FC2ブログ
□  2010.02 □  01≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫03
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
はっぴ~ ほーりー!!
holi2010.jpg
みなさま、楽しいホーリーをお迎えくださ~い!!
色粉・色水かけは明日の午前中ですよ~

じわじわと、日々暑くなってきたデリー。
夏ものの準備にかからねばのぅ・・・・・・
冬物まとめて洗濯せねばのぅ・・・・・・

お祭り気分で 応援クリック↓ ポチッと よろしく~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
もひとつ おまけに こちらも↓ポチッ!!


Follow bluelotusdel on Twitter
スポンサーサイト
2010.02.28(Sun)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
できたっ!!買ったっ!!
先日Fabindiaで買った半端な長さ(3.9m)のインテリアファブリック。
でか座布団(一辺110cm)のカバーにはどうにも足りなかったんだけど、
ど~してもこの色を使いたかったので、裏部分を生成りのコットンにして
無理やりモードで縫い上げた。ちょびっとあまった布の両端に生成り布を足して
クッションカバーもできました。爽やかで良いんじゃない?と自己満足。
zabuton10.jpg
同じ大きさの座布団が4枚あるので、あるときは4枚重ねてソファー代わりに
あるときはびろ~んと4枚広げて寝っころがってテレビを観、
あるときは体操マット(!?)になって息子がCart Wheelの練習したり。
この大きさで作って!とサイズを伝えて、R.K.Puramの布団屋さん(?)で
<ほれ、あの道端で縫ってるところがあちこちにあるじゃない?>
縫ってもらったものですが、もとはこんな生成りのコットンでした↓。
zabuton10origin.jpg
これはこれで気に入ってたんだけど、なんせ砂塵で汚れもひどくてね~
やっとすっきり夏仕様になりました☆

お次:
ホーリーの日にうちで晩御飯食べる大学の後輩たちのために
Tシャツをゲット!おちゃめな笑えるモチーフが一杯のTantraにて。
レディスのSを人数分欲しかったんだけど、デザインが限られていて
つまんなかったので、子供用サイズ3(10歳用)を購入した↓。
tantra-shirt10.jpg
襟ぐりやら袖やら好きにカットして、似合うように各自アレンジしてもらうとして。
教授たちには笑える「オートリキシャ」「ニンブーミルチ」「ガネーシャ神」
などのデザインものを。これを着たそれぞれの先生の姿を想像するだけでなんか嬉しい。
Tシャツにプラスして渡すのが、Where's Hanumanの本↓。インドらしくていいかな・と思って。
hanuman-penguin10.jpg
ウォーリーを探せ!のハヌマーン版なのよ。日本へのお土産にもいかが??
詳細はコチラ
(ペンギンブックスの回し者です。へへへへ)
rose260210_20100227175915.jpg
先週土曜日のコンサートで、ご来場くださった皆様にお渡ししたバラの花。
大事に水切りしながら、1週間たってもまだ綺麗に咲いてますよ~~~

ではではみなさん良い週末を!応援クリック↓ポチッと よろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
もひとつ ついでに こちら↓も ポチッ!!


Follow bluelotusdel on Twitter
2010.02.27(Sat)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
水鉄砲買ってくれ~~
・・・・って、今週に入ってからずっと息子にうるさくされています。
そう、インドに春の到来を告げるお祭り「ホーリー」のためですよ。
移動祭日で、今年は2月28日の夜~3月1日午前中がこれにあたります。
色水・色粉をかけるのは3月1日午前中。

我が家の前にある公園では、2~3日前から子供たちが前哨戦(?)で
水風船を投げたり、水鉄砲で水をかけたりしています。
色水はさすがにまだ登場してないけど、これも時間の問題かと。
子供たちは「カッチャーラング」なら大目に見るけど「パッカーラング」なら
仕返しする!と鼻息荒いのです。(カッチャーラング=洗えば落ちる色
パッカーラング=油成分が入っていて、洗っても落ちない。)
どっちにしても母は洗濯が大変。

過去記事↓ですけど、ホーリーについて記しているものを列記します。
興味のあるタイトルをクリックしてみてください。

ホーリーの由来

ホーリー・ヘィ!2009年

ホーリーのたべもの 2008年

ホーリー・水鉄砲と水風船

ホーリー・青蓮劇場(写真)

そしてこの時期、我が家には華やかな女子大生が大挙して
やってくるのです。毎年恒例の、母校の「インド研修」。
去年はムンバイテロの影響で研修中止になってしまったのでした。
sareeparty2.jpg
コルカタ~ビシュバ・バラティ大学研修~ヴァラナシ~
カジュラホ~アグラ~マトゥラ~デリーというのが今年のコース。
ヴァラナシやマトゥラが入っているのは、仏教系の大学だからね。
サールナート(お釈迦様が最初に説法をした場所)とか
マトゥラ(マトゥラ仏が展示されている博物館)とか
デリーの国立博物館(仏教遺跡からの発掘品や仏舎利)とか
仏教専門の教授たちと一緒にインドを回れるっていいなぁ・・・・

28日夜はデリー着後「サリーパーティ」(↑写真は一昨年の。)
ホーリーの日は午後からデリー市内見学となっているので
可愛い日本の女子大生団体を見かけたら、どうぞよろしく。
(え、あたしはもう「可愛い」を通り越し「こわいい」になってますけどナニカ?)

ホーリーの予習はばっちり?
応援クリック↓ポチっと よろしく~~!!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
もひとつ ついでに コチラ↓も ポチッ!!


Follow bluelotusdel on Twitter
2010.02.26(Fri)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
インドなランチ
[インドカレー] ブログ村キーワード

デリーの春は「別れと出会い」の季節でもありまして。
駐在期間が無事終わり日本へ本帰国なさる方、次の赴任地へ
旅立たれる方との別れあり、
はたまたデリーに赴任していらっしゃる方々との出会いあり。

そんな季節、ず~~~っと前から約束していたランチに行くため
お友達とマルヴィヤナガルへGO!!
マルヴィヤナガル・マーケットはパンジャブ出身者が多く住む
南デリーの住宅地にあります。日本人がうろうろしていることは
まずないけど、ま~手軽にあれこれ手に入る、小規模なラジパトナガル
みたいな感じでしょうか。
そこへ何しにいったかってぇと、お友達マダムの切なる(?)リクエストで
アムリッツァル・ナーンのランチセットを目当てに
ローカルレストランMotiへお昼を食べに行ったのです。
(Motiってヒンディ語で「真珠」ってことなんですよ。ほぼ同じ発音で
有気音が入ると「太っている」って意味になるから、発音注意。ぷぷぷ・・・・)
いや~焼きたて熱々のが出てきて、美味しかったこと。
・・・て私はオニオン・プレーン・ドーサを食べたんだけどね。

その後、お菓子やさんでピーナツキャラメル風のインドお菓子を買ったり
裏通りの布+テーラー+刺繍やさんのあるところで、端切れを調達したり
ホーリーの色粉を売ってる店をのぞいてみたり
野菜やさんをひやかしてみたり。

それからお友達の展覧会を観るため、ヴァサント・クンジの
DLF Promnadeにあるカフェへ。行ってびっくりしたのは
メニューがあれこれあって、プレゼンがインドにしては
えらくお洒落なこと。私はピンク・レモネードとOat & Cinnamon Cookieを
頼んだんだけど、瓶が気に入ったね~。クッキーも焼きたてのが来たし。
mochaarthouse240210.jpg
お値段もリーゾナブルですから、お友達とのお茶に、家族で
ランチに、ご利用なさってはいかがでしょうかぁ?(店のまわしものか??)
Mocha Arthouse(詳細は コチラ
量もたっぷりで、こりゃ夏のめちゃくちゃ喉が渇いたときに飲んだら
んまいだろうなぁ・・と。(なんせ顔に似合わず下戸なもんで、
炭酸飲料が私の「ビール」代わり。)

その後、特大座布団カバーを作るため、Fabindiaに行き
これまた半端な長さで残っている布をゲット。
それをせっせと縫っている今日。

ふと見上げると、春の到来を告げる花、
真赤な大輪のコットン・ツリーが満開なのでした。
cottontree240210.jpg

応援クリック↓ポチッと よろしく~~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
もひとつついでに コチラ↓も ポチッ!!


Follow bluelotusdel on Twitter
2010.02.25(Thu)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
よんよんに~に~ なのだ!
[インド情報] ブログ村キーワード

昨日から車の話続きですけど。
朝から仕事でちょいとアンサル・プラザ方面へ。
今日は家人の仕事の関係で、マイ探検車の都合がつかなかったので
「いいよ~、帰りはDさん(グルガオン在住カメラマン)に送ってもらうからさ~」
な~んて気軽に探検車を返した・・・ところがそのDさんが仕事終わってから言うには
「今日はグルガオン直帰じゃなくて、デリーで色々用事を済ませていくから
どっかタクシースタンドまで送るよ」だって。

まともそうなタクシースタンドの前で降ろしてもらって、とことこ
タクシーのオフィスに入っていって「VasantまでAC(エアコン)つきの車でいくら?」
と聞いたら、私の姿形(ビジネス用アウトフィットであった)を見て
「400ルピー」だって。「あんたねぇ、そんなに高いはずないじゃん!バカタレ~~」

早く戻ってデータをまとめなきゃならないし、オートと交渉する気もないし
速攻で「011-よんよんに~に~、よんよんに~に~」に電話。
これ、私が好きなラジオタクシーの番号。本来は時間と場所を指定して
前もって頼んでおくほうが良いんだけど、今日は「今すぐ来てほしいの~」と
言うと、「15分くらいかかるかも」と。
ま、これからオートで渋滞の中帰るよりいいか・・・と待ってたら
まずは件のラジオタクシーの運転手から「今○○にいますから、あと5分くらいで
着きます」と電話。その後、SMS(携帯メッセージ)で車輌ナンバーと
運転手の名前と携帯電話番号が送られてきた~、と同時に目の前に
でっかい乗り心地の良い新車がす~~い!!と停まったぁ~。

メーター制・明朗会計、道も良く知ってて、155ルピーで帰ってきました。
(もちろん、ぼったくろうとしたタクシースタンドの前を通るときに
これ見よがしに「つ~~ん」として通ったのは言うまでもなく。
アタシってそ~と~根性くされ??)

オペレーターの取次ぎの感じも良く、メッセージも的確、しかも
禁煙の車内はとても快適。↑のMeruタクシーのほかにも
よんさんに~いち・よんさんに~いち とか
よんよんさんさん・よんよんさんさん とかあるので
デリーで足がなくて困っている方、お試しあれ~~

仕事もたまにはまじめにやっているので・・・ご褒美(?)クリック↓ポチッとね~!!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
もひとつ おまけに こちらも ポチッ!!


Follow bluelotusdel on Twitter
Round Aboutに弱いの
[インド人] ブログ村キーワード

私のおかかえ運転手さん。ずぅ~~~っと勤めていた人が
やめてからは、結構ころころ代わっている。
1ヶ月の休みを申請して、ビハール州に里帰りしたまんま
戻ってこなかった人もいるし。グルガオン方面に行くときの
ハイウェイ代のために入れてある小銭をちょこちょこ盗んでいくので
「小銭ちゃん」というあだ名を拝命(?)した人もいるし
ダージリンからやってきた、どう見ても高校生にしか見えない
「東北ジャニ」くん(インドの東北地方のジャニーズ系)もいたし。

英語を喋れる人だったら、お給料も1ヶ月8000ルピー以上
もらえるんだろうけど、なんせこのコロニー内では
ヒンディ語主流なもんで、残業なしで1ヶ月5000ルピー強が
昨今の妥当額か。(それでも5年前は3500ルピーくらいで
雇えてたから、物価の値上がりと比例しているってことか)

どこから聞きつけてくるんだかわからないけど
ドライバーが辞めた日には、すでに「ドライバーを
雇うと聞いたんですが・・・」と候補者がやってくる。
それでも「自称ドライバー」もいるから、運転テストを
やってみないと、運転全くはじめてな素人な人もいるのだ。有り得ん。
しかも田舎から出てきたばっかりで、デリーの道を
全く知らないから、乗ってるこちらも地図と首っ引きで
ナヴィゲーションしなくてはならん。
これなら私がやったほうがまだマシかも、とマジで思う。
いつになったらマダム然として、うしろにで~~んと座って
「○○まで行ってちょうだい。」と指示するだけで済むように
なるんだろうかのぉ・・・・
(でも、デリーで自分で運転する勇気はまだない。注意力散漫だし。)

で、今雇っている運転手さんは、ネパールから来た人。
とっても性格が良い。ご挨拶もきちんとできる。
9時出勤で良いんだよと言っても、8時にはスタンバイしている。
朝、スクールバスを見送ったあとに、野菜の買いものをしていると
出勤途中の運転手さんが、野菜バッグを持ってくれたりもする。
いつも小奇麗な格好でやってくる。運転も問題ない。
・・・・・・・・今までで一番まともかも。

でもね、ひとつだけ落とし穴が。
そう、デリー中心部のラウンド・アバウト(ロータリー)に弱いのよ、彼。
roundabout10b.jpg
まっすぐ入って、まっすぐ出るのよ、と言ってても
あれれれれれ、ちがうところに向かってる。
なので、最近 車に乗ってても、油断できないのよ。
特に大使館街のあたり↓は要注意。
roundabout10a.jpg
赤いZENで、(CNGに改造した探検車エスティー○が最近調子悪く。)
前傾姿勢で運転手に指差し指示しまくりな昨今のワタシ。
日々、シャウトだぜぇ~~~!!

応援クリック↓ポチッとよろしくぅ~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
もひとつ ついでに こちら↓も ポチッ!!


Follow bluelotusdel on Twitter
2010.02.23(Tue)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
ゴスペルコンサート終了!
[駐在妻] ブログ村キーワード

たまにお問い合わせいただくのが、
「ご主人の駐在先がインドに決まった!」マダムたちから。
日本からいきなりインドにお越しになる方もあれば
アメリカやヨーロッパなどの駐在先から、ちょこっとだけ
日本を経由して、インド入りなさる方々も。

一様に「インド生活に不安」を感じていらっしゃるようで
確かに、日本や欧米諸国の便利さと比べると
そりゃ~そりゃ~満足いくレベルではない・・・・ですよ。
しかも「ドライバーさん」「お手伝いさん」「アヤ(子守)さん」と
人を使っていかなくてはいけないわけで、それが慣れない日本人には
優しすぎてもいけない、厳しすぎてもいけない、と思考錯誤するのです。
人と人との相性ってのもありますしね。やってみるしかないわけよ。

でもね、「インドにいる間に何かマスターしよう」 とか
「インドにいる間にしかできないことをやってみよう」とか
自分の心の持ちようも大切だと 声を大にして言いたい。
amigo200210b.jpg
だからって訳でもないですが、たまにあれこれ新しいことに
チャレンジしている私。大胆にも「ダンディヤ・ダンス(グジャラート州の
結構動きの激しいダンス)」1ヶ月毎日・短期集中コースにも行きました。
タルコトラ・グラウンドで三夜続けて踊って集大成。
ボリウッド・ダンス(映画の中でインド人が踊る、これまた動きの激しいダンス)も
やってみました。残念ながら通い始めてすぐに、仕事が超忙しくなってしまって
頓挫しましたけど。

そして久々にチャレンジしたのが「ゴスペル・クワイア」。
普段の喋り声が低いので、歌はダメかも~と思っていたけど
ゴスペルのアルト・パートはむっちゃ低い上に、地声でOKなので
結構歌いやすかったんです。手取り足取り(?)指導してもらえたし。
amigo200210a.jpg
2月20日、日本人学校の講堂で行われたAMIGO Delhiコンサートは
おかげさまで満員御礼。子供たちのクワイアも花を添えてくれて
大成功に終わりました。
ご来場いただいた皆様
字幕の準備や会場設営でお手伝いいただいた皆様
受付やキッズクワイアのお世話、撮影隊としてお手伝い下さった皆様
そして
すっごいかっこ良い演奏で盛り上げてくれたバンドメンバーの皆様
ありがとうございました。
amigo200210c.jpg
Nちゃん、Aさん、春らしい↑素敵な花束、ありがとね~!!

応援クリック↓ポチっとよろしく~~!!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

もひとつおまけに こちら↓も ポチッ!!


おまけ:22年2月22日・・・・・・猫の日だって。2時22分に記事アップしようと
思っていたけど、間にあわなかったよぉ。次のチャンスは22時22分か~??
Follow bluelotusdel on Twitter

2010.02.22(Mon)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
3月~5月のインド暦(いんどごよみ)
昨日は朝から2時間X2回の博物館ツアーをご案内したあと
(:ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。)
更にご老体に鞭打って、ゴスペルの練習で約2時間シャウト!
これじゃ本番で声が枯れるんじゃないかってくらい。

さて

初春から酷暑期前までのデリーの祝祭日について
尋ねられることが多いので、まとめて記載しますね。
青文字部分をクリックすると、詳細記事へ飛びます☆

ホーリー(春の到来を祝う色かけ祭り。この日を境に暑くなる)
2月28日夜~3月1日 :無礼講のお祭りなので、色粉や色水を
かけられたくない、体に触られたくない人は、14時ごろまで
外出を控えたほうが得策。 過去記事はコチラここで。

☆春のナヴ・ラートリ(九夜祭) 3月16日~3月24日
ナヴラートリの言われ ナヴラートリの食べ物

ラーム・ナヴミ (ラーマ神のお誕生日)
3月24日 ラーマ神はヴィシュヌ神の生まれ変わり。
ディワリというインド最大のお祭りは、ラーマ神が悪魔ラヴァナを
やっつけた(善が悪を駆逐した)のを記念して、光のお祭りとして
祝われていますが、そのラーマ神のお誕生日がこの日。
ラーマ神の物語はコチラ

☆ハヌマーン・ジャヤンティ(ハヌマーン神のお誕生日)
3月29日~30日 コンノート近くのハヌマーン寺院や
カロールバグ、オールドデリーのハヌマーン寺院近辺が混雑します。

べサキ祭り(パンジャブやハリアナの収穫祭) 4月15日
べサキについて パンジャブ出身者の家庭では、この日にあわせて
ムンダン(子供の剃髪式)を行うところも多いので、町にスキンヘッドの
子供が増える時期。

ブッダ・プルニマ(お釈迦様のお誕生日)5月26日
日本ではお釈迦様の生誕は4月8日で、花祭りが催されますが
インドでは移動祭日なのです。

移動祭日がほとんどなので、毎年自分の手帳に祝祭日を書き写すのが
結構手間がかかるんです。更に4月に学校の年間カレンダーが配布されたら
それをまた転記したりして・・・・
1月はじまりの手帳を買うんだけど、この時期になると
あ~やっぱり4月始まりのほうが便利かなぁ、なんて毎年悩むのであります。
皆さんは何月始まりのスケジュール手帳を使ってますか???
あら、もっぱら携帯カレンダー派?

応援クリック ↓ ポチッとお願いします~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつ ついでに こちらも↓ ポチッ!!
なくてはならないガラム・マサラ
日本人に昆布や鰹節や味噌や醤油が必要なように
インド料理には欠かせない万能香辛料がガラム・マサラ。
各家庭で「秘伝」の調合法があり、それは台所を預かる主婦の
「秘密のレシピノート」に書かれている。
そのレシピノートには、ガラム・マサラの調合割合だけでなく
アチャール(インド風スパイシー漬物)の調合方法なども。
それを少しずつ娘や嫁に伝えていくのである。

ガラム・マサラが残り少なくなってくると、香辛料の
買出しに行くんだけど、ナニ・コレ? な名前のものがいっぱい。

ガラム・マサラに使う香辛料の中でも、日本じゃあんまり
お目にかからない・使わないものたちをご紹介。
まずはこちら↓。
170210masala-mace.jpg
ヒンディ語で「ジャヴィットリ」
英語でメースと言いますが、ナツメグを覆っているオレンジ色の
表皮を乾燥させたものなんです。これがすぅ~っと爽やかな香りで
あ、これ!インド料理の香りだな ってわかりますよ。
(私は昔から何でも香り&においを嗅いでみるのが癖なもんで。ふへへ)

お次はヒンディで「イライチ」
英語でカルダモン。これも香りが良くて、
インドのチャーイを作るのにも欠かせないものなんです。
大粒で香りが強いものが良質。インド人はガムのかわりに
これをまるごと噛んでる人もいます。 
170210masala-elaichi.jpg
これ↓は皆さんおなじみのシナモンスティック。
でも日本で売ってる上品なのとちがって、本当に
「樹皮」だな~ってわかるような、肉厚で頑丈なもの。
(スンダルナガルのMittal Teasで買いました。
普段使いはINAとか、カロールバグで買う。)
170210masala-cinnamon.jpg
そして「バリ・イライチ」と呼んでるこちら↓
上のイライチの4~5倍の大きさで、外側は乾いているけど
中身はしっとりしたのが質の良いものとされています。
燻製っぽい香りがする香辛料。強いて言うなら書道の香り。・・・・ってどんなんよ??
170210masala-badielaichi.jpg
↑これね~、ダージリンの茶園で、土から生えてるところを
見たのよ。「これ何だかわかる?」って言われて、毛の生えた
黄緑色の物体↓を指差されて・・・・・感動しました。
badi-elaichi-darjeeling.jpg
そのほかに、ロングペッパーやら、赤唐辛子やらを加え
すべて乾煎りして、グラインダーで粉にするとガラムマサラになるのです。
乾煎りだけじゃなくて、天日に干してから・・・・というこだわり派も。
garammasala10.jpg
しっかり乾煎りすることによって、虫がついたりするのを
防ぐことができるんだって。市販のだとそこまで丁寧に
作ってないものもありますから、長期保存がきかないのね。
でも都会の共働き家庭などでは、手間のかかる作業をやってる暇がないので
市販品を使ってたり、実家から貰ってきたり・・・・
そう、日本人が実家やおばあちゃんちから「梅干」を貰ってくる感覚かな。

更に、「魚用」とか「肉用」とかで、加える香辛料が
微妙に違ってたりして、こりゃ~奥が深いわ・と思った次第。

本格的カレー食べたい?? 
応援クリック↓ポチッと お願いしま~す
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
もひとつついでに コチラ↓も ポチッ!!
デリー:おしゃれカフェで展覧会
すみませ~~ん。もちろん私の作品の展覧会じゃありませんヨッ。

お友達のさとう葉さんが、日本のアーティスト福山正紘さんと
コラボで南デリーはヴァサントクンジ(私のデリーのホームグラウンドよ)の
DLF Promnadeで『Planet_Armour:福山正紘/さとう葉 二人展』を開催します。

***********************************
期間:2010年2月20日(土)~3月18日(木)
場所:Mocha ARTHOUSE
住所:ヴァサントクンジDLFモール内(GF)
DLF Promenade Mall, Nelson Mandela Marg, Vasant Kunj, New Delhi, India
企画:CULTURE MUST
************************************
planet_armour_flyer.jpg
福山さん:東京芸大卒、オランダ在住を経て現在東京拠点に活躍中
「鎧」をテーマにした作品を展示
さとうさん:デリー在住ヴィジュアルアーティスト&ライター
[Planet India」を主題に、真実とは何か、ファンタジーとは??
という問いを作品に表現。

デリー在住のみなさん、この時期デリーにいらっしゃる方々も
ぜひ、ヴァサントクンジのDLFプロムナードへ!!!!

南デリーで日本のアーティストが競演!見に来て~~!!
応援クリック↓ポチッとよろしく~~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
こちらも↓ついでに ポチッ!!

あのヒトは今。
[犬派] ブログ村キーワード

瞑想する犬。
jackie-meditating10.jpg
哀愁を帯びた後ろ姿。

今日はあの「ヒト」じゃなくて、あの「ワンコ」のお話。

息子がまだ年長さんだったころに、スケートの練習を
見にくるようになって、我が家に懐いた野良犬くん
かれこれ4年近く前の話でした。
今改めて画像を見ると、「青年」な顔をしています。

家のリノベーションをしている最中は、毎日「定時出勤」しては
セメントやら砂の舞い散る新居・各部屋をチェック↓しておりました。
jackie-bathroom10.jpg
↑ふんふん♪ ここ、トイレ?僕も使っていいの?って面持ち。
セメントに混ぜる砂の中に鼻をつっこみ、とれなくなって
しばらくはこんな顔で過ごしたことも。↓
jackie-nosey10.jpg


そして今。とうとう室内犬と化したジャッキー。(&蛙座りの息子)
jackie-r10.jpg

専用のお布団をもらって安心しきっています。
好きな食べもの:生クリームを塗ったチャパティ
嫌いな食べ物:ヴァサントヴィハールの肉屋さんで犬用に売ってる肉
推定年齢:8歳 最近白髪が出てきました。
自分のことを犬だと思ってないようす。
この間、私たちの座布団↑に
ちょこりんと座って、パパからしこたま叱られましたとさ。

犬、お好きですか?それとも猫派?? 応援クリック↓ポチッとよろしく
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
ポチッとついでに こちらも↓ポチッ!!

読書も、買い物も。
週末からのだんなの長期出張中に、不備のないように と
土・日曜日は家族揃って買い物など。
デリーって、渋滞はあるし、人気のショッピングエリアでは
まず駐車場を見つけるのに時間がかかるので、1日にひとつの
マーケットをまわるのが精一杯なんだけど、昨日は午後から
なんと!! 3つのマーケットを闊歩。

ローディコロニーには、すぐ壊れるヒーターの電気管を修理に。
保障期間内だからいいようなものの、某・U◎HAという会社の
修理センター係員も「部品は全部中国製なんですよね~。でも今後は
この傾向は減少すると思います。なんせクレームが多くて・・・」と
ぼやき。でも電気ヒーターが1週間まともに動かないって、どうなのよ。
もう暖かくなったから良いけどさ。

その後、ホームパーティのお客様用のグラスを買いに
ラジパト・ナガルへ。しばらく行かない間に、あちこち一方通行になってて
しかも地下鉄工事箇所も多くて、右往左往。
ようやく納得いく形のグラス↓(お水やジュース用)があったから良いけどさ。
goblet10.jpg
それから日用品のストック補充のため、マルヴィヤ・ナガルへ。
その後、しゃれたディナープレートでも買おうかと思ったら、
昔はMade in Franceと刻印のあったメーカーのものが、言わずもがな 
Made in Chinaに替わっていて買い控え。
お店の人はやたら「マダム、メラミン製のはいかがですか?丈夫だし
電子レンジでも使えますよ」だって。そのメラミンが問題なんだってば。
とりあえずお皿は十分あるから良いけどさ。

で、忘れないうちに最近読んだ本のことなど。
books1-150210.jpg
写真右から:
「City of Djinn :精霊の街・デリー」でも有名なウィリアム・ダルリンプルの
新作。NINE LIVES・・・・・インドのさまざまな職業・カーストの人を
9人取り上げて物語風に仕上げたもの。バウル(語り部)や
伝統舞踊家、ジャイナ教尼僧、チベット仏教僧などなど。
各人へのインタビューをうまくまとめた短編集を読んでいるみたいな感じ。
インドに永く住んでいる人には、ちょっと物足りない内容かもしれないけど
広くインドの概要がわかる本。

中央:Three Cups of Tea
ヒマラヤ登頂に失敗し、さまよってたどり着いたパキスタンの寒村。
そこで築かれた友情をもとに、「学校を建てる」運動を始める
アメリカ人のおはなし。思わず感情移入してしまいました。
彼の活動はもっともっと日の目を見ても良いと思う。個人的にお勧めの一冊。
参照:セントラル・アジア・インスティテュート

左:Scoop Walla
イギリス人ジャーナリストが、インドの新聞社で仕事しながら
綴ったインドでの暮らしぶり。
「外人」ジャーナリストに期待される記事内容と
本人の書きたいことのギャップ・それに対する葛藤など。

これから読む本たち↓
ガンディさんの本はいつも途中で挫折するのだ。今度こそ。
books2-150210.jpg

皆さんは最近どんな本読んでますか??
応援クリック↓ひとつ・ポチッと よろしくお願いします~!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
もひとつ おまけに こちら↓も ポチッ!!

あと1週間なんざますのよ!!
いよいよ来週土曜日は、デリーのゴスペル隊
(AMIGO DELHI)のコンサート!
「ゴスペルのコンサートなのよ~、来てね!」って言ったら
息子と同じ学校に娘を通わせてるアメリカ人ママが
「あら~、あなた、キリスト教徒だったの?」って。
いやいや、あたしゃ仏教徒ですけどね。
仏教系の女子校に5年も通いましたし・・・・・
(ヒンドゥ教徒に言わせると、お釈迦様はヴィシュヌ神の化身
:生まれ変わりだから、あなたも立派なヒンドゥ教徒よ、って。
え~~~と・・・・・そうなのか??)

12月のデリー日本人会忘年会では2曲だけ披露したのですが
今度は全部で13曲も。それも譜面を見ちゃいけないことに
なっているので、いざというときには堂々とクチパクよ。
(目が泳いでいるときは、歌詞を思い出そうとしているとき。
大目に見てちょ。)
大人のクワイア+本格的なバンド、それにキッズクワイアも。

おまけにうちの息子がオーストリア大使館主催の
「モーツァルト子供クワイア」にも入っているもんで
このところクワイアづいています。
flier[1]
デリー在住のみなさま、そしてこの期間デリーに
ご出張やご旅行でいらしてる皆様、
どうぞ2月20日は「インドでゴスペル」をお楽しみください。

・・・・またもやダイエットが間に合わなかったので
思いっきり体系カバー服で出演のワタクシ。おほほほ

応援クリック↓ポチッとよろしくね!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
もひとつ おまけに こちら↓も ポチッ!!
シヴァ神のお祭り
朝6時半ごろ(!!)、パパ友から電話。
「今日は学校あるのかな~??」って。
え~と、何も連絡は入ってませんけど、今日は何の日??

マハー・シヴラートリ かぁ。

ということは、今日の午後はシヴァ神をまつってある
お寺近辺は、混雑するってことですね~。
NH8沿いのでっかいシヴァ神のあるところ↓とか・・・・
nh8-lordshiva-feb10.jpg
シヴラートリは、毎年ヒンドゥ歴のファルグナ月、6日目の夜に
行われるシヴァ神を祀る夜で、移動祭日。
この夜に、シヴァ神が「タンダヴァ」と呼ばれるダンスを踊った日
更に神妃パールヴァティと結婚した日だとされています。
シヴァ神を信ずる人々は、断食をし、フルーツや花・ベルの葉っぱなどを
御神体であるシヴァ・リンガに捧げるのです。

この日断食すると、シヴァ神のご加護が得られるとして
マハーシヴラトリの日には、特に「果物とミルク」を口にしない
(シヴァ神に捧げる特別なものであるので)という信者がほとんどです。

シヴラートリのプージャ(お祀り)をシヴァ神はことのほか喜ぶとされて
いますが、他にも「理想のだんなさま」と信じられるシヴァ神に祈ることにより
既婚女性はご主人の健康と長寿を約束され、独身女性は理想の男性と
めぐり合えると信じられています。

シヴァ神に捧げるプージャのときに、大切なのが「ベールの樹の葉っぱ」
bael-bilwa-feb10.jpg
ベールの実は整腸作用があるとして、アーユルヴェーダでも
昔から利用されていますが、葉っぱをよく見ると
三葉くっついた形が特徴的なんですよね。
この形がシヴァ神の持ち物である「三叉の戟」Trishulaに
似ているとのことで、シヴァ神への捧げものとして使われるんだって。

ヒンドゥの八百万の神様の中でも、信者が多いシヴァ神。
mahashivratri10a.jpg
ガンジス川が天から地上に降りてきたときに、それを
シヴァ神が髪の毛で受け止めた話とか、天地創造の
乳海攪拌(↑右手)の話とか、興味深い話がたくさんの
インドの神様たち。神話と言えど、そこかしこに人間くさいエピソードが
ちりばめられているのが、インドらしい所以かもしれません。

ほほ~、シヴラートリってそういうお祀りかい・って納得?
応援クリック↓ポチッとよろしく~!!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
もひとつおまけに コチラ↓も ポチッ!!
春休みは
・・・・って、休みの心配をする前に
3月前半は息子の「学年末試験」がほぼ毎日あるので
私も担当科目(英語・算数・ドイツ語・環境学習=理科・社会)を
今から勉強して、あれこれ練習問題を作成しなくてはならないんだけど。
こういうときに限って、現実逃避したくもなるってもんです。

考えているのは、春休みの間にどこに行こうかな~ってことばっかり。

さっきAman Resortからメールが来て、フィリピンにあるアマンプロ↓に
目が釘付け。アマン系列のホテルはどこも、ロケーションも雰囲気も最高で
アマンじゃなきゃやだ!っていう「アマン・ジャンキー」な人々がいるのも
頷ける。でもさ、みんなお金持ちだってことだよね・・・・
pulo_beach_club1_hp.jpg
次に行きたいのはGOA。その昔、リーラに泊まって
プライベート・コテージ&プライベートビーチで超豪華なのに
道端でバイクをレンタルして、通り道にあったShakey'sに通っていた私。
根っから貧乏性?? 「シェーキーズ」って青春の響きじゃない?
しかも、ここのシェーキーズにはゴアらしく「海老のフライ」とかあって、
そりゃもう美味しかったんだよ。
(シーフード美味しいと言えば、コヴァラム・ビーチで食べた
イカのバターガーリック風味ってのが忘れられないのです。じゅるる・・・・)

Kochiの町をうろうろするのも好きなので、個人的には
コチ(コーチン)でもいいなぁと思うんだけど。
タージの朝食やら、シーフードがそういえば美味しかったような。
(・・・って、結局食べ物に終始するのか!??)

「海辺」に惹かれる昨今の私。いや、実はシーフードが食べたいだけか?

現実問題として、GOAやKochiまでの航空運賃が結構かさむので
(うまいことキャンペーン料金とか出たら良いけどなぁ。)
結局行き先は、安・近・短のグワリオール↓とかになりそうだなぁ。
gwalior.jpg
いやいや「海辺」に固執するなら、
しかもどうせ飛行機使うなら、タイとかマレーシアって手もあるわね。
結局は子供が楽しめるところ、ってのが優先事項だしね。

春休みに旅行記ブログを作成できるのか?乞うご期待。

応援クリック↓ポチッと お願いしま~~~す!!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
もひとつ ついでに こちらも↓ポチッ!!
アミュレット(お守り)物語
[お守り] ブログ村キーワード

インドでね、
街中を走る車の窓をあけたまま
魚眼レンズをつけたカメラで
どんどこシャッターを切っていくと
相当おもしろい写真が撮れるよ

・・・・って、仲良くなったプロカメラマンが言いました。
実際に彼がインド滞在中に、そんな風に撮った写真を
見せてもらったら、どれもこれも本当に面白かった。

人々の生きる力
目力(めぢから)満開な顔
飾り気のない笑顔
ちょこんと写りこんだ動物たち
道端の露店にたむろす人々

「インドには好奇心丸出しの、人間らしい人がいっぱいなんだね~」
と、なんだかハッピーな気分になったのでした。

これを反転させて考えると、「人間らしい」ってことは
自分の感情に素直だってことにもなり、
「妬み・嫉み」の感情もとてもストレート。
そこで必要になるのが「魔よけ」

たとえば赤ちゃんがあんまり可愛いと、邪念がとりついて
病気になったりするから・・・・と、「可愛く見えすぎないように」
顔に黒い●をつけたり、子供の目の周りに黒いラインを入れたり。
花嫁さんが綺麗すぎると、羨望のまなざしを集めすぎて嫉妬され
結婚生活に支障が出てはいけないと、ここでも花嫁の耳のうしろに
黒丸を描いたりするのです。
つまり何事も「完璧すぎる」のは良くないというわけ。

ラージャスターンの砂漠の民がよく身につけている
銀のペンダントヘッド=アミュレット↓。
原始的なデザインの神様像がついていて、魔よけ+お守りの
役目を果たしています。
amulet10.jpg
インドで、車のうしろに「スリッパ」やら「インド風マハラジャ靴」みたいなのが
吊り下げられているのを見たことがありませんか?
これも、邪悪な魂をもった物にじろじろ見られて、事故になるのを防ぐため。
トラックには「悪い目で見ているお前、お前の口を見てみろ、真っ黒だぞ」って
おまじないのような一言が書いてあるのもよく目にします。
 
先日ご紹介した「ニンブー・ミルチ」も含め
これらの魔よけも、インドらしくて面白い風習ですね。

応援クリック↓ポチッとお願いしま~~す!!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
もひとつオマケにこちらも↓ポチッ!!
誰にも聞けないアノことについて。
[インド旅行] ブログ村キーワード
 
某ガイドブックに「インドはチップがいらない国」と書いてありますが
いいえ!それは間違っています。(キッパリ!!)これが本日の議題。
インドはチップ次第でなんとでもなる国、と思ったほうが良いかもしれません。

でもね、チップって一体いくら渡せば良いの?
これはインドに旅行に来た方からも、インドに駐在などで住んでいる方からも
尋ねられることが多い質問です。
「自分が受けたサービスの対価を、チップとして渡すのが当たり前」な
欧米から来た人々と、「だまっていてもサービスを受けられる日本」で
生まれ育った私たちとでは、その感覚がそもそも違うわけで。
おまけに、旅行中にどのクラスのホテルに泊まって、どんなところで
食事をするかによっても、チップ額には差が出てきますよね。

デリーだとTaj MahalやOberoiやImperialなどを定宿としている
インド人マダムを観察してみてください。車に乗るときに、ドアを
開けてくれるドアマンに100ルピー札をさっと握らせたり、
荷物を運んでもらったらここでも何がしかのチップを渡し。
インド人のハイソサエティだと、欧米人と同じレベル、いや
もっと気前良くチップを渡しているのがわかります。
でも、チャンドニチョウクあたりで人力車に乗った場合には
それこそチップは不要。ただし料金交渉でそれなりの能力と
体力も消耗するってわけです。

インドの中流以上の家庭だと、ほとんどの家で使用人を使っていますが
彼らもお給料以外に、お祭りのときのお小遣いとか、田舎に帰省するときに
雇い主が持たせてくれるお土産とか(出稼ぎに来てるドライバーさんだと
田舎にいる子供たち用の服とか、留守を守る奥さんへのサリーとか)
ちょこちょこと「ボーナス」に匹敵するような収入もあるわけで、
「人を使う」ことに慣れているインド人富裕層は、うまく
飴と鞭を使い分けているのが見て取れます。

で、一番身近な問題は、レストランでのチップだと思うのですが。
最近デリーでは、ホテル以外でもレベルの高いレストランは
チップ込みでの請求をするところが増えてきました。
お勘定(Bill)をもらったら、その中にService Chargeという項目が
あれば、サービス料:チップが含まれているということなのです。
デリーでは10%が普通。たとえば、サービス料込みで475ルピーの場合
500ルピー渡して、おつりの25ルピーもそのままテーブルに置いてきます。
でもね、項目の中にService Taxと書いてある場合には、これは
サービス税のことで、「チップ」ではありませんから、お間違えのないように。

更に7つ星超デラックスホテルなどに泊まると、
さりげなく こんな風に書いてあります。
「当ホテルでは、スタッフ個人へのチップはお受けしておりません。
ご滞在中に心地よいサービスを受けた、とお感じになった場合には
チェックアウトの際に、スタッフ全員あての心づけを封筒に入れて
お残しいただければ幸いです。」って。
これまた判断が難しいところですよね。この場合もやはり10%を
基準に考えます。

チップ=自分が受けたサービスに対する心づけですから
スマートに渡したいものですよね。
聞きたくとも、以外と本当のところはどうなのかわからない
デリーのチップ事情:私の考察をお届けしました。

なるほどね~、と思った? 応援クリック↓ポチッと よろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
もひとつオマケにこちら↓もポチッ!!
デリーのイタリアで博多的会合
[デリームンバイ] ブログ村キーワード

・・・・というわけで、本日はパスポート持参でちょいと
イタリアへ。・・・・え~~~??いきなりイタリア??
いやいや、実は。
博多つながりのお友達、バンガロール在住のミホさんが
ただいまデリー滞在中なので、二人で
デリーの大使館街にあるイタリア文化会館へランチに行ったのです。
二人であれこれシェアして、いろんなイタリアンを食べ
博多弁で喋りたおして(?)きたので、満足満足。
italian080210.jpg
イタリア文化会館↑へは、会員でないと入れないのです。
去年会員カードの期限が切れてから、ずっと放置していたので
これを機会にパスポートを提示して中に入り、再登録。
登録書に「なんのために会員になりたいですか?」って質問があって
毎回「イタリア語をマスターしたいから」と書くワタシ。
とりあえずはイタリア料理のメニューを制覇するため(??)
イタリア文化会館付属のレストランに通うってことで。へへへ

そのうち、本気でイタリア語のクラスに通いたいんだけど・・・・
でも、イタリア語を、自己主張の強いインド人に混じって
はたして習得できるのか???
大いに疑問符だらけな環境であることは否めません。

そう言われてみれば、最近デリーには、いやインド全般でしょうが
美味しいイタリアン・レストランが増えたような気がします。
それも、インドチックでない、まともなイタリアン。
①その先駆者とも言える、GK(グレーターカイラシュ)のDiva
②え~、こんなところに?とびっくりなSundar Nagar(スンダルナガル)のBaci
③Vasant KunjのDLF PromnadeにあるItalia
他にも数え上げればキリがないほどいろんなイタリアンが。

思えば私がインドで、十分な和食材料が手にはいらなくとも
何とかやり過ごしてこれたのは、イタリアンがあったからかも・・・と
今頃実感している次第。

インドでもイタリアン食べられるのね~ と感心した? 応援クリック↓ポチッとね~!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
ついでにこちら↓もポチッ!!

どんだけカラフルやねん、っちゅう話
なんでもカラフルなインド。
おしゃれなバーカウンター↓だって、派手なのよ。
カラフルなカクテルでも頼もうもんなら、目がチカチカ。
colors10-1.jpg
ラージャスターンの女性の普段使いのサリー↓。
絞りのが昔から人気なんだけど、それにしても派手。
このまんま私たちが着ると悲しいかな、「田舎の花嫁さん」に見えるのよ。
子供の浴衣の兵児帯とかに転用したら、可愛いかもね。
colors10-2.jpg
これらサリーを仕立てるには、ペチコートが必要なわけで。
それにあわせて共布で仕立てるブラウスには、裏地も必要よね。
すると、サリー屋さんの近くには、こういうペチコート&ブラウス専用の
布地を扱う店↓があるのです。パントーン見本もびっくりでしょ。
それでも同じ色味がない場合には、あっという間に「染めて」くれますから。
colors10-3.jpg
ブーゲンビリア↓だって、なんとも発色が鮮やか。
これはジョードプルのUmaid Bhavan Palaceのお庭です。
colors10-4.jpg
そして、Fabindiaのテーブルリネン類↓。
朝一番だとこのように整然と並んでいますが・・・・・
午後4時ごろ、一番混雑している時間帯に行くと、ぐしゃぐしゃ。
でも「たたむ専門要員」がいるのよね。
律儀な日本人(私)は、せっせと元通りにたたんで棚に戻すんだけど。
colors10-5.jpg
オールドデリーのリボン屋さん↓。
これまた華やかなリボンがてんこ盛り。
うなぎの寝床みたいなひょろ長い店。
店主は「上がって好きなの選べ」って言うけど
店員さんの数が多くて、人間(じんかん)距離が狭すぎて
勇気いりますから。
colors10-6.jpg
・・・・落ち着いた色のソファー用の布を探しているんですけど
カラフルなのばっかり目に付いて、ち~とも真剣に選べません。
月末までにソファーを張り替えようと思っているんですけど~~~

カラフルさに感激? 応援クリック↓ポチッとよろしくお願いしますぅ~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
もひとつ ついでに こちら↓もポチッ!!
インドアートにチャレンジ!
[NGO] ブログ村キーワード

国土の広いインド。
民芸品の数も多ければ、その土地に根付く芸術もさまざま。
絵が大好きな私は、このPotli Kitsと呼ばれる
「自分で描いてみよう」お絵かきセットがお気に入り。
potliproject-kadam10.jpg
デリーをはじめ、インド国内の主要都市だと、本屋さんで
売られていますから、チェックしてみてね。
Do it yourself Educational Kitと言ったほうが
店員さんに、わかりやすいかもしれません。

モノは何かというと、インド各地の伝統的な絵画を
自分で描いてみるためのキットなんです。
ベンガル州の伝統絵画・パトゥア(PATUA)
ラージャスターン州の伝統絵画・ファド(PHAD)
(この二つ↑はそれぞれの州に息づく「語り部」の絵巻物に使われるの絵の手法)
ビハール州・マドゥバニ
マハーラシュトラ州・ウォルリ
マドゥヤプラデシュ州・ゴンド の各ペインティングに加え
ビーズクラフトセットもあって、全部で6種類展開中。
絵の好きなお友達へのお土産に
お子さんの自由研究の課題に、いかがでしょうか~??

これを作っているのは、NGOのKADAMという団体で
コルカタに本部がありますが、インド各地の伝統絵画や
民芸品などに従事する人々の自立・生活レベル向上を目的のひとつとし
草の根レベルでの活動を展開しています。
KADAMとはヒンディ語で「旅のはじめの一歩」を意味することば。

絵を描く、という集中したひととき。出来はともかくとして、
そんな時間もたまには良いもんですよね。(・・・と自分にも言い聞かせ)

インドの絵、興味ある? 応援クリック↓ポチッとよろしく~~!!!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
もひとつオマケにこちら↓も ポチッ!!



インドの布
[テキスタイル] ブログ村キーワード

インドは手工芸品の宝庫。
伝統工芸の手法を継承する職人さんが減少しているとはいっても
まだまだ他の国に比べると、現役職人さんが多い国。
布ひとつとってみても、その歴史や成り立ちを知れば知るほど
「あれも欲しい・これも欲しい病」にかかりそうです。
その欲求を少なからず満たしてくれるのが、この本↓。
book-soulofindia.jpg
著者・岩立広子さんは、アジアやインドの布が今ほど脚光を浴びる前
1970年ごろからいち早くインドに通い、博物館ピースを集め、カーディ岩立という
ブティックを週末のみ開き・・・・・本当にインドの布好きにとっては
神様みたいな方なのです。ラージャスタンの布めぐりに行くと
かならずあちこちでインド人に「広子を知っているか?」って聞かれます。
「お目にかかったことはないけれど、布好きな人は、みんな知っているよ」
と答えると、尋ねたインド人も、みんなとっても嬉しそう。

で、最近であった素敵なインド布たちをちょこっとご紹介します。
どれも博物館ピースに匹敵するようなもの。目の肥やしになりますよ~

もともとはベンガル州や、おとなりのバングラデシュで有名な「カンタ刺繍」
古くなった木綿を何枚か重ねて、ちくちく模様を刺していき、
残った部分に細かい運針をほどこして、仕上げたもの。
肌触りのよいものは、赤ちゃんのおくるみになったり
毛布代わりに使われたり、と用途もさまざま。
こちらは両面使いのできる見事な逸品(中央の紺のボーダーから下は裏面です)
kanta-jai10.jpg
同じくカンタ刺繍。これも両面刺繍で、特にこのボーダー刺繍が見事な
まさに博物館ピース。とっても欲しかったけど、100万円以上・・・手が出ない。
チロリアンテープのような、細かい刺繍。どんな気持ちで、どんなシチュエーションで
一針、一針縫ったんだろうと創造するのも楽しい。
kanta2-jai10.jpg
次は北インド・パンジャブ地方の伝統刺繍「フールカリ」
絹織物使用が特定の階層の人にしか許されていなかった時代
下地に「絹糸」で刺繍して、シルクの贅沢さを味わったといういわくつきの被物。
花嫁がかぶりものとして利用したりして、代々受け継がれたもの。
phulkari-jai10.jpg
そして、グジャラートやパキスタン側にもたくさん残る刺繍の袋物。
これはレースをはりつけているんじゃなくて、ひとはりずつ丁寧に
細かいボタンホールステッチで刺繍された花模様。
stitches-jai10.jpg
最近は「カーディ」=手紡ぎ、手織り の布がまたまた人気ですが、
カーディものは 南インドや東インドのほうが産出量が多いんですよね。
でもでも、日本で○000円で売られているカーディのハンドタオル
インドじゃ高くても200円ちょっとで買えますから。

実は、リキシャの運転手さんとかがさらっと首に巻いたりしてる薄手タオルや
ルンギ(腰巻)、それもくたびれた具合のが妙に魅力的なのよね。
lungi10.jpg
で、早速ルンギを市場で買ってみました↑。まだ糊がきいててぱりぱり状態ですけど
そのうちいい具合に色あせたら、可愛いかも~~~

インドの布に興味あり? 応援クリック↓ポチッとよろしく~~!!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
ついでにこちら↓も ポチッとな~~!!

台所道具・チャーイ編
[ダージリン] ブログ村キーワード

すっきりさせたかったキッチンを、一瞬で無骨なものに見せる
にっくきコイツ。↓
gasmeter10.jpg
アンタは初期のロボコンですか?とつっこみたくもなる代物。
(初期のロボコンを知ってる人が少ない昨今。トシがばれるっちゅうに。)
へぇ、いつ接続されるのか不明な「都市ガス」のメーターが
なんと、キッチンの中に設置されております。集合メーターとか
もっと見栄えのよいものにできなかったのかなぁ?
この工事が済んでから、半年以上がたっておりますが
いまだ開通の音沙汰はありません。右端のパイプがどこにも
つながっていないのがその証拠。
わ~~い!PNGがやってくるぞ~ と喜んで記事をアップしたのは
かれこれ1年半近く前の話で。

なので、いまだにガスはプロパンを使ってますよ。
え~え~、これもいつの日かサヨナラするつもりで
(キッチンをすっきりさせたいので:しつこい?)
とりあえず、のガスシリンダー置き場だったんですけどね。
propanegas10.jpg
いかん、ガスの話で熱くなってしまいました。

本題は、「チャーイ」を作るお道具の話でした。
その家により、チャーイの作り方や、加える香辛料などは異なるのですが
我が家の冬バージョン:適量の水に生姜とカルダモン、シナモンなどを加え、沸騰させ
           カップ一杯につき、ティースプーン1杯の茶葉を入れ
           沸騰したところで最後にミルクを加えてひと煮立ち
           茶漉しでこして出来上がり
これに、のどの調子が悪い人がいるときには、ムラッティ(リコリス)を加えたり
体が冷えるときには黒胡椒を加えたり・・・・
夏には、あっさりとカルダモンだけで作ることが多いです。
(生姜や胡椒を入れると、体が暖まって熱くてたまらんので。)
そんで、お道具はこちら↓
chai-goods.jpg
左手のが、「オークリー」と呼ばれる香辛料をつぶすもの。
結構な重量があって、これで生姜やカルダモンを ゴンゴン!潰します。
うちの「チャーイ用普段使いの紅茶」は、TATAのPremiumという緑の袋入りのやつ。
お客様のときには、アッサムの茶葉を使ったりもしますが・・・・
それに、常備している「カルダモン(ヒンディ語でイライチ)」と生姜。
この中で一番のお気に入りは、ティーポットの形のスプーンなのよ。
これ一杯で、2.5グラムという理想的な量の茶葉を計れるスプーンで
Mittal Teasのものです。

今一番のお気に入りは、去年のダージリン・グレンバーン茶園の
ファーストフラッシュ。ほかのどれより、香りがよくて美味しかった~
もう少しで今年のファーストフラッシュが入荷の時期。
今年はどこのが美味しいかなぁ・・・・・・

チャーイが飲みたくなった?応援クリック↓ポチッと:どうぞよろしく~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
ついでにこちらも↓ ポチッとね!!



デリー:4年生の授業内容
[教育制度] ブログ村キーワード

あ~、頭が痛い。
明日は4年生の息子の「コンピューター」のテストの日。
最近やっているのは「プログラミング」の基礎。
私もだんなも、「無理やりコンピューターマスター組」なので
コマンド? へ? それ何??? って感じ。

テストの練習問題には図形がいっぱい書いてあり、
「これらの図形を描くための各コマンドは?」って問題が。
そんなん知らんがな。ペンタブで書いたら良かろーもん
・・・・・とも言ってられず、教えるためには自分が理解しなくては
ならないのです。ぴ~~
もうこりゃ、息子が理解していることを祈るしかないだす。
こうやって「親の手に負えない」科目が増えていくのね~

インドとひとくちに言っても、教育は各州のスタンダードがあり
通う学校によって、10年生と12年生のときに受ける試験の種類によっても
カリキュラムは異なるのです。
たとえば、教育メディア(言語)が英語か、ヒンディ語か
はたまたその土地の共通言語を使うか。国立や公立の学校だと
教科書は英語で書いてあっても、教える先生が使う言語はヒンディ語または
インド各地の共通言語であることが多いです。
うちの息子が通う現地校は、English Mediumなんですが
友達同士での会話はヒンディ語が優勢。
なんせテレビのアニメは全部ヒンディ語吹き替えだし
いわゆる「純ヒンディ語:シュッド・ヒンディ」の単語も
いっぱい使っているので、子供同士の会話にもその影響は多分に見られます。

英語の授業では、
長文読解やら、論文やら。論文は「掲題:紹介:展開:結論」と
明快でないと、点数がもらえず、みんなこれで苦労しているもよう。
それが証拠に、本屋さんにいくと 各種のEssay Writing の
参考書がいっぱい並んでますから。

E.V.S (Environmental Studies) というのが 私の好きな科目。
(・・・って、私が好きでも仕方ないんだけどさ。)
これは、身の回りを科学する というか 環境学習全般なので
「理科」「社会」「歴史」「生活習慣」「道徳」がすべて盛り込まれた科目です。
そのEVSの内容は、英語やヒンディ語の論文のテーマと
関連づけられているので、総合的に理解してないとどの科目も
太刀打ちできない方式。

そして、私の大嫌いな 算数
今までは計算が主だったので、ま~~だよかったけど
とうとう幾何が入ってきたので、手も足も出ませんから。
しかも。この算数と前述のコンピューターの課題とが、連係してくるのです。

低学年のときは、図工とか体育とか、ヨーガとか、あれこれ
楽しい授業がいっぱいだったのに、シニアスクール(6年生以上)への
移行が近くなってくると、がちがちお勉強らしい科目だらけになってきました。
更に外国語も4年生から加わっているし。

先生が言ってましたっけ
低学年の間は、「記憶力」がいい子が成績が良いけど
高学年になると、「自分で答えを導き出せる子」「答えの出せる引き出しが多い子」が
どんどん伸びるんだって。
あたしの「引き出し」はもう、許容量を超えてますから~~

ほ~、インドの教育って、そんな感じなの~ と感心した?
応援クリック↓ポチッとお願いしま~す。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
もひとつオマケに こちら↓も ポチッ!!

TopAdmin