FC2ブログ
□  2007.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
メヘンディに挑戦
月曜日の「夫の日:カルワチョウト」には
メヘンディをすることになっているのです。
メヘンディって、へナという植物の葉を乾燥させたものを
ペーストにして、それで吉祥文様を描くもの。

描きたてのホヤホヤのときには、こんな色ですが
mehendi1.jpg

乾くとこんな風に、黒っぽくぽろぽろになります。
mehendi2.jpg

表面だけが乾いたくらいの、ちょっと生乾きなときに
レモンと砂糖をといたものをぴたぴたつけて、乾燥を防ぎつつ
できれば一晩置いてからはがすと良いんだけど。
乾いてはがれると、黒いネズミのフンみたいなのよ~

今年は自分で好きな模様を書いてみようかしらと
へナパウダーを買ってきた。一袋25ルピーなのである。
henapowder.jpg

が、しかし、これを篩にかけ、さらに目の細かい布でこして
それからレモンやオイルでこねこねして、とろとろにする・・・・・
この作業をやっておかないと、コーンに目詰まりすると
細かい模様は描けないのであ~る。うむむむ・・・・


そんな忍耐力と時間は今の私には、はっきり言って ない。
マーケットで売ってるコーンに入ったのを買ってくることにしよう。
うまくできたら公開するね~。写真が載らないときには失敗したってことで。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
2007.10.27(Sat)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
ヴァルミキ・ジャヤンティ2007
今日は「ヴァルミキ・ジャヤンティ」で息子の学校はお休みなのじゃ。
ヴァルミキはラーマーヤナの作者、ジャヤンティとはお誕生日のこと。
移動祭日なので、毎年日にちがかわるのです・・・・お誕生日なのにね。
毎年アシュヴィナ月の満月の日がヴァルミキ・ジャヤンティだそうな。

でも、来週月曜日、29日が「夫の日」つまり、カルワ・チョウトだから
その日が満月のはずなのよね・・・・・(カルワチョウト去年一昨年
ま~この鷹揚さがインドらしいところか。
こう考えると、1年の経つのは本当に早いですねぇ。しみじみ・・・・
saas2bahu.jpg

カルワチョウトは夫の健康・長寿を祈って、女性が日の出から月が昇るまで
断食する日でもあり、また嫁姑が贈り物を交わす日でもあるのです。
なのでこの週末には、お菓子や祭祀に使う銀のお盆↑や、サリーや
パンジャビ・スーツの生地などを買い求める女性で、デリーのマーケットは
賑わうことでしょうね。

今日は朝から息子の宿題、英単語のDictationやら算数の問題作りやらで
追われています。今日終わらせて、明日と明後日はゆっくりしようという
魂胆の母なのだ~~。
なのだ~~、といえば、8月からHUNGAMAテレビで「天才バカボン
(ヒンディ語吹き替え)」が放映されてて、テーマソングを私が日本語で
歌ったら、息子の友達の間でバカウケです。わははは。
♪こ~れ~で~い・い・の・だぁ~♪
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.10.26(Fri)  インドの祝祭日COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
派手派手発表会
今朝は学校で「おじいちゃん・おばあちゃんの日 発表会」でした。
インドには敬老の日というのはないけれど、毎年ダシャラの時期に
息子の通う現地校では、ラム・リーラ劇の発表に祖父母を招待するのです。
6クラスがそれぞれに発表するので、時間も1時間半におよび
いつものごとく、自分の子供のクラスが終わると、親も集中力がなくなるのよね。
何度も「最後まで着席してご覧ください」とアナウンスされても
言いつけを守るような人ばっかりじゃないし。いつもならクラスの発表が
終わると、制服に着替えさせるんだけど、今日は衣装のままでクラス写真を
撮るとかで、それもままならず。(↓女の子は華やかで、いいのぉ。)
assembly-oct1.jpg

入り口では代表の女の子たちが、ティッカ(おでこにちょんとつける赤い粉)の
乗った銀のお盆を持ってお出迎え。顔見知りの子が何人もいて、○○くんの
おばちゃんには私がつける~と大騒ぎ。結局二人がつけてくれたので
おでこは必要以上に真赤になって、ようやく会場へ。
assembly-oct2.jpg

わが息子は今回は「ナレーター」だったので、王子様とか、悪魔とか
サルの軍隊などの衣装は必要なく、「シャニワール」(インドの
花婿さんが着ているような、ストールつきの上等なクルタパジャマ)が
指定衣装でした。衣装は作りたかったような、でも作らなくて済んで
良かったような、縫わずに済むとちょっと淋しいような・・・・あはは
でも、ハヌマーン役とかだと、ハヌマーンの持ち物のヴァジュラ(↓
ハヌマーン様が右手に持ってるもの)を準備しなくちゃなぁ。買ったところで、
来年ハヌマーンになれるという補償はないしね。(何の心配をしているのやら。)
hanuman07.jpg

クラスごとに、すごく良くできている所と、ちょっと間延び発表のクラスとがあり
思わず比較したりして。インドの学校、「お手伝いに来てくれる親のいる子は
台詞の長い役・目立つ役」・・・・なんてなこともあり。結局のところ
「自分の子可愛さ」で個人プレーする人が多いので、日本のように
他の親の出方をうかがいつつ、PTA総会での発言を控える、そ~んな心遣いは
ありましぇ~~~ん。し・か・も!「先生に何か意見すると、子供が
差別される」という親が多くて、かなり自己主張が強い割には、先生方に
対しては、と~~っても下手に出るのもインドならではかも。

・・・・と私自身がインドと日本の教育との違いに、試行錯誤の日々。

人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ひとつ終われば次のお祭り
今日は朝からお友達のお宅でTea Time。途中めっちゃ可愛い新鮮な
ピンクのバラを見かけたので、買い求め。お昼前には仕事に戻らねば
ならず、おしゃべりの時間がぜ~んぜん足りなかった・・・

そして、息子が昼寝している今、ここぞとばかりに工作作業にとりかかって
います。得意の「切って」「貼って」作業で、ディワリのカードを
作っているところ。毎年出そう出そうと思いながら、秋は何かと忙しくて
なかなか実行できなかったので、今年こそは!お世話になったインド人に
お礼の気持ちを込めて・・・・と思って。ホントはそれどころじゃない
仕事が控えているんだけど、こういう時こそ頭の切り替えが必要だよね~
二つ切の色画用紙(厚手のケント紙のような材質)が1枚8ルピー(23円位)
もっと薄いぺらぺらの紙だと1枚5ルピー って最近日本でケント紙を
買うこともないから、安いんだか高いんだかよくわからんけど。
(↓は息子の担任の先生に頼まれて作ったディヤ(菜種油灯)飾り)
r-diya07.jpg

ダシャラのお祭りが終わったばっかりだけど、もうインド人は
ディワリ・モードに切り替わってますよね。今日の新聞広告なんて
「ディワリ・ギフト」のオンパレードですもん。

日本のお歳暮みたいなものでディワリ・ギフトはお世話になった人々・親戚や
大家さんなどに渡すのです。あたりさわりないのは「ナッツの詰め合わせ↓」
diwali-nuts07.jpg

なのでインド駐在の方々も、ナッツ詰め合わせをもらう機会が増えますよね。
ナッツばっかりもらってもしょうがない・・と思いがちですが、発想を
転換して、胡桃を使った「スノーボールクッキー」やら、アーモンドを
スライスしてのっけた「バタークッキー」やら、レーズンをたっぷり入れた
「レーズンマフィン」やら、お菓子に変身させると子供も喜びますよ☆

そして、ディワリ・ギフトで忘れちゃならない習慣は
お手伝いさんやドライバーさん、門番さんや出入りの業者、お掃除業者さん、
はたまた郵便配達人に渡す「ディワリのお小遣い」。まさにお年玉感覚です。
お金を渡すお宅もあるし、新しいサリーやお鍋をお手伝いさんに買って
渡す人もいるし、まぁこれは人それぞれですが。

私は早くもディワリ・モードになってて、だんなに笑われましたけど
息子ときたら「クリスマス・モード」。年末の帰省時に日本のばぁばに何を
買ってもらうかで、頭を悩ませているのです。早すぎるっちゅうに。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.10.23(Tue)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
頑固おやじからの招待状
仕事で行ったジョドプールで、これまた仕事でやむなく交渉を余儀なくされた
頑固オヤジがいた。どひゃ~!な石頭で、決められた法則にのっとって
恐ろしくゆっくりと仕事を勧める、風貌からして典型的なラジプートの
武士・・・って感じのおやじだった。(ミニチュアール画に出てくるような
くるんと先があがった、立派な八の字ヒゲがはえた、恰幅の良いおじちゃま)
んも~、仕事さえ終われば、こんな頑固オヤジなんて・・・と
心の中で毒づきつつ仕事したのは、酷暑を前にした4月初旬のこと。

その頑固おやじが、お祭りの招待状を送ってくれた。あのときいじめた(?)
日本人がいたなぁ、と半年たって思い出してくれたらしい。

ジョドプールで行われる「ラジャスタン・インターナショナル・フォーク・フェスティバル
噂には聞いていたけど、かなり大規模に行われる民族音楽や民族舞踊の
お祭りらしくて、10月25日から29日まで。(↓クリックしたら大きくなります。)
20071022193327.jpg

今週木曜日から月曜日まで・・・・メヘランガル城で行われる開会式は
満月の夜。ただでさえフォトジェニックな街なんだから、お祭り期間中は
さぞかし絵になる場面が一杯だろうなぁ。カメラ小僧になって、ウロウロしたい。
イベントごとのチケットは500ルピーくらい~。期間中通してのパスは
2700ルピーだって。お祭り好きにはちょっと魅力的な内容のフェスティバル。

それでなくとも旅情をかきたてるラジャスタン州。
ラジプートのお髭の立派な頑固おやじに、また会いにいってみたいもんだ。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.10.22(Mon)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
踊りに。
ダシャラの時期といえば、「ダンディヤ・ダンス」の時期でもあるのです。
去年は1ヶ月の集中講座に通って、棒を使ったダンディヤ・ダンスだけでなく
ヒーチとか、ガルバというコアな踊りも一通り習ったのでした。
今年も講習に参加したかったのだけど、仕事があって行けませんでした・・・
うぅぅ。ダンスは得意じゃない(ちゅうか、下手だ)けど、身体を動かすのは
大好き。音感が悪くたって(?)教え方がよければ、サマになるもんです。
(下はヒーチというダンスの練習風景)
dandiya-practise.jpg

ダンディヤ・ダンスはグジャラート地方のフォークダンスで、グループで
輪になって、カラフルな衣装を着て、棒を使って踊ります。
その棒を振り回すさまは、ドゥルガー女神が悪魔マヒーシャと
戦う様子を表しているんですって。(女性のカラフルな衣装↓)
dandiya-dress.jpg


大きな輪を作って、二人がそれぞれ組になり、ダンディヤ・スティックを
右に・左に打ちつけつつ、ぐるぐる回るその様は、本当に刀を振り回して
戦っているかのよう。グジャラート発祥のこのダンス、ムンバイなどでは
盛んだったのですが、去年あたりからデリーでもイベント会場ができ
色んなところで「Dandiya Raas」と銘打って流行り出しました。

ダンスに使用するスティックも、本来は竹で作っていたそうですが
最近は色んな材質や、色のものが出回っていて、世相を反映しています。
会場はタルコトラ・スタジアムの横の芝生広場。
そんじゃ、準備して行ってきま~~す。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2007.10.19(Fri)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
ドゥルガー・プージャ
ただいま「ダシャラ」というお祭りの期間であることは、12日の
ブログでご紹介しましたが、本日18日からは、ベンガル州を中心に
行われる「ドゥルガー・プージャ」祭礼期間なのです。

ダシャラの主人公でもあるラーマ王子はドゥルガー女神を信仰していたそうで、
ダシャラの時期はこの女神に祈りを捧げる祭り、
ドゥルガー・プージャーの時期でもあるというわけ。
ダシャラの10日目はドゥルガー女神が悪魔マヒシャに打ち勝った日とされ、
ヒンドゥー教徒にとっては二重におめでたい日なのです。

ドゥルガー・プージャの時期はインド中に散らばっているベンガル人が
一斉に休暇をとって帰省します。(うちの運転手さん含め。)
ドゥルガー・プージャの最終日翌日にフーグリー河に流される巨大な
ドゥルガー女神像・・・・デリーではヤムナ河に流されるそうです。
durgapuja07.jpg

デリーで派手派手にドゥルガー・プージャ会場が作られているのは
チットランジャン・パーク界隈(グレーター・カイラシュの近く)↑

ところで・・・・ドゥルガー女神って??と思っている方
ドゥルガー女神はカーリー女神の化身なのです。カーリー女神は
コルカタにも有名な寺院がありますが、ベロを出してシヴァ神を踏みつけて
悪魔をやっつけた勝利の踊りを踊っている、あの怖そうな女神さま・・・
kali07.jpg

カーリー女神の詳細はココでもう一度おさらいしてくださ~い。
(我が家では私が怒ると、だんなが息子に進言・「ほらほら、ママが
カーリーみたいな顔してるから、言うことききなさい」と。うりゃ~!!!)
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.10.18(Thu)  インドの祝祭日COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
道端フード その2じゃ~
えぇ~、やだ!インドで道端で売ってるもの食べてるのぉ?
そう言う声も聞こえてきそうですが、ま・火が通ってますからね。
「大根団子」と私が名づけたそのモノは、こちら。
muliwala1.jpg

上にかかっているのは、大根の千切りと、ミント+コリアンダー+
青唐辛子+香辛料でできたチャトニ。
下にある、きつね色にこんがり揚がったのはチャナ豆の粉(べスン)に
ちょっとベーキングソーダを加えて、とろとろ状態にして揚げた団子。
muliwala2.jpg

いろんなマーケットで売ってるところを見かけますが、私だって一応
見た目まともな、ちょっと衛生的そうな店のしか食べてませんよ。
いつも食べるのは、セントラル・マーケットと(正式名はラジパト・ナガル・
マーケットといいますが、デリーではセントラル・マーケットといえばここの事)
それからマルヴィヤ・ナガルのお菓子屋さんの前にいる、↑このおじちゃんの所で。
思いっきりローカルやなぁ・・・・

前回、道端フーズとしてご紹介したのはカチョーリでしたね。

まだまだウロウロしたいんだけど、残念ながら私の運転手さんが
只今、ドゥルガー・プージャのためベンガル州に里帰り中で、
アッシー君がいないので、「羽をもがれた鳥」状態でございます。
いくらなんでも、この交通マナーのインドで、何がどこから飛び出てくるか
わからない道路で、牛やイノブタも出るかもわかんないので、さすがに
自分で運転する勇気はありませんが。うぅぅぅ・・・・
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.10.17(Wed)  食文化COMMENT(12)TRACKBACK(0)TOP
ハンディクラフト&ギフトフェア
Indian Handicraft and Gift Fair というのが毎年10月に
プラナ・キラーの近くの見本市会場「プラガティ・マイダン」で
開催されていて、この季節になると「あぁ、デリーも秋だなぁ」と
実感していたものでした。

今年はこの「ハンディクラフト&ギフト・フェア」は会場がかわって
Greater NoidaのIndia Expo Center and Martにて、本日から19日まで
開催されています。
小さなビーズアクセサリーから、ジュエリーショップ、インテリア用品、
ジュートバッグ、クリスマス用品や家具などなど、いろ~んなお店が出展していて
「ほほ~、インドはこんなものも作っているのかぁ」と感心するフェアですよ。
バイヤーむけなので、取り扱いロット数が大きいので気軽に買い物・・・・と
いう雰囲気じゃありませんが、気に入った店の名刺をもらっておいて、
後日店舗でちょこちょこ買い物というのは可能です。
もしも入場券が手に入ったら、のぞいてみると面白いですよ。
(写真左手はワインバッグ、右手は靴・靴・靴!!!)
ihgf-image.jpg

一般入場できるフェアにはINDIAN INTERNATIONAL TRADE FAIR(IITF)
ってのがあります。上記と同じようなギフトやハンディクラフトものも
あるし、????ってなキッチングッズや、お掃除グッズ、はたまた
シャナーズ・フセインはじめインドもの化粧品ブランドのブース、
それから布物や服飾関係など、とにかくな~~んでもあり。
会場は広いし、運動靴はいて、お弁当持って、水筒持って出かけなくちゃ~。
日焼け止めクリームぬって、サングラスと帽子もお忘れなくね!
IITFはプラガティ・マイダン見本市会場にて。11月14日から27日まで
ウェブサイトで何がどこにあるか確認してから、効率よく回ることを
おすすめしま~す。(あ、14日と15日はバイヤーオンリーです。)

さぁ、行動開始の秋ですよ!
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.10.16(Tue)  青蓮日記COMMENT(12)TRACKBACK(0)TOP
欲しいもの。
月曜日は息子がスケート教室に通っている「スポーツクラブ」がお休みなので
学校から戻って、昼ごはんのあとさっさとお昼ねさせたのだ。しめしめ
この間にせっせと仕事を済ませましょう。

朝晩肌寒くなってきたので、息子の冬の制服をスタンバイさせとかなくちゃ~
・・・あれれ、どこにしまったっけかな~?

ディワリの季節もすぐそこだし、電飾用品やら、去年調達した延長コード類は~
・・・あれれ、どの棚に上げたっけ~??(↓スタンバイOKのガネーシュ神像)
ganesha07.jpg


日本のマンションは今や収納家具は常識で、更に収納アイディア勝負で
販売戦略を練っているというのに、インドの住宅はまだまだ収納については
甘い!(とかいって、自分の収納能力のなさを棚に上げるのである)
なので自ずと収納家具がど~んと場所を占めることになるのですよ。
しかも既製品はいまいちダサい。合板のなんて、重いものを乗せようものなら
すぐにビヨ~ンと曲がってしまったりするので、材料を吟味してから
オーダーすることになるのじゃ。ここで良い点は、気に入ったの家具の写真を
見本で持って行けば、ほぼそれに近いものが出来上がるということ。
もちろん、ちょくちょくチェックに行って、納得できるまでやり直して
もらうことは必須ですけどね。

私の欲しいもの、もしくはこれから手に入れようと考えているもの。

キッチンのアイランドカウンター⇒インド料理教室やりたいので。
   ・・・・ってか、その前に広い家に引っ越さなくてはな。
壁ごとぶちぬき(両側から物が置ける)棚⇒こだわりの品を飾りたいので。
座りやすいリッチな色のソファー⇒今あるのが貧乏臭いので。
SX4⇒色合いで(まだ)悩んでいます。赤にするか、白にするか。
ダンディヤダンスの棒⇒去年のがハゲハゲなので。
あら、最後のは望みがささやかすぎるかしら。

でもでもぉ~、どれもこれもインドの砂塵まみれになりそうだな~
ダスキ○さん、インド進出の予定はございませんか?
店舗探しと、販促は私にお任せください(・・・オイオイ、大丈夫か?)
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.10.15(Mon)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
華やかに息抜き
なんと、お友達マダムに聞いたところによると、ニューデリー日本人学校の
彼女の息子さんのいる学年では、児童数が昨年度の倍になっているそうな!
インドはただいま日本企業にとっては大注目株の国ですから、当然駐在員の数も
増えているってことです。

それで~、日本人会の登録人数も増え、婦人部の人数も増え・・・・
今年の「日本人会婦人部総会」はまたまた賑やかで華やかでしたぁ。
jwa-party07.jpg

ところはデリーのシャングリラ・ホテルのボールルーム。
シャンデリアも華やかで、橋本シェフのお寿司も美味しかったです。
それに、スタッフのサービスがとても行き届いていて、コーヒーの
テーブルサービスなども程よく回ってきてくれて、感心しました。
婦人部の役員の皆様、さぞかし準備が大変だったことだろうと、お察し申し上げます~
ほんとうに、お疲れさまでした!!
lehenga1.jpg

今年の出し物は「ラジャスタン・ダンス」。ダンサーがみんな若くて、綺麗で
衣装もラジャスタンらしくて楽しませていただきましたよ~
クイズもね、テーブル対抗なので自ずと連帯感が生まれ、インド関連問題のときは
「青蓮さんの担当よ~」なんて振られて責任重大でしたけど~~
(上の写真はレヘンガという、女性用のスリーピース。着てみると
サリーのようにも見えるのですが、丈の短いブラウスと、ロングスカートと
スカーフとがセットになっている物で、花嫁さんはこれを着ることが多いです。)

で、私は今年は「ゴールド」な気分だったので、サリーも金ぴかにしました。
goldsaree.jpg

ジョーゼットに全体的に小さい青海波みたいなゴールド刺繍があり、
裾端とパッルの両側にはパールビーズも混じったペーズリー模様の刺繍が。
でも、生地の薄さの割に刺繍が重たいので、ずるずる下がらないように
あちこちピンで留めたりして・・・・苦肉の策でございますよ。おほほ
誰だよぉ、「金色の鯉」みたいだなんて言ってるのはぁ!??
(写真撮ると、ご利益あるかもよ。ぷぷぷぷ)

ま~ね~、年に一度、きらびやかに着飾って出かけられるパーティも
必要ですよね。インドにいなければできないような体験だしね。
(・・・とか言いつつ、実は忘年会もあるんだけどね)
さてと、お仕事にも本腰を入れなくちゃ。締め切りのせまってるのもあるしなぁ。
来週も張り切って行くぞぉ!
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2007.10.14(Sun)  青蓮日記COMMENT(12)TRACKBACK(0)TOP
今日から
みなさ~ん、インドは今日から「ダシャラ」のお祭りに突入ですよ~
(なので、インド人は21日の最終日まで「菜食期間」に入りまっす。)
navratramenu07.jpg

各レストランやおやつ屋さんでは、この期間は特別な菜食のターリー↑
(大皿にちょこちょこカレーやヨーグルトやデザートが乗っている):
「ナヴラトラ・ターリー」期間限定メニューが登場します。
ナヴラトラの間にはクットゥ・キ・アターで作ったロティが食される時期。

そして感心するやら感動するやらの現象も。
harsingar.jpg

毎年ダシャラの頃になると、<月の満ち欠けにより祭りの日にちが移動するにも
かかわらず>咲く花があるのです。あたり一面に良い香りを漂わせる花
Tree of the sorrow、ヒンディ語で「ハルシンガル」という花。
夜の間に咲いて、散り際に特に香りが強くなる・・・早起きすると
朝の凛とした空気に、この花の香りが混じっているのですよ。
・・・・って、私の場合は息子が早朝クリケット教室に通ってるので
仕方なく早起きしてるんだけど。

ダシャラのお祭りがなんじゃら~という方は去年の9月、一昨年の10月の
記事を読んでみてくださいまし。
え、今年は学校のダシャラ・イベントはないのかって?
ありますよん。うちの息子はナレーターなので、今回は衣装は作らなくて
済むのです。ホッでも、台詞はヒンディ語・・・・
どうやって正しいのかどうか、チェックするのよぉ~~??
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.10.12(Fri)  インドの祝祭日COMMENT(3)TRACKBACK(0)TOP
読書の秋ですから
最近買ったインド関連の本・・・INDIA AN INTRODUCTION
book07-indiaintro.jpg

インドの歴史や各宗教がどうやってインドで確立するに至ったか、を
わかりやすく解説してあるのがこの本。私が崇拝するクシュワント・スィン老師の
再版本なんですけど、わかりやすい英語で書いてあるので英語の勉強にも
なると思います。

それから、ず~~~っと欲しかったんだけど、なぜか値段に怯んで
(ペーパーバックで395ルピー:約1,200円というのは、まぁ妥当な値段ですが)
Landmarkという本・レコード・文具・おもちゃなどの総合店でバーゲン
やってたので。ムガール帝国の最後の皇帝のことを書いた「The Last Mughal」
book07-mughal.jpg

著者はこれまた私が好きなウィリアム・ダルリンプル。
わくわく一気読み本のひとつ、「精霊の街・デリー」を書いた人です。

これも799ルピーはちょっと高いかなぁと購入を後回しにしていた本。
book07-delhitrees.jpg

デリ-にある木や花をほとんど網羅していて、市内のどの通りに
その木が多く生えているのかまで解説があり、写真も一杯載っているので
「植物好き」には必携の一冊です。パラパラめくって何度も楽しめる本よ。

最近読んだ日本の本は「オールニートニッポン」と「りはめよりおそろしい」
(いじはいじよりおそろしい、ってこと)
なんか両方とも、日本の現状を知ってちょっと空恐ろしい気分になった
本でした。それから、読んだ後もず~っと心の片隅に残っているのが
村上龍の「半島を出よ」。舞台が博多だったのもあり、他人事じゃなくて
ひやひやしながら一気読みしましたけど、村上龍さんの脳みそをじっくり
見てみたい気がします。

でも、本って買うと物欲満たされて読むのは随分後になってからだったり
するよね。(・・・て、私だけかな、皆さんは買ったらすぐに読みますか?)

過去のインド本関係記事 ベンガル関連 デリー関連

人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2007.10.09(Tue)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
玉ねぎは選挙の匂い
先週目だった新聞記事は「野菜の値段比較表」でございました。
昨年と比べると、野菜が軒並み値上がりしているのが、よくわかります。
インドでは特に玉ねぎとトマトの値段は死活問題なのでございます。
vegprices07.jpg

こちらのマダムは玉ねぎの値段高騰に反対するデモ隊の「玉ねぎティアラ」
笑い事じゃ~ないわよ、玉ねぎがないとインド料理はできないのよ!って
太い二の腕でウェスタン・ラリアートを食らわされそうな勢いであります。
oniontiara.jpg

実際、インドは玉ねぎの価格を抑えられない内閣は崩壊すると言われていて
与野党反転するくらいの影響力があるのですよ。紫タマネギちゃんに。
日本で○○の値段が上がると内閣総辞職、なんて食べ物があるかなぁ?

インド人の間では「そろそろ選挙だね」「選挙になると株価暴落するかも
知れないし、持ち株を売ったほうがいいかな」なんてささやかれる昨今。
コングレス党党首のソニア・ガンディ氏(故インディラ・ガンディの息子
故ラジーヴ・ガンディ氏の奥様)があからさまに左翼批判を始めたのもあり
選挙へとまっしぐらに向かっている感じなのでございます。

そんな政治のことはさておき、とにかくバタバタと時間管理ができないまま
気がついたら10月も三分の一が終わろうとしてるじゃないの~、焦るわ。
去年の今頃はダンディヤ・ダンス教室で毎日忙しかったのよね。
今年は・・・・・別のダンス特訓に励んでおります。ヨガもね。
ヨガはゆる~い、簡単なヤツ・・・・と気楽に参加してたら、最近結構
ひぇ~、なポーズもあったりして。

でも今年も、ダンスもヨガも功を奏さないまま・腹回りの肉「全開」のままで
土曜日の「日本人会婦人部総会」を迎えようとしています。  
もうワラってごまかすしかないべさぁ~~~~~。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
インドで食べる日本食なのだ
日本からの駐在員は世界各国で大活躍していますが、色々な赴任先の中で
ハードシップの高い国として挙がってくるのが「インド」ですって。
伝統を重んじる点では日本との共通項も多いと感じますが、人付き合いあっさりの
最近の日本の若者には、インドは濃すぎるかもなぁ・・・・。
日本の取引先VIPがインド来訪・・・というときには接待の場も
限られてくるので「自宅接待」が主体になるそうで。
色々な国で駐在経験を積んだ日本人マダムたちは、とてもパーティ上手で、
しつらえやお料理を見るだけで私はうっとり。その場にいてマダムたちの
気遣いを見るにつけ、ひたすら感心してしまうのであります。

さて、最近でこそ和食の食べられるレストランが増えてはきましたが
そこはそれ「外国で食べる和食」ですからね。パーフェクトにはいかないわけで。
最近食べたエクスパット(外国在住者・駐在員・国外離脱者?などをさす)
御用達な和食をざっと画像でご紹介しましょう。

デリー、シャングリラホテル1F:19Aveの「Veg Sushi Platter」
ヴェジタリアン用のSushiメニューがあるところが、インドらしいじゃな~い?
19ave-shangrila.jpg

ムンバイ、ヒルトンホテル地階:India Jonesの「鍋焼きうどん」
海老天、卵に加え、えのきもほうれん草も蒲鉾も入っているのです~~、上出来よ。
hiltonmum-udon.jpg

バンガロール、播磨の「ランチセット・餃子と豚肉生姜焼き」
好きなおかずが二つ選べるってのが、すっごく嬉しかったよ~
harimalunch.jpg

最後のランチセットが私の一番のお気に入りだぁ。

そういえば、実はカトマンズには蕎麦の名店があるのよね~
マオイスト台頭に伴い治安に問題ありで、渡航自粛が勧告されている
お隣の国、ネパール。サンセット・ビューというホテルの職人は
戸隠で蕎麦うちの修行をしたそうな~~店の名は「そば処・ヒマラヤ」

それから、最近ヴァラナシに行ってきた知人の話によると、日本人オーナーの
レストランで、手打ちのおいしいうどんが食べられるんですって。
「捏ねる」のが得意なインド人ですから、うどんは修行の場があれば
上手にできるのかもね~。パン種を捏ねるのも、アター捏ねで鍛えられているから
すごく上手ですもんね。おまけに東北地方出身のお手伝いさんだと
餃子の皮作りもちょっと要領を教えれば上手ですよ。(モモ作りで慣れてるし)
そのヴァラナシのお店は「イーバ・カフェ」という名前。
う~ん、ぜひヴァラナシひ食べに行かなくちゃ。
(食べ物につられて飛行機代払って行くかぁ???)

あぁ、今日も食べものネタで一人悦に入ってしまいました。
そろそろ晩御飯のメニューでも考えなくっちゃ!!
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.10.05(Fri)  食文化COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
10月の祝祭日一覧
今月は何やかやとお祭がてんこ盛りですから皆さん心して(?)下さいね~

10月12日から21日まではダシャラのお祭期間に突入します。
ダシャラって何じゃらほい?という方は去年の記事でラーマーヤナの
お話を読んでみてくださいね~。(9月22日~27日参照)
ダシャラの後半、18日からはベンガル州を中心として、ベンガル出身者の
多い地域でも盛大に行われる「ドゥルガー・プージャ」の時期でございますよ。
それからそれから、延々と続いておりますムスリムの断食(ラマダン)は
10月14日のId ul Fitrをもって終了。この日も祭日となっております~
(↓の写真はお祭り期間中のインド版帰省列車のようす。)
durgapuja-train.jpg

え~と、おまけに10月26日はマハーバーラタを著したとされるヴァルミキの
お誕生日なので、学校などはお休みです。そして29日は夫の健康と長寿を
祈って奥様たちが断食をする、カルワ・チョウトですからね~
インド好きな皆さん、インドに住んでる皆さん、スケジュール帳にしっかり
お祭やらお休みを記入しておきましょうね~(と自分にも言い聞かせる)

お祭り騒ぎついでに・・・先日ムンバイのタージマハルパレスにいるときに
ワールドチャンピオンになった「Team India(インドクリケットチーム)」が
凱旋したのですよ~。あわててカメラを構えるも、ドーニーは歩くのが
早くて後姿だけ(リュック背負って、インドチームのユニフォーム着ている人よ)。
RPスィンも足が速くてあたふた。携帯電話しながらってのがイマドキ。
dhoni-rpsingh.jpg

かろうじてハルバジャン・スィンとユヴラージだけが何とか収まり。
(黒いTシャツがハルバジャンスィン、右手の携帯持ってるのがユヴィ)
harbajan-yuvraj.jpg

ホテルスタッフの数があまりに多くて、何がなんだかなぁ・・・・

それからそれから、忘れないうちに記録しておかねばならないことがぁ~。
前に「デリーに韓国食材専門のスーパーができた」という情報を載せましたが、
場所がわかったので早速探検に行きましたよぉ・・・・キムチラーメン
一個が90ルピー、パン粉一袋300ルピー・・・・・あなたなら買う???
韓国食材があるんだから、お米も安いかも、と目算していったのだけど
残念ながらお米は置いてなかったですぅ。店内にお客さんは私だけ。
店の先行き、ちょっと不安かも(余計なお世話ってか~?)。

行ってみたい方、「A-Mart」はヴァサントヴィハールから国際空港に向かい
NH8沿い、マヒパルプールの交差点のすぐ手前、左手にあります。
(マヒパルプール交差点を左に折れるとヴァサントクンジ(日本人学校
のある区域)方面です。)

なんだか一杯これもあれもと書いておかなくちゃならないことがあって
注意力散漫なのがありありですが、たまにゃ~良いかぁ?(って、いつもか?)
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.10.04(Thu)  インドの祝祭日COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
ルパの憂鬱
仲良しのママ友達、ルパはベンガル出身。ご主人はインド工科大学卒の
エリートで、すでに40前にして確固たる会社の役員だったのですが
ヘッドハンティングでInfosysに。年中さんのときからずっと一緒に
スクールバスで通っていた息子がいて、しばらくは単身赴任と言ってたけど、
去年の秋にバンガロールへ引っ越して行きました。

ルパを通して学んだベンガルの習慣も多く、子育ての共通の話題もあるし、
二人でいつもつるんでいただけに・・・・・・
ヒンディ語が喋れても読めない彼女と、ヒンディの読み書きはできても
男性形でしか喋れない私とで、割れ鍋に綴じ蓋状態だったのに~~~
別れ別れになるのはとても辛かったのでした。

そして今回、出張で出かけたバンガロールでクライアントを見送ったあと
ルパのお家へお泊りに行ってきました。おしゃれなマンション群、セキュリティも
しっかりしています。地下は駐車場、その上には広~い公園、遊歩道、
プール、集会場などが敷地内にあるので、とても安全で子育てには良い環境。
rupahouse1.jpg

一人息子はデリーで通っていた学校の系列校に入れるのかな?と思いきや
チェンナイベースの名門校のバンガロール分校に入学できたそうな。
最近学校ではどんなことやってるの?ダシャラとディワリのお休みは何日間あるの?
などなど、情報交換にいとまない私たち。

ベンガル出身のルパ家族にしてみると、ダシャラと時をほぼ同じくして
行われる「ドゥルガー・プージャ」は年に一度の楽しいお祭り時期なのです。
例年一緒にデリーでベンガル出身者が多く住んでいるチットランジャンパークへ
ドゥルガープージャを観にいったりしてたんだけど、バンガロールでは
まだどこにベンガル出身者がかたまっているのか、よくわからないらしくて
しかも・・・・・チェンナイベースの学校では、最近問題になっている
「ラマが存在したかどうか」も影響して、校長先生が「わが校では
ラマ王子の凱旋を記念するダシャラの祭りは奨励しません。したがって
ダシャラ期間は休みなしです(つまりドゥルガープージャの休みもない)」と
見解を発表したんですって。

ま~ルパの落ち込みようったら。「ベンガル人にとってドゥルガープージャは
お正月みたいなものなのに。コルカタじゃ学校は1ヶ月休みになるのに~」と
嘆くことしきり。

おまけに教育カリキュラムは各州ベースなので、デリーですでに9の段まで
マスターしている掛け算は、まだ5の段まで。バンガロールはカンナダ語の
授業もあるので、ヒンディはまだ母音マートラの部分をやっているんですと。
でもデリーでやっていない「コンピューター・オリンピアード」という
コンペティションがあって、その問題を見せてもらったら
アルゴリズムとは何か?(でぇ~?アルゴリズム体操なら知っとるけど)
そんなことって小学2年生で知ってなきゃいけないこと??

ってなわけでおしゃべりしまくって、無事デリーに戻って来ましたから。
これから秋のお祭りシーズンだし、デリーの話題で盛り上げまっす!
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

TopAdmin