FC2ブログ
□  2011.01 □  12≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫02
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
デリーで必見 その1 Gandhi Smriti
明後日 1月30日は インド独立の父
マハートマー・ガーンディーが凶弾に倒れ、亡くなった日。
その場所には、博物館と記念碑が建てられています。

通りの名前はティース・ジャニュアリ・マルグ:1月30日通り
Gandhi Smriti & Darshan Samiti というのが
正式名称で、なんと 入場無料の施設なのです。

最後にガーンディー翁が座って、人々と会見をしていた場所は
当時のままの配置で残されています。
gandhismriti5.jpg
この部屋から出て、庭づたいに歩いていく途中で
極右派に暗殺されてしまったというわけで
歩いた跡が足跡型の石で点々と続いていて
それに沿って歩くと、最後の言葉が刻まれた石碑にたどり着きます。
gandhismriti1.jpg
通路に沿って展示されているのは、インドの歴史。
ムガール時代やイギリス統治時代 と年代に沿って
写真を交えながら解説されています。
gandhismriti2.jpg
建物の中は 体験式展示になっていて
ガーンディー夫妻のお部屋では実際に使用された
チャッパル(サンダル)なども展示され
壁にはガーンディーさんの信条が映し出されます。
gandhismriti3.jpg
南アフリカから帰国したガーンディーさんは、1年をかけて
列車でインド全土を回って、インドの現状に触れたそうですが
実物大の列車模型にのって、ビデオを見ながら当時の
様子が見られるようになっていたり
偉人の形の人形を型にはめ込むと、その人がガーンディーに対して
述べた言葉が流れてきたり と 子どもたちも楽しめる作り。

インドの形のハープは、後姿のガーンディー翁の影が
映しだされ、ボタンを押すと
「サーレー・ジャハーン・セ・アッチャー」が流れます。
↑どこよりも素晴らしい、私たちの国 インド と歌った歌。
gandhismriti4.jpg
廊下の壁にも、沢山の写真と説明があり
ガーンディーとタゴールの会見のようすなど↓
貴重な資料もいっぱい。
gandhismriti6.jpg

Gandhi Smriti & Darshan Samiti
第二土曜日・毎週月曜日休館
開館時間 10:00-13:30
14:00-17:00

デリーでぜひご覧頂きたい場所のひとつです。

今日も応援クリック ポチっと↓ よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2011.01.28(Fri)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin