FC2ブログ
□  2008.12 □  11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
あれもこれも書きたいので
あ~もう、なんでこんなに毎日、なにかしら書きたいことだらけかなぁ
ちょっと置いておくと、次のことが出てくるので・・・・・

今朝の新聞に「そうだ!前進あるのみだ!」と思える記事があったのでご紹介します。
tajmahal041208a.jpg
見出しはこう↓。
ニュアンスを崩したくないので、まずは原文のままご紹介します。

I HAVE HELD MY GROUND
AS HUMAN HISTORY HAS UNFOLDED IN ITS TIMELESS
PROCESSION OF LAUGHTER AND TEARS
COURAGE AND COWARDIS,GOOD AND EVIL.

I WILL PREVAIL.


The attack on the Taj last week was an assault on the spirit
of India. But, like our country, we will never give in.

Now that the smoke has cleared, a different fire is burning
within us: to resurrect the Taj in all its brilliance.

We pay homage to the men and women who were
with us through our darkest hour-gusets at the hotel, the
staff of the Taj, security forces, people who displayed
extraordinary courage, selflessly helping others. Many
sacrificed their lives.

We will reopen soon. Like India, the Taj will stand tall
for years to come.

・・・と、今朝の新聞にあったタージグループホテルズからの告知広告。

「わたしは苦難のときを
持ちこたえてみせた

笑いさんざめく人々の声
悲しみにあけくれるときを乗り越え
勇気を与えられたことも 
くじけそうになったことも
良い時期も 悪い時期も 
すべてが人類の歴史に刻まれてきたように
わたしの屋根の下で繰り広げられた
ひとびとの「とき」を守り続けるため

崩れ落ちずに
頭をあげて立っていた。

これからだって 
わたしは 決して 負けはしない」

先週のタージマハルホテルでのテロは
インドの魂を揺さぶる惨劇だった。
私たちの国、インドと同じように
タージは決してなにものにも屈服しない。

惨事の煙は消えたけれど、わたしたちの心には
新たな炎が熱く燃えている
あの輝きを甦らせてみせる と。

あの暗黒のときに わたしたちとともにあった
多くの宿泊客の皆様、タージの職員たち
セキュリティ隊員たち、そして我が身を省みず
救出作業にあたった沢山の方々に
あらためて感謝し、敬意を表したい。

また、多くのお客様を迎える日がすぐに来ることを誓って。
わたしたちの国 インドと同じように
タージホテルも頭(こうべ)を高くあげて すすむのだ。

(かなり意訳です:by青蓮)

あれから色々と、政治家が悪いのだとか、国のセキュリティに問題ありとか
取りざたされていますが、当事者であったタージが出した声明↑は
あっぱれであった、と思います。

人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



2008.12.04(Thu)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin