FC2ブログ
□  2007.07 □  06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
「めちゃうま」探訪 メイン編
食べるの大好きですから~~
おっしゃれ~なレストランから、道端フードまで・・・・インドは食の
宝庫です。いやほんま。なのになぜ旅人たちは「腹を壊す」????

ひとつには「インド到着後すぐに辛いものを食べ過ぎる」ということ
・・・・インドに着いて、嬉しくて、カレーやらアチャールやら
油もたっぷりのものを食べてお腹がびっくりするんじゃなかろうかと。
ツアーの場合にはバイキング式の食事が多いので、「食べすぎ」が原因で
お腹を壊す人も多いですよ。腹7分目、もちょっと食べたいけどな~、
くらいが適量なのです。(・・・・と自分にも言い聞かせる)
それから「水を飲まなさすぎる」のも要因じゃなかろうか。
水は一日2リットルくらいを目標にどんどん摂取すべきだと思う。特に
暑い時期にはね。お腹が弱いと自負している人は、まずはCatchやHimalayan
というメーカーのミネラル・ウォーター(軟水またはそれに近い)にしてね。
あ~、それからそれから、暑いときには外をウロウロするのを控えて、
まったりと過ごすことですよ~。
galina-jul07.jpg

そりゃともかく、デリー大学ノースキャンパスの学生や、夕方のグルドワラ参りの
帰りの家族連れで賑わっている、私の好きな「ローカル・レストラン」は
Gole MarketにあるGalina<ガリナ>という店。(日航ホテルの近くです)
この店で有名なのは「カバブ・ロール」ですが、マトンビリヤ二もイケルのよ。
マトンはごろごろ入ってるし、高い香辛料だって惜しげなく使ってあるんだから。
(・・・・咄嗟に原価計算する私は主婦丸出し。)
この日は「どうしても豚肉食べたいモード」だったので、ポークソーセージの
タワ(厚手鉄板)カレーと一緒に食べました。
あ~、書いててまたヨダレが・・・・・
saunf07.jpg

3人でお腹はちきれそうなくらい食べて、335ルピー。(写真は食後の
お口なおし、消化を助けるソーンフ(フェンネル)と砂糖ミックス。
ローカルレストランな風情を醸し出しているでしょう?)
お腹一杯になって、向かう先はデザートなのだ~。
ガリナでメインコース、それから腹ごなしにとことこ歩いて向かう先は・・・?

つ・づ・く
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



2007.07.31(Tue)  食文化COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
美人を見たいなら
なんか意味深なタイトルですかね?デリーで「美人」を見たいなら
迷わずスィク教徒の多い地域に行くべし、だと思います。
蓼食う虫も好き好きでしょうが、日本人のイメージするインド美人は
スィクの女性に多いんじゃなかろうか、と思うのです。
rajouri-paragon.jpg

その代表的地域として、Rajouri Garden(ラジョウリ・ガーデン)が
挙げられますが、ここは昔ながらの商店街に加え、すごい勢いで
ショッピングモール建設が行われており、インドの経済発展を目の当たりに
する感があります。地下鉄のRajouri Garden駅を降りたら、目の前に
ショッピングモールが。5箇所の巨大モールが林立していて、その端には
昔からある映画館の入ったVishalというビルが。Vishalにはマックや
Fab Indiaが入っています。
rajouri-tdi.jpg

他のモールはまぁ、似たりよったりですが、TDI Mallというところは
家族連れをターゲットにしているようです。(上の写真)
子供の遊具やゲームがあり、インド人の平均所得からすると、遊具に乗って
一回50ルピーというのは高い・・・・と思うんですが、世界中どこでも
「子供の喜ぶ顔」見たさに、親は高いお金を払っているわけで。
しかも最上階にはディスコがあり、昼間からナンパ目当てのお兄ちゃんやら
おしゃれに余念ない女子大生たち(?)で賑わっています。
rajouri-shoppers.jpg

そして、どこにでもあるShopper's Stopというデパートも、
ラジョウリ・ガーデンのそれは一歩先行く洗練度。一見の価値あり、の
品揃えです。適度に休憩用ソファーが設置されているのも、小さな子供が
遊べるプレイペンが無料なところもポイント高し。

全体的な賑わい方といい、購買力といい、グルガオンよりも高成長中かも
と思えるラジョウリ・ガーデン。西デリーにおでかけの際はぜひお立ち寄りください。
夢に描いた(?)インド美人に会えるかもよ~。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.07.30(Mon)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
難題クリア
昨日、2年生の息子の連絡帳に書いてあったこと
Decide on which lesser known freedom fighter you will become
on the Indipendence Day special assembly.

へ???「独立記念日のミニ発表会で、どの「あまり知られていない
フリーダム・ファイター:独立の志士」に扮するか、決めておくこと」ですと?

それって、日本に住んでる一般インド人に「松下村塾の塾生のうち、一番
マイナーな人は誰ですか」って尋ねるみたいなもんじゃな~い??

今まではガンディーさんとか、ネルーさんとかで良かったのにぃ。
ララ・ラジパット・ライはどう?と写真を見せたら、息子が「ターバンかぶりたくない」だと。
ぬわにぃぃぃぃ~~、ってことはバガット・スィンもいやなんだな。
ジンナになると、物議を醸し出しそうだし。

・・・・・ようやく探し出した、聞いたこともない名前のひと。
衣装を作らなくてはなりません。とか言いつつ、きっと前日泣きながら
「あぁ~もっと早くから縫っときゃよかったよ~」とミシンかけにいそしむ
わが身が予想できる。さぁ、誰に扮するかはお楽しみってことで~♪

おまけに今日の連絡帳には「○○に扮して発表する台詞を2センテンスで
月曜日までに覚えてくること」だって。ぎょえ~
聞いたこともない名前の人に何を言わせろと言うんだ?

それって、日本に住んでる一般インド人に「池田屋騒動で奥沢栄助は
どんな名台詞を残しましたか」と問うようなもんだぞ。

難題に次ぐ難題。「脳を鍛えるドリル」を買わずして、鍛えられてるぞぉ。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
インドじゃ普通にエコ
銀座でアニヤ・ハインドマーチ(イギリスのバッグ・アクセサリーデザイナー)の
エコバッグが売り切れたそうな。そんな話をワイワイしながら、昨日は
日本からやってきたお友達と、デリー中を買い物で走り回っていました。
中でもおしゃれに敏感な彼女たちが「これを買って帰りたい」と言ったのが
私が名づけたところの「難民バッグ」。INAマーケットなどで売っている
しましま模様の(あ、死語だね、「ストライプ」と言わねば。)
でかバッグ。30~50ルピーで買えて、上部にはちゃんとジッパーがついている。
ちょいと見、ポール・スチュワートか?って模様なのだ。
チャイバッグ(チャイの宣伝がついてる布製)も欲しいといってたんだけど、
時間切れになったので私が入手して送ることに。
これを日本でお買い物バッグとかランドリーバッグとして使うんだって。
おしゃれな人が使うとなんでもおしゃれに見えるんだよね。

エコ、エコってうるさく言わなくても、インドじゃ普通にやってることが
エコなことが多いのかも。逆にエコ活動に対する知識はほとんどない人が多い。
たとえばコレですが。
handmade-soap.jpg

デリーの下町で売ってる、庶民の石鹸。量り売りです。内容物や使っている油によって
値段は違えど、廃棄油再利用の手作り。しかもこれで身体も洗う、シャンプー
にもなる、洗濯にも使うというスグレモノ。でっかい塊が40ルピーとか55ルピー
とかで売っているのです。

自然に還す、という使い方をしている物が多いのもインド。
先日ご紹介した「道端フード」の葉っぱのお皿も、牛が食べたあとは
ゴミとして収集されますが、それも自然に還るもの。
道端チャイの素焼きのカップも、地面に投げて割って捨てても、そのまま
土に還るもの。市場へ買い物に行くときには「マイバッグ」を持っていくのは
普通のこと。実は意外と「エコ」なことを普通にやっている国なのであります。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


2007.07.26(Thu)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
道端フードなのだ
熱々の揚げたて!
はふはふ言いながら、ジャガイモのカレーにぴとぴとつけながら食べる。
葉っぱのお皿に入ったそれは カチョーリ と呼ばれています。


小麦粉にバターを入れて、よくこねて、
ちっちゃいお団子状にして、てのひらでむぎゅ~~~っとつぶしながら
あつ~い油で じゅわ~っと揚げるのです。
別のお鍋ではタリワレ・アルー(ジャガイモ入りスープ状カレー)が ぐつぐつ。
葉っぱのお皿はそのうち、牛さんがやってきて、食べていきます。
うまいこと循環している、これぞエコってやつ?


カチョーリ2個とジャガイモカレーでけっこう小腹も満たされ、3ルピー。
みんな店先で4個ぐらい食べたあとは、お持ち帰り用の子袋を幸せそうにかかえて
帰っていきます。出来立ては熱くて食べられないから、ほどよく冷めたので
いいよ~、って言ってんのに、わざわざ揚げたてを入れてくれる・・・
いよっ、オールドデリーのあっつ~い人情だねぇ。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ



2007.07.24(Tue)  食文化COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
油を絞るのだ
インドにはまだまだ面白い「仕事人」が山ほどいるのです。
昔は日本にも一杯いたのだろうけれど、今では職人技を継承する人が
少なくなっていますよね。こだわりの、その仕事を継承する人々は
オールドデリーの街角に、ふつ~~うに暮らしているのです。

たとえば「油屋さん」。それも油を絞るのは「牛」の力で
牛がぐるぐる回って、臼のような大きな機械を回している・・・・と
聞けば、見てみたくなるでしょう?(え?ならんかね?)

残念ながらオリジナルのお店は7年ほど前に先代が亡くなったときに
閉めたそうで、しかも牛をぐるぐる回らせるスペースもない昨今
機械に仕事をゆだねていました。ぐるぐる回っているのは「ごま」。
あたりにはごま油の香ばしいかおりがたちこめています。
oil-olddelhi07a.jpg

こだわりのしぼりたて油を求めて、人々が絶え間なく訪れる店先。
量り売りで、「未熟マンゴのアチャール(インド風漬物)」を作るこの時期は
サルソン・カ・テール(芥子油)が一番売れるんだって。そして年中売れるのは
ココナツ・オイルなのでございます。髪の毛にすり込んだり、体に塗ったり。
市販のものと違うのは、なにせ香りが良い、新鮮なこと。
マイ・ボトルを持ってココナツオイルを買いにきている少年や
業務用のでっかい缶入り芥子油を購入しているおっちゃん・・・・
oil-olddelhi07b.jpg

そして、色とりどりの油たち。赤いのはローズオイル、緑のはアムラー
透明なのは亜麻の油ですと~~。マッサージ用だって。
こうやって綺麗に瓶につめて並べてあるとま~、おしゃれ。
シャングリラホテルのCafe UN☆のデコレーション瓶みたい?
(一緒にすなよ~とシャングリラに怒られるかね?)
しかもジョ二黒ジョ二赤の瓶につめられているところが、哀愁をそそるね。
oil-olddelhi07c.jpg

インドに惹かれるひとびとは、こういう風景や、生活そのものや
人々のエネルギーや、好奇心まるだしの目に
たまらない魅力を感じるんでしょうね。
そしてインドを受け入れられないひとびとは、それらすべてがイヤなんだよね。
う~~~ん、「インド」、奥深いでございます~~
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
至福の時間
・・・・とタイトルを書こうとしたら「私服のとき」と変換された。
ちがうってば!!(そういえば、博多弁の変換はすっごく大変です。)

一昨日、日本からお友達がインドへ到着。普段は東京にいる方々なので
博多に帰省中も会う機会はなく、前回インドに来たときに「また来るから」と
約束したのを、ちゃ~~~んと守ってくれて、お友達をつれての3年ぶりの再来印。
今回は「ジャイプール」と「ゴア」が気になるから・・・と言うので
現在彼女たちはジャイプール滞在中。そして一度デリーに戻ってから
今度はゴアへと飛ぶのです~~。デリーに戻ってきたら私が合流、一緒に
ショッピング三昧の予定。あ、アーユルヴェーダにもチャレンジしたいと
言っていたっけ・・・・
ny-books.jpg

な~にが嬉しいって、お土産の「活字」もの。とにかく活字を持ってきて~
と頼んでおいたので、雑誌類が一杯届いて、最近は家事もおろそかにして
雑誌に埋没しています。あ~しあわせ。日本の雑誌は紙質も良いし、
写真もおしゃれだし。特に「特集インド ジプシーの旅立ち・タール砂漠を
彷徨う」と題したCoyote(小西公大さんの執筆部分がかなりあって、嬉々
として読んだ)や、b*p(いろんなお仕事特集だった)は広告ページまで
舐めるようにチェックしてしまいました。あ、「栄養と料理」もね。
あはは・・

もひとつ「至福のとき」と言えば、前にも書いたけど「イタリアン」なご飯を
食べているとき。先日はお友達と某イタリアンへ。安くて美味しくて
大満足。
italian-jul07.jpg

こういう日々のちっちゃな幸せの積み重ねで、人間は頑張れるんだな。
アンテナを張り巡らしていると、ピピっとひっかかるものが多くて
でも、わが身は一つ。取捨選択をせまられ、優先順位をうまいことつけて
処理せねばな~と思う昨今であります。
皆さんはどうやって「やりたいこととやらなくてはいけないこと」の
折り合いをつけていますか???
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2007.07.20(Fri)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
今月のもろもろ
な~にがIT大国じゃい!!??
と毒づきたくもなるような、ネット回線なのであります。
インドに来てすぐは、VSNLでした。でもやたらトロいので昨年はじめに
MTNLに換えました。最初は快調でしたけど、最近なんだかこれもトロくさい。
どびゃ~~~っとデータのやりとりができるようなのはないかいな?
でも、地面を掘り起こして、えっちらおっちらとケーブルを埋めている
その作業を見ていると、贅沢も言えない?
が、とろろ~~~んとしかデータ送信できないので、やる気も失せるのだよ。

さて、デリーにお住まいの皆さん、今年もカヴァリアの時期ですよ。
NH8号線沿いやメロウリ・グルガオンロード沿いに、そしてあの
でかいシヴァ神のあるあたりに、「オレンジ装束」の彼らが目立つように
なりました。詳細はココ(ナオミちゃんブログ)コッチ(bharatさんのブログ)で。

モンスーンのこの巡礼をはじめとして、これからインドはお祭りシーズンへと
なだれこみ!!近場では7月29日(日曜日)がグル・プラブという祭日。
種々のヴェーダや、経典の作者、グル中のグルと崇められるVyasaを
称える日です。グル・プルニマとも呼ばれ、この日は満月なんですよ。
8月15日は独立記念日。ティージ=ブランコ祭りが8月15日&16日。(これは
主にラジャスタンで行われるので、デリーでは特に関係ないかな)

それから、8月28日(火曜日)がラキ(正式にはラクシャ・バンダン
という兄弟の無事を祈るための祭事の日。デリー在住のみなさん、
この日はお手伝いさんやドライバーさんたちが、休みをくれ~と言うかも
しれませんから、そのつもりで外出の計画を立てましょうね。
arabiagum07.jpg

は~~それにしても、モンスーン季だというのに雨が降りきらず
蒸し暑いので、やたら体力を消耗します。(私は無駄な動きが多いのか?)
今日はとうとう、暑さに抗えず昼間から冷房をつけてしまいましたよ。
私がガマンできない暑さ・・・・・って、相当だと思う。ふにゃ~~~
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2007.07.18(Wed)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
宿題展示会
今朝は息子の学校で、2年生の「夏休みの宿題展示会」でした。
別名・・・「お母さんの夏休みの頑張り度・判定大会」。
holiday-hw07.jpg

いや~、色んな「発展学習」のやりかたがあるもんだ~と感心しました。
でも、各クラス15人分くらいしか展示してないってことは、みんながみんな
提出してないってこと?ずる~い!

最近のうちの息子のヒット作。(私ひとりがめちゃウケしているもの)
学校で作った「孔雀」。
peacock07.jpg

先生は青い○の部分全体を「羽根」に見立てて、ちっちゃい顔をつけて
カラフルな羽根を貼り付けさせよう、と思っていたはず。
しか~し、うちの子は青い○を、まんま「でかい孔雀の顔」にしたのです。
いや~、オモロイ発想。
あたしゃ最初に見せられたとき「インディアンの酋長か?」と思いましたよ。
コレを見るたんびに、何か腹の立つことがあっても、ワラってしまうのです。

お宅にも、お子さんの作品でめっちゃ良い味出してるのがありませんか?
そういう感性を認めてくれる先生にあたったら、万々歳ですよね~
幸いインドの先生方は、個性を伸ばす教育をしてくれているようで、
画一的な絵を描かせたりしないところがありがたい。

「先生がおうちでもう一個作りなさい」とオマケでくれた(?)材料もあり。
「ママ~、孔雀をもう一匹作りたいの~」とうるさくされています。
何か違うものを作らせて、もうひとウケさせてほしい・・・と狙う私

もうひとつ、学校に行ったついでに私の「敵」をご紹介します。この鏡。
honest-mirror.jpg

校長室の横のスタッフ用お手洗いにある鏡。
これに映し出される私の顔は、いつも超ブス。真実の鏡ってことですかぁ~?
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

インド産マスタード
たまに行きたくなるローカルマーケット。
その名は「チットランジャン・パーク」(以下CRパークと略しますぅ)
別にうちの近くのだって、ヴァサントのCブロックのだって、
インディラマーケットだってかわりはないんだけど~
ここが何故に私の心をくすぐるかってぇと、「ベンガル人」が多い地区だから。

初インド上陸地がコルカタで、ベンガル人とのふれあいが楽しくて
妙なベンガル語を教わって、通じたらめっちゃ嬉しかったっけ~。
「歓喜の街」(City of Joy)というビデオを見たとき、
コルカタのリキシャワラの地をはいずるような生き様を目の当たりにし、
そんな中でも娘の結婚式のために必死でダウリの体裁を整える父親にの姿に
涙し・・・・ま~そんな個人的な思い入れもあり、ベンガル文化には(にも)
興味津々なのです。

CRパークでは、まず「カティ・ロール」を食べま~す。お決まり。
どでかい鉄板で、薄焼きロティを作り、卵やチキンや野菜を巻き込んだもの。
シンプルなエッグロールは15ルピー、チキンロールは25ルピー。安いよね。
そしてコレを買うのです。ベンガル語で「カスンディ」
bengalmustard.jpg

芥子の粒ツブが見える、ベンガル風「マスタード」。1本25ルピーだす。
ドレッシングに入れたり、チキンのマリネに使ったりと応用範囲も広いのよ~
しかも~、読めないけどベンガル語のロゴがなんだかキッチュでしょ~
bengalmustard2.jpg

おまけに~、空き瓶にはなんだか由緒正しそうな模様がついてるし。
・・・・ってか、ひょっとしてウィスキーの空き瓶再利用???
空き瓶フェチの私としては、捨て置けないのであります~~
(他にも「照明フェチ」「文房具フェチ」「ステッカー(シール)フェチ」と
なんか色々捨てられないものだらけで・・・・・・体系スリム化を叫ぶ前に
ためこんだモノのスリム化をはからなくては、と思うのであります~~)
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


2007.07.16(Mon)  食文化COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
日本じゃ作れないだろうけど。
え~と、お料理のレシピをご紹介するんですけど、
今回のこの材料は、日本じゃ手に入らないと思います。
ひょっとすると沖縄とか奄美大島とかにはあるのかも。

モノは・・・・「ジャック・フルーツ」前回の紹介記事はココよ~
ヒンディ語で「カタハル」と言います。今が未熟果のシーズンなので
市場でもあちこちで売ってます。ネバネバ、ゴムの樹液みたいな汁が
出るから、売り子さんたちはレモンでナイフを拭きながら、切ってくれます。
・・・・っちゅ~か、すでに市場の地べたで切ってる、その
姿を見ただけで怯むマダムが多いかも。
jackfruits1.jpg

まず~、種を取って、甘皮を剥いておきます。この種の部分が
できあがるとホクホクして、まるで栗のようなのよ~。捨てんでね。
準備ができたら、「素揚げ」します。
強火で素揚げして、ちょっと焦げ目がついたらもう十分。
jackfruits2.jpg

玉ねぎ2個を小さめのみじん切りにしておき、茶色になるまで炒めます。
塩小さじ2、ハルディ(ウコンパウダー)小さじ1、柄夢魔皿・・・・
オイオイ、暴走族か?ガラムマサラ小さじ1、ダニアパウダー(コリアンダーの
種を粉にしたもの)小さじ2を加え、基本のマサラを作ります。
ここに↑で素揚げしたカタハルを加え、ひとまぜ。

水をカップ1杯加え、よく混ぜ合わせたら、蓋をして中火で15分ほど。
まだかたいようなら、水を少し足して、更に煮込みます。
jackfruits3.jpg

仕上げにダニア(コリアンダーの葉っぱ)のみじん切りをパラパラっと
散らして、いっただっきま~~~す!!
jackfruits4.jpg

これ、一度食べると癖になりそうな、まったりした味のカレーなのよ~。
食べてみたい人は、モンスーンのはじめの時期に、うちに遊びに来てください。
余ったのを、トーストに乗せて食べるとこれまたうまい!
白いご飯に混ぜ混ぜして食べても美味しいのよ~。 じゅるるん
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

びっくり!インド靴
「たまげた」ぞ。(ちょっとしたことで、しょっちゅう「たまげる」ので、
昔から私を知る人々は「またか」と思っているようで。人生驚くことが
少なくなったら、つまんないじゃんね~~)
これ、日本のファッション雑誌で見つけたんですけど~
chappal07.jpg

とある有名ショップのサンダル、11,500円ですって!!
ぎゃ~~~~~
だってこれ、ジャイプールの道端で250ルピーで売ってるよ。
銀だけじゃなくて、金色とか、ブロンズのもあるよ。
ヴァサントロックの、Archiesの前の露天商でも売ってるよ。
ぎゃ~~~~~
ま、縫製とか使ってある皮が違う!と言われりゃそれまでだけどぉ~
サンダルってすごい消耗品だよねぇ。
・・・・ひと夏の流行を追いかけるなら、あたしゃインド製でいいわ。
こりゃもう、「サンダル」じゃなくてヒンディ語で「チャッパル」と
呼んだほうがしっくり馴染むと思う。

そういわれてみると、インドはラクダの皮を使ったチャッパルの宝庫、
ラクダの多いラジャスタン州は特にそうだ。
あちこちで、こんな靴屋さんに行きあたる。
jai-jhute.jpg

左右同じ形なので、履き慣らして自分の足の形に馴染ませつつ、履きこなすのだ。
土踏まずのアーチに沿った盛り上がり、なんてないので、私の友人は
「足がつる」と言っていたっけ。あはは・・・・
でも安くて、きらきらビーズ刺繍が可愛いインド靴は、洋服の色にあわせて
何足もそろえたくなるのだ。次に狙っている色は紫とゴールドなのだ。
前回の一時帰国の際には、インド靴やチャッパルをお土産にしたら
部屋履きに、と結構好評でしたよ。

オールドデリーを徘徊したいけど、あまりの暑さで断念している昨今。
モンスーンだというのに、雨が降らないので、蒸し暑いっす~~!!
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.07.12(Thu)  ファッションCOMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
変わりゆく食の嗜好
インド人は「パンチのある味」を好みます。辛いのも、酸っぱいのも
甘いのも、日本人感覚からすると極端なような。その嗜好は年配者ほど
けっこうはっきり浮き出ているような気がします。そして田舎にいくと
これまた顕著。たとえば、ラジャスタンのど田舎で出てきたのは
ラル・マースという山羊肉の煮込みカレー、ラジマと小豆のカレー
オクラのドライカレーとご飯・チャパティ。そのへんの畑でとれた野菜を
利用した、そのへんを歩いている山羊を使ったまさに地産地消なメニュー。
どれもパンチのある辛さでした。なのにそれでも「外人むけにマイルドに
した」んだとさ。
rajasthan-thali.jpg

そして、下の画像はパンジャブのレストランで饗されたヴェジ定食。
こちらは乳製品豊富はパンジャブらしく、ライタやバターミルクもついてて
更に豆カレーやミックス野菜カレー、ほうれん草カレーにも、
ギー(精製バター)やナッツ類のペーストが入っているらしき、濃厚な味。
青唐辛子の酢漬けがテーブルの上にどど~んと置いてあり
食後のお口直しには「フレッシュできたて黒砂糖」・・・・・・・
う~ん、甘辛酸苦、どれもパンチあります。
punjab-thali07.jpg

が、最近はインド人も「外食」に慣れてきて、色んな国の料理にも
なじんできたようですイタリアン・中華・韓国料理・タイ料理・フランス料理と
選択肢も増え、嬉しいことです。和食が健康的なのだと、ようやく一部の
上流階級の人々は察知したようで。「日本食の材料はどこで買えるの?」
などとインド人に尋ねられることも、多くなりました。
こんなおしゃれな「無農薬サラダつきトマトとモッツァレラチーズの
バゲットサンド」なんてなものも、インドで食べられるようになりました。
anokhicafe.jpg

まぁ、でも世界中どこでも「おふくろの味」が一番美味しくて
一番安心できるものなんでしょうね。さ~、晩御飯は何にしようかね~
息子が将来これぞおふくろの味」と思う私の逸品料理は何になるのかね~?
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.07.11(Wed)  食文化COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
モンスーンの風物詩
モンスーン(雨季)だなぁ、と実感する風景。

夕暮れ時の雲


綺麗な夕焼け。日本じゃ「夕焼けの翌日は晴れる」というけど
インドじゃ必ずしもそうじゃないなぁ。デリーもちょっと郊外にいくと
地平線が実感できるような、ひろ~~~い芥子菜畑やら、麦畑があったのに
最近はビルやマンションが立ち並んで、風景が変わってきたと感じます。

とうもろこし売りの屋台(1本5ルピー)


屋台に近づいて、山積みになってるとうもろこしの「皮」を見ます。
しなびていたら、あんまり売れてない証拠。綺麗な新鮮そうな屋台が
あったら、おもむろに皮を開いて中身をのぞいて、しっかりと実がつまった
ぷちぷちに美味しそうなのを選んで、炭火で焼いてもらうのです。
あ、だまってると「レモンをしぼってマサラをかけて」くれるから
シンプルなのが良い場合は、そう伝えておいてね。
いや~~~ん、道端のものなんて・・・と思っている方、火が通っているから
大丈夫だと私は思うんですが。だめ???

いっぱい実のなったニームの樹


オリーブの実よりちょこっと小さいくらいの、透明感のある黄緑色の実。
いっぱいなっているので、何かに利用できないのかな~~??と思って
長老のインドじいちゃんに尋ねてみたら「土に穴を掘って、台所の
生ごみと、ニームの葉や実を交互に重ねて置いておくと、立派な肥料に
なるし、殺菌作用があるから、蚊も発生しない」んですと~~
やってみようかね。

ほかにも「モンスーン」らしい風景はないかいな~~~??
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ




2007.07.10(Tue)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
マンゴ・フェスティバル2007
いや~、マンゴの季節も残り少なくなってまいりました。
「チュ~チュ~マンゴ(マンゴを外側からやわらかくなるまで押して
中身がジュース状になったところで、上部をちびっと噛み切り、
マンゴを吸い出す、という食べ方。説明長いね。)」で唇が腫れたことが
ある私。出始めのはやめて、熟したものを「スプーンですくって」食べなさいとは
インド人長老のおことば。最近のお気に入りは中身をミルクシェイクに
すること、マンゴプリンを作ること。

日曜日にはタルコトラ・スタジアムで毎年開かれる「マンゴ・フェスティバル」へ。
(去年のようすはコチラ。え、会場デコレーションが同じですか~??)


こ~~んなに一杯種類があるのね~と、しみじみ眺めてしまいました。
赤いのも可愛いし、グリーンと白のまだら模様のもどんな味なんだか
気になるわ~。触ろうとすると、ピピピッ!と笛を吹かれて注意される始末。


左手の写真はダシャラ種で一番大きな果実として表彰されたもの。
右手のもそれぞれの種類でメダルを獲得したマンゴさま(!)の展示です


スタジアムの外側がぐるりと販売コーナーや軽食コーナーになっていて
結構な人手でした。でも、「マンゴ試食」コーナーがないのが残念!
一口ずつでいいから、各種のマンゴを試食させてくれれば良いのにね~


我が家が狙っていたのは「箱入りマンゴ」と「マンゴ・ピクルス」
いずれも去年買って美味しかったものを、今年もゲットして来ました!
マンゴ3キロ入り(大きめ10個くらい)で一箱95ルピー。
NawabというメーカーのLangra種です。2日後に食べごろになるというもの。
だから、明日食べるのよ~~~
そして、Rupalというメーカーのピクルス2種類。どれも市価の1割引で
購入できます。このメーカーはスィク教徒の家族が一族郎党でやっていて
パンチがある味で、癖になります~~


暑い時期にはそれなりの、人生の楽しみを見つけなくちゃね~(大げさ?)
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2007.07.09(Mon)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
樋口可南子さん、インドへ。
るんるん♪インド記事満載の雑誌、本日発売で~す。
この予告編が出てから、本体を手にするまでの待ち遠しかったこと!


最近インド特集号が続々出てるので、なんだか嬉しいようなこそばゆいような。
婦人画報8月号ですよ、「澄みやかに、シックに、愛される品格」ですよ。


TOYOT○の高級車のCMに、素敵な着物姿で登場したり、
ソフトバンクのCMでは、楚々としたお母さんだったり(夫は犬!!??)
映画「明日の記憶」では、若年性アルツハイマーの夫を支える献身的な妻だったり
・・・・色が白くて、綺麗な女優さんだなぁ~~と思っていた
樋口可南子さんが、婦人画報のインド特集記事でジャイプールやウダイプールを
旅しています。最初のページのこの、レイクパレスホテルへの到着シーンの
綺麗なこと!!


ベタなレイクパレスの切り取り画像が多いなか、この構図は目立ちますね。
ってことは、レイクパレスに行ったら、ここで写真撮ればバッチリ決まるってこと?
(オイオイ、女優さんと一緒にすなや~~!)

そしてお次は宮殿ホテルのサモード・パレス。まぁ~オフホワイトの
ドレスがどれも似合って、ふんわりと妖精みたい。
サモード・パレスはヨーロッパの旅行者に人気で、なかなか予約が
入らないのが難点なのよね。フランス人とか、ドイツ人とか、家族で
1週間くらい滞在してる人が多いらしくて。このホテルの「城下町」というか
隣接するちっちゃなちっちゃな村が、路地があって情緒満点なのよ~
樋口可南子さんのヨガ・ポーズも決まってます。


その他にも、豪華ホテルやら、豪華ディナーやら
マダム好みのインドネタが載ってますから
さぁ、この週末は本屋さんに走ろう!!デリー駐在者はお取り寄せだ~!
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.07.07(Sat)  WorksCOMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
新・世界の七不思議
新・世界の七不思議にノミネートされている「タージ・マハル」
今日がその投票最終日とあって、2~3日前から新聞やラジオでも
投票を呼びかける記事や番組が目立ちます。
こちらは新聞タイムズ・オブ・インディアに載っていた投票促進記事。


インドでは、実際の選挙のときに投票を済ませた人の人差し指の爪に
しばらく取れないインクで印をつけるのですが、その印がタージ・マハルに
なってる、という・・・・なんともインドらしい発想の画像であります。

そしてこちらは同じく新聞ヒンドゥスタン・タイムズの一面記事


ラジオ・ミルチというラジオ局が、タージマハルへの投票を呼びかける
特別番組をする、というもの。10億人以上いるインドの中で
ネット環境、携帯電話使用環境にいる人が、すべてタージ・マハルに投票したら
そりゃぁSeven Wondersには入れるんじゃなかろうか???

で、考えました。タージ・マハルにいったら必ず買うお土産って何かなぁ?と。
大理石?重すぎて、日本人はほとんど買いませんよね。
ペタ?(冬瓜の砂糖漬け、アグラ名物。インド人は必ず買う。)これも
脳天直撃の甘さなんだから、日本人は買いませんよね。

そこで、日本の製菓業界の方で「インド進出」を狙っている方々に朗報です。(?)
卵を使わないクッキーで、タージマハル型のを作ってみてはいかがでしょう?
または、白餡にバターをきかせた洋風の「タージマハル饅頭」も
売れると思うんですけど。タージマハルのかたちの缶に入れたりしたら
絶対買う人続出だと思うんですけど。

ま~「お土産を買う」という文化が、日本人特有のものなのかも知れんけど
クッキーは欧米人も買うと思うよ。しかも「タージマハル缶」てのがミソね。

ちなみに、写真は私がいただいた都庁土産の「サザエさんサブレ」です。


「オマケ」に「磯野家系図」がついている。このノリで、タージマハルクッキーに
歴代ムガール帝国の王様の系図を入れるのはどうでしょう?

売れると思うんだけどなぁ。アグラを訪れる観光客が一缶必ず買うとして・・・・
発案者の私は大金持ち!!
取らぬ狸の皮算用・・・ってか~~~

どっひゃ~、昨日でブログはじめて2年たってました。継続は力なり。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.07.06(Fri)  青蓮日記COMMENT(12)TRACKBACK(0)TOP
インドの空・再編成
インドの航空会社がなかなか頑張っていることを前にも書きましたが
このところ、その「編成」にまた変化が。

インドの空を牛耳っていた(?)ジェット・エアウェイズ(航空会社コードは9W)が
国内線で頑張っていたサハラ航空と合併するという動きは前からありましたが、
合併じゃなくて、買い取ってしまいました。サハラの路線はJet Lightと
なって、ジェットエアウェイズはハイエンド顧客、ジェットライトは
格安路線で、と住み分けするようで。

そして、インド航空業界の風雲児、あのヒトといえば「Vijay Mallya」


ヴァージンアトランティック航空のリチャード・ブランソンに対抗するかの
ように、がんがん突っ走っております。もともとはウィスキーやら
キングフィッシャービールを扱うUBグループの若社長。
それがまぁ、キングフィッシャー航空(IT)を設立してからというもの、派手さに
磨きが。(???)なんせキングフィッシャー航空といえば、モデルばりに
綺麗な真赤なミニスカートの制服を着用したスチュワーデスさん、
真赤なユニフォームの専用ポーターさん、そしてエアバスに新機種をどんどん
注文し「サービス満点」が特徴ですから、格安航空会社とは一線を画し
「高くても乗る」顧客層をがっちり獲得しているのです。


そのヴィージェイ・マッラヤ氏が「エア・デッカン(DN)」を買収したいだなんて
公言したもので、エア・デッカンの社長はカンカン。「あんたはあんたで
自分の会社の心配してろ、こっちはこっちでやるから」とまで経済新聞誌面に
コメントが載ったりして、どうなるの~?と思っていたら。
「協力体制」に入りました。ハイエンド顧客をキングフィッシャー航空が、
格安路線やかわった路線をエア・デッカンがカバーする、という具合です。
個人的に、ヴィージェイ・マッラヤ氏の風貌が好きなので(どんな趣味よ?)
これからインドの航空図がどんな風に塗り替えられるのか、興味津々。
なんせ「国内線実績5年」という最低条件をクリアすれば、すぐにも
アメリカ直行便を飛ばすぞ~と張り切っているキングフィッシャー航空ですから。



その他にもスパイス・ジェット(SG)やら、インディゴ(6E)やら、
南インドに強いパラマウント・エアウェイズ(I7)やら、ゴーエア(G8)やら・・・・・・
雨後の筍のように、新規参入の航空会社はあるわ、古株の「インディアン・エアラインズ」も
これじゃいかん、と社名「Indian」に改め、ロゴから何から一新して頑張ってるわ。
実はIndi GOには頑張ってほしいと密かに思っているのだ。繊維・染色の雄である
ボンベイ・ダイイングという会社が作った航空会社で、(だからインディゴ=藍なのね)
社長が若くて、かっこいいのよ。

・・・・インドの航空業界の未来を楽しみに見守っているのか
かっこいい社長の会社を応援しているだけなのか、私はどっちだ??

「ワイドショーネタ風インド航空業界分析」をお届けしました!!
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.07.05(Thu)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
神様はいる
先週、めずらしく画像のない文字ばっかりの記事があったのにお気づきだった
でしょうか?(そこまで誰も気にしてないって?ショボ~ン

実は、愛用のデジカメを失くしたんです~。いつもパソコンの横か
本棚のところに置いているんですが、夕方息子の夏休みの宿題の記録を
撮って、それからお肉を買いに出かけたのです。翌朝、現像に出そうと
思っていた画像があったので、見てみたらカメラがない!

色んな人が出入りしてた時間帯だったので、誰かが盗ったのかも・・・
いや、どこかにホイッと置いて、忘れてるのかも・・・(台所でお料理の
写真を撮ることもあるし、バルコニーで植物の写真をとることもあるし)
それから3日間、探しに探しましたが、ない!!
あ~んな~に大事にし・て・た~のに~♪♪<歌ってる場合じゃない!>
使用人を疑うのも、「ここにあったカメラ知らない?」と聞くのもいやだし。
見えるところに大事なものを置きっぱなしにしていた私が悪い。
そう言われればそれまでなんですけど~。ショック~~~

昨日や一昨日の画像は、お仕事用のでっかいカメラで撮ったものでした。
これまたでかくて重たいので、ちょっと持ちまわるにはすっご~く不便。
困ったなぁ・・・・と、だんなのお古のデジカメを出してはみたものの
私の可愛いバッグには収まらない。「来週日本に出張する人がいるから
デジカメ買って来てもらうか?」とだんな。「いや、どうせ人が選んだのは
気に入らないから、いい。年末までガマンする」と私。

今日は日本からのお客様とお茶しに某ハイアッ○へ。
「先日からのお礼なんだけど、もう持ってるよね」・・・と差し出されたそれは
綺麗にラッピングされた箱。「デジカメなんだけど、いる?」

「いる!いる!いるよぉ!!有難くいただきます!!」


神様は絶対にいる・・・・と思った日でありました。わ~い!!
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.07.04(Wed)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
雨の季節
6月29日にモンスーン(雨季)入り、と予報が出てましたが
どうやら本当にモンスーンに突入したらしいです・・・・


先週はムンバイが豪雨に見舞われ、またもや道路決壊、水浸しになって
通勤してる姿がテレビニュースに写ってました。空港も雨で塀が壊れたりしたと。
去年雨でひどい目に遭っておきながら、何もインフラ整備が進んでいなかった
・・・政治家は何をしているんでしょうか?喉もと過ぎれば・・・の繰り返し?


学校のある日は朝5時半に起きます。息子の早朝クリケット教室があるので、
お弁当作ったり準備させて送り出したり・・・・今朝起きたら雨だったので
しめしめ、クリケットも休みだな~と二度寝。
スクールバスが14時ちょっと前に帰ってくるので、お迎えに。今日は家に
たどり着いた途端にバケツをひっくり返したような雨。はぁ~助かった!
でも、これじゃ夕方のスケートもお休みだぁな。・・・・有り余った体力を
何して消耗させようか???


暑い日はアイスクリームが食べたくなりますね。Baskin Robbinsもあるけど
インドの物価からすると、めちゃ高い。ジェラート屋さんもあるけど
我が家の近所にはない。こりゃローカルものを利用するしかないわけよ。
牛乳や乳製品専門のMother Diaryという店のアイスは大丈夫。
でも私のお気に入りは、レストランチェーンもあるKwality Wallsという会社の
庶民のアイスクリームなのです。アイスキャンデーのコーラ味が好きなんだけど
「わざわざ車で乗り付けて5ルピーのものだけかよ~」とだんなが。・・・・
んじゃ、ちょっと見栄はって、25ルピーのコーン入りを買うか?


・・・・そんな私に朗報。今季新発売のMOO(ムー)なるそれは
ヴァニラとチョコのアイスが牛の模様になってるアイスクリームバー。
食べ終わったあと、Mooという文字が出てきたので「やった!もう一本当たりか?」と
喜んだら「ホームランバーじゃねぇんだから、10ルピーのものにそこまで
期待するなよ」とだんなが・・・・いかん、もはやインド人脳かも。
しかもこれでお腹をこわしたこともありません。もやはインド人腹?
(注:当たりが出たらもう一本!の事実はありません。念のため。)
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.07.03(Tue)  天気COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
豪華遊園地もびっくり
昨日は「夏休み最後の日曜日」でした。どこか行こうか~、でも暑いねぇ~、
プールにでも行くか~?、芋の子洗うみたいに多いかもよ~・・・・・
そうだ!!あそこに行けば、涼しいかも!!

と、ばびゅ~んと車を飛ばして向かった先はココ。


南デリーからリングロードを走り、プラガティ・マイダン(見本市会場)の
横を過ぎて、ヤムナ河にかかる「ニザムッディン橋」を渡ると、左手に
どど~~んと「Akshardham=アクシャルダム」が見えてきます。
グジャラートにもある、アメリカやイギリスにもある「アクシャルダム」とは?
神様としてあがめられる聖者「スワミ・ナーラーヤン」をたたえる
宗教施設なのです。え~と、宗教施設といってもここは、デリーを訪れる
インド各地からの観光客もやってくる「遊園地」「娯楽施設」のノリの
もので、勧誘活動などは一切ありませんから、ご安心ください。

ひろ~~~い敷地にある記念堂を見学し、フードコートで食事してくるだけなら
入場料は無料。「エグジビション」を3つ見学するなら、大人は125ルピー
4歳以上の小人は75ルピー。

ひとつめは「スワミ・ナーラーヤンの生い立ち」がジオラマで紹介されます。
それぞれの部屋に立派な観覧席があり、50人ずつくらいがトコロテン式に
次の部屋へと進んでいく仕組みで「ユニバーサル・スタジオ」のノリ。
二つ目は「スワミ・ナーラーヤンのインド一周巡礼」を巨大スクリーンで
見る、映画。すわり心地満点の椅子で、臨場感溢れる画面を眺めるだけで
インド一周できる、優れものプログラム。ディズニーランドのアイマックス
・シアターのノリ。上映時間が予め伝えられるのでそれにあわせて、先に
三つ目のエグジビションを見るのが得策です。その三つ目は「ボートライド」で、
20人くらいがひとつのボートに乗り、ヴェーダの時代からのインドの歴史を
巡っていく、というものでこれまた「It's a Small World」のノリ。
待ち時間もあわせて、3時間弱のコース。夜8時には噴水ショー「Musical Fountain」
もあって、夕方から家族でこれを見にきている人も多かったですよ。

順番待ちのインド人をおとなしく並ばせ、椅子に座って待たせる・・・その
システムが確立されているだけでも感動ものです。我が家は「英語」の
列にならんだのでジオラマも、ボートもほぼ貸切状態。巨大スクリーンの映画には
「英語用ヘッドフォン」がありました。いや~おそるべし、宗教の力。
ジオラマの人形の動きも繊細で、こんなすごいことができるのに、街の
マネキンのお粗末さはなんだろうね~??と妙なことで悩んだ私でした。

涼しくて、インド一周気分を味わえて、ちょっとしたインドおやつも食べられる、
こりゃなかなかいいかもしれませんよ。一度は行ってみる価値あると思うな。
最後に「お土産コーナー」もあるのよ。スワミの写真や、アクシャルダムの
Tシャツや、法人が作っている「アーユルヴェーダ」製品の数々。
私も買いましたよ、のど飴と消化に効く飴、そしてローズウォーター。


でも、一番気に入ったのはコレです。何だと思う?


ヴィシュヌ派のお坊さんや信者たちがおでこにつけてるティッカ、どうやって
綺麗なUの字を作るのかなぁ?と不思議に思ってたんだけど、こういう
お道具があったのです。たったの2ルピー。
いや、それでどうする?と言われても困るけど、なんか嬉しいじゃない?なにか?
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


TopAdmin