FC2ブログ
□  2007.12 □  11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
2008 インド春夏コレクション
怒涛のように過ぎ去った秋
大切な報告をけろっと忘れておりましたぁ~~
デリーの秋の風物詩・インドファッションウィークのことでございますよ。

毎回手狭になる会場、去年までは南デリーのThe Grandが会場で、我が家から
チャリンコで行けたんですよね。(チャリンコで行くなぁ!)
4月の秋冬コレクションではAshokホテルが会場になり、なれない場所で右往左往。
そしてこの秋開催の「2008春夏コレクション」の会場は、デリ-の見本市会場・
プラガティマイダン。
綺麗でおしゃれなモデルさんたち、バイヤーさんたちを横目に、こちとらぁ
フットワーク勝負なんで「運動靴・命」。
これでいいのか「ファッション」ウィーク・・・ってな感じで走り回っておりました。

ちょっと気になっていたのはスィッダールタ・タイラーというデザイナー。
ご本人の服よりも(あ、本人が読んでたら怒るよね。ごめんなんしょ)ブースのデザインを
手がけたグラフィック・デザイナーのほうが注目株だったんだけど。
ナチュラル志向でふんわり系のデザインが多くて、可愛かったですよ。
siddhartha-tyler.jpg

そしてもう一人の注目株、ヴィクラム・ファドニス。

彼に限らず、「インド=カラフル・手仕事」で括られてしまいがちなデザイン業界
伝統の手法を活かしながらも、流行を取り入れていく・・・・・という意味では
期待通りの作品がいっぱいありました。奇想天外なものはなかったですけどね
vikram-phadnis.jpg

大御所、タルン・タヒリアーニの作品の根底にあったのは「サリーのドレープ」
とても丁寧に仕上げられたドレープの綺麗なシフォン素材のドレスが印象的でした。
春夏ものというと、カラフルなものを想像するけれど、今季はなんだかどのデザイナーも
ベージュ系が目だっていましたね。世界的にはセピア色が流行するんだそうで。
tarun-tahiliani.jpg

5日間の会期のグランド・フィナーレを飾ったのはロヒット・バル
いたずらっ子がそのまま大人になったような人ですよ。パーティ会場には必ず彼の姿が。

英国航空のキャビンアテンダントの制服をデザインした、注目のデザイナーでもあります。
BAらしいカラーを使いつつ、モダンでシャープなサリーや、インドっぽいクルタ風の
ユニフォームもありインド人クルーにも好評なんですって。BAにご搭乗の際は要チェック!
rohit-bal.jpg

今季のロヒット・バルの作品にインスピレーションを与えたのは「ビザンチン美術」と
「折り紙」。前半はこれまたベージュ系が多く、同じ色味になるので画像割愛。
折り紙はいろんなデザイナーに影響を与えていますよね。秋冬コレクションでも
会場デコレーションに巨大な折り紙のくすだまが使われていましたっけ。

えーと、普段使いで注目株はパンカジ・アフージャというデザイナーですよ。
それから、日本はサン・○トヤマでも買える「タルン・タヒリアーニ」の普段着ラインは
デリーのブティック「アンサンブル」にありますよ~~~
ロヒット・バルのはOGAANで売ってますよ~~
クリスマスパーティはインドのデザイナーもので、勝負する???
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
2007.12.12(Wed)  ファッションCOMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin