□  2010.01 □  12≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫02
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
ティース・ジャニュヤリ(1月30日)
[ガンジー] ブログ村キーワード

मोहनदास करमचंद गाँधी
今日の新聞にたくさんガンディさんの写真が載っているのは何故?
・・・と思ったかた。
1948年の今日、1月30日はモハンダス・カラムチャンド・ガンディさんが
デリーのビルラ・バヴァンで日課の夕方の散歩をしている際に
極右派によって暗殺された日なのです。
デリーにティース・ジャニュヤリ・マルグという通りがあり
(クラリッジホテルの左手先、モティラル・ネルー・プレイスから伸びる通り)
その通り沿いにガンディ・スムリティ博物館があります。

え~?ガンディさんの名前って、「マハトマ・ガンディ」だと思ってた!??
マハートマは「偉大なる魂」という意味で、尊敬の念が籠められた名前。
かの「ラヴィンドラナート・タゴール」が最初にガンディさんのことを
こう呼んだと言われています。
(ラヴィンドラナート・タゴールの著作については過去記事で。)
我が家の息子(小学4年生)の英語のテキストに、ガンディさんの
幼少期のエピソードが掲載されているので、私もつい最近
一緒に試験勉強した訳ですよ。あははは!!

彼の残した功績はあまりに偉大で、語りつくせないのですが
青年時代から暗殺されるまでのことは「歴史映画」Gandhiで
ベン・キングスレーが圧巻の演技を見せています。
gandhi-dvd.jpg
この映画、歴史好きにはたまらないかも。
1982年のアカデミー賞受賞作品でもあるんですよ。
周りの要人役の人も、本物そっくりの人がうまく選ばれているので
まだ観てない方は、この機会にぜひ!!

そのガンディさんの記念碑(サマディ)が
デリーにある「ラージ・ガート」というわけで
デリーを訪れる国賓級の人々や、各国要人は
まずはここを表敬訪問することになっています。
(共和国記念日あとのラージ・ガート↓)
rajghat1.jpg
一気に春らしい太陽が顔をのぞかせるようになったデリー。
日本への本帰国が決まった駐在の方も多いこの時期。
デリーを離れる前に、ガンディさんの記念碑:ラージ・ガートや
ガンディ博物館もぜひぜひ、訪問先リストに入れといてくださいね!
rajghat2.jpg
お子さんたちも、高校生になったころ世界史の時間で
インドの歴史を習うときに
「あ~~~、これ見た!ここ行った!!」 って
きっと心の琴線に響く時期が来ると思います。

応援クリック↓ポチッとお願いしま~す。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
ついでにこっちのも↓ポチッ!!
スポンサーサイト
デリー:とっておきのケーキ屋さん
[デリームンバイ] ブログ村キーワード

共和国記念日のライトアップ紹介のブログに
「お誕生日はRed Moon Bakeryのケーキをたらふく食べる!」と
宣言していた私ですが。

そのお気に入りのケーキ屋さんはSarita Vihar(サリタ・ヴィハール)に
あるのです。そう、オクラ工業団地の更にヤムナ川寄り
インドラプラスタ・アポロ・ホスピタルの先ですよ。

え~~~~!!!???そんな遠くまで、わざわざケーキ買いに
行かないわよ~ってマダム、ちょいとお待ちなせぇ。
なんと、このケーキ屋さん、「宅配」してくれるんざますのよ。

注文品には注文者の名前つきで、赤い可愛い不織布のバッグ入り↓で
ケーキやら、ベーグルやら、バゲットやら、ケーキ材料やら
あれこれが届くのです。嬉しいじゃ~ありませんか!
redmoonbakery-1.jpg
赤いバッグの中には、これまた艶々の赤いケーキ箱↓が入っていて
バゲットなどはシャラシャラの可愛い紙袋に入っています。
季節によって、ちょこっとしたオマケが付くこともあり
このときは、ジンジャークッキーがオマケでした。
redmoonbakery-2.jpg
頼んだのはマスカルポーネ・チーズケーキ。↓
まったりとして、そりゃ~そりゃ~美味しかったです。
redmoonbakery-3.jpg
そのRed Moon Bakeryのホームページはこちら(青字をクリックしてね)

カナダ人とアメリカ人のご夫婦2組が経営者。
400ルピー以上の注文で、自宅配達してくれます。
デリーとグルガオン全域に配達可能ですが、場所により配達曜日が
決まっているので確認してくださいね~
ヴァサント・ヴィハールは水曜日と日曜日。グルガオンは木曜日ってな具合。
インドで普通に美味しいケーキやパンが「宅配」してもらえるありがたさよ。

特別な日や、お客様の日、自分で作るのが面倒な日にいかが?
(つ~て、あたしゃサクラでも何でもありませんよ)
私は、あさって「フレッシュ・フルーツ・ケーキ」が届くのを
首をながぁぁぁ~~~~くして待っているところです。

ケーキが食べたくなった?? 応援クリック↓ポチッと よろしくね~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

もひとつおまけにこちら↓も ポチッ!!



追記:
先日ご案内させていただいた 
デリー日本人会さくら会 ボランティアサークル主催の
「国立博物館」めぐりは、おかげさまでほぼ定員に達しました。
みなさま、博物館でお目にかかりましょうね~~
2010.01.29(Fri)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
庶民の魔よけ
[インド人] ブログ村キーワード

ようやく冬は去りつつある・・・って感じ。
そろそろ道端の焼き芋屋台も姿を消し、ラスペリ売りが多くなってきます。
先日のローリーの焚き火では、こっそりとアルミホイルにくるんで
サツマイモを焼いていた↓私。あははは!!
sweetpotato_20100128180654.jpg
で、先日行ったジャイプルまでの往復では
こんな一面の菜の花畑が延々と続いていました。
レモンイエロー=春到来 な北インドの今日この頃。
rapeflowers.jpg
レモン:ニンブーーと言えば。
お店の軒先、オートリキシャや車の後ろ、バルコニーのグリル部分などに
こんなの↓が下がってますよね。
nimbumirchi1.jpg
「悪い物が侵入しないよう」につける魔除けなんですけど
レモン+ハリミルチ(緑の唐辛子)そして、黒いもの(炭など)が
セットになっています。
いずれも悪霊:悪魔:妬み嫉みの心を持っているものが見たときに 
レモン:酸っぱくて うひゃ~ と嫌がり
ハリミルチ:ぴりぴり辛くて ぎょえ~ と嫌がり
炭:真っ黒に汚れて いや~~ん と退散していく、というもの。

生ものだと長持ちしないので、外国に住んでいるインド人への
贈り物として、受けるのがコチラ↓
金メッキ・銀メッキで仕上げてある「ニンブー・ミルチ魔よけ」550ルピー
nimbumirchi2.jpg
でもさぁ、↑これ
オリジナルはロンドンの銀製品の老舗Frazers & Hawsで売ってるやつで、
(かのヴィクトリア女王やマリーアントワネットがひいきにしていたブランド)
6100ルピー:約12,000円の商品の、まんまパクリなんだよね~・・・・・・
いいのかなぁ??
家でつけるなら、やっぱり F&Hの きらきら光る本物が欲しいなぁ。

魔よけについては、まだまだ語りたいことがあり。続きは後日ってことで。

応援クリック↓ ひとつよろしくお願いします~ ポチッとね!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
もひとつおまけに こちらも↓ポチッ!!
ジャイプルで買ったもの!
[インド産] ブログ村キーワード

ジャイプルからデリーに戻って来ました!
ジャイプル・・・・日中は汗ばむほどの陽気でした。
セーターとかババシャツばっかり持っていってたので
途中でAnokhiのセールラックから、クルティを調達。あはは!!

仕事中はこんな↓問屋さんのラックから、掘り出し物を探すべく奮闘。
アンティクサリーのボーダー部分やら、古いカンタ刺繍のベッドカバーやら
新旧とりまぜブロックプリントやら・・・・砂かけババァ状態になっとりました。
wholesale-cloth.jpg
バンジャラと呼ばれる、「お宝袋」もこんなに!↓
これは持参金を入れたり、貴重品を入れておくための袋だったのです。
ほどいて、クッションに作り変えたりするのも可能。
布もの好きな方にはたまらないですよね!
banjala.jpg
私は、お気に入りのブティックで、今年の「財布」と
「デジカメケース」をゲット!
フランス人ジュエリーデザイナーのセレクトショップ Hot Pinkにて。
この象さんがお店のトレードマークなんだけど、ピンクのポーチを
もっているので、今回はシルバーのをデジカメ入れに。
ゴールドの型押し財布は、お金が貯まりそうなので・・・・うへへ
hotpink-purse-sv10.jpg
それから、白いモラ刺繍みたいなベッドカバー↓を夏用に。
余分に買ってきたので、日本へのお土産にしようと思います。
white-bedcover.jpg
そのほかにも、スリッパ代わりのマハラニ・チャッパルなどなど・・・・
デリーで買うよりあきらかに安いのよね。
(ガソリン代使ってるから、結局一緒だっていう話もあるが。はは!)


布もの大好き!って方は 応援クリック↓ポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつ ついでに こちらも↓ポチッ!!
ライトアップを見に行こうよ
[インド] ブログ村キーワード

みなさ~~ん!1月26日はインドの「共和国記念日」だって
ご存知でしたか?1950年1月26日、インドが英国統治から
「共和国」となったのを祝って、この日はRepublic Dayとなっていて
国民の祝日となっています。(インド国家としての独立は1947年ですが
インド憲法が施行されたのが1950年だったのです。)

1月26日は朝から、パレードが行われ、テレビ中継もあるんですよ~
今年の主賓は大韓民国の大統領。昨年はカザフスタンの大統領
その前年2008年はフランスのサルコジ大統領でした。
(そろそろ日本の首相も主賓の順番にならないかなぁ??)
パレードはライスィナの丘(大統領官邸があるあたり)から始まり
ラジ・パトゥの客席の前を通り、インド門からレッドフォートまで
続きます。
戦闘機が飛んだり、戦車が登場したり、各州の軍隊や国境警備隊が
パレードしたりと軍事色も強いのですが、各州のフロートは
見ごたえがあります。それに花を添えるのは女学生のダンスや
ユニフォーム・コープの行進など。
え、ワタシの楽しみですか?シャキーンとかっこいいスィクの軍隊と
騎馬兵が出てくる国境警備隊(Border Security Force)
それから、ラクダで登場するラージャスターンの軍隊を見ること。

そして、毎年の楽しみは共和国記念日前後の
「大統領官邸のライトアップ」見物。
↓こちらは大統領官邸のてっぺん部分
rd-lightup10a.jpg
ラジ・パトゥ通りはこんな感じで、ライトアップ見物の
人々でにぎわっています。↓
rd-lightup10b.jpg
大統領官邸の中って、いったいどうなってるんだろうなぁ?
見てみたいなぁ・・・と思う方は
FANAAという映画(アーミル・カーンとカジョールが出ています)で
Des Rangilaという歌で、盲目の女性役のカジョールが
カシミールの女性たちとダンスを踊る場面で
大統領官邸が使われていますから、ぜひ見てみてくださいね。

そんで、共和国記念日は私の誕生日でもあり、毎年
パレードでインド国民全員にお祝いしてもらっているようで
大満足な日を過ごせるのです。
今年はRed Moon Bakeryのお気に入りのケーキをたらふく食べる予定。
このベーカリーについてはまた後日ね。

共和国記念日ついでに(?)、応援クリック↓ポチッとよろしくお願いします~~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつオマケにこちら↓もポチッ!!

ジャイプルにいます
昨日、デリーを出発したときには「濃霧」でした。
その後グルガオンも真っ白、その先のマネサルも真っ白
大丈夫かいな~???と思いつつ、ニームラナを通過。
ニームラナあたりから、薄雲のむこうに太陽があるのが見えはじめ
ジャイプルは・・・・・青空!
(今回の滞在先のホテルから見上げたジャイプルの空!↓)
jaipur10.jpg
ババシャツ+シャツ+ジャケット+マフラー+コート
という ぶんぶくれ な格好で出発いたしましたが
太陽が出てくると、一枚脱ぎ、また一枚脱ぎ
「北風と太陽」のお話をを実践したみたいな一日でした。

道中見えるのは、一面の菜の花畑。
今が一番、菜の花が綺麗な季節です。
(デリーの街中にいると、さっぱり実感沸きませんけどね。)
菜の花、なんのために植えてあるの?って??
休耕田を利用して、「菜種油」を取るためなんですよ~
または「芥子菜」(マスタードオイル用・マスタード用)だったりで
用途はさまざま。

到着後は布ものの問屋さんで掘り出し物発掘作業。
ただでさえ埃が多いところへ、布からの埃やら
搬入時までについた砂塵やらで、鼻がフガフガになり・・・・
(こういう日、帰って顔を洗うと、鼻の穴は真っ黒。
タオルについた自分の鼻の穴の汚れを見て、愕然としつつも
あ~~~、仕事したなぁと??実感するひとときでもあります。)
jaipur10a.jpg
さて、今日もまたローカルマーケットが開いたと同時に出動。
ジャイプルの新たな側面との出会いを念じつつ・・・・・・

ジャイプルに行ってみたいよ~って方は 応援クリック↓ポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつおまけにコチラも↓ポチッ!



インド・道端フードシリーズ カティ・ロール
[インドの旅] ブログ村キーワード

わざわざここ↓の「カティ・ロール」を食べに
車で出動する我が家。(すんません、写真撮る前に一口かじっちゃいました。)
カティ・ロール=薄~~~く焼いたロティに
でっかい鉄板の上で、卵を片面に焼きつけ、色んな具を巻き巻きしたもの。
各地にいろんなバージョンがありますが、ベンガル風のが我が家のお気に入り。
↓これはダブルエッグ(卵2個使い)で、野菜の千切りも入っています。
gopaldada2.jpg
カティロールの中でもおいしいのは、ベンガル出身者が多く住む
チットランジャン・パークのマーケットにある立ち食いコーナー
(あ、ワタシの主観がかなり入っています。あしからず。)
同じようなお店がたくさんある中、ここはいつも常連さんでにぎわってます。
熱々の焼きたてを、はふはふ 食べるのが最高!
ゴパル・カティ・ロールという屋台ですが、ゴパルダダ(ベンガル語で
お兄さんのことを「ダダ」と言います)が作ってくれるのが一番おいしい。
gopaldada1.jpg
だんなのお気に入りは、魚の一口フライ。
これも、すぐ隣にある魚マーケットの新鮮な素材を使ってるので、おいしいの。
gopaldada3.jpg
おなかがいっぱいになったら、今度はベンガル菓子の店へGO!
アリストクラットという店で、ベンガル語が飛び交う中
「ミシュティ・ドイくださ~い」と数少ないベンガル語の語彙を駆使して
控えめに(?)注文し、お目当てのものをゲット!
ミシュティ=SWEET ドイ=YOGURT 
これ↓が素焼きの容器に入ってて、なんとも甘酸っぱくて美味しいのです。
mishtidoi.jpg
さらに、ミルクたっぷりのチャーイで本日のフルコースのしめくくり。
後ろにある看板の文字が、ベンガル語ってのがまた
ここはどこ?な不思議な空気感を醸し出しているでしょ。
crpark-chai.jpg

食べてみたいよ!ってかたは、応援クリック↓ポチッとね!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつおまけにこちらも↓ポチッ!!


P.S.ただいま濃霧の中、ジャイプルへ向かって移動中!
春はひたひたと
[インド旅行] ブログ村キーワード

今朝のデリーはこんな↓でした!

「インド=常夏」と思っている人も多いでしょうが!!!!!
そこは国土の広いインドのこと、一概には言えず
緯度的には奄美大島と同じというデリーも
内陸で大陸性気候なので、冬の冷え込みは厳しいのです!

foggymorning-jan10.jpg
おまけに床が大理石だし、
寒い時期が短いからと、家が「冬仕様」になっていないため
冬場は足元からしんしん・・・・と冷えます!
例年だと、ちょうどお正月のころに霧が発生し
それでもせいぜい1月7日くらいまでには、霧の時期が終わる・・・・・・のに!
今年は20日過ぎてもま~~~だ濃い霧が発生しています。

でもね、昨日「インドの立春」にあたるバサント・パンチャミの日に
とある日本のブティックからの買い付けのお客様と一緒に
あちこちのマーケットを徘徊(?)していて、こんな光景↓に遭遇。
バサント・パンチャミの色は「レモン・イエロー」だと先日の記事で
ご紹介したところへタイムリーなデコレーション!!
goodearth-bp1.jpg
いつもはオレンジ系のマリーゴールドが多いのに、この日は
「レモンイエロー」のマリーゴールドで飾られていました。
あぁ、春ももうすぐだなぁと実感したわけで。
こんな小憎い演出をするのは、かのGood Earthですよ。
入り口付近には、黄色いマリーゴールドが転写されたマグカップが
いっぱい並べられておりました。
goodearth-bp2.jpg
デリーでの「掘り出し物」を探す日々はひと段落し、
明日からはクライアントさんと一緒に、ラージャスターンへと
行ってきま~す。デリーに戻ってくるころには、霧のシーズンが終わってるかなぁ?

応援クリック ↓ポチッと よろしく!!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつオマケにこちらも↓ポチッ!


バサント・パンチャミ☆春の訪れを祝う
[インド情報] ブログ村キーワード

明日はバサント・パンチャミというお祭りの日。
移動祭日で、毎年マグ月(1月か2月)の五日目(パンチャミ)の日が
これにあたるのです。
バサント(ヴァサント)は、「春」のこと。
(つまり、邦人が多く住むヴァサント・ヴィハール=「春の町」
日本人学校があるヴァサント・クンジ=「春の井戸・水場」って意味なんです。)

この日は「春の第一日目」とされていて、ヒンドゥ教徒は
サラスワティ女神様をまつって、プージャ(お祈り)を行います。
サラスワティ女神さまは、「知識」「音楽」「芸術」の神様。
この日、新しい習い事を始めるとよいとされていて、子供たちは
昔はバサント・パンチャミの日に習い事を始めていたそうです。
新しいノートや鉛筆が女神像の足元にささげられ、プージャの後、子供たちに
配られたりもします。

バサント・パンチャミ祭りのテーマカラーは「黄色」
(かぼちゃ色の黄色じゃなくて、レモン色のほうね。)
なので、黄色い色を着る人も多く、サラスワティ女神様の像にも
新しい黄色い服が贈られ、この日に食べるお菓子類も
黄色いものがよいとされています。
saraswati2010.jpg
サラスワティ女神様は、ブランマ神の伴侶で、
蓮の花に座り、白鳥にをしたがえ、純白のサリー(純粋な証)をまとって
4本の手はそれぞれ学びに必要な
「正しい心」「知識」「注意力」「自我」を表しているということです。

で、なつかしい過去記事をいっちょ。
息子が幼稚園に通ってたころの、バサント・パンチャミ弁当はコチラ
育ち盛りの息子、もりもり食べるので、こんな可愛いお弁当で
間に合ってたころが懐かしい・・・・

黄色い服で「バサント・パンチャミ祭り」へ行く?応援クリック↓ポチッとね!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

もひとつオマケにこちらもポチッ!










博物館へ行こう!&写真大賞
インドのこと、知ってる限りいろいろとご案内したい!と常々思っています。

デリー日本人会さくら会(婦人部の名称が正式に「さくら会」となりました)の
ボランティア・サークル主催の「博物館」をみる会を
今年も担当させていただくことになりました。
今までにクラフト・ミュージアムや
国立博物館のご案内(前回の様子はコチラ)や
「インドを知ろう」「インド・ここだけは見ておこう」などのお話会を
実施させていただいてきましたが、今度はリクエストの多かった
国立博物館をふたたび。

2月18日(木)午前の部 10時~12時
       午後の部 13時~15時 各回25名限定で

インダス文明~仏教・ジャイナ教展示物~細密画~テキスタイルを
中心に、一緒に見て回りませんか?
一般募集要項については
18日(月)・本日から日本人会室、やまとや、日本人学校に掲示されますので
チラシを読んで、専用メールアドレスにお申し込みください。(先着順)
ご参加費用はボランティア基金となり、支援団体へと寄付されます。

あたしゃ~専門ガイドでも、学芸員でもないのでパーフェクトにはいきませんが
楽しく、そしてインドの歴史背景や宗教などをわかりやすく解説しながら
ご案内する予定です。(たまに博多弁も混じるかも。)

************************************

そして~!!昨年末にみなさんに投票していただいた
青蓮写真大賞
ですが。
一番人気はエントリーNo.5↓の「夕暮れ時のジャイプル・シティパレス」でした。
jai-citypalace-dawn.jpg
投票してくださった ちずちずちゃん、Jenniferさん、suryaさんには
インドものをお届けします。suryaさん、鍵コメで連絡くださいね~

************************************

国立博物館、興味津々なかたは 応援クリック↓ポチッとよろしく!
デリーでも、いちごが出回りはじめたので、可愛くイチゴ模様で。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつオマケにこちらも↓ポチッ!!
夜霧の~♪坊主頭~♪
昨日の日食、ごらんになりましたか?
南インドではくっきり見えたらしいですよ~
デリーは日中ぱぁ~~っと太陽が顔を出し、その後ちょっと
うすぐもりになったので、あんまりはっきりわかんなかったけど
ちゃんと観測用メガネを準備して、公園で日食観測してる人もいました。
今日も太陽が顔を出してるので、それ~~~!!っと洗濯機を回しています。

で、ゆうべ。
「ムンダン・セレモニー後のカクテル・パーティ」なるものに
参列しておりました。
mundan-jan10a.jpg

「ムンダン」とは、ヒンドゥ教徒の剃髪式のことですが
詳細はこちら⇒インド・子供の剃髪式

19時からといわれていたんだけど、どうせ遅れて始まるからと
20時過ぎに会場に到着・・・・それでも当事者家族以外は
まだ出揃っておらず。しかも会場は屋外だったのよ~
そんなことだろうと、ババシャツにニットにマフラーぐるぐる巻き
さらにコートを着ていたので、大丈夫だったけど、
主役の子供のママやおばあちゃんたちはサリー+ショールだけで
寒くないのかね~??と心配になったりして。
会場各所に炭火がおこしてあるので、暖はとれるんだけど、それでもねぇ・・・・
子供たちは走り回って遊んで、「汗だらだら」かいてました。

前菜・スナック類が配られたあとは、あったかいスープが出て
その後「ケーキカット!!」~お食事
mundan-jan10.jpg
ど~です!?見事に剃られた頭が夜霧に浮かび上がって神々しい?
実はこの日はムンダン息子のパパ・ママの結婚記念日でもあり
彼らの結婚式(3年前)の日もめ~~~っちゃ寒かったので、
集まったみんなで「あのときも寒かったよね~」と思い出話に花がさき。

いい具合にお酒がはいって、ち~と酔っ払ったインド人おじちゃんたちが
「青蓮~~、今度はでっかい川魚をプレゼントするよ~
うちの近所で売ってるんだけど、でっかいのは12キロくらいだよ~」
「イノシシ猟につれてってあげるよ。ところで、銃、撃てる?」
・・・・・・・・・

え~と、どっちかっていうとあたし、海の近くで育ったので
川魚は食べないなぁ・・・
それよか、イノシシ猟のほうが興味あるかなぁ・・・・

マルコメ坊やみたいで可愛いね~ と思った方は 応援クリック↓ポチッとね!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつおまけにこちらも↓ポチッ!

発掘!「ローカル・レストラン」特集
[インド料理] ブログ村キーワード

コイツの記事は、食べもの関係の確立が高いな・・・・と
思っていらっしゃる方々。すみません、その通りです。
うちの夫婦の共通の趣味(?)は食べることなもんで。

今日はインド人に人気の菜食レストランをばひとつご紹介。
場所は「パンジャビ(北インド出身者)」の多いコロニー
マルヴィヤ・ナガル地区。
デリーには、1947年インドとパキスタンが分離・独立した際に
パキスタン側から逃れてきた、パンジャビのヒンドゥ教徒や
スィク教徒たちが、小さな家を割り当てられた地区が各所にあり
そのうちのひとつがマルヴィヤ・ナガルなのです。
(つまり、ラジパト・ナガルなどと同じく、パンジャビ色が
濃いマーケットがある地区)

そのマーケットの中央あたりに、老舗のお菓子屋さん
Motiというのがありまして。我が家は外にある立ち食いカウンターで
「ゴールガッパ」を食べたり、「パオバジ」を食べたりすることが
多いんですが、たまには座って食べよう・・・ってときには
店の左手奥にある、ちっちゃなレストランコーナーへと突進!!

↓アムリッツァリ・ナーンと豆カレーのセット。65ルピー
moti-amritsarinaan.jpg
↓タンドゥリ・パニールと野菜 65ルピー
moti-tandooripaneer.jpg
そのほかにも、野菜主体のメニューがいっぱいあって、中華もどき(?)の
焼きそばやチャーハンもあります。
南インド料理だってあるのよ~。
↓プレーン・ドーサ 55ルピー
moti-plaindosa.jpg
いつも人気で、お昼時には行列ができてますが、インド人の昼食時間(14時ごろ)を
はずせば、なんとか席はゲットできますよ。
サービスも手早くて、お味も合格。
ま、混んでいるので長居はできないけど、ちょっと美味しいインドものを
食べたいなってときには、便利な店です。

一緒に連れてってよ~ってかた、お声をかけてね。
ちなみに、Moti(モティ)ってのはヒンディ語で「真珠」のこと。
Mothi:太っている と間違えないでね~~!!

太ってもいいから、インド料理食べたいよって方、↓ポチッと応援よろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
おまけにこちらも ポチッとな!


コラプリ・チャッパル(インドのサンダル)
[インド産] ブログ村キーワード

チャッパルってのが「サンダル」のことだっていうのは
ご存知の方が多いと思うんですが
「コラプリ・チャッパル」といわれてピンと来た方はかなりのインド靴好き??

Kolhapuri Chappalは、もともとはマハーラシュトラ州のコラプルという
町で作られていた皮製の履物で、手作りならではの頑丈さが売り物なのです。
世界各国のファッション界で「インドの手作りもの」が注目される昨今
インド人も自国のハンドクラフトの素晴らしさを再認識したというわけで
「手紡ぎ綿のクルタ」(手紡ぎ綿:カーディ製のインド服)
「肩掛けバッグ↓」(Jhola:ジョーラ・バッグと呼ばれる、ヒッピーバッグのようなの)
「インド靴↓」(Mojdi:モジリ)
jhola-mojdi.jpg
と並んで、インド伝統服飾品のルネッサンス(!?)を推進中のサンダルが
コラプリ・チャッパルというわけ。

私の靴箱にも、各色入っておりますが(金色は二足目、メタリックの
ピンクとスカイブルーはヘビーローテーション中。)
一番新しいのは、こちらの生成り革製。
kolhapuri-chappal1.jpg
じっくりアップでご覧いただくと、その手仕事の丁寧さにびっくりですよ。
町で売ってる安いのは、接着剤で表と靴底のゴムとが貼り付けてあるんだけど
本物は、皮を重ねて、更に極細の皮ひもで「縫って」あるんです。
縫い目や皮ひもの結び目が足にあたらないように、金槌でごんごん
たたいて、平らにしてあるし、鼻緒部分は細~~~い三つ編みで
これも均等に綺麗に編んであるの。
kolhapuri-chappal2.jpg
こんな手仕事満載のサンダルが300ルピーくらい(600円)で手に入るとは
なんとありがたいことでしょう。

原材料となる水牛の皮の価格が値上がりして、この仕事から
撤退する家族も増えていて、その技術を持った人も少なくなりつつあるそうで
Fabindiaなどでは、職人さん支援の一環として、コラプリ・チャッパルを
定番商品として売っているんです。
寒いとサンダルなんて履かないわよ~・・・って方も多いでしょうが
私は足指つきソックスをはいて、部屋履きチャッパルにしてますよ~

早くチャッパルだけでうろうろできる季節にならんかなぁ??
(寒いと文句言い、暑いとまたぐだぐだ言い、困ったもんだね)

コラプリチャッパルに興味津々?応援クリック↓ポチッとね!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつオマケにこちら↓もポチッ!!!






寒さのため休校
[現地校] ブログ村キーワード

ゆうべ10時過ぎになにやら携帯メール受信の音。
お布団に入ってぬくぬくでまさに寝入ろうとしていたときだったので
私が無視していたら、だんなの携帯にもSMSの受信音。
「明日と明後日、寒さのため学校は休みだってよ~」

がび~~~ん

実は息子の通う現地校
1月4日に新学期が始まったのですが、例年年明けに
「寒さのため、冬休みを1週間延長します」って言ってくるので、
たかをくくって(?)自主休校を決め込み、1月7日に日本から戻ってきた所。
そ~したらまぁ、年末もまじめに(?)12月24日まで授業してたのに
(我が家はこれも、「どうせ早めに休みになる」と決めこんで
12月22日に日本へ旅立ったのでした・・・・)
1月4日からきっちり授業が再開されてるじゃ~ありませんか。も~、びっくり!!
約1週間のお休み分の授業ノートを、せっせと書き写させていた矢先の休校。

デリー全体の学校が、同じように今日・明日と休校措置をとるように
政府命令が出ていますが、私立校の中には「新型インフルの休校で
すでに授業時間が足りないから、休校措置はとりたくない」と
反発しているところも多いようです。
ま~ね~、学校には「冷房」も「暖房」もないし、この寒さで風邪が
蔓延するのも、インフルエンザのOutbreakも困るしね。

流石に我が家の前の公園にも、午前中は子供の姿はなし。
夕方4時半ごろから日暮れまで、連日30人くらいのご近所の子供たちが
わらわらと集まってくる公園なんですけど。
(公園に顔を出さないと、次から次にいろんな子供がピンポ~ンと
玄関のベルを鳴らし、「あ~そ~ぼ!!」って誘いに来るところが
昔の日本の下町みたいでしょ)
お母さんたちも子供が遊んでいる間、まわりの歩道をぐるぐる
ウォーキングしてる人もいるし、井戸端会議に余念ないママたちもいるし
我が家はバルコニーからときどき、危ないことしていないかどうか
チェックしつつ・・・・

私も寒い寒いと言ってないで、ウォーキングでもして身を引き締めねばな~
ババシャツ着て、背中丸めてる場合じゃないぞ~
暖かくなって、薄着になったとたんに後悔することになるぞ~

↓関係ないけど、福岡の天神地下街・初売りの混雑。
サマンサ・タバサは入場制限ありの大賑わいだったよ。
不景気とかいいながら、日本人はお金持ってるぞ~と実感した日。
若者のフトコロは寒くないのね?
newyearsale10.jpg

応援クリック↓ポチッと、よろしくね~!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひととおまけにこっちもポチッ!!
洗濯物が
[インド情報] ブログ村キーワード

・・・・・乾きません!!

本当は太陽にあてて、すっきり乾かしたいんだけど
なかなか太陽が顔を出してくれない昨今のデリー。
仕方ないので、ヒーターをつけて、部屋干しです。
乾いてもなんだか「ひ~んやり」した肌触りなので、
だんなや息子の下着はアイロンでほんわか乾かす羽目に。
え?お手伝いさんが洗濯しないのかって?

あれはかれこれ9年前。息子がまだオムツを使っていたころ。
お手伝いさんの洗濯具合が気に入らなくて、
(真っ白に、パ~ン!と洗い上げてほしかったのに
な~んか仕上がりが「ずず黒い」・・・・ま、デリーの水質の問題も
多分にあるんですけどね。)
それ以来、洗濯は自分でせっせと納得いくまで(?)洗っております。

でもさ、デリーでどんなに真っ白!に洗っているつもりでも、日本に持っていくと
Tシャツも下着も、色がうすら汚い。悲しいのぉ・・・・・
が!白い服が大好きなもんで、ついつい懲りもせずまた買ってしまうのでした。
そ~したら、愛読誌Preciousの先月号で「冬の白」!特集やってて
一人でにんまり。手持ちの服で「なんちゃってプレシャス・コーディネート」ができそうです。
(なんちゃって、なところがミソね。雑誌に載ってる本物は、高くて手がでませんから。)

そんでもってデリーで買う洗濯洗剤なんですけど。
Surf Excel Quick Washというのを使っています。インドの硬水にもOKなやつ。
でも、同じメーカーでもSurf Excel Blueはいただけません。青い粉なんだけど
白いものがだんだんうすら汚れてくるような気がします。
一番好きなのは日本のボールドなんだけどね。・・・・いつも葛藤の末
日本の洗剤よりも、「食材」を優先する私です。

太陽、でてこ~~~い!!!

応援クリック ↓ポチッとよろしく!洗濯物がかわきますように。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつオマケにこちらも↓ポチッ!!



デリーのお天気・予言します
[ニューデリー] ブログ村キーワード

な~んて、断言しちゃっていいのか~? って思っていらっしゃるアナタ!

インド人のじぃちゃん・ばぁちゃんたちが
きっぱりと「1月13日を過ぎると、寒さが緩む」
って断言するのを聞いて
私も最初は半信半疑だったんですよぉ。

でも・・・・・どうやら北インド、特にデリーやハリヤナ州・パンジャブ州の
あたりではそれが通説となっているんですよね。
「ローリーのお祭りのあとは、寒さがゆるんで春に近づいて行く」んだって。
北インドでローリー祭のころ、南では「ポンガル」というお祭りが
行われているのです。

え、ローリーって一体何するお祭りなのよ???? って方は
過去記事(青い文字)をクリックしてくださいな。
その1:焚き火祭りは「実りを確約」
その2:炎も踊る
その3:冬の行事の数々

うそみた~い!って思うでしょうけど、この時期を境に
春らしい野菜がどっと出回り、樹も一斉に芽吹きはじめ
花の種類も増えるのです。ほんとびっくりするよ。
それ以外にも、「太陰暦」で決められているお祭りと
季節とがぴったりマッチしていることが多くて、インドに住んでみると
改めて太陰暦の合理性(?)に気づくのです。
・・・・ってわけで、北インドの寒さに震えているみなさん
あと4日の辛抱ですから・・・・!!
さて、予言は当たるでしょうか??

予言があたる!と応援して下さる方は↓ポチッとクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
こっちもオマケによろしく ポチッ!!
ただいま・デリー!!
[デリームンバイ] ブログ村キーワード
newyear-greeting10.jpg
夕べのSQ(シンガポール航空)で、帰省先の博多から
デリーに戻ってきました!
留守部隊のだんなは「毎日寒いよ~」と言ってますが
年末年始の日本はと~~~~~~っても寒かったので
ゆうべデリーに着いたときには12度という気温が心地よかった!
今日のデリーは一日中、霧模様。朝、「やたら静かだな~」と思ったら
霧のため飛行機が離着陸していなかったらしく・・・・

今回もスーツケース2個につめられるだけ、ぎゅうぎゅうに食材やら
衣類やらを持って帰ってきたのですが、その中でも私にとって欠かせないのはコレ!!↓
souvenir2_20100108192243.jpg
マルタイのラーメンと、一番食品やミヤジマの「ちゃんぽんスープ」
(ちなみにミヤジマはあっさり系、一番食品はこってり系。
え、そんな分析はいらんって??これさえあれば、スパゲティが
「ちゃんぽん」にへ・ン・シ~ン!!する、ありがた~い食材なんっすよ。)

え~、おまけに、あわや帰りのセキュリティチェックで「スーツケース開けてください」に
なることろだった、こちら↓。これが今回の帰省で第一の買い物目標だったんです。
なんせ日本からせっせと持参した「ミキサー」を、電圧のちがうコンセントに
差し込んで、壊してしまったもんで・・・・
料理研究家・有元葉子さんがこれを使いこなしてるのを見て、ず~~~っと欲しかったのです。
これでお肉やお魚のミンチも思いのまま!
souvenir1_20100108192243.jpg
でもね、セキュリティの機械に2回も通された挙句、係員が尋ねたことは
「スーツケースにバーミックスが入ってますか?」だって。そこまで特定できる
日本のセキュリティは、なんとまぁ優秀なことでしょう!!
おかげさまで、スーツケースを開けられることもなく、無事チェックインしましたがな。

画像の後ろにちょこりんと移っているのは、これも有元葉子さんがお嬢さんに
お料理を伝授するときに、大活躍していた「無水鍋」
そういえば、うちにもあったなぁ・・・・と母に尋ねてみたら
もう使ってないから、持って行っていいよ~って。はい、せっせと持ち帰りましたよ。
だってこれで、煮込み料理も焼き芋も、フォカッチャだって作れるんだよ~
でもさ、だんなが「これ以上の骨董品はない」とノタマいました! ぷん!

お次は私の趣味グッズなんだけど、手荷物で大事に持ち帰ったもの。
お友達のネットショップで発見したファイヤーキングのカップ&ソーサーと、
ミルクガラスのプレート+ケーキトング。
souvenir3.jpg
はるばるアメリカから、日本を経由して(今回はmomo*さんも私も同時期に
帰省中だったので!!)、インドまでやってきたアメリカン・アンティークなのです。

・・・・というわけで、今日は一日、スーツケースの中身を片付けるので
終わってしまいました~。
さ、明日からはお仕事モードに切り替えて、寅のごとく(?)
スピーディに・・・・・行きたいなぁ。

今年もどうぞよろしく!応援クリック↓もヨロシクね~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつオマケにこちらも↓ポチっと!!


TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。