FC2ブログ
□  2010.07 □  06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
グルガオン発「インド一周の旅」
本日のデリーの新聞は、Kingdom of Dreamsという娯楽施設の
宣伝がてんこ盛り。
デリーに隣接するグルガーオン、セクター29にオープンしたもので
一箇所でインドをまるごと体験できる:
ショッピング・レストラン・シアター・各州建築物・各州の文化を
派手派手に演出した施設。
カラフルさはディズニーランドのアラビアンナイトのエリア
それにユニバーサルスタジオ風味をちょこっと足して
インドをてんこ盛りにしてみました~・・・って感じ。

場内はいくつかのエリアに分かれていて
Nautanki Mahalでは大道芸っぽい出し物や、ボリウッドダンスを
題材としたショーなどが楽しめます。
Showshaa Theaterでは時期により、ラームリーラー(ラーマ神の物語)や
クリシュナリーラー(クリシュナ神のおはなし)などが上演され
ゲストが「花嫁・花婿・招待客」などに扮して体験できる
「インドの結婚式」などもあります。
Culture Gullyには各州の代表的建築物をかたどったパビリオンが
並び、大道芸やダンス、ショッピングやアーユルヴェーダマッサージなど
イベント盛りだくさん。

プロデュース・プランニングを手がけたOmung Kumar氏は
来るコモン・ウェルス・ゲームズのオープニングセレモニーなども
手がけるそうです。ちょっと楽しみ。

ウェブサイトはこちら Kingdom of Dreams
(インドの通信事情を鑑みず、えらく重たいサイト・・・・www)

デリー・グルガオンにお越しの際には、話のタネに行ってみてはいかが?

今日も応援クリック、ポチっ↓と よろしくお願いしまっす!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト



2010.07.31(Sat)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
デリーでシーフード・フェア!
本日のタイトルは正しくは「シーフード・フェア@青蓮食堂」です。www

インドの内陸に位置するデリーでは、
シーフードの新鮮なのを手にいれるのは大変なんです。
いつもピッチピチ新鮮な魚が手に入る、博多で育った私にとって
デリーの魚の鮮度は・・・・衝撃的でした。
INAマーケット(デリーっ子の台所ともいうべき、ローカル市場)の
魚屋さんで「これ、なんていう魚?」と聞いたら
帰ってくる答えは「Sea Fish」または「River Fish」
え~~~と・・・・・・・

新鮮な魚を日本から空輸・販売しているところもありますが
庶民にはちょっとお値段が張るもんで、ぐっと我慢・・な
日々を過ごしておりました。その分、博多に帰省したときには
これでもか~!ってくらいに魚三昧・牛肉三昧・豚肉三昧で
インドで普段食べてないものを「うわばみ」のごとく食す日々。

でも、最近では有難いことに冷凍の魚介類を置いている店が
できたり、「もやし」が手に入るようになったり、
日本人女性が作っているお豆腐やさんがあったり(詳細はコチラ)と
デリーでの食材調達事情は格段に進歩しました。
その恩恵に甘んじていられるのは、実はデリーに在住する
韓国のマダムたちのおかげでもあります。
韓国マダムのネットワークの緊密さ、そして「美味しい食材を
少しでも安く仕入れよう」とするパワーには脱帽!
paella290710.jpg
そういうわけで、最近はあれこれシーフードが手に入るので
ゆうべはパエージャ(魚介パエリア)↑を作りました~!
パエージャといえば、本場スペイン・バレンシア地方では
ウサギ・鶏・カタツムリ・いんげん豆・パプリカなどを
入れるんですと。そんで本場のはこんな↓パエジェーラという
平たい両手つきの専用鍋を使うんです。
800px-Paellera.jpg
へ?うちのは専用鍋「パエジェーラ」かって??
チガイマス~~。あの、夫に「骨董品か」とバカにされつつ
実家から持ち帰った無水鍋の蓋部分でございますよ。

弘法は筆を選ばず。

今日も応援クリック ポチっ↓と よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2010.07.30(Fri)  食文化COMMENT(10)TRACKBACK(0)TOP
日印コラボ・インド音楽はいかが
モンスーンも終わりに近くなり、凌ぎやすくなる8月
後半から堰を切ったように、イベントが目白押し。
8月16日から約1ヶ月間、友人でタブラーの名手でもある
Arunangshu Chaudhuri率いるインパルスというグループが
日本からのアーティストと競演。
インド各地を回りますが、デリーおよび近郊での予定は
下記のとおり。

8月23日はグルガオンのエピ・センター
9月4日 ジャパン・ファウンデーション
9月10日 ドイツ大使館

PLANET INDIA (streaming version)

yo_sato | MySpace Video


上のストリームは2月に展覧会の紹介記事にもご登場いただいた
デリー在住ヴィジュアルアーティスト・Yo Satoさん製作の「Planet India」
BGMに流れているのがYoshida Daikitiさん率いる
Alaya Vijanaの演奏によるもの。

なかなか落ち着いてインドの音楽を楽しむ機会がない
そもそもいつ、どんなイベントがあるのかもわからない
・・・・デリーに住んでいてもそういう方も多いようですが
この機会にゆっくり 綺麗なシタールの音色や
タブラーのリズムを感じて 聴き入ってみませんか?

今日も応援クリック ポチっ↓と お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2010.07.29(Thu)  芸術・文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
インド・子供のお稽古ごと事情
インドの子供たち、学校に行ってる以外は何してるの~

・・・・とよく聞かれます。
そうね~、ご近所づきあいや子供の世界観は
昭和40~50年代の日本みたいかな。
夕方になると、自宅近くの公園に集まって遊具で遊んだり
クリケットやサッカーを楽しんだり。公園に顔を出さないと
近所の子が「○○く~~~ん、あ~~そ~~ぼ~~」って
下から叫び、それでも行かないと、玄関のベルがピンポ~ン♪♪
公園の常連には「ジャイアン」みたいな子がいたり、スネオがいたり
・・・まるでドラえもんの世界。

そんなインドですが、人気の「お稽古ごと」も一杯あって
男子は「クリケット選手になること」が夢だって子が多く
プロを目指す子は「○○アカデミー」と名のついた、コーチつきの
クリケット教室に通っています。
cricketacademy.jpg
週4回練習日+週末は連戦、というアカデミーもあって
勉強との両立は大変そう。でも得てしてこういうアカデミーに
通っている子は文武両道のお坊ちゃまタイプが多いです。
なんせ、ジュニアチームのうちから海外遠征などもありますから、
ある程度お金持ちでなくては、太刀打ちできませんよね。

小学生男子に人気の音楽系習い事といえば「タブラー」。
小学校の学芸会などでタブラーを演奏する子たちは
たいていタブラーの自宅レッスンを受けていたり、
先生について習っている子ばかりです。
中学生くらいになると、ギターやドラムを習いに行く・・・なんて
子も出てきます。

ちなみにインドでは「オルガン」系は総称して「カシオ」って名前でして
それがヤマ○の電子オルガンであっても「カシオ」と呼ばれています。あれれ?

インドの女の子になんといっても人気なお稽古ごとは
「インド古典舞踊」。なかでもバラタナティヤムの
教室に通っている、と言う子が一番パーセンテージが高いんじゃないかな。
バラタナティヤムの場合には、グルジー(師匠・大先生)によると
身体ができて:7歳から習い始めるものだそうです。
上下関係やお行儀にもとても厳しく、教室指定のクルタパジャマで
踊っている学校が多いです。
(↓友人のRamaさん。各国でのインド古典舞踊コンサートや
ワークショップで世界中を飛び回っている、あこがれの女性です。)
ramavaidyanathan.jpg

最近はロシア人の先生がやってるバレエ学校がデリーにも
お目見えしたので、クラシックバレエを習ってるインド女子もいますね。

一時のブームは去ったようですが、算盤教室も相変わらず人気。
お揃いのバッグと、教室ロゴの入ったポロシャツを着て
意気揚々と算盤教室に通うインドの子供たちを見ていると
「日本じゃインド式算数が話題で、インドじゃ算盤教室かぁ・・・」と
不思議な感覚に陥ります。
インドの小学生に「好きな科目はなぁに?」と聞くと
たいてい「算数!」って言うんですよね。
算数苦手な私にしてみると、とても不思議なんですけど。

日本と同じく、お稽古事で一週間が埋まってしまう・・・なんて子も
たまにはいますが、平均すると「公園で近所の子供と遊ぶ」子が
まだまだ圧倒的多数なインドです。

今日も応援クリック ポチっ↓とよろしく お願いしまぁす!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
デリー空港・T3完成の影には
7月14日オープンの予定だったデリー・インディラ・ガンディ国際空港の
新ターミナル「T3」。予定は2週間伸びて、28日が正式オープン・・・・
明日からとりあえず(?)国際便が飛ぶようです。

前回ターミナル完成のことをお伝えしたときにも触れた
ムドラー(印を結んだ手)が並べられた壁面デザイン。
なんとひとつが高さ約3メートル弱、全部で24個のムドラーが
銅版の間に配されています。
del-t3-sculpture1.jpg
その仕掛け人・作者はジャイプルで制作活動を続ける二人の男性

ひとりはAKFDというおしゃれなインテリアセレクトショップの経営者でもあり
インド屈指の芸術大学National Institute of Design卒の
アユーシュ・カスリワル。彼はラージャスターンだけでなく
インド各地の「消え行こうとしている手仕事」を復興させる
アイディアマンでもあります。敏腕な仕事ぶりに反して
ご本人はとてもマイルドなやさ男。

そしてもう一人はボンベイ大学で彫刻を学び、写真家としても
著名なニキール・バーンダリ↓。空港公団からつきつけられた
到底無理な納期を、職人さんたちとの二人三脚でクリアした
敏腕(?)彫刻家でもあります。
del-t3-nikhilbhandari.jpg
ターミナル3が完成したこと、そしていよいよオープンするよ!という
賑々しいニュースにかき消され(?)
建築やデザイン、オブジェ製作に携わった人々のことは
メディアではあまり紹介されていないのが残念ではあります。

インドを代表する空港の、一番の目玉となる壁面デザインと製作が
「ジャイプル」から発信されている・・・というのは
特筆すべきことであると思います。

今日も応援クリック ポチっ↓と よろしくお願いします~~!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2010.07.27(Tue)  芸術・文化COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
顔で選んではいけないのだ
去年のちょうど今頃、新居のプージャ(お祈り儀式)を済ませ
新調した家具や家電に囲まれて、あらたなスタートをきった我が家
とくにキッチンまわりは私の使いやすいように、作りつけの食器棚を
配したり、調味料用の引き出しをガス台の下に作ってもらったり
あれこれわがままを聞いてもらったのでした。

ガス台もあれこれ見てまわって、
とにかく市販の↓ 高さのある、こういうのじゃなくて
burner-stove.jpg
作業代とほぼ同じ高さになる、おしゃれなのを・・・・と
イタリアのメーカーのグラストップのを選んだんですよ~

遊びに来る友人たちにも「お~、おしゃれなガス台ね」と
評判も上々で、(グラストップをいつも綺麗にするのに
しょっちゅう拭いてないといけなかったんだけど)
気に入って、はりきってお料理してましたよ(←過去形)

先週末、朝ごはんを作って、息子が食べている最中
私は洗濯ものを干そうと、バルコニーへ。
するとキッチンから聞こえた「ボンッ!」という音。
走って見にいってみたら、ガス台がこんなん。↓
burner-stove1.jpg
たしか換気扇とセットで日本円で5万円くらいしたのに!
グラストップは「補償外」だから、交換すると
実費で8000ルピー(15000円くらい)かかるって。
・・・・補償外ってことは、グラストップが割れるのは
メーカー側は予想してたってこと~~??

それからあれこれ調べてみると、外国製・国産ともども
グラストップのものが割れたというクレームがいっぱい。
つまりグラスの耐性と構造上に問題があるってこと??
日本じゃ有り得ん・・・・リコール対象になるよね。

「顔(見た目・デザイン)で選ぶなよ」といつも夫が言ってるのが
よ~~~くわかりましたよ。
そんで昨日 Spencer'sに行ったら、入ってすぐのところに
インド国産メーカーのガス台(2穴)が999ルピーで置いてあって
よっぽど見てくれ無視して、とりあえず買おうかと思ったのでした。

「顔で選んではいけない」ということを改めて学んだインド生活なのです。
<夫が「あんたのことは顔じゃなくて『頑丈』だから選んだ」と
超失礼な発言を。うぬぬ・・・・・。当たっているから言い返せない。>

リン○イさん、優秀なガステーブルを
ヤマ○さん、おしゃれなシステムキッチン一式を 携えて
どぉ~~~ん!とインドに進出してくださ~~~い。

今日も 応援クリック ポチっ↓と よろしくお願いします~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

2010.07.26(Mon)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
クチュール・ウィーク ファッションショー@デリー
デリーではただ今「クチュール・ウィーク」と題された
ファッションショーのまっただ中。<7月20日から25日まで>
主催はFashion Designers Council of Delhiで
年2回のファッションウィーク(ウィリス・インディア・ファッションウィーク)
や、男性もの限定のファッションウィーク(ヴァン・ホイゼン メンズウィーク)
同様、デリーで開催される名だたるファッションショーのひとつです。

日本でもサン・モトヤマさんなどで早くから取り扱いが始まった
Tarun Tahilianiや、ヨーロッパのファッションウィークでもおなじみの
Manish Aroraなどは出ていないのですが
それでもインドで有名なデザイナーはほとんど登場。
Rohit Bal、 Anamika Khanna、 JJ Valaya、 
Sabyasachi Mukerjee、Satya Paul、 
Varun Bahl、 Abu Jani & Sandeep Khosla他総勢17名の
デザイナーが名を連ねています。

いよいよクチュール・ウィークが始まる!という段になって
タイトルにつけられたPearl'sの名をめぐって
パールズ・ファッション・インスティテュートから
「うちとは何の関係もない、名称からPearlsを取ってくれ」と
訴訟を起こされたりした曰くつき。
パールズ インフラストラクチャー&プロジェクト という
会社の全名称を併記することで、そのままGOとなりました。

初日は人気のSabyasachi Mukerjeeのショーで幕開けし
滞りなく2日目・・・・と思いきや。
このショーのハイライトとでも言うベき Rohit Balのショーが
開始寸前に警察のストップがかかり、あわや!の大パニックに。
会場であったAmanホテルも、デザイナー側も 警察に
「プールサイドおよびプールを使ってのファッションショー」開催の
許可申請をしていなかったというもの。
こういう場合、主催者のFDCIは関係ないのね。

なんとか1時間おくれで22時半から始まったショーでは
繊細なふわふわ加工のドレスやら、↓こんな綺麗な仕上げの
ドレスが。これを見て「水引」みたいだ~と思ったのは私だけ?
rohitbal-jul10b.jpg
そして、白いふわふわ服のパフォーマンスでは、モデルさんも
デザイナー自らもプールの中へ。
これがやりたかったから、プールの綺麗なAmanを選んだわけね。
rohitbal-jul10.jpg
今日はVarun Bhalと Suneet Vermaのショー
そして明日のグランドフィナーレはAbu Jani & Sandeep Khoslaです。

おまけ画像は今年のカンヌ映画祭に出場の際の
ディーピカ・パドゥコーネ(Rohit Balのサリーを着用)と
デザイナー本人。ジョッパーズパンツが目立ってます!
やっぱりこういう場面ではインド人女優さんはサリーを着て欲しいな
deepika-rohitbal.jpg

さて。
クチュールウィークに出てない大御所
Tarun Tahilianiは何してるか?というと
あのEMPORIO(デリーのブランドモール)でのソロ・ショー
実物大の象のオブジェが飾られ、渾身の「ブライダルコレクション」が
発表されるんだって。こっちも見てみたいなぁ・・・・

今日も応援クリック ポチっ↓と お願いしま~~す。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2010.07.24(Sat)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
ウケまくりの口調
最近我が家では
「Wii Fit」のウィーボのマネが流行っています。

 ○○サン、○日ぶりデスね!

(म"म)・・・・そんなに毎日は遊んでられませんよ!

おや、体重が増えましたネ
おやつを食べすぎてイマセンか?


(ठैдठै)・・・・どぇ~~、な、なぜ 知っているの?

思わず吹き出すようなコメントの嵐。
これを開発した人たちは、本当にすごいと思います。

私の専属トレーナーはもちろん「男性」
夫と息子のトレーナーは もちろん「女性」

からだ年齢測定もウケてます。
若いつもりでも、身体のバランスはやっぱり年相応。

段差につまづいたりしてイマセンか?

(णAण)・・・・段差にはつまづかないけど、家具の角っこに
        足の小指だけひっかかるのはナゼですか?


そして、更に爆笑ものはMii。
特に夫のはそっくりすぎて、画面に出てくるたびに大笑い。

先週の土曜日の夕方なんて、息子を公園に送り出したあと
夫婦でWiiでゴルフ対決とフラフープ対決。
なんせ娯楽の少ない国なもんで。wwww

今日も応援クリック ポチっ↓と お願いしま~す
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2010.07.22(Thu)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
美しきマハ-ラ-ニ- ガーヤトリー・デーヴィー
インタビューのため、インドの有名な会社のCEOや
王族とお目にかかる機会がありますが
今までで一番綺麗な英語(クィーンズイングリッシュ)を
流暢に話した方は、なんといってもジャイプルの
ラージマ-タ-(マハーラージャーの母后)・ガ-ヤトリ-・デ-ヴィ-でした。

小さいけれど、とても居心地のよい
品のあるお宅は、ジャイプルのタージホテル・ラームバーグパレスの
敷地に隣接していて、テニスコートではテニススクールが
開催されており、いつも地元の子供たちで溢れていました。

玄関ホールには、小さなぬいぐるみが置いてあり、来客があると
そのぬいぐるみが「ヒュ~~、ヒュウ♪」と口笛を吹くのです。
超・緊張してインタビューに向かう私たちの心を「溶かす」
そのお茶目なはからいに、嬉しくなったものです。
rajmata-b_20100721202642.jpg
クーチ・ビハールのマハ-ラ-ジャ家に生まれたおてんばな皇女さまは
イギリスで教育を受け、美貌の女性へと変身。
1950年代にVOGUE誌で「世界の美女10人」に選ばれたその
美しさは、クーチ・ビハールのマハ-ラ-ニ-(女王)であった
母親ゆずりだったと言われます。
タージ・ラームバーグパレスホテル内にはあちこちに、
ラージマーター・ガーヤトリー・デーヴィーの肖像画がかけられていますし、
「マハラニ・ルーム」は新婚時代に実際にラージマーターが使っていた
お部屋をリニューアルしたものです。
また、ホテルの室内プールはラージマーターが実際に使っていたプールで
壁面には今も、ジャイプル王家の紋章がかたどられています。

おませな少女時代、ジャイプルのマハ-ラ-ジャ・マーン・スィンに見初められ
ベンガル州からラージャスターン州へとお輿入れ。
在スペイン インド大使でもあった夫とともに、ヨーロッパにも長期滞在し
ヨーロッパ社交界でも一目をおかれる注目の存在だったのです。

不幸にして夫を早くなくし、インド独立に際しマハーラージャ制度が
廃止された後も、気丈にジャイプル王家のしきたりを守り
国会議員としても大活躍、自身の政党を擁立し、インドの
近代化や女子教育へと力を注いだのです。
事務所をジャイプルを見下ろす小高い丘の上の宮殿に置き
精力的に街の発展に尽くし、廃れつつあったブルーポタリーの
復興にも尽力した女性でした。
自らヴィンテージカーレースに出場したり、馬術大会に出たり
とても行動的であったのも知られています。
rajmata-a_20100721202642.jpg
「5月生まれだから、エメラルドが誕生石なの。
エメラルド色のサリーがお気に入りよ。」
そう言ってにっこり微笑んだラージマーター。

その後もう一度お目にかかったときには
「杖が手放せなくなった」と仰りながらも、
可愛いフェラガモのぺたんこバレエシューズを履いて
ラージャスターン産の絞りのシフォンサリーを
さらりと着こなしておられました。
「山の上の事務所へは、とうとう通えなくなったから
自宅に事務所を移したの」と居心地のよいソファーで
撮影に応じてくださったのが思い出されます。

昨年7月29日、90歳で亡くなられてから、もうすぐ1年がたとうとしています。
ジャイプルに行くたびに、あの毅然とした、気品に溢れた
ラージマーターの姿を思い出す私です。

今日も応援クリック ポチっ↓と よろしくお願いね☆
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2010.07.21(Wed)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
「王冠」がなくっちゃ!!
モンスーン(雨季)になると、野菜市の野菜の種類も増え
この時期はおいしいトウモロコシの出回る季節。
道端で炭火で焼いたトウモロコシ屋が目立つようになりました。

旬の野菜しか手に入らないインドのローカル野菜市
夏場はニガウリやトマトが新鮮です。
トマトを買うときにも、私なりのこだわりが。
必ずデーシー(国内産)のもの:酸味が強い で
「王冠」=ヘタのついたものを吟味すること。
tomato-jul10.jpg
デリーで売ってるトマトには「Desi」(インド産丸いトマト)と
「Angrezi」(海外原産の楕円形トマト)とがありまして
トマト丸かじりが大好きな私としては、ぷっちぷちのがいいな~と。
日本の甘い大玉トマトと比べると、皮も固いし酸味は強いし
原種に近いんだと思いますが。

お次はキャベツ。この辺で手に入るキャベツは
とにかく固いんです。千切りにしても歯ごたえありすぎ。
日本のキャベツ農家さんに言わせると、こりゃキャベツ失格だと
言われるかもね。
cabbage-jul10.jpg
なんせ「生野菜を食べる」という習慣はなかった国ですから
最近ようやくサラダ菜とか、レタスとかが限られたお店で
お目見えしたところでして、それもやたら高い!
レタス一玉が、マンゴー4個と同じ値段だなんていわれたら
そりゃ~マンゴーを選ぶよね。
ベランダ菜園を試みているところですが、まじで
レタスとかサラダ菜を植えてみたら育つかしらと企てる昨今。

ミネラルたっぷりの「緑豆もやし」は簡単に作れることが
わかってたけど、じゃ~他のはどうか?と
「アルファルファ」を試してみました。6時間ほど水につけて、
その後水を捨てて蓋をして1日たったところ。↓
alfalfa-jul10.jpg
も~ちょっと伸びたほうがおいしそうだけど、
取り急ぎ(?)今日の夕方、サラダにして食べます。

今朝、夫に
「ねぇねぇ、野菜やハーブを植えたいから、庭付きの
一軒家を買って」と言ったら、即刻却下されました。

モンスーンらしい雨がようやく降っているデリー
おかげで今日は 少し、暑さもしのぎやすくなりました。

今日も応援クリック ポチッ↓と お願いしまっす!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2010.07.20(Tue)  食文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
戦うお嫁さま@デリー
最初の事件は一昨日起きたのだった!
先週「カレーラー(ニガウリ)のドライカレー」を作ったときに
えらくトウのたったのがあったので、試しに種を二粒とって
蒔いてみたのだ。1週間後、すっくと出てきたニガウリの芽に
いたく感激し、どアップの写真↓を撮ったりして
一緒に植えてみた「紫蘇」も芽をだすかしら~♪♪ なんて
うかれていた矢先に事件が起きたのであ~る。
karela-jul10.jpg
夕方バルコニーに出てみると、二つあった鉢のうち
ひとつが落ちて、木っ端微塵。ぎょえ~~~~~、
誰の仕業?ご丁寧に下に敷いておいたビニールカバーも取られ
水やりを怠けても大丈夫なように、100均の水遣りグッズで
逆さにつきさしたペットボトルも壊されている~~!!

さてはこれはサルの仕業にちがいない!!
最近,コモンウェルスゲームズの選手村までの直結道路を作るため、
すぐ近くにあった潅木の林が 全部伐採されなくなってしまったのだ。
サルたちも食料と棲家を奪われて、住宅地に出没したらしい。
いままでこのコロニーでは「サル害」はなかったのに~~!!
サル警察・ラングールの話は過去記事で。)

気を取り直して落ちないところに鉢を置き
翌日・・・・わずか1日で劇的な伸びを見せるカレーラーちゃん。
あぁ、早く蔓をからませるネットか何かをつけてあげなくちゃ~
・・・・なんて思っていたその矢先!
karela-day2.jpg
お向かいの家でサルが台所の柵のわずか15センチ弱の隙間から
家の中に侵入。

①チャパティ容器から朝ごはんの残りのチャパティ4枚を完食

②冷蔵庫を開け、ステンレスの保存容器に入った牛乳を2杯飲み干し
 更に冷蔵庫の中を物色し

③果物容れの中から「マンゴー」を取って逃げた

・・・・という事件が発生。 ひぇ~~~~~

ちょうど夫に「チンパンジーは人間の3歳児以上の脳の
発達具合なんだってよ~」という話をしていた矢先。

チャパティ容器の「ねじ」式蓋を開ける知能
冷蔵庫の中からピンポイントで美味しいものをえり分ける知能
マンゴーをさっさとお持ち帰りする知能
インドのアカゲザル・・・・すごくな~~~い????

夜になって・・・・どこかから聞こえる「ギィギィ」叫ぶ甲高い声。
しかもだんだん近づいてくる~~~!!
これは絶対「サル」だ!と懐中電灯を手に階下へ様子を見に行く夫。
いましたいました!屋上にちっちゃい子ザルの顔が見え隠れ。
母ザルがやってきて、こちらを威嚇します。
かまれちゃたまらん・・・狂犬病になったら困るとさっさと退散。


ゆうべは何か物音がするたびに、「ぎょえ~サルが来る!」と
びくびくしていた私。(意外と肝っ玉が小さい)
今朝は気をとりなおして、チャーイ風味のシフォンケーキもどきを
焼いてみました。
chiffoncake-chai.jpg
美味しいコーヒーでも淹れて、テラスで優雅に緑の綺麗な木々を眺めつつ
ティータイム・・・・といきたいところですが
しばらくは「サル害」に遭わぬよう、網戸をしっかり閉めて警戒態勢でございます。

サルやハトと戦う私を応援してね~
今日も応援クリック ポチッ↓と お願いしま~す!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2010.07.19(Mon)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
ボリウッドダンス@小学校の朝礼
今日は朝8時15分から、息子の通う小学校の朝礼で
「クラス発表会」

お題は「モンスーン」
英語とヒンディ語とで(クラス担任の先生がヒンディ語専任なので)
モンスーンに関する詩の朗読や
モンスーンに蔓延する病気とその対処法などが発表されたあと
ハイライトは 映画Lagaanより  
なんと、1回だけダンスのクラスで練習して、いきなり発表だそうで
それにしちゃ~よく揃ってました。
上手な子は8月15日の独立記念日前の校内式典で、またも踊るそうな

それにしても、昨日の連絡帳に
「緑のドゥパタ(パンジャビスーツのときに使うスカーフ)を
持たせて」と書いてあって、晩御飯のあとにそれを見たときには
あせりましたよ~。
だって緑のパンジャビスーツとか着ないし、緑系のドゥパタもないし
仕方ないから、借りてきました。
普通のインド人家庭だったら、「緑系統のドゥパタ」があるんだろうね・・・・

さて、今日は大好きな「旅音」さんの本の発売日。
中南米スイッチも素敵だけれど、今回のはまたタイトルがいいのよ

「インドホリック」

さぁ、インド大好きな皆さんも、旅音のファンの皆さんも
すぐに本屋さんに走って、インドを再発見しましょう。

今日も応援クリック ポチっ↓と お願いしま~す。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2010.07.16(Fri)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
インドのにほひ
その①:
日本に帰省中のこと
大好きなWendy'sのバーガーがなくなってしまったので
モスバーガーに行きました。ちょうどテレビでモスバーガーの
社長さんがテリー伊藤さん提案の新作バーガーを試食する・・・
なんてのもやってましたし。
前はなかった「キッズセット」もできていて、コリャ有難いと
「何たのむ~?」と10歳の息子に聞きましたら、

「カレーバーガー」

え~~~~???何も博多でカレーバーガー頼まなくとも!

でもそれ以来、モスバーガーの前を通るたびに
「ママ、カレーバーガー食べたい」と言う息子でありました。

その②:
博多から東京に遊びに行き、途中でキッザニア行きに
便利なホテルに2泊しました。ホテルの1階にコンビ二はあるし
すぐ近くに居酒屋やら牛丼屋さんやらあるし、こりゃいいや~
・・・と、初日の夕食に牛丼屋さんへ。
「何たのむ~?」と息子に聞きましたら、

「カツカレー」

え~~~~???何も東京でカツカレー頼まなくとも!

それ以来、JR駅に向かう途中で牛丼屋さんの前を通るたびに
「ママ、今日もカツカレー食べよう」と言う息子。

その③:
五反田で仕事のアポの前に、お友達と約束して
駅前のスタバに入り、おしゃべり三昧。
さぁ、仕事モードに切り替えなくちゃ・・・と思って
歩道橋のところに出たとたん、
「よろしくお願いしま~す」と渡されたチラシ。
五反田駅近くの「インド料理レストラン」のチラシを
インド人のお兄さんが配っているのでありました。

この人通りの多いなか、ピンポイントで
私たちに「インドレストラン」のチラシを渡すお兄さん。
そのお兄さんに、ヒンディ語で話しかけ
うけまくる息子。

きっと私たちから
「ふるさと・インド」のにほひを感じたのでありましょう。

インドのかおり充満なBlue Lotusに
今日も応援クリック ポチっ↓と よろしくお願いしま~す!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

本日はおまけに爆笑サイトをご紹介。携帯メールが打てるように
なるまでに、すご~く苦労した実家の母のことを思って
泣き笑いしてしまいました。(青字をクリック!)
2010.07.15(Thu)  青蓮日記COMMENT(7)TRACKBACK(0)TOP
モンスーン(雨季)のお祭り
[インド文化] ブログ村キーワード
北インドの酷暑期は5月・6月。ですから学校もその期間
夏休みになりますが、5月・6月はヒンドゥ教のお祭りも
なりを潜める時期。
そして、モンスーンも終わりに近づく8月から秋も深まる頃までは
お祭りラッシュとなるのです。取り急ぎ8月・9月分をご紹介。

まずは来月、独立記念日前にはあちこちでセキュリティも厳しくなり
今年は特にコモンウェルスゲームズも控えていますから
空港はもちろん大型ショッピングセンターや、ローカル市場でも
厳戒態勢に入るんじゃないかと思います。
以下、青字をクリックすると関連の過去記事にジャンプしますよ~

8月15日 独立記念日
8月24日 ※ラクシャ・バンダン(ラキー)
8月23日 Onam(南インドのお祭り)

9月は・・・・
9月2日 ※ジャンマシュタミ(クリシュナ神のお誕生日)
9月5日  Teacher's Day:(インド第2代大統領 Dr.Radhakrishnanのお誕生日)
9月11日~ ガネーシュ・チャトルティ(ガナパティ祭り・マハーラシュトラ州など)

これらのお休みは、ほとんどが移動祭日で
月の満ち欠けにより、毎年日にちが変わります。
インド在住のみなさん、お手伝いさんやドライバーさんの
出身地により、お休みがほしい・・・・という日が
異なってきますので、カレンダーをご参照くださいね。
(南インド出身だとOnamに休みたい、ヒンドゥ教徒はラクシャ・バンダンの
日に午前中休みをくれ・・・とかいう申請があるはずです。)

モンスーンの時期といえば、そろそろ↓この
オレンジ装束のシヴァ神信者の巡礼(ガンジスの源流からガンジス河の
聖水を容器にいれて、それを日ごろ詣でているシヴァ寺院のご神体に
捧げるための巡礼)カンワリアの季節にもなります。
デリー⇒グルガオン間の道路にこのようなガンジスのご聖水容器を
かついだ巡礼者があふれる時期。

ガンジスの源流ガンゴートリやゴームク氷河、
近場ではハリドワルなどから汲んできたガンジスの聖水は
「地面に置いてはいけない」ので、ず~っと肩に担いで
移動するのですが、あちこちに設けられた「ご接待所」に
準備されている棚に置くときだけが一息つけるというわけ。
デリー近辺ではNH8沿い・アンビエンスモール手前の
でっかいシヴァ神のある場所が有名な休憩ポイントでもあります。
kanwariyas10.jpg
雨季に入ったのもあって、雨が降る前にはやたらと蒸し暑いデリーですが
一雨ごとに、ちょびっとずつ凌ぎやすくなっているのも事実です。
さぁ、晴れ間を狙って洗濯しなくちゃ~~~

今日も 応援クリック ポチっ↓と お願いしまっす!!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ 
2010.07.14(Wed)  インドの祝祭日COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
手作り by 青蓮
お友達のブティックで可愛いバッグを発見。
無理を言って、布地を分けてもらいました。
金銀の象さんがい~~~っぱい歩いている模様。
mhdt-elephant01.jpg
実は金銀の型押し布は、洗うと色が褪せるのが難点なんだけど
厚手で丈夫な帆布なのです。
それで作ったものは・・・・なんでもポンポン入れられる
大型のバッグ!A4の書類もパソコンも入ります。
mhdt-elephant02.jpg
今のところ肩掛け&ななめ掛け兼用の長さにしているけど
やっぱりもち手をつけたほうがしっくり収まるかなぁ・・・と
思案中。開口部も大きいので、巾着型の中袋をつけるべきかなぁ・・・と
これも懸案事項。

次に作ろうと思っているのはこの布で。
yukata10.jpg
もとは浴衣の着分あったんだけど、夏用タペストリーを作って
その分短くなってしまったので、2部式の浴衣を作れるかどうか
あ~でもない こ~でもないと 型紙を並べて検討中。
さて、夏祭りまでに間に合うのかしら~?

手作りついでにこれも。
一昨日の夜から育成している緑豆もやし
greengram.jpg
夏場は発育も良好で、1日半でこんなに育ちました
今日の夕食時に「もやしサラダ」になる予定。
このまま育てれば、もやし炒めもできるかも!!??

ところでみなさん!
Embryo とか Cotyledon とか Vegetative Propagation って
何のことだかわかりますか~?
実はコレ、発芽のしくみを勉強する「環境学習」関連の
単語なんですけどね。毎週火曜日が息子の通う現地校の
試験日なんですよ~。で、先週からずっと、種と発芽関係の
勉強をしていたんだけど、ま~~~はじめて聞く単語の多いこと。
そんなこんなで
「絶対学生時代より今のほうが頭使ってる」と思うハハなのでした。

今日も応援クリック ポチッ↓と よろしくお願いしまっす!!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2010.07.13(Tue)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
私のコレクション
・・・な~~んてタイトルをつけると、
「宝飾品でもコレクションしてるのかしら~」とか
「世界の骨董品コレクション?」とか、皆さんの想像力を刺激してる?

いやいや、私のコレクションはこれですよ。
collection-puls.jpg
どうです、この自然界がもらたした綺麗な色の豆たち。
インドではたんぱく源として欠かせない各種の豆ですが
手前から、ムーング(緑豆)、黄色いのはアルハール(Split Red Gram)
お次の小豆色のはラージマ(Kidney Beans)
一番奥のと手前の横たわって(?)いるのはウラッド・ダール
(Black Gram)の半分に割ったものと、粒のままのもの。
容器は、そうです、Catchのソーダボトルの再利用。これが透明で
見やすくて、1キロ分余裕を持って入れられるので、残量もわかって
便利なんです。

食べ物ついでに、インドの子供たちのお弁当に人気のこれ
原料はなんだかわかりますか?
poha-mota.jpg
そう、お米なんですよ~。
写真のこれはMotaという表記がありますから、ちょっと厚めで
丸っこく仕上がりますが、要するに日本でも昔あった「糒」みたいな
ものです。玉ねぎやクミン、ターメリックなどと一緒に炒めると
チャーハンみたいな感じに仕上がるんです。

それではこちらは?
roastedwheat.jpg
Life Fitの表示が右上にありますよね~健康的だってことです。
こちらは「麦をローストしてマサラを絡めたもの」で
おつまみにぴったり!!
ちょっと麦茶っぽい香ばしいかおりが、ついつい手をのばして
ぽりぽり食べちゃう所以。

そして、マーケットのマサラ売り場を眺めていると
あぁ、インド人の家庭での食生活が変化しているんだなぁと
実感できる品物が次々登場。
herbs.jpg
左端の唐辛子フレークは昔からありましたが
真ん中のサラダ用シーズニングなどは、そもそも生野菜を
あまり採らないインドでは、外人が買い物するようなスーパーにしか
置いてなかったものでした。
右端のローズマリーにいたっては、ちょっと前までは輸入品しかなくて
えらく高かった。フォカッチャを焼こうかなぁ・・・・と思っても
なかなかローズマリーが手に入らず、いまひとつ味にしまりがないまま
食べてましたが。
こういう「ハーブ類」もインドで販路を確保したってことですよね。

最後に、ファンの皆さん(誰もおらん??)にお届けする
今日のジャッキー

「家政夫は見た!!」シリーズ

jackie-kaseifu.jpg
朝のお犬様用ビスケットを待っているうちに、たまらず
「出てはいけない」線(緑のライン)を超えてしまった
ジャッキーでした。

新しい一週間のはじまり、今週も

応援クリック ポチッ↓と どうぞよろしく!!!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2010.07.12(Mon)  食文化COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
研究報告:インドの小麦粉
昨日は「ラージマー」(インドの子供に人気なうずら豆カレー)
を作ったついでに、圧力鍋で煮たうずら豆のをちょこっと取り分けておいて、
こしあんの素を足して「あんこ玉」をいっぱい作っておいたのだ。
なので、今日はそれを使って アンパンを焼いているところ。

去年日本からせっせと持ち帰った「ホームベーカリー」ですが
もう元はとっただろう、というくらいヘビーローテーション中。
中にはパン作り専用の強力粉を、日本から持参または送付・・・と
いう方もいらっしゃいますが、我が家は「インド産小麦」愛用中。

インドの小麦粉はMAIDA(マイダー)と言って
日本の薄力粉より、ちょっとグルテン含有量が高いです。
平均して11%弱くらいかなぁ・・・・ほぼ「中力粉」?

ブラウンブレッドっぽいのを作るためには、チャパティなどを
作るときに使う「アター」(全粒粉)を投入します。
配合含め、あれこれ試してみたんですけどね
インド国産小麦粉7割、全粒粉3割 くらいが一番綺麗に焼ける模様。
maida.jpg
マイダーは1キロで22ルピー(50円弱)くらい。
私がよく買うのは上の↑2種類なんですが、中でも右手の
シャクティ・ボーグというメーカーのがどうもグルテンが
しっかりしてて使い勝手が良い気がします。
パン作りに使うアター(全粒粉)はあのPillsbury↓のが
きめ細かくて、良いみたい。
doughboy-generic.png
↑このDough Boyをみて、ゴーストバスターを思い出した私。
(年がばれるっちゅうに・・・・・)

インド産の材料でも、沢山おいしいものが作れるんですよ~

今日も 応援クリック ポチっ↓と よろしくお願いしま~す。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ


7月3日、土曜日の夕焼け↓の画像です。
dawn030710.jpg
この翌日から本格的にモンスーン(雨季)らしい雨が、
1日1~2時間ぐらいだけど、どしゃ~~~ っと降り始め
北インドの酷暑期に終わりを告げました。
2010.07.08(Thu)  食文化COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
道端フード 「ナーンとカレー」
久々に登場、好評な(?)「道端フード」シリーズです。

先日行った、大ヒットなインド料理スタンド。
ジャナクプリという地域のめ~っちゃローカルな
ショッピングコンプレックスの中にあります。
すぐ近くにはピザハットやマックもあり、若者がいっぱい
たむろしているんだけど、我が家が目指すところはこちら↓
janakpuri-jul10.jpg
「外」で「立ち食い」ですから、おしゃれなマダムには
どん引きされそうですが、なんせ安いのよ~。
最近めちゃくちゃ物価が上がったインド、このお値段は
すご~~く良心的で、しかも美味しい。
息子(10歳)が頼んだのはこちらのバターナーンセット。
おかずのが3種類+アチャールと野菜と、
玉ねぎ入りビリヤ二(炊き込みご飯)がちょこっとついて
お値段も驚きの50ルピー
(・・・ってまるで「テレビショッピング」の口調やね)
butternaanset-jul10.jpg
小豆カレー、パニールカレー、それに白いのは揚げ玉入りの
ダヒ(ヨーグルト)です。ナーンはたっぷり2枚分。

そして私と夫が頼んだのは、「アムリッツァリ・ナーン・セット」↓ 
お値段は更に驚きの   25ルピー!!(約50円)
amritsarinaan-jul10.jpg
ナーンの間に、ジャガイモペーストを薄く延ばしたのが入っていて
(バターをたっぷり塗ったのが2枚も!)
豆カレーとカリー(黄色い酸味のきいたスープ風)など
コックさんの気分しだいで2種類のおかずがついてきます。
夫婦二人で同じものを注文したら、それぞれの2種類のおかずカレーは
ちがうものを入れてくれてました。あれこれ味見できて、嬉しい~!

一家3人でたらふく食べて、100ルピーきっかり。
・・・・本当はこれくらいの値段がインドの
「適正値段」だったはずなんですけどね
外食する人が増え、外食産業が伸びるにしたがって
どんどん相場が上がり、ちょっと綺麗なレストランに行くと
一品カレーを頼んだだけで350ルピー以上・・・・なんてところは
ざらになってしまった昨今。

金銭感覚を自ら修正する習慣をつけておかないと
あっという間にお財布がすっからかんになりそうなデリー暮らしです。

過去の青蓮「道端フード」シリーズはこちら↓<青字をクリックしてね>
カティ・ロール
ローカル・レストラン Moti
パコラ その他
ゴールガッパ(パニプリ)
チョーレ・バトゥレ
大根団子
カチョーリ

あれこれ試してみたくなったでしょ?

今日も応援クリック ポチ↓っと お願いしますよ~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ 
2010.07.07(Wed)  食文化COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
アーム・カ・アチャール(マンゴの漬物)
日本だと、梅雨の晴れ間にすることは「梅干の土用干し」?

北インドではこの時期が「アーム・カ・アチャール」(マンゴの漬物)を
漬けるシーズンなんです。
そしてモンスーン(雨季)の晴れ間には、アチャールを仕込んだ壺を
天日に2~3日あてるんですよ~。

そろそろモンスーンに入るなぁ・・・というころ
市場では「青マンゴー」が山積みにされ
みんな5キロ以上どぉ~~~んと豪快に買って行っています。
青マンゴーを種ごとちょうど良いサイズに切るのは
硬い種があるので、大変な力仕事。でもご安心あれ
マンゴーを買うと、サービスで手ごろなサイズに
切ってくれるんですよ。↓
aam-achaar10.jpg
家に持って帰って、さっと洗ったあとこれまたささっと乾かして
塩をふって、水が上がってくるまで待ち
それから各種(各家庭秘伝の)マサラを配合して、
マサラとマスタードオイルを味噌くらいの固さに混ぜて
マンゴーをまぜまぜし、なじむまで待ってからガラス瓶や壺につめる

え~~~、めんどくさいじゃん!

・・・って方のために、有難いことにこの時期
「マンゴーアチャール専用マサラミックス」が売ってるんです。
aam-achaar10b.jpg
これを適量のマスタードオイルと混ぜ合わせ、
マンゴーを投入してぐるぐるかきまぜ、なじませるだけ。
な~~~んと有難いことでしょう。
2~3日この状態で置いておくと、青いマンゴーが
しんなりしてきます。
aam-achaar10c.jpg
熱湯&酢で殺菌消毒した壺やガラス瓶につめて
晴れ間を見計らって、3日ほど天日にあてま~す。
我が家では2.5キロ分が「早く食べて~!」とばかりに熟成中。
aam-achar10a.jpg
本当は、梅干と同じく、塩をして水が上がるまで待って
それから各家庭秘伝マサラ+マスタードオイルに
つけたほうが、各家の「舌」にあった美味しい
アーム・カ・アチャールができるんですけどね。
そこはまぁ、外人の嫁ですから。手抜きも許してちょ・・ってことで。

手作りのマンゴーの漬物、食べてみたい方は拙宅へ。
 
応援クリック ポチッ↓と よろしくお願いしま~す
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2010.07.06(Tue)  食文化COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
「洗濯クイーン」拝命
水質の悪い、そして砂塵舞い散るデリーで
「白いものを白く洗い上げる」のは至難の業。
そりゃ~わかっているんだけど、白いものをパ~ン!!!と
真っ白に洗い上げたいのが主婦の心意気ってもんよ!

デリーで暮らすようになって、「綺麗な水道水を溢れるほど
使える、24時間供給される日本の有難さ」が身にしみた人も
多いんじゃないでしょうか?

南デリーでは、水が供給されるのは1日2回の地域がほとんど。

朝5時前後と、夕方5時前後に各コロニーの幹線水道にどば~~っと
水が流れ、それにつながる支線へと流れて行きます。
その支線から本来なら放っておけば、水が十分にあれば
自分の家のタンクに水が自動的に入るはずなんだけど、
そうでないときもあるので、それぞれが「力の強いモーター」をつけて
水を自分のタンクに引き込んでいます。
backlane-watertank10.jpg
住宅街のバックレーン(裏通り)に並ぶ、沢山のタンク群↑で、自分の所に
水が入っているかどうか確認するついでに
「ぬぬぬ・・・あっちの家のモーターの力が強いから、あっちに一杯
入ってる」とか「ぎゃ~、アノ家のモーターのスイッチが切ってないから
水が溢れてる~~、勿体ない!」とか
朝夕の井戸端会議のネタにもなっています。

下に設置してあるタンクから、更に屋上にあるタンク↓に水を吸い上げ、
自分の家に供給する・・・というのがデリーの一般的「水供給システム」。
langoor1.jpg
(↑屋上タンクも、場所によってはこんな風に、野生猿の楽園に。
タンクから水を飲むだけならまだしも、お風呂代わりにしてる輩も。)

その水も、ようやく安定供給されることが多くなった今日この頃。
遅々としているようでも、インフラ整備は進んではいるようですが。

そうそう、白い洗濯物との戦いは息子が「布オムツ」を
使っていた時代にさかのぼりますから、かれこれ10年!
お手伝いさんにやってもらったら、その洗い上がりが気に入らなかったので
それから洗濯は自分でやるようにしています。
(自分でやったほうが早い!と思うから、上手に人も使えない、
ひいては「経営能力」もないんだ・・・と夫に言われ、ぐぅのネも出ず。)
ともかく
当時は日本からせっせと「オムツ用漂白剤」などを運んで帰ってきては
洗濯ものと格闘していたものでした。

その後、インドの洗剤で使えるものを・・・と
Robinというメーカーの「襟・袖口専用洗剤」を使ったり
塩素系漂白剤を使ったりもしましたが
息子の真っ白な夏の制服には胸のポケットに校章の刺繍があり
漂白剤を使うと、そこまで色落ちする羽目になるので使えない。
しかも「環境」に優しくない洗剤はできるだけ使いたくない。

で、極力洗濯洗剤を使わず、時には自然素材の石鹸の実「Reetha」↓ を
使ったり、重曹を入れてぐつぐつ煮てみたり。
reetha.jpg
そんな「洗濯に命をかける」私ですが、タンパク性の汚れに一番
効果的なのはコレです。100均でも手に入る「セスキ炭酸ソーダ」。
500mlの水にスプーン1杯ほどを溶かしたものを、襟や袖口に
たらしてしばらく置いてから洗濯すると、効果抜群。つけおき洗いもOK。
sesqui-sodium10.jpg
・・・・というわけで、あれこれ洗濯方法について指南しているうちに
とあるマダムから「洗濯クイーン」の称号をいただきました。
あっはっは!
朝から雨のデリーですが、洗濯クイーンは今日も洗濯に励んでいます。

今日も 応援クリック ポチッ↓と お願いしまぁす!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ


2010.07.05(Mon)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
Working Saturdayで~~す
デリーで10月に行われるコモンウェルスゲームズで
息子の学校が2週間休みになるので、今年は夏休みに入るのも
いつもより遅かったんです。
それに加え、秋には「ディワリ」(インドの光のお祭り・お正月に匹敵)も
あるので授業時間確保が大変。

・・・というわけで、普段は土日が休みな息子の学校は
今年はWorking Saturdayを導入しておりまして
土曜日の通学が不定期で6回ほど予定されています。

この週末に「夏休みの宿題」を仕上げてしまおうと画策していた
母にとっては、土曜日がまるまる使えないのはちょいと痛い。
(え~~~、まだ宿題ができてなかったのか?って???
提出日は月曜日、7月5日なんでございますよぅ。)
いやはや、夏休み45日間の間にやっておかなくてはならなかったものを
5日で仕上げるのって、ほんと~~~に大変。wwwww
holidayhomework1.jpg
↑「環境に関する新聞記事のスクラップ」 とか

市場で野菜5種類、果物5種類の1キロの値段を調べ、
それぞれを250グラム買ったらいくらになるか とか

英語は「Charlie and the Chocolate Factory」を読め とか

不思議の国のアリス の登場人物を全員書き出し、それぞれについて
説明すること とか

自分の住む街の地図を、縮尺正しく書いてみよう とか・・・・・泣。
holidayhomework2.jpg
算数にはいくつかSymmetry(左右対称)についての
課題があって、そのために作成した↑トラの絵。
こういうのばっかりだと、図画工作大好きなハハは嬉しいんだがなぁ。
中央で折り曲げた紙の半分に絵の具で絵を描いて、
ぴったり折り合わせて両面に絵を作るってやつを5点。
調子にのってこんなんも作ってみました。(アンタの宿題か!?とつっこまれそうだが)
スポンジボブ・スクエアパンツだ!!
holidayhomework3.jpg
それに加えてヒンディ語もあるんでやんすが、これはもう
私はお手上げで、だんなに丸投げ。

・・・・とか言いつつ、明日まで開催中の「マンゴーフェスティバル」に
行ったついでに、例の遊園地にも行って、夕食は隣接するモールの
レストランに行こうかなぁ・・・・などと画策している 土曜日なのでございます。

懲りない私に
今日も 応援クリック ポチッと↓ お願いしますよ~~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
デリー空港・ターミナル3
過去記事でも折にふれご紹介してきた「コモンウェルスゲームズ」ですが
日本ではあまりなじみがないですよね。
デリーでは10月3日から14日にかけて、第19回コモンウェルスゲームズ
(2010 Commonwealth Games)が開催されるのです。
「コモンウェルスゲーム」とは、イギリス連邦(現在の英国と王室保護領、
大英帝国の旧植民地で構成される)に属する国や地域が参加して
4年毎に開催されるビッグ・イベント。
イギリス連邦で盛んなクリケットや7人制ラグビー、、
ローンボウルズ(ボーリングのような球技)など、オリンピックでは
競技種目に含まれないスポーツもあるため、愛好家の間では
オリンピックより盛り上がる大会なんです。

オリンピックの「聖火」リレーに匹敵する「クイーンズバトン」リレーが
2009年10月29日にバッキンガム宮殿をスタートし、バトンは英連邦の国や
地域を巡ったあと、先月末ようやくインドに到着。
これから9月末までの間、インド各地を100日かけてバトンリレーが行われます。
開会式で読み上げられるエリザベス女王のメッセージを伝えて走る
クイーンズバトン。そのルートは本当にインド各地を巡っています。
cwg10-queensbaton.jpg
イギリス連邦だけでなく、世界各地からのお客様をデリーに
迎える準備も着々と整ってきています。
空の玄関口となるデリー・インディラガンディ空港の新ターミナル
Terminal3も完成間近。今まで時間帯によってはターミナル内に
入るだけで長蛇の列となっていた、エントランスゲートは
新しいターミナルではゲート数が増やされ、スムースにターミナルに
入れるよう配慮されています。
del-apt3-entrygate.jpg
一番目を引くのは、イミグレーションエリアの内装。
沢山の銅製のディスクの間にあるのは、印を結んだ手。
(インドの伝統舞踊に出てくる「ムドラー」と呼ばれる形)
インドテーストが溢れているけど超モダン。↓
del-apt3-immigration.jpg
搭乗ゲートまでの移動や、到着してから地下鉄駅までの移動には
動く歩道やカーペット張りの通路が完備されています。
搭乗エリアに続くコンコースも広々
del-apt3-concourse.jpg
そしてお手洗いももちろんぴっかぴかですが
男女を分ける入り口では、こんな壁面いっぱいのインド人の
笑顔が出迎えてくれます。
del-apt3-washroom.jpg
ま~~なんと進化したことか。・・・・建築家は誰だろうと
思ったら、仙台国際空港やインディアナポリス国際空港
リャド国際空港などをデザインした HOK という会社でした。
世界でも5本の指に入る、空港総合デザインの会社ですから
世界トップクラスの空港が出来上がっているというわけですね。
HOKは来るロンドンでのオリンピック関連の建物デザインにも
関わっているので、これまた楽しみですよね。

さてさて、立派な「いれもの」はできあがりつつあります。
その中で働く人々、その施設を使う私たちの意識改革も
急ピッチでやんなくちゃね。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2010.07.02(Fri)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
デリー&博多 そして東京
デリーと博多。私はどっちに属しているのか?
博多で過ごした年月のほうが、デリーに住んでる年数を
はるかに上回るので、そりゃ~心は博多ですが
でも、人生の経験値(?)からすると、デリー生活のほうが
濃いかしらん?

博多の町は「山笠」にむけて盛り上がりを見せているころ。
各流れの長法被を着た男衆が街を闊歩してるはず。
そんな福岡市内でお気に入りのレストランがこちら↓
南区役所のすぐ隣、西鉄大橋駅から徒歩5分のところにある
「ボンジュール食堂」。ランチは700円台からあって、めっちゃお得。
今回はここで職場の後輩たちとのランチパーティ。
普段インドでは食べられない「牛肉」をいただきましたとも。
jp10-bonjour.jpg
子連れでの帰省には、外遊びの機会も必須。
友人と子連れで大集合したのは西区、小戸公園という海辺の広々した場所。
子供たちは蟹をつかまえたり、小魚を取ったり、広い芝生で遊んだり。

もう一箇所は同じく西区の「今宿野外活動センター」
祖母の家が今宿にあったので、子供のころには夏休みはずっと
毎日のように海に行ったり、山に登ったりして野生児のように
過ごしていたものです。芝生の中に咲くアザミの花も、日本的ですよね。
jp10-azami.jpg
帰省中に東京へ行ったのは、仕事を兼ねていたのですが
(遊んでばっかりじゃないのよ・と言い訳・・・・)
そのうちのひとつ、学研での打ち合わせが終わって
本社ビルから眺めた東京の街。こんな景色の開けたところで
仕事できるって素晴らしいじゃありませんか。
社食もおしゃれで美味しかったですよ~
jp10-tokyotower.jpg
息子の東京行きのお目当ては「キッザニア」と「お台場」
キッザニアは修学旅行が3校来ていて、加えて三田の
インターナショナルスクールの子達も来てて、息子はいつの間にか
そこの子と仲良くなって一緒にランチを食べました。
夜は有明の超リッチなマンションに住むお友達の家へ。
バルコニーからこ~~~んな素晴らしい夜景が観えるんですよぅ。
jp10-shiominite.jpg
・・・そんなこんなでデリーに帰り着き
空港から家に向かう途中に遭遇してぶったまげたもの。
道路をのっしのっしと歩く象 4頭。
うへ~~~、インドだぁ・・・・・と現実にたちかえったのでした。

今日から学校も始まり、真っ白な夏の制服で出かけた息子
本日の時間割、1時間目は「体育」・・・・・
一体どれだけ汗だくになって、泥や草まみれになって帰ってくることやら。

今日も応援クリック ポチッ↓と お願いしますよ~~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2010.07.01(Thu)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin