュアールや
ジャイナ教のマントラなどもあり、数ある絵画派の分布や
作品の特徴などがわかりやすく、順を追って展示されています。

その他にも、コインギャラリーや、インドの色々な部族の
生活用具を展示した部屋などもあるんですが、こちらは
時間のあるときにご覧いただくとして・・・・
本日のしめくくりは「布・テキスタイルギャラリー」で。
インド各地に昔から伝わる数々の織物や、刺繍などを
ご紹介して2時間コースの見学は終了しました。

お子さん連れでも、赤ちゃん連れでもOKですよ~と
ご案内していただいていたので、沢山の若いママたちにも
ご参加いただいて、とても嬉しかったです。
子育ての間って、どうしても文化行事から遠ざかってしまいがち。
でも子供たちだって、いいもの、貴重なものは肌で感じられるはず。
みんなが気軽に参加できるイベントが、もっともっと
あれば良いなと思っています。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いしま~す!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.02.03(Thu)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
デリーで必見 その2 国会博物館
デリーに住んでいる人でも、意外と知らない博物館
それがParliament Museumなのです。
オープンは2006年なので、まだ公開されてから5年弱ですが
インドの歴史、特に民主化の歴史がよくわかる展示内容で
おすすめの場所のひとつ。
場所はラカブ・ガンジグルドワラの向かい↓
parliamentmuseum-map.jpg

国会議事堂の敷地内とあって、セキュリティも厳しく
入り口で入場券を買ったあとは、選任の案内人について
決められた道を通って館内に入場します。
カメラ・携帯電話の持ち込みは禁止されているので
(入り口ですべて預けることもできますが)
運転手さんに全部預けて見学するのが得策。

国会博物館づきのガイドさんが、一緒に回って
いろんな仕掛けを操作してくれます。
音楽が流れたり、観客が二手にわかれて画面を見ると
ガーンディーさんが中央を歩いて来たり、
見学者がラダ・クリシュナンなどインド独立当初の
国会議員の実物大模型と並んで、国会の椅子に座ると
壇上のネルーさんがスピーチしたり・・・・と、動く展示なので
飽きることなく見学できる優れもの。

国会議長さんへの各国からの贈り物なども展示されていて
日本のものを見つけて、なんだか嬉しくなった私でした。

ただし、インドの歴史や独立までの経緯を理解しておいたほうが
わかりやすいとあって、6年生以上(11歳~)にしか
入場資格がありません。
入場料は10ルピー(外国人も同じ、学生は無料)
開館は11時~夕方5時:ただし最終入場時間は4時
火曜日から土曜日まで。(日・月は休館日)
公式ホームページはこちら

今日も応援クリック ポチっと↓ よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2011.02.01(Tue)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。