FC2ブログ
□  2009.12 □  11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
3度目の・・年末恒例・写真大賞
毎年年末に皆様に投票をお願いしております、「青蓮写真大賞」
今年のエントリー作品はこんなん↓です~
あなたはどれが「インドちっく」でお好き??

ちなみに~。2007年・みんなが選ぶ青蓮写真大賞を受賞したのはコチラ↓
jai-window.jpg

そして去年(←クリックしたら全ノミネート画像が見られます~)はこれ↓が人気第一位でした。
entry6-humayun.jpg

さて、今回みなさまのお気に入りはどれかしら~?
今回も第一位になった画像に投票してくださった方には
「青蓮インドものセレクション」をお届けします。
投票締め切り日は1月7日ね。ふるってご応募くださ~い。

エントリーNo.①
ムンバイはクローフォードマーケットにて。マハーラシュトラのおじちゃんがよく被っている
白い帽子・白いクルタ。いずれもまぶしいほどに真っ白に洗い上げてあっったのが
印象的でした。「チークー」というシナモン風味の柿みたいな果物を売っていたおじちゃん。
山積みのチークーをサイズ別に籠に仕分けしてる最中。
crawfordmarket.jpg

エントリーNo.②
プージャー(ヒンドゥ教のお祈りの儀式)のお供え物。今年新居に引越しした我が家では
お坊さんをよんで「新居の清めの儀式」が執り行われ、お坊さんの指示に従って
「素焼きのつぼ」だの、「赤い聖なる紐」だの、「マンゴーの葉っぱ」だのを
宗教用具専門店みたいなお店に買いにいったのです。燃えさかる火は精製バター「ギー」が
たっぷり使われ、最後にはココナッツが火にくべられて、家中燻煙でもうもう・・・・
pooja.jpg

エントリーNo.③
ダージリンのはずれの紅茶園で。代々茶園に住み込みで、茶摘をする女性たち。
お母さんも、おばあちゃんもずっと同じ仕事・・・・
でも休憩時間に寝っころがって、「携帯電話」で嬉しそうに話をしてる・・・
ってのが、いかにも「いまどきの女子」って風情でしょ。
楽しそうに、何を話してるのかな~?
teaplucking-girls.jpg

エントリーNo.④
ジャイプルの伝統工芸品。ブルーポタリー
今もムガール時代と同じ手法で作られ続ける、ぽってりとした素朴な焼き物。
ドアノブやアクセサリー用ビーズが、最近の売れ筋なんだって。
bluepottery.jpg

エントリーNo.⑤
夕暮れ時、ジャイプルのシティ・パレス(マハラジャが今も住んでいる)
今まさに沈み行かんとしている晩秋の太陽が
最後の力をふりしぼるかのように、雲のむこうからいっぱいの光を振り撒く。
至高の存在に、後光がさす・・・ってこんな感じなんだろうか。
jai-citypalace-dawn.jpg

エントリーNo.⑥
ムンバイ・タージマハルホテルへのオマージュ
あのテロから1年が過ぎ。捕まったテロ犯人は、乱射の現場を撮影した
証拠写真があるというのに「銃には触ったこともない」と全面否認しているという。
インドが、世界が、テロに敢然と立ち向かってゆくことを願って。
tajmahal-cupola.jpg

皆様、今年も応援してくださって、ありがとうございました!
年末年始はちょいと博多に里帰りして、美味しいものたらふく食べて
食っちゃ寝して、年明けてからデリーに戻りま~~す。
どうぞ良いお年をお迎えください。

応援クリックを↓ポチッ とね!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

もひとつオマケに↓ポチッ !!
スポンサーサイト
ゆく「牛」・来る「寅」
[インド産] ブログ村キーワード

もうすぐ今年も終わり。
牛歩のごとく、ゆるりゆるりと・・・・なんて言いながら
今年も疾風のごとく駆け抜けて行きつつあります。
「牛」・・・というとインドでは神様のお使いとして、大切にされています。
信者の多いヒンドゥ教の神様「シヴァ神」の聖なる乗り物として
ナンディという牛も神格化されているのです。
lordshiva-nandi.jpg
ナンディだけが、このように↓神棚に祀られていることもあります。
(太宰府天満宮や、櫛田神社にも同じく神格化された牛の像がありますよね。)
nandi.jpg
そういえば、バンガロールにあるブル・テンプルのナンディも
大きかったですよ~<ナンディの左足足元に写ってるおじさまの顔と
大きさ比べてみてください)
blr-nandi.jpg
ヒンドゥ教徒にとって、牛を食べることはタブー。これは
牛が神聖視されているからであって、豚を禁忌とするムスリムとは
同じ「食べない」であっても、対照的な理由なんですね。
その神聖なる牛の脂を、イギリス軍が銃の火薬包に使っていて
それを「口で噛み切る」ことに反対したヒンドゥ教徒・・・・
これが引き金となり「セポイの反乱」が起こったことは
あまりにも有名です。(・・・・世界史の時間に習ったことが
インドに住んで、その地を見て・宗教観を理解できると
「すと~ん」と腑に落ちることが多いです。世界史をとってる
高校生にはぜひインドに来てほしいな。ムガール帝国のことや
インド独立までの流れが、よ~~~くわかると思うよ)

・・・と歴史の話しはこれくらいにして、今年の干支であった
牛さんたちの写真を一挙公開。
デリー大学・ノースキャンパスの近くで、果物屋台の足元においてある
バナナの皮用ゴミ籠から、嬉しそうに(?)バナナの皮を頬張る牛。
自由にうろうろしてるけど、頭に紐がついてるので、誰かが飼っているんだね。
cow-banana.jpg
マスーリーの坂道を、そろそろお散歩中の茶色い牛。
人が座ってても、そばを車が通っても、マイペースで牛歩戦術
cow-mussoorie.jpg
デリー日本人学校から、ヴァサントヴィハールに向かう途中
南京レストラン近くの交差点にて。
なぜか、朝夕の出勤時間帯に分離帯に出没する牛の団体。
JNU近くにある「牛のアシュラム」からお散歩に来ているらしい。
cow-nelsonmandela.jpg
「かい~の」・・・・と柵にあごをすりつける牛さん。
こういう「かい~~の」状態の牛は、よく目にします。
cow-itchy.jpg
来年の干支はこれまた、インドにも野生に生息している「トラ」
これは流石に街中で激写!ってわけに行かないけど
それでも「ランタンボール」(デリーから車で4時間ほどの野生保護区)や
「カーナ」(マディヤ・プラデシュ州)などで遭遇できるんですよ。
来年はいっちょ、寅を見にインドへ????

応援クリック ポチッ↓とね
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
ついでに こっちも↓ポチッ!!
週末インド料理 アルー・パニール
[カレー] ブログ村キーワード

寒くなってきたんで、あったか~い「汁物」インド料理はいかが??
生姜も入れて、体を暖める「タリワレ」(スープカレー)と行きましょう!
基本材料はご家庭にある「玉ねぎ」「じゃが芋」「トマト」
それに加えて「パニール」(インドのカッテージ・チーズ)です。

材料
アルー(じゃが芋)大き目4~5個 (厚めのいちょう切りに)
パニール 500グラム(400グラム少々をさいの目に。残りはもろもろに崩す)
玉ねぎ・すりおろし 1カップ
生姜・すりおろし 大匙1
トマトピューレ 1/2カップ
○ダヒ(ヨーグルト)3分の1カップ
※塩・ターメリック・ラルミルチ(唐辛子粉) 各小さじ1
※ダニアパウダー(コリアンダー粒を粉にしたもの)小さじ3
水 約1リットル強
aloopaneer-1.jpg
材料の準備ができたところで、作り方~~!!

①厚手の深鍋(できれば圧力鍋)に、お玉3分の一くらいの油を入れ
すりおろした玉ねぎを弱火でじっくり、茶色くなるまで炒めます。
それに生姜を加え(生姜を入れると焦げやすくなるので、かき混ぜる手を
休めないでね)、更に※の塩や香辛料、トマトピューレをすべて加えます。
こんな↓感じになるのよ。
酸味のきいたのが好きな方は、○印のついてるヨーグルトも投入。
aloopaneer-2.jpg
②そこへじゃが芋を加え、表面が透明になるまで炒めます。
え、この状態ですでに美味しそう?まだまだよ~!
じゃが芋が透明になってきたら、もろもろに崩しておいたパニールを入れて
まんべんなくかき混ぜま~す
aloopaneer-3.jpg
③パニール(さいの目切り)を加え、まずは水を1カップ加えて
沸騰させます。⇒その後、水をすべて入れ(材料がひたひたになるくらい)
圧力鍋の蓋をして、一度「シュー」ときたら火をとめます。
え、もう早く食べたい?圧力が自然にぬけるまで、も~ちょっと待ってね。
aloopaneer-4.jpg
は~い、できあがり!
ロティ(チャパティ:全粒粉で作ったインドの薄焼きパン)と一緒に食べてもいいし
あつあつ炊きたてご飯にかけても んまい!!
aloopaneer-5.jpg
週末は、他のインド料理とあわせて「インド料理パーティ」はいかが?

あ~、インドの家庭料理食べたい~~!って方は↓ ポチッ とね!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

もひとつおまけにこっち↓も ポチッ!!

街角@デリー 
[インド旅行] ブログ村キーワード

毎日何かしら面白いことに遭遇するインド
逆に、インド人が日本を歩いていると、やっぱり日本は面白い国なんだろうか?

デリーの、ごく限られた一角へ、車でちょこっと出かけるだけでも
相当オモロい光景に出会えます。
たとえば・・・・ヴァサント・ヴィハールという高級住宅地にさしかかると
あれ?道の向こうでなんかでっかい影が動いてる?
風船があるから、子供のお誕生日会か何かやってんのかなぁ?
street-elephant1.jpg
どひゃ~、象だよ、象。
何年インドに住んでたって、すぐそばに象が出てくると、やっぱり驚きます。
ラクダも、イノブタも、普通に街中を歩いているからね。牛なんて言わずもがな。
street-elephant2.jpg
象は、普通にパーティ屋さんでチャーターできるのよ。

そして、またもや車の中から目撃したもの。
hellokitty09.jpg
いい年したオッサンが(あ、失礼。私も相当いい年したオバサンっす。)
ハロー・キティのピンクのジャンバー着てます。オチャメ!!
・・・ってか、それ、どこで買ったの?

お次は、曜日を変えてデリー市内にたつ「市」にて。
葉物野菜(ほうれん草や、からし菜などなど)を買うと、サービスで
こんな刃がぐるぐる回る装置で「みじん切り」にしてくれるのです。
畑直送の野菜を、その場で切ってもらう・・・・え~え~、ちょっと
泥も埃も混じりますから、持って帰ってしっかり洗ってから調理しますとも。
palakwala09.jpg
こんなんばっかりじゃ~ないんですよ。
綺麗な巨大クリスマスツリーだってありますよ~ん!
selectcitywalk-xmas09.jpg
どうよ、おしゃれでしょ!インドじゃないみたいでしょ!
うしろに「THE BODY SHOP」だってあるのよ!
南デリー、サケットにあるSelect City Walkというショッピングセンターにて。
え、何しにセレクトシティウォークに行ったかって?
今期最後の牡蠣フライ定食!!!を食べるためですよぉ。
fried-oyster-ai09.jpg
インドで・デリーで・
「カキフライ」が食べられる日が来るだなんて、ちょっと前までは
想像だにしませんでしたよ。Yちゃん、誘ってくれてありがとう!
そしてレストランAiのシェフ、裏メニューまで出してくれてありがとう!

応援してくださる方、いつも読んでるよ~って方は ポチッ↓ とね!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつおまけにコチラもポチッ↓ 







パランタ・どっちが食べたい?
[インドカレー] ブログ村キーワード

北インドで人気の朝ごはんメニュー「Parantha」(パランタ)
そうねぇ・・チャパティ:全粒粉でうすく焼いた北インドの主食 と同じ材料で
間にいろんな具を入れて焼く、「インド風お好み焼き」とでも申しましょうか。
チャパティは日本のインド料理屋さんで出てくる「ナーン」とは違って
種を醗酵させてないので、お腹にガスがたまらずヘルシーなんです。

今日はその中の二つをご紹介。まずはミントの豊富に出回る冬場によく作る
プディナ・パランタ(プディナ=ミントのこと)
parantha-mint.jpg
ミント束を買ってきて、葉っぱの部分のみ摘み取る作業から始まります。
(私が地味~~~~に、黙々と、ミントの葉っぱをちぎってるところ、想像できる??)
大体3束で、大皿に軽く一杯分くらいかな。ただいまミント一束3ルピー:約6円よ~!
parantha-tokhli.jpg
それに、玉ねぎやハリ・ミルチ(青唐辛子)のみじん切りと
塩・香辛料を加えて、オークリー↑(マサラをミックスするのに使う
重たいインド版すり鉢・・・・?)に入れて、ゴンゴン!とつぶします~
なんだよ~、ミキサーで混ぜれば~?と思うでしょ。でもね
ここで手抜きすると、ミントの葉っぱ感がなくなって、できあがりの
美味しさがぜ~んぜん違うのよ。つぶれちゃいるけど、程よく原型をとどめてる
・・・ってくらい↓がいいのよ。
parantha-mintchatney.jpg
それをアター(全粒粉と水を混ぜて、耳たぶくらいの硬さに捏ねたもの)を
薄くのばしたものに、ちょん・ちょん・ちょんと程よく乗せまして。
parantha-mint-a.jpg

それから折りたたみまして。
parantha-mint-b.jpg

打ち粉をしながら、伸ばしたものに
両面を油をうす~~くつけながら、こんがり焼け目がつく位に焼きますよ~

はい、プディナ・パランタのできあがり!
ミントの風味が爽やかで~す。
parantha-mint-c.jpg

さ、お次は「パニール」(インドのカッテージチーズ)のパランタよ。
まずは塊で買ってきたパニールを、もろもろにくずして、
玉ねぎのみじん切りと、コリアンダーのみじん切りと、塩・香辛料を加え
パランタの具を作ります。酸味があったほうが好きな方は、乾燥アナール(ざくろ)の
粉末を足すと、深~~い味わいが出ますよ~~

で、同じく丸くのばしたアターの真ん中に、具を程よく乗せまして~
parantha-paneer1.jpg
丸い餃子みたいに、閉じまして~
parantha-paneer2.jpg
それをまた、打ち粉をしながら、薄く丸く伸ばしてから焼きます。
は~い!できあがり!!
parantha-paneer3.jpg
オールドデリーのパランタ屋さんが集まってる通り、パランテワリ・ガリでは
全部油で「揚げて」ますけど、うちのは油少な目で焼いて作ります。
あとはお好みで、バターやギー(精製バター)をつけて、
はたまたアチャール(インド漬物)と一緒に召し上がれ。

その他のパランタの具には:アルー(じゃが芋)や
アジュワインとカーリーミルチ(ワイルド・セロリ・シードと粗引き胡椒)や
アンダ(卵)や、キーマ(ひき肉)なんてのもありますよ~
インドの子供たちのお弁当の中身は「日替わりパランタ」なんて子もいるのよ。

さ~、あなたはどのパランタが食べてみたい?

パランタが食べてみたいよ~って方は ポチッ↓ とな!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

もひとつおまけにこっちも ポチッ↓
師走・砂埃をあげて爆走中!
[インド人] ブログ村キーワード

あはは!
タイトルだけ読むと、なんじゃ?と思うでしょ。
相変わらず12月もイベントが一杯で、その最たるものが今日。
三つハシゴしてますから。

朝一番に息子の「運動会」へ。昔は「ダンスの発表会ですか?」って思うくらい
パフォーマンスだらけのSports Dayで、ママたちも着飾って観覧してたんだけど、
日本の小学校と交流(長野の小学校との交流はコチラココ)を始めてから、
ちょっとずつ運動会の内容が進歩を遂げはじめたのです。
pyramid.jpg
今回は「ヨガ」あり「エアロビクス」あり「スケート」あり、
器械体操あり・・・・の盛りだくさん。
(日本の子供だったら、全員マット運動ができて当然・・
だけど今まで特別な指導者のいる学校以外、インドじゃまず「できなくて当然」の
ことだったんですよ~。「人間ピラミッド」↑とか、今回初の試みですから!!
ゆうべは我が家はマット出して、「Cart Wheel」の特訓だったんです・・・)
でもちょっと笑えたのが、全員での体操のとき↓
手の動きが綺麗に見えるように、と「白い手袋」着用だったこと。
「ラッツ&スター」を想像してしまったのは、あたしだけ??
rats-star.jpg
おまけにリズム体操では「きんきらのポンポン」を手にしていたこと。
う~ん、発想が派手好きなインド人らしいわ~

残念ながら途中で雨が降り出して、後半に予定されていた徒競走は
キャンセル。(しめしめ、ママのレースもキャンセルさ。)
しかも雨で濡れたので「お子さんは風邪をひかないように
このまま連れて帰って下さい」だって。仕事を途中で抜けてきた人なんて
いきなりそう言われても困るよね。親が見に来てない子もいたし・・・・

運動会のあとは、ダッシュで日本人学校へ。
そう、今日は「クリスマスお茶会」の日なのです。
茶室の凛とした空気の中で、本格的なお茶が楽しめるので
ず~っと前から、茶道部に入っているお友達に「絶対ぜったい
参加させて~」とお願いして、ようやくゲットした参加チケット!

可愛いクリスマスデコレーションが出迎えてくれて、
みなさん和気藹々と楽しめたクリスマスお茶会でした。
もと茶道部・デリーマダムの皆さん、お茶室↓、懐かしいでしょう?
xmas-teaceremony09.jpg
そ~して本日の3つ目のイベントは、アメリカンスクールで行われる
Oliver Twistを息子とともに観劇。こんな機会でもないと、アメリカンスクールに
出入りすることはないからねぇ。役得役得っと。

さ~、あんまり出かけてばっかりだと「別居」されそうなんで
明日の「カキフライ・ランチ」会のあとは、2・3日おとなしくしてよ~っと。
(2・3日だけか~い!!

インドの小学校の運動会・おもしろかった人
あらま~、デリーに本格的なお茶室があるのね~ と感心した人はポチッ↓とね~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつおまけにこっちもポチ↓!!






大忘年会@デリー
[ニューデリー] ブログ村キーワード

ゆうべはデリー、タージパレスホテルでの日本人会・忘年会でした~!
年々デリー在住の日本人が増え続け、既存の会場では全員はとても収容しきれないので
一昨年からは「先着順・550名様限定」での入場チケット販売制となったのです。
550番まであるチケットの、544番をゲット!あ~、もちょっと買いに行くのが遅かったら
忘年会に参加できないとこだったよ。危ねぇ危ねぇ。

タージパレスの大宴会場・ダルバルホールにて開催の忘年会。
右は大人気の婦人コーラス「コール・マユール」。
yearendparty09a.jpg
実はこの会場、我が家の「結婚披露宴会場」でもあったので
あたしゃ、ここに行くたびに「あ~、あのときはインドのこともよく知らず
純だったよなぁ」と遠い昔に思いを馳せるのです・・・・それが今じゃぁ・・・・。

今年は照明がいつになく充実してて、ほぇ~、と感心。
シャンデリアだってこんな↓ですよ。
実は前日・土曜日に結婚式関連の取材で、同じ会場にいたんだけど
すっかり模様替えされてて、照明からなにから替わってるのにびっくり。
taj-durbarhall131209.jpg
今年も余興の部では、歌あり踊りあり、コント(?)ありで
(私的ツボは、福引のとき向かって右側にいた、赤い法被の方でした。
多分相当なドリフターズ・ファンとお見受けしました。)
中でも、今年はデリーマダムやグルガオンマダム(グル妻)のダンスが
と~っても充実していて、例年になく盛り上がりましたよ。
本格的な「オディッシーダンス」あり、「ボリウッド・ダンス」あり。
(クリックしてじっくり見ようと思っても、写真は大きくなりません。あしからず
yearendparty09b.jpg
私が出演したゴスペル・クワイアーも、本番に強いメンバーぞろいで(!?)
大成功でした。(・・・と自画自賛)
(次は2月20日のコンサートにむけて、練習に励みまっす。)

最後に、グル妻ダンサーズのあでやかな画像を。
bollywood-gurgirls09.jpg
今回の忘年会報告をMicchaさん、Naomiちゃん、いそたさんに
捧げます。

さぁ、日本帰省まであと一週間、あれこれ仕事を片付けなくては。

忘年会に参加してたよって方
参加してみたかったよって方はポチっ↓とね~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつオマケにこっちもポチッ↓





インド・道端フードシリーズ
[インド料理] ブログ村キーワード
あ~もう、最近日本からのニュースはショックなことが多いんですけど。
ウェンディーズが今年いっぱいで全店閉店だって。
お気に入りのハンバーガーショップだったのに。
年末日本に帰ったら、いっぱい食べ貯め(?)しておこうっと。

食べ物ついでに、久々に道端フーズ特集。
きのう「チャイのお供に、パコラ(インド風てんぷら)はいかが?」って
話しをしたばっかりですが、私がデリーで一番美味しいと思うパコラ屋さん。
オールドデリー、ラニ・ジャンシー通りの近くにあります。店の名前も知らないけど
めっちゃ頑固そうなおじちゃんが、黙々とパコラを揚げている店。
あれこれ好みのパコラを選んだりできない、「揚げてあるのを黙って買え」・・・って感じの
店なんだけど、いつ行ってもすごい行列なんだよね。
お品書きが一応あるんだけど、店の中に貼ってあって
「ムガール時代に書いたのか?」ってくらい年季が入ってんの。
お道具も、現在のおじちゃんのそのまたお父さんの時代から使ってるらしい。
pakoda-rosh2.jpg
店の中には5人すわるのがやっとのベンチがあって
空きそうだな、と思ったらすかさず席をゲットして
あげたて、あつあつのをパンと一緒に食べるのです~~(コレ↓はミニ玉ねぎ丸ごと。)
つけるソースがこれまた、秘伝らしいんだな。
葉っぱにパンが乗って出てくるところが、インドちっくで好き。
ちなみにパコラがのっているのは、選挙チラシの不用品らしい。あはは
pakoda-rosh1.jpg
お次は「チョーレー・バトゥレ」
チャナ豆のカレーと、揚げたロティ(インド風パン)のセット
玉ねぎスライスと、アチャール(インド漬物)がついてきます。
これも、人気の店は行列ができてます。
cholebathure_20091211190634.jpg
こういう美味しい「道端フード」の本場はやっぱり
オールドデリーなんだな。私はだんなから「一人でオールドデリー徘徊禁止令」が
出ているので、残念ながら一人では行けないんだけどさ。

冬になると「焼き芋」屋さんが登場します。
インド風食べ方は、一口サイズに切って、マサラをかけて
レモンを絞って・・・・ってのが焼き芋屋さんでのアレンジなんだけど
「ビナ・マサラ、ビナ・ニンブー(マサラなしで、レモンもかけないで~)」と
頼むと、変な顔しながらもやってくれます。
(なんだこいつ、美味しい芋の食べ方知らないのか?って思ってんだろうね。)
sweetpotato.jpg
最後に、バスに乗ってアグラとか、ジャイプルに出かける途中、
州税や通行税を払うところでバスが停まると
どこからともなく現れる、「大根」&「にんじん」売りのリヤカー
muli-gajal.jpg
皮をむいてくれて、縦に四つ割にして、これもマサラとレモン汁を
かけてくれるんだけど。
その包丁は綺麗なのか~?そのレモンはいつからそこにあるのだ~?
水がいっぱい散布されてるんだけど、その水はどこのだ~?

ちょっとくらいお腹壊したっていいや~
と思いながら、あれこれ食べてますけど、どうやらアタシ「胃腸が丈夫」らしい。

インドの道端フード、食べてみたいよって人はポチっ↓とね!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつおまけにこっち↓もポチ!!
紅茶と一緒に
[インド情報] ブログ村キーワード

インド=紅茶 という図式がけっこう一般的ですが
じゃ、インド人は紅茶と一緒に何を食べてるの?
・・・ってわけで、インド人がよく食べてるおやつをご紹介します。

まぁ、手軽で一般的なのは↓こちら中央の「ブジヤ」。
スパイシーなミニラーメンみたいなかんじですかね。
インド人のひとりぐらしの男性の中には、朝ごはんはブジヤとパン・・・なんて人も
おりました。ブジヤは特にラージャスターンの人はよく食べるようです。
右上のはマトゥリといって、これもスパイシーなパイ。
ビールのおつまみにしてもイケマス。左のもパイ皮みたいなおやつ。
これらは塩味なので、総称して「ナムキーン(塩辛いもの、の意)」と呼ばれます。
bujiya1.jpg
塩辛いものの次は脳天にか~~ん!!と来る甘いもの
ミターイーと総称されるインドの甘いお菓子たち。
どうです、見るからに甘そうでしょ~
でもこれが、チャイと不思議と合うんですよね。クセになる甘さ??
mithai.jpg
甘いものついでに「ジャレビ」という揚げ菓子。
揚げたものを更に蜜に浸してありますから、一口いれるとじゅわ~と
蜜が出てくるかんじ。
jalebi.jpg
え?なんか口の中が甘くなってきた?そんじゃお次はちょっと
すっぱ辛いもので・・・・「ドークラー」です。
スポンジケーキを甘酸っぱ辛い(難しい?)スープに浸して
トッピングにハリミルチやマスタード粒をのせたもの。
グジャラートの人々の好物でもあります。菜食主義者にも人気のおやつ。
dhokla.jpg
小腹が空いたよ~ってときには、おなじみ「サモサ」ですね。
中にじゃが芋やグリーンピースのドライカレーが入っていて
揚げてあるのですが、あつあつをハフハフ言いながら食べるとまた美味しい!
samosa.jpg
そして、最後は「パコラ」です。
ヒヨコマメの粉(べスン)の衣をつけて揚げた
まさにインド風てんぷら。これがまた癖になる美味しさなのだ~。
パコラをパンではさんで食べると、これまた美味しいよ。
やってみて!!
pakoda.jpg
あ、要注意なことが。パコラを食べたらしばらくは「水分」は
とらないほうがいいんです。お腹の中で膨れるんだって。

あま~いマサラチャイにあわせて食べるインドおやつ。
あなたのお好みはどれ??
私は「パコラ」だな~~

お~、おいしそうだな、と思ったらポチっと↓
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつついでにポチっと↓
FC2 Blog Ranking
2009.12.10(Thu)  食文化COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
インド料理青蓮レシピ・INDEXでっす
[カレー] ブログ村キーワード

え~、皆さんからのご要望が多かった、「記事に索引をつけてくれ」って件。
(確かに記事の数が多くて、自分でも探すのに苦労してるからさ、納得のご要望なのよ)
全部はとっても時間がかかりそうなので。
とりあえずこれからのパーティシーズンにすぐに使えそうな「お料理編」から。

それぞれ、作りたいカレーのタイトルをクリックすると、作り方ページに
ジャンプしますから、活用してね。大体簡単に作れるものばっかりですが
中でも、☆がついてるのは特に手早く作れて、更に「え~、これ、自分で作ったの?」って
お友達に驚かれること間違いなしの、北インド風カレーのできあがりよ~ん

アールー・パニールのタリワレ☆ (ジャガイモとインドカッテージチーズのスープカレー)

パランタ(インド風お好み焼き?)

アールー・カ・サブジ☆(ジャガイモカレー)

ムーングレとアールー (いんげん豆で代用可能)

シムラ・ミルチ (ピーマンのジャガイモドライカレー詰め)

ラジマ (赤インゲン:キドニービーンズのカレー、子供にも大人気!)

チャナ (ヒヨコマメのカレー)

カレーラー (ニガウリと玉ねぎたっぷりのデトックス効果満点ドライカレー)

カリフラワー☆ (トマトをたっぷり使う、マイルド味。お子様にもOKよ!)

サルソン・カ・サーグ (からし菜のカレー。ほうれん草で代用可能)

カリー (野菜パコラ入りの酸味のきいたカレー)

野菜プラオ (インド風炊き込みご飯)

カマル・カコリ (レンコンのドライカレー)

カタハル (ジャックフルーツのカレー・日本じゃ手に入らない材料ですが、参考にしてね)

バェンガン・アールー・カ・サブジ (茄子とジャガイモのドライカレー)

ダル・マッカニ (小豆のカレー、インドのお袋の味・絶品よ)

チャパティの作り方 (無醗酵・全粒粉で作るロティ。)

サトイモ (まったりとして、後をひく味。)

ムーン・キ・ダール☆ (黄色くて小さい豆、手早く煮える。これもお袋の味)

バェンガン・カ・バルタ (焼き茄子カレー。バター・玉ねぎ・トマトたっぷり、美味しいよ~)

ビンディ☆ (オクラをたっぷり使ったカレー。ビールのつまみにもぴったり!)

アンダ (ゆで卵入りカレー。)

野菜プラオその②  ☆(カリフラワー・にんじん・玉ねぎ、じゃが芋などが入ったヘルシー炊き込みご飯)

********************************

すんませんが、どこかに作り方を転載するときにはご一報くださいね。

さ~、これで、あなたもインドカレーで「おうちカフェ」はいかが?
ご感想、お待ちしてます。


早速今日の晩ごはんはカレーよ!ついでにポチっ↓とね~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつオマケにこっち↓もね~
インドからのお土産
[インド] ブログ村キーワード

毎回、日本への帰省のたびに頭を悩ます「お土産」
同じものはあげられないし、食べたり飲んだりしてなくなるものが
あとくされ(?)なくて良いんだけど、如何せん重たい。
軽くて、場所をとらない、お財布にも嬉しいインド土産って何よ?
・・・・って、いつも思うんですよね。

今までどんなものを持って帰ったかなぁ・・・?(それぞれ青字をクリックしてね)
オーガニックもの とか
コットンバッグやステンレスプレート とか
インドチックなTシャツ とか
インドのチャッパル(サンダル) とか
紙もの とか

まぁ、お決まりの「布や服」類は押さえておくとして
それから「紅茶」もばらまき用に買っておくとして
souvenir-dec09a.jpg
インド好きな人たちには、こんなの↑もいかがでしょ??
インドのお菓子やら、タージマハルの絵のついたティーバッグやら
カレーのもと・しかもKnorr製↓ やら
Daburの薬草歯磨きペースト やら
souvenir-dec09b.jpg
SaketのDLF、1階の店に売ってる
おもしろいインドチックな絵のついたバッグ
(マサラバッグじゃなくて、もちょっと素材が立派でおしゃれなの)も
好きなんだけど、最近人気で、なかなか在庫がないのよね。

えと・・・・忘年会前にインフルエンザになっては
大事な舞台に穴をあけることになるので(・・・って大げさやがな)
外出をちょこっとだけ自粛中。忘年会終わったら
博多への一時帰国まで、買い物に走りまくるわよ!!

ほほ~、と思った人、同感!と思った人はポチっ↓とな!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつおまけにこっち↓もね。
FC2 Blog Ranking
2009.12.08(Tue)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
インド美人製造所フル回転中
大変です。
(毎回書き始めがこれだな~。)
1月4日のスマスマは4時間半生放送です。
そんなこたぁともかく。
来たるデリー日本人会・忘年会ではゴスペル隊で出演します。
みなさん、余興のときにはバイキングに並ぶのも忙しいでしょうが
ゴスペル隊が出てきたら、おでんをとる手を休めて(!?)
舞台近くに「かぶりつき」でご集合ください。ヨロシクね☆

さっさと本題に入らねば。ただいまインドは結婚式シーズンまっただ中。
花嫁さんや花嫁さんの姉妹、親友たちにとっては「当日いかにキレイに見せるか」が
大問題なのであります。用意周到に調査の結果、これは!!と思えたヘアメイクさんに
アポイントを入れ、さて当日。・・・なんせ花嫁さんの妹たちや、親友にとっては
結婚式一連の行事は「自分が見初められるかもしれないチャンス」でもあるのですよ。
そりゃ~チカラが入るわね。
ま~、オバちゃんたちは、花嫁花婿の母親や近い親族でない限り、自己流の
メイクやサリーの着付けでOKなんですけどね。

勝負(?)は両家の顔合わせでもある「婚約式」から始まっております。
花嫁は「ひゃ~、キレイなバフー(嫁)がやってくるぞ~、こりゃ
結婚式が楽しみだわ」と思わせるような、綺麗でゴージャスで、でも
清楚さも漂わせた装いで。最近の流行はデザイナー系パンジャビの
色抑え目ゴールド↓かな。(ゴージャスで清楚にってむずかしいね)
妹たちの装いは可愛く臙脂っぽい赤やピンクなどが多い。
wedding-makeup-dec09b.jpg
花嫁さんが23~24歳ってことは、妹たちは19歳~22歳くらいの大学生が
多いんだけど、これがまぁ、ちょっと生意気盛り(?)なお年頃で
あれこれ雑誌や新聞の切り抜き記事を持ってきて「こーゆー風なメイクにして」なんて。
インド女性、彫りが深い顔立ちなので、ちょこっとメイクすると
「アクトレス」顔にヘンシ~~ンなのだ。
しかも、もともと睫毛が長くてカールしてるので、ビューラーでちょっと持ち上げ
マスカラやアイラインをつけると、「あなたもわたしもビパーシャ・バスー」顔
可愛い系の人は「あなたもわたしもプリティ・ズィンタ」顔になるのだ。
うらやましいのぉ・・・・・

花嫁さんの流行は、ここ2~3年変わっておらず、映画「Jodhaa Akbar」の
アイシュワリヤ・ラーイー・バッチャンが着ていたような、いわゆる
「ムガール調」な衣装・宝石、そしてメイク。
花嫁の妹たちや友人たちの定番色は「ピンク」。
彼女たちの流行りは細身のレヘンガ・チョーリーやムガール調パンジャビスーツ。
↓左の子は今年はやりの細身レヘンガ、中央は花嫁、右側の子はピンクのサリー着用
wedding-makeup-dec09.jpg
で、流行りのパンジャビ・スーツのデザインは
これも映画Delhi-6で多用されたAnarkali(アナールカリ)というスタイル↓。
ハイウェストで、スカート部分がぴゃ~~っと広がってて、下は
チューリーダルという足首でくしゅくしゅっとなるタイプのインドズボン。
anarkalisuit.jpg
インドもちょっと前までは、とにかく派手派手なメイクが多かったんだけど、
最近はヘアメイクアップアーティストさんも、国際的に活躍する人が出てきて
一般女子も「控えめで上品」なメイクが主流になってきています。
有名ヘアメイクさんのお道具をのぞいたらボビイ・ブラウンやら
M・A・Cやら、シャネルやら、乾燥肌の応急処置にはクリニークのジェル美容液やら
なんと!わが国が誇るSK-IIまでありました!!・・・・
インド美人は国際的レベルで生み出されている、というわけ☆
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
おぉ~、と感心したら、ポチっとな~!!↑
[インド] ブログ村キーワード
2009.12.07(Mon)  ファッションCOMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
子供の本と侮るなかれ
大変です。
学研の「科学」と「学習」が休刊になるんだって。
小学館の小学5年生と小学6年生もその年代の子供のニーズに
対応するため・・・と漫画学習誌に変革を遂げたし
少子化は確実にあちこちに波及している模様。

今日は私のお気に入りの児童書籍のご紹介。
(といっても、あたしゃ~出版社のサクラじゃありませんよ。)
先日行った子供のブックフェア、Bookarooで久々に発見し
買ったこの本↓(茶色いの)。
bookaroo09-3_20091203182651.jpg
Tara Booksという出版社が出している、まさにインド!な本なのです。

絵本というくくりに入れてしまうのがためらわれるような
「インド・クラフト」の世界。手描きの原画からシルクスクリーンを作成し
一枚一枚手刷りで準備され、さらに手で製本された「手作り」感満載な
本なのです。見開きにはこんな感じでインドのフォークアート・
ウォルリ・ペインティングがびっしりと。
tara-handmadebook 002
最初の出会いはかれこれ6年前。
息子のプレイスクール(1歳半~3歳)で、卒園のお祝いにもらったのが
こちら↓「The Very Hungry Lion」という本でした。
tara-handmadebook 003
ま~インドらしいカラフルな本だこと・・・と思って眺めていたら
園長先生がTara Booksのものづくりの姿勢について、お話してくださって
それからすっかりファンに。チェンナイベースの出版社なんですが
デザイナーはロンドンやアメリカ在住のインド人。道理でちょっと
視点がおしゃれなわけだ。
なんと「はだしのゲン」の英語版も出しています。(現在在庫切れ)
tara-handmadebook 001
お子さんのインド暮らしの思い出に
インド好きな方のお土産として
手作りクラフト好きな方へのギフトとして
いやいや、あなた自身の蔵書として 
一家に一冊、手作りの本はいかがでしょうかぁ~?
(Tara Booksさん、私を日本向け営業で雇ってくれるぅ?)

ブログを読んでくださってるアナタ、ついでに↓ポチっとな~!!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

TopAdmin