FC2ブログ
□  2007.03 □  02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
色の洪水
・・・まさにインドをあらわしているのが「色の洪水」という表現。
女性のサリーも、パンジャビスーツも、男性の服もそう。町を歩いていても
世界中でこんなに「男性の赤いズボン」率が高い国はないだろうなぁと思う。


太陽の光が強い地域ほど、色の洪水もひどい。
そして、太陽でほどよく色あせしたサリーやガーグラー・チョーリ姿の女性が、
遠くの畑で働く姿が心に焼きつくインドの風景。
日常風景ひとつをとってみても、それをどんな風に受け取るか、で
「インドに再三呼ばれる人」と「二度とインドに来ない人」とに
別れてしまうんだろうなぁ・・・・・・・


こちらの色とりどりの布は、サリーの下に着るペチコート用の木綿。
微妙なシェードも選り取りみどり。必ずサリーにぴったりの色がありますよ、と
店主も自信まんまんでセールス。色・色・色の洪水。
昼間も薄暗い路地の中で、ぎらぎら光るガス灯に照らし出された布のバザール。


外に出ると、まぶしいほどの太陽が夏の訪れを告げている。
2007年、北インドに夏の到来。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



2007.03.30(Fri)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
象の受難
象タクシー、10分ほど乗って二人で550ルピー。・・・・乗りますか?


世界中からやってくる観光客が、朝8時の象タクシー営業開始時間にあわせて
ホテルを出発、一斉にジャイプールのアンベール城に向かいます。
ちょっとタイミングが遅れると、長蛇の列。待ち時間でツアーの段取りが
狂うので、ガイドさんたちも必死です。なんせ一度につき二人しか乗せてくれないんだから。
しかも営業は朝8時から11時過ぎまでの3時間が勝負。

というのも、一昨年の秋、あまりの過労で象が現地ガイドを押しつぶし
圧死させた、という事故がおきたからなのです。それまでは朝8時から
午後4時ごろまで、一度につき4~5人乗せて営業していたのですが
この事故でようやく州政府や観光省が乗り出し、象の労働条件を整えたというわけ。


労働条件の良くなった象さんたち、心なしか前より顔色(?)も良く
顔つきも柔和なような・・・・気がします。綺麗なカバーを着せてもらって
中には3月24日~30日ジャイプールで行われたRajasthan Dayというおまつりのため
綺麗にお化粧してもらっている子も。春先は仔象も沢山デビューしています。
550ルピーはちょっと高い、とあってインド人はほとんど乗ってませんが。


世界に名だたる観光地、ジャイプール。私のおすすめはAnokhiやSomaや
Cottonの本店はもちろん、キッチン用品バザールや布バザール、手芸用品
問屋街などたまらなく魅力的な旧市街を散策すること。必ず何かお気に入りの
ものが見つかるはずですよ~。おしゃれなホテルも一杯あるし、本来ならば
ジャイプールだけで3~4泊して楽しんで頂きたいなぁと思うのです。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2007.03.29(Thu)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
目の保養、耳に栄養
インディア・ファッション・ウィークのショーは25日の夜がフィナーレでした。
最後を飾ったラジェーシュ・プラタープ・スィンのショーはメンズとレディス
両方なので、時間もたっぷり。ショーの開始が22時だったので、宵っ張りの
インド人には良いでしょうが、私には辛い・・・・(泣)
秋冬コレクションなので、皮のジャケットなどもあり、モデルさんも
どハンサムや超スタイルのよい女性モデルたち、小顔が勢ぞろい。


でもそれより何より感激したのは、ショーのオープニングに朗読をした
ナスィールッディーン・シャーの声と、その語り口の素晴らしさ。はぁ~~と
うっとり聞きほれてしまいました。魅力的な声、わかりやすい発声。
アミターブ・バッチャンもそうですが、やっぱりトップクラスに君臨する
ボリウッドスターたちのヒンディ語はとても聞き取りやすいのですね。
そして、メンズコレクションのトップを飾ったのは黒い皮ジャケットで登場した
ラーフル・ボース。ちょい悪おやじ予備軍(?)って感じで、カッコ良かったです。
(でも以外と背が低かった。)

不思議に思うのは、ファッションショーだけでなくパーティにも
「ソーシャリスト」と呼ばれる人々が必ず最前列にいること。彼らの職業は
どう説明すればよいのでしょうね?日本で言うなら加納姉妹???

今回特に注目に値すると思ったのは、私たち日本人にも受け入れやすい、
可愛いインドチックな服があるKavita Bhartia(カヴィタ・バルティア)。
彼女はセレクトショップ OGAANのオーナーでもあります。可愛いインド布の
パッチワークのリュックなども出してますよ。<↓の写真が今回のもの>


デリーでのおしゃれショッピングの中心的存在であった「MG-1」と
「Ambawatta Complex」が違法建築物取り壊しでなくなってから、
デザイナーショップやおしゃれグッズの店はあちこちに新店舗を構えています。
これからデリーのおしゃれのメッカになるのは、ローディコロニーマーケットと
カーン・マーケットですよ~。ローディにはデザイナーの旗艦店が、
そしてカーン・マーケットには既存の店に加えて、アンバヴァッタコンプレックスに
あった、「Good Earth」の店舗がオープンしますからね~。

・・・・というわけで、次回のファッション・ウィークは10月でございます。
春夏コレクションのほうがカラフルで可愛い服が一杯なので、こりゃ楽しみだわ~
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ



2007.03.26(Mon)  ファッションCOMMENT(10)TRACKBACK(0)TOP
インディア・ファッション・ウィーク
インディア・ファッション・ウィーク2007秋冬コレクション、本日開幕!!
前々回前回、デリーとムンバイとに分散されたファッション・ウィークの
ことをご紹介しましたが、本日開幕したのはデリーにて行われる
WILLS LIFESTYLE INDIA FASHION WEEK (WIFW)で、今回から会場は
The Ashok Hotelになりました。(今までは南デリーのThe Grandでしたが
やはりデリーの中心部のほうが何かと便利だったのと、アショカからの
オファーがグランドを上回っていたということでしょうか。)

夕べ前夜祭に行ったときには、ビジネスエリア(各デザイナーのブースがあり
バイヤーと商談する場所)は突貫工事の真っ最中。はっきり言って
「この状態で明日のオープニングに間に合うのか?」と不安になるほど
ベニヤ板を打ちつけているブースあり、ディスプレー台にペンキを塗っている
ブースあり、目の下にクマができたお姉さんが、どんよりと座っているブースあり、
そしてメインショー会場は椅子カバーをとりつけ中・・・・・
でしたが!!!今日はなんとばっちり出来上がっておりました。
やるじゃん、インドの職人さん・裏方さんたち。


大御所デザイナーたち、売れ筋のデザイナーたちには夕方からのショータイムが
割り振りされています。本日はRitu Kumar, Ranna Gill, そしてRohit Bal。
明日はTarun Tahiliani, そしてリッチな若者に人気のANA MIKAのショーが。
23日の最終ショーがJJ.VALAYAのニューライン、VALAYA QUANTUM,
24日にはお昼にGauri & Nainika、夕方はロンドンで大ブレークの
Manish Arora。最終日はMeera & Muzaffar Ali(Kotwara)が注目株。

そしてグランド・フィナーレを飾るのはRajesh Pratap Singh!!
皆さん、覚えてますか。私が「そのうち、このデザイナーがブレイクする」と
予言したのを。キマシタね~~~。ラジェーシュ・プラタプ・スィンですよ。
デリーのセレクトショップでインド服や印洋折衷服をお買い求めのチャンスが
あるときには、上のデザイナー名をチェックしてみて下さい。日本人にも
利用しやすい、手持ちの服に合わせやすいアイテムが必ずあると思います。

え?どうしたらインディア・ファッション・ウィークのショーが
観られるの??って? え~~~と、各デザイナーのお得意さんになって
顧客リストに載って、招待状をもらうのが正規ルートです。
あとはバイヤーとして潜り込む(?)か。商社筋のコネを使うか。
パリ・コレクションやミラノ・コレクションに追いつけ~とばかり
インドのデザイナーたちも、インド・ファッション・デザイナー協会も
おお張り切りの6日間になりそうです。ファイト!お~~!!
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.03.21(Wed)  ファッションCOMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
春のナヴ・ラートリ
インドは月曜日から「ナヴ・ラートリ」の祭礼期間に突入しました。
ナヴはサンスクリットで9、ラートリは夜。つまり九夜続く祭礼で
年に2回、春(3月中旬)と秋(10月初旬)に行われるお祭りです。
ただし、ヒンドゥの太陰暦によって期間が決められるので、毎年少しずつ
時期が前後します。

9日間が更に3日づつ、3回に区切られて、9人の女神様を祀ることに
なっています。これも地域やその人の信ずるヒンドゥ教の派によって
すこしづつ違うようですが、おまつりするのは以下の女神様たち。
Durga, Bhadrakali, Amba or Jagadamba, Annapurna,
Sarvamangala, Bhairavi, Chandika or Chandi, Lalita and Bhavani.
(こうして名前を並べてみると、同じ名前や、それに関連した名前を
つけられた女性が結構回りにいるなぁと思います。日本では神様の
名前を人間につけるかしら?)

特に最初の3日間は「人間の不浄な部分・邪悪さ・弱さを打ち砕くため」
力ある存在であるドゥルガー女神とその化身たちをまつります。
次の3日間は心を豊かにする母なる存在、ラクシュミー女神を
おまつりし、富を迎え入れるよう祈ります。
そして最後の3日間は知恵の女神サラスワティをまつるのです。
去年の記事はこちら。そして8日目のお決まりメニューはこれ

この9日間は菜食期間に入ります。ですから、町のレストランでも
Nav Ratri Specialなるメニューが登場する時期。ターリー(大皿)メニューが
あるレストランにいらしたら、頼んでみると良いですよ。色んな野菜の
カレーがあるもんだなぁ、と感心します。

このおまつりはインドだけでなく、ネパールでも行われているそうで。
他のヒンドゥ教徒のいる国ではどんな祝い方をしているのか、知りたいな。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.03.20(Tue)  インドの祝祭日COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
庶民の台所・ガンバレ
昨日はスーツケースを超特急で修理してくれるところを求めて
右往左往。スーツケースの「ど。ピンク」と同じ色のHondaを
グリーンパーク・マーケットで目撃!どひゃ~~、欲しい~~と
ごねている間に通り過ぎ、あ!写真撮っとけば良かったよ~と後悔するも遅し。

その後、INAならカバンの修理屋さんがあったぞ~と思い出し、INAマーケットへ。
あれ??でもなんか雰囲気が違うわよ~・・・・・????
青空の面積が広くない??駐車場がこんなに広かったっけ~??

あ!出っ張ってた部分が全部叩き壊されてる!!
違法建築物取り壊しの影響?いつの間に??
先日ディッリーハートの前を通ったときには気づかなかったよ~
(・・・・というか、ディッリーハートに目が釘付けになってたので
道路をはさんで向かい側にあるINAには気づきもしなかったのかな?)


INAは「デリーの台所」とも称され、野菜・魚・肉が奥のほうに
手前には乾物や金物、衣類や布、香辛料やさんが並んでいる庶民的な
マーケットなのです。私がここで利用するのは、Bombay Fishという
魚屋さんと、入り口近くの香辛料専門店。


でも、天井を覆っていた屋根部分やテントはすべて取り払われ、明るい
光が降り注いでいます。こもっていた魚や鶏の匂いも一掃された感じ。
でも、これから暑い季節になるのに、どうするんだろうね・・・・
表側の商店は早速修復工事にとりかかっており、もとの状態に戻るのも
時間の問題。デリー政府と商店主のいたちごっこ・・・・

このところインドは落ちつきがないとお感じのかた。
そうです、ただ今「クリケット・ワールドカップ」の真っ最中。
先日インドはバングラデシュに負けてしまい、ふがいない戦いをしたと
点数の取れなかったスター選手の「建設中の家」が叩き壊されたりしています。
インドの男性陣、クリケットとなると必死ですから。

お隣のパキスタンも初戦でアイルランドに敗れ、第二戦も負けて
敗退決定・・・・すると今朝の新聞に「パキスタンのコーチ・突然死」のニュース。
一瞬「負けたから自殺したのか、はたまた毒殺されたのか」と思った私。
イギリス人のコーチだったんですが、脳溢血だったようです。負けてカ~ッと
なったのが要因だったんじゃないかしら。
その他にも、イギリスのキャプテンが夜ボート遊びをして、羽目をはずしすぎて
溺れかかったことから、本国に返されることになったとか、
「カリブ」という開催地がついつい遊び気分を助長してしまったんでしょうか。
パキスタンのキャプテンだった選手(私の好きな、アルー)がこれを最後に
テストマッチだけにしか出ない、と宣言したり。
話題に事欠かない「クリケット・ワールドカップ」でございます。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


2007.03.19(Mon)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
インドの通知表
このカラフルなノートが息子の通ってる現地校の「1年生の通知表」です。


通知表といってもまだ期末テストも何もないので、先生の所見とニコニコマークが
ついている程度なんだけど。1年生は「英語」「ヒンディ語」「算数」
そして「環境学習」についての先生のコメントが記入されています。
1年生の間は道徳的なこととか、もろもろの社会・理科に関連することはすべて
「環境学習」の中に含まれているのです。
授業の中で時々あるのが「火を使わない調理」。みんなでレモネードを作ったり
ベールプリ(米でできたポン菓子と野菜のみじん切りをレモン・香辛料で和える)
というインドのおやつを作る時間。これも子供たちはとても楽しみにしています。


そしてテストはないけれど、Class-workと称されるプリントがあって
毎日英語、算数、ヒンディ語が順繰りで課題になっていて、それを見ると
「ありゃりゃ~、これがわかってないじゃん」と親もチェックできるのです。
息子が通っている学校では、3年生までは学期末テストはありません。
が!4年生からいきなりテストの点数がばっちりネットで発表され
「できて当然」みたいな扱いをされるのだとか。のびのび育てよ~と思って
インドの現地校を選択したのですが、こりゃ厳しいかも。

「勉強できんでも、運動ができれば良いたい。清潔にさせて、腹いっぱい
食べさせれば良かろうもん、男の子やし。」とは母の弁。まぁねぇ~・・・・
そりゃ頭じゃわかるけど、やっぱ成績悪いのは困るよねぇ。
でも、自分はどうだったか?と振り返ると、「好きな教科は優、それ以外は可」
で過ごしたのよね。あんまり子供に期待するなってことだな。
とりあえず新学年からは本校グラウンドでの「早朝クリケット練習」が始まります。
毎朝7時までに学校に送らなくてはなりません。お弁当もそれまでに作らなくちゃ。
早起きしたら、ちったぁ私もダイエットになるかしらね~???
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

豆三昧 インド
ベジタリアンが沢山いるインド。肉でとれないたんぱく質を補うのが
このプロテイン・ナゲッツというシロモノ。大豆グルテンの塊なのよ。<写真左手>


インド人の妊婦さんや病み上がりの人など、これを水で戻して柔らかくしたものを
カレーに入れたりして、プロテイン摂取につとめていますよ。でも独特の匂いがあって、
なんかニワトリになった気分。鶏の餌みたいな匂いなんだよね・・・・
アンタはニワトリの餌の匂いをそんなに近くで嗅いだことがあるのかって???あはは。
(そもそも「香り」じゃなくて「匂い」なところが苦手さを表しているかしら~??)
でもこれが、水で戻して、ちょっと色付けして<上の写真右手>、
フライパンで焦げ目をつけ、マサラと和えると美味しく変身するのよ~。

そして、もうひとつ大事なのは言わずと知れた「豆」、総称して「ダル」です。
色も形も大きさもさまざまあり。まずは名前をマスターせねばね。


一番よく登場するのはひよこ豆かな、チャネ・キ・ダル(写真中央)
ひよこ豆もこげ茶っぽい色だとカーラー・チャネと呼びます。(写真左手)
そして小さい黄色いダルはムーン・キ・ダル(上の写真右側)

黒くて小さめの小豆みたいなのはウラド・キ・ダル。(写真は左手が豆そのもの、
右手はわざわざ半分に開けた状態で売っているもの)


同じ大きさで緑色なのは緑豆(りょくとう)でこれもウラドと呼ばれます。
で、お手軽にできてインドらしくてヘルシーなのがこのリョクトウを
発芽させたものに、色んな野菜をまぜて作るサラダ。


緑豆を水で洗って、ボウルに入れ、暗い戸棚の中などに夕方置いて一晩
じっと待つのだ。朝見てみると発芽してます。ぴょよ~~んと沢山芽がでて
可愛いのよ。(あたしゃ豆が苦手なので、自分では食べませんけどぉ~~観察するのみ。)

こんな感じで色んな野菜をちびちびに切って、全部混ぜて塩・ガラムマサラ・
・レモン汁で味を整え、お好みで唐辛子やチャートマサラもぱらぱら。


以外なおいしさにパーティでは結構受けますよ。ヘルシーだしね!!
同じように、チャナ(ひよこ豆)も発芽させてサラダにできま~す。
やってみる???
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ



 
2007.03.16(Fri)  食文化COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
ホワイトデー????
あんなに大騒ぎしていたヴァレンタインズ・デイでしたが
<バレンタイン・ナイト渋滞まで発生したデリー!!>
いまだインドでは「ホワイト・デー」は知られておらず。考えてみると
ホワイト・デーでのお返しで騒いでいるのは日本だけなんでしょうね。
色んな○○○デーというので、私が嬉しかったのは、フランスで出合った
「女性の日」だったな。女性に「ミモザの花束」を贈る日。ミモザが大好きなので
殊更記憶に残っていたのかも知れません。お花といえば・・・・


今朝はお友達のお宅へお茶に。息子が学校に行っている間、つかの間でしたが
しゃべりまくっている間にあっという間に2時間!!行きがけに綺麗な
ガーベラの花を売ってる花屋さんがあったので、購入。2件並んでいるうち
どちらも値段は同じだったんだけど、綺麗なのを売ってるお店で買いました。
こうやってミニ・ブーケを作ってもらって。


このくらいの長さに切って、とか、あのかすみ草も入れてね、とか
いや、ワイヤー巻かなくていいから、自然のまんまで可愛くまとめて、とか
注文つけるので、うるさいガイジンだなぁ・・・・と思われたかも。
春らしく、オレンジと黄色でまとめてもらいました。
そしたら何と、以心伝心!お友達のお家のテーブルセッティングが
空色で、ばっちりとお花が映えました~!!うっふん。


デリーの日本人学校は卒業式も終わり、16日が終業式ですって。
わが子の通う現地校も当初は16日までとか言ってたのに、違法建築物取り壊しのとき
ストライキ回避で臨時休校になったのを埋め合わせするとかで、23日まで
授業するんですとさ~。4月2日が新学年始業式だから、春休みと言っても
1週間しかないのです。中途半端でどこにも行けないわさ。
おまけに、20日からは夏服にかわる予定なんですが、こう肌寒くちゃ
風邪引くよね~、朝はブレザーかセーターか着て通学してるし。
(学校から帰ってくるときには、上着はぐしゃぐしゃにリュックの中に押し込まれ、
ベルトははずれ、革靴の紐はあいたまま、白いはずのカッターシャツは泥まみれ・・・・
やっぱ小学生には、いや男の子には綺麗な制服は無理だわ、と思う母でありんした。)
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.03.14(Wed)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
日々のつれづれ
世界の国からこんにちは、って歌をご存知ですか?
・・・・もはや大阪万博のテーマソングだったことも、誰が歌っていたかってことも
覚えている人のほうが少ないかも・・・・・

そんなこたぁともかく、ブログを読んで下さっている方々
日本とインドで読んで下さっている方が もちろん多いのですが
世界のいろんな国からのご訪問、まずはありがとうございます~
フランス、イタリアやアメリカ、カナダから。そしてドイツでは
レオポルトハーフェンとかエッゲンシュタインとか、結構ローカルな所にも読者(?)が。
香港やフィリピン、そしてトリニダードトバゴ!やフィンランドの方も。

どんな方が、何を求めて ブログを訪問してくださっているのか
そして、求めていた情報や 探していたものは見つかったのかしら
と、気になるところでもあり
その方が住んでいる街は どんなところなのか
日常を切り取る 風景は どんな感じなのか
今頃 何を食べて 何を見て 何を考えているのかな
・・・・・空想は広がるばかり。
静岡とか、神戸とか出てきた日にゃ~「あ、ひょっとして前にデリーにいらした
あのマダムが読んでくださっているのかも~」と嬉しくもなり。

まだまだ肌寒い今日このごろのデリーですが、午前中は仕事を忘れて
おしゃれなコンサートへ。ニューデリー日本人会婦人部のボランティア・サークルが
主催する「ピアノ連弾サロンコンサート」でした。新装オープンなった
「Japan Foundation」の綺麗なホールで、お二人のマダムが連弾を披露。
知っている、聴いたことのある曲が一杯。グリークの曲もあったので、
ノルウェー・ブリッゲンのグリークの家の裏手、さざなみのたつ入り江の風景が
思い浮かんだり、チャイコフスキーやバッハなど、学校で音楽鑑賞の時間に
半分居眠りしながら聴いたよなぁ~と思い出したりしながら、あっという間の
1時間半でした。こういう風に、自分でできることをボランティアに自然に
結びつけて、気負わずに取り組めると良いですよね。

実は今日のうちに、出かけたついでに済ませようと思っていた仕事があったのに
今日は火曜日・・・・・写真屋さん金物やさん、テーラーも、鋏や金属を
扱う仕事は休みなのですよ~。う~~~~ん、頓挫。こういう日本じゃ
ありえない理由での頓挫も、またインドならではってことで~~。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.03.13(Tue)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
酒のつまみ・出張土産・グルガオン
だんなが10日間の出張から戻って言うことにゃ、「頼むから美味しい唐揚げを
作ってくれ」と。ずっと乾き物<裂きイカとか、柿の種とか>で過ごしたらしく
その切実たる願いに妻としては答えねばね。で、近所のマーケットへ
チキンを買いに。ココにGreen Chickというやたら売れてる肉屋があるのよ。
ちゃんと清潔なガラスケースに入れられ、種類も多く、加工品も色々。
働いているのはネパール人のお兄ちゃんが多く、きちんとした制服を
着用し、バイクで配達もしてくれるのだよ。もひとつまがい物(?)で
Red Chickという店がオープンしたんだけど、こりゃすぐ潰れました。
柳の下にドジョウは二匹いなかったんだね。


胸肉と足と、適当な大きさに切ってもらい、帰って早速「実家の母直伝」の
下味をつけ片栗粉をぴたぴたして、揚げる!!だんな、唐揚げに大喜び。
そして、息子はこのお土産(??)で大喜び。



キングフィッシャー航空が機内で配るイヤホンと飴ちゃんなど。
イヤホンでお気に入りの「Disney Christmas」を聴きつつ、大声で歌う息子。
年中クリスマス・・・・ってのも何だかなぁ。

そして、昨日の大発見ですけど。
グルガオンの新しいモール2件。今まではDTとメトロポリタンモールと
二つ回ればもう良いか~、たまにBig Bazaar(NHKにも出たんだってね~)のある
オデッセイまで行くかぁ~・・・・って感じでしたが、必見の場所が増えたわよ~
グルガオンはデリーのお隣、ハリアナ州にあるのですが、高層マンション群や
でっかいオフィスビルが林立し、インドじゃないみたい~なインド。
さて、そこでご注目物件は・・・・・

The Grand Mall⇒地下と1階とに「巨大文房具+ギフトグッズ+おもちゃ」屋が
出現!こりゃ子連れ・文房具フリークには有難い店じゃ。
しかもまともな紳士服の店やら、巨大な本屋さんやらあったよ~
案の定、本屋さんでついつい長居してしまいました・・・・
もうひとつはDLF Mega Center⇒一番の注目は地下のメガ・スーパー
焼きたてパンやさんもあって、日本のでかいスーパーみたい。買いやすい。
まだ全店オープンじゃなくて、三分の一くらいしか店が開いてないので
地下の駐車場の駐車料金も今ならタダよ!!
最近グルガオンの駐車料金は20ルピーが平均。(デリーの路上は10ルピー)

さぁ、グルガオンへショッピングに繰り出そう!!
おまけに~、もうすぐトライデントヒルトン・グルガオンの近くには
「各階1キロのショッピングアーケード」がうたい文句の巨大モールが
出来上がるからね~。大変大変大変だ~♪♪
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.03.12(Mon)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
サリーパーティ2007
夕べは華やかな日本の女子大生の「サリーパーティ」へ親子して乱入。
私の卒業した学校の「インド研修旅行」の最終日のイベントなのです。
この時期我が家の恒例行事になりましたが・・・去年は南京でカラオケ。
今年はホテルのレストランで。


ところがみんなサリーの着付けができないので、20人の女子大生にサリーを
巻き巻きする係りはワタクシ。・・・・去年もわが母校の「インド研修」に
参加したリピーターが6人もいたので、再会を賑やかに喜びつつ
うちの息子の「背がのびた」だの、「歯が抜けてて可愛い」だの、
きゃ~きゃ~と姦しいのでありました。
(下の写真はヴィシュヴァ・バラティ大学のホーリー祭。色粉まみれ)


インド研修団はいつものごとく、姉妹大学のウェストベンガル州ヴィシュヴァ・
バラティ大学との交流プログラムのあと、ブッダガヤ⇒ラジギール⇒クシナガル
⇒ヴァラナシと、仏蹟を巡礼しつつ、昨日最後の訪問地デリーへと到着。
今日はインド博物館やラジガート、ガンジー記念館などを見学したり
「マハラジャマック」にチャレンジしたりしているはず。アンサルプラザにも
出没するらしいですよ。

さぁ、それでは特別レッスン(?)へと参りましょう!青蓮サリー教室!
サリーを作るときの極意は
まずは色と生地
①自分で好きな色、後でドレスなどに転用できるような生地を選ぶ
②自分では選ばないような色柄をインド人に選んでもらい、インドで着倒す
・・・のどちらか。②の場合には流行も取り入れて、がんがん冒険してね。

ブラウスとペチコート
ブラウスはぎちぎちサイズで作ってもらいます。胸の開き具合や背中を
どこまで見せるか、袖の長さ、など自分の希望をテーラーさんにきちんと伝えてね。
納得行くまでお直ししてもらって、ぴったりサイズを手に入れよう!
ペチコートはコットンがお勧め。サテン地のものはずるずる滑って、着崩れの
原因にもなります。


着付け・スタンダードタイプ
まずはブラウスを着て、ペチコートのウエストをぎゅうぎゅうにしめます。
(指一本も入らないくらいに)そして靴を履きます。
右半身側から巻きつけ始め⇒一周したらひだを取ります・・・・が~
ここで初心者にもうまくできるポイントがあるんだな。
☆肩にかけるパッルー(垂れ)の部分に25センチ幅くらいのプリーツを
つくり、垂れの長さを決めて肩にかけておきます☆
残った部分をこれまた18センチくらいのプリーツ(6~8折)にして、
すそラインを決めてウエスト中央にぐぐいっと押入れま~す。
肩にかけた部分をはずし、ぐるりとひと巻きして右脇を通して左肩にかけます。
ブラウスの肩の後ろあたりとパッル(たれ)とを整え、見えないように
内側から安全ピンでとめて出来上がり~~~

折角サリー買っても着る機会がないよ~という方、
機会を作ってサリーを着ましょう。サリーの着付けは練習あるのみ!!
グジャラートスタイルとか、スリランカスタイルとか着つけ方法も様々。
日本とインド、着物とサリー・・・・「民族衣装の着つけ文化」の共通点もあったのね。」
おぉぉぉぉ~~~~<自分で書いといて自分で驚く)
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.03.10(Sat)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
好きな場所
インド国内で、どこが好き?って聞かれたら・・・・・
プーリ(海辺の町。特にMayfairホテルのエビ料理が好き)
アムリッツァル(スィク教総本山のあるところ。国境もすぐそこ)
ダージリン(人も景色も優しい、と思う。日本人に似た顔の人がいて安心。)
コヴァラム(リーラホテルから灯台のあるビーチまでぷらぷら散歩、
ビーチレストランでイカとガーリックのバター炒めを食べる)
アレッピー(のんびりボートクルーズ)
ラジギールから行く霊鷲山の頂上(お釈迦様が説法をした場所、
この頂上からのお釈迦様の声が四方八方に広がった、とある。早朝参拝の場所)
ヴァイシュノ・デヴィ(ヒンドゥ教の聖地、めっちゃ刺激的。でも菜食なの。
インド人の敬虔なヒンドゥ教徒に一緒に行ってもらうのが得策です。)
リシケシュ(近辺に訪問すべきところが一杯。でも菜食だから。
リバーラフティングもできるし、ヨガ道場もあり、動物保護区もあるよ)
・・・・あ!二つも「食べ物に惹かれた」場所が入っているじゃないか!
デリーに住んでると、魚介類・甲殻類が恋しいってことで~えへへ

世界の色んな国で、どこが好き?って聞かれたら・・・・・
フェズ(モロッコの迷路のような町。)⇒オールドデリーの強烈版
コルドバ(アンダルシア地方の情緒溢れる町)⇒ジョドプールのおしゃれ版
マラガ(南スペインの港町、魚介類が美味しいのだ)
アウクスブルグ(学校に通ったので。昼下がりの市場や図書館が素朴で好き)
ヴェニス(下町の市場のキノコや、手長エビの炭火焼が美味しかった)
トドラー峡谷(これまたモロッコ。耶馬溪もびっくりなスケールだった
砂漠のバラやら、安~いバラ水やら、面白いものが一杯あった。)
アナハイム(これまた学校に通ったので。青春の一ページ。
ディズニーランドやナッツベリーファーム-KBF-もあるし~KBFのチキンが美味い)
ブランソン(ミズーリ州、町全体がテーマパーク!?ショー会場が山ほど
遊園地も山ほど、何だか不思議な懐かしい良きアメリカ映画って感じ。)
ボールダー(ボールダーホテルの巨岩ごつごつの風景、付属のゴルフ場が面白かった)
あ、またエビに惹かれて・が入っているじゃないか~!

デリーの中で、どこが好き?って聞かれたら・・・・・
Kinari Bazaar(オールドデリー・ジャママスジッド近く)のごちゃごちゃした通り
Civil Lines(旧・英国人居住区)やらリッジやらのある辺り
Lodi Gardenとか、India Gate近くの公園にピクニックに行くこと
Gaffa Market(カロールバグ)の奥のきたな~いインド料理レストラン
Gol Marketのローカル~なレストラン(人を観察するには持って来い)
あ、またまた食べ物ネタが・・・

今日みたいな爽やかな風が吹く、穏やかな早春の日には、ふと
「私はなんでここにいるのだろう?インドで何をしているのだろう?」と
他人事のように思ってしまうのだ。そして風に吹かれてふらふらと
町を散策に・・・・(何だ、結局ふらふら出歩いてんのかいって?えへへへ)
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.03.08(Thu)  青蓮日記COMMENT(16)TRACKBACK(0)TOP
大事件発生です
先週、我が家のあるコロニーでな・ん・と!殺人事件発生。
暢気にスクールバスで戻る息子をお迎えにいって、お昼食べて宿題して
さ~て、スケート教室に・・・・と車に乗り込んだら、いつもクールな
我が家の運転手さんが「マダム、大変な事件だよ」と興奮状態。

私の怪しげなヒンディ語で理解したところによると、うちの前の
公園をはさんで向こう側の棟の2階で、お手伝いさんがその家の子供と
おばあさんを殺した。そしてもう一人その家の子供(殺された子のお姉ちゃん)が
学校から戻ると「今度はお前の番だ!」と言って包丁を振りかざして追いかけてきた。
そしてコロニー出口の門番が件のお手伝いさんを捕まえた、
殺した遺体は箱詰めにしてあった、という話。ぞぞぞぞぉ~~~~っ

スケート教室に着いたら、日本人学校の近くに住んでるママ友が
「ねぇ、あなたのブロックで殺人事件があったらしいじゃない、大丈夫?」だって。
インド人の口コミスピード、恐るべし。おしゃべり好きだからなぁ。
彼女との情報交換によると、私のヒンディ語理解はあながち間違っては
いなかったらしい。このお手伝いさんは5年以上その家で働いていて、
オーナー夫妻のいないすきに子供と老夫婦を狙ったお金目当ての殺人だったらしい。
帰りに運転手さんが「この門番くんが犯人を捕まえたんだよ」と誇らしげに
紹介してくれた。勇敢な門番くんと同じ村に住んでいるらしい。ぞぞぞぉ~~~~っ

インドじゃ事件といってもケチな「ぼったくり」とか、「おつりだまし」とかしか
遭遇しない・・・と思っていたけど、やっぱりたまに極悪事件もある、
(去年は運転手と怪しい関係になった外国人マダムが運転手との感情の
もつれ、とかで殺された事件もあったし~)そしてそれがごく近所で起こったのは
勿論はじめてのこと。そんなときに限ってだんなは出張中だったりする。
事件のあった家の番号を聞いておく・・・・もし空き家になっても、
借りたくないからなぁ・・・ぞぞぞぉぉ~~~っ

しかも息子は「どうして殺されたの?」「どうしてお家に鍵をかけてなかったの?」
「どうしてうちのお手伝いさんは大丈夫なの?」とこんなときに限って
答えに窮するおばかな質問を山ほど。とほほほほほほ

平和なはずのコロニーが、騒然としている今日この頃なのでございます。

2007.03.07(Wed)  青蓮日記COMMENT(19)TRACKBACK(0)TOP
お気に入り
最近のヒット商品だぁ~(・・・・って言っても味覚がだんだん日本人のそれとは
かけ離れて来ているかも。ま、デリーに住んでたらこれはヒットってことで。)


ストロベリーとミントのジャム。ほんとにミントの葉が入っているのよ。
Kitchens of Indiaというメーカーで、ここはレトルトカレーなども
生産しています。なかなか進取の気鋭に富んだ会社だと思うよ。
この他にも、「マンゴと青唐辛子」とかおぉ~~~・な組み合わせもあり。
今まであったインド製ジャムの中ではまともです。Kissa○というメーカーのなんて
ジャムじゃなくてジェリーだからね。高級ホテルの朝食でも美味しいジャムに
めぐり合うことは本当に珍しい・・・・美味しいジャム、たべたぁい。


お気に入りのビスケット2種。手前のはチョコ味にナッツがけっこう一杯入っている。
うしろのは「なんちゃってマ○ビティ」もの。胚芽の粉が粗くて、私は好きな豪快さ。
本物マ○ビティのは60ルピー、これは12ルピー、だったらこれを5パック食べたい。
・・・・・・もはや質より量。「美味しいものをほんの少し食べられれば良いのよ」
なんて言う日は私に来るのだろうか?年取ったらそうなるかな?
いや、私に限っては ならんと思う。おろろろ


ヒット商品(マイブームなだけ?)Tetleyのジンジャーティー
ティーバッグになってるから、ちょいと自分だけでお茶するのには
便利なのよ。しかも生姜の風味が爽やか。ストレートでどうぞ。

お気に入りの「お茶する?」場所。ヴァサントロックのChoko-la
ここのクラブサンドと、スイカジュースが好き。(Choko-laなら
チョコレート頼めよ~、って?うひゃら~)それからイチゴをチョコで
コーティングしたのも美味しいよ。皆さん、Choko-laにお越しの際には
お声をおかけください。すぐ参上しますわよ~~

あとは~~っと、お洋服やさんもMG1やらAnbawattaが違法建築で取り壊しされてから
あちこちに分散して新装開店してるから、またの機会にご紹介しましょう。
インドのファッションデザイナーも、侮れないんだから~
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.03.05(Mon)  青蓮日記COMMENT(12)TRACKBACK(0)TOP
能舞台 そして、それぞれのホーリー
あ~、昨日はあたふたした~。11時ごろから息子を連れて、水鉄砲など
買いに行き、戻って昼食。無理やりモードで昼寝させてから、そのスキに
能の舞台を拝み(?)にスィリ・フォートへ。1時間限定で観能して
家にもどり、夕食。それから音楽の先生のインド古典声楽リサイタルへ。

能は、見事な舞台ができあがっていました。そして、演目は
「羽衣」と狂言、最後に「葵の上」。立派な英語のプログラムが配られ
1,200人収容するという会場はほぼ満員。日本人の姿よりも、インド人や
各国大使館、インドの学校の生徒さんたちなどが目立ちました。

英語のスクリーンでの説明がちょっとタイミングがあってなくて
演目が3つあるのもわかってない方々が、一つ目終わったところで中座したり
真打の家元を観ずして帰ってしまったり(私は息子を預けてきたので
仕方なく中座しましたが)・・・で、勿体なかったかな~、と。
大鼓・小鼓・囃子・太鼓・地謡の方々が意外と若いのに驚きました。
特に大鼓の方の濃い顔立ちと、小鼓の方の髪型が好み・・・って、あたしゃ
何を観にいったのやら。


そして、夜の部の「インド古典声楽」。ホーリーにちなんだ歌、クリシュナと
ゴピたちのホーリーの様子などを聞きました。いつもは息子の学校で子供相手に
音楽を教えている先生の、本格的な声楽を聴いてうっとり。
人間の声ってすごいなぁ、としみじみ思った二つのイベントでした。

子供たちのホーリー。さぁ、皆さん、うちの息子の水鉄砲を見てやってください。うは~


そして、「投げつけ合戦」用の水風船。これ、水を入れて結ぶのに技術が
いるのよ。しかも・・・・昨日買った風船100個のうち、生きて(?)いたのは
30個くらい。ひどすぎ。来年は日本から百均のを調達しようかねぇ。
これだけ準備するのに水浸しになったアタシって・・・どんくさい。


朝11時ごろ、それぞれの家でプージャのあと、グラール(色粉)を顔に
ちょちょいと塗りつけ、神様のお下がりのお菓子を一口頂戴し・・・そして
子供たちは外へと繰り出します!昼過ぎまでぎゃ~ぎゃ~と賑やか。


そして、それぞれのホーリー
我が家が可愛がっている野良犬、(というか半分飼い犬化しているけど)
どこかで赤い水鉄砲を噴射されたらしい。逃げ切れなかったのかな?
「ママァ、色水かけられちゃったよ」と報告に来る、の図。


何はともあれ、無事春の一大お祭りも終わり。暑い夏がやってくるよ~

人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.03.04(Sun)  インドの祝祭日COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
青蓮ホーリー劇場


ホーリー祭 デリーの風景あれこれ
ホーリーに欠かせないお菓子「グジヤ」買いました


ホーリーに毎年買ってはすぐ壊れる水鉄砲、今年ももれなく買いました
ちなみに赤いシャツ着て写っているお兄さんは「マネキン」ですから。


ホーリーに欠かせない甘いもの・・・・揚げたて「ジャレビ」買いました


そして・・・・おっちゃんが「天然顔料だから」と言い張るRang<色粉>
水で溶いてみてくれるんだけど、色が毒々しすぎるので・・・パス。


ただ今息子は水鉄砲の試し撃ちで遊んで、お昼寝中。しめしめ、こっそり
能に行くざます。そして夕方には音楽の先生の「古典インド声楽」リサイタル。
子連れでも良いそうなので、行ってくるざます。・・・・・何とか言いつつ
結局出歩いているのねって??だってまだ今日はChoti Holi(前夜祭?)だも~ん!!

お、日本は「ひな祭り」ですね。博多の実家では、旧暦で祝うので
4月までお雛様飾ってましたっけ・・・・
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.03.03(Sat)  インドの祝祭日COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
ホーリーモードに突入
我が家の近くのスクールバス停車場、いろんな学校のスクールバスが
ほぼ同時に通ります。そして、近くの公立学校の子供たちは市バスや
徒歩通学・・・・今日なんとなく眺めていると、すでに緑やどピンクの
粉をふりかけられて、顔も髪の毛もど派手に染まった子供たちが・・・・
もうホーリー気分なのねぇ。去年は何してたかなぁと考えてみると
息子がまだ幼稚園だったので、前日にホーリーを園のみんなで祝ったり
していたのでした。ホーリーの由来はここホーリー情報はここ

さて、今日はホーリーにむけて荒稼ぎ(あら、人聞きが悪いわね)している
マーケットの風景をば。甘いもの屋さんでしょ、おもちゃ屋さんでしょ
ここぞとばかりに水鉄砲をぶら下げたお店がいっぱい。もともとここは
何屋さんだったっけ~???


近所の子供たちはすでに「ホーリーモード」に入っていて
水の入った風船を、上からパシャ~ンと落とす練習とか、通路を越えて
お向かいの棟から水風船を投げる子とか・・・・まったく油断も隙もない。
「春の訪れ」を祝うこのお祭りですが、今朝のデリーはなんと「霧」!
9時過ぎからようやくすっきり晴れたのだけど、みんなで「こんなに寒くちゃ
ホーリー遊びできないね」なんて話しつつ。そして私は明日の観世流家元の
能を観に行くべきか、やめとくべきかまだ逡巡しています。どうすべ~
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.03.02(Fri)  インドの祝祭日COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
インド モダンジュエリー
インドにいると、こんな望みがふつふつとわいて来ませんか?
☆宝石デザインを学んでみたい、いや、宝石鑑定ができるようになりたい
☆・・・・・自分が買ってる宝石が、はたして本物なのか、だまされて
ぼられているのか、せめてそれだけでも判断できるようになりたい。

デリーでもジェモロジー(宝石学)の基本を学べるコースがあります。
ただし、あくまでも「文化サークル」の域を出ないものが多いのです。

インドの宝飾デザインと切っても切れないのが「マハラジャ」の存在。
イギリスに支配される前、沢山の藩王国に別れていたインドでは
それぞれのマハラジャたちが贅を競い、こぞって「王族の証」とされる
真珠やエメラルドを使って豪華なデザインのネックレスやターバン飾りを
カルティエなどヨーロッパ宝飾メーカーにオーダーしていたのです。
(宝石だけでなく、ベンツやロールスロイスの特別デザインの車もね)
(写真はかつてマハラジャがオーダーしたという5連ネックレスのデザイン画)


マハラジャ御用達の宝石職人たちが、各地でしのぎを削り、インドでは
さまざまな宝石加工技術が花開きます。コルカタでは金細工職人の腕が良い、
ムンバイにはダイヤが集まる、ゴールコンダ鉱山のあったハイダラバードでは
ダイヤや真珠が一杯、そして腕のよい研磨職人がいるジャイプールには
世界中から原石が集まる・・・・という図式ができあがるのです。
インドはまた、オーダーも自由自在。サイズ直しなんてものの30分もあれば
チャイを飲んでいる間に出来上がり~。
そして、世界各国からのデザインが流れ流れてくるので、色んな
「なんちゃって」ものの宝庫でもあります。いいのかなぁ???


ジュエリーデザインも、1年たつとこんなに違う・・・・という見本。
同じアクアマリンですが、左はスタンダードな大きさ、日本人にも使いやすい
シンプルなもの。右側は今流行の「インドモダン」スタイル。
でっかいアクアマリンをカボション・カットにして、その形を生かして
台の部分にはエナメルの象嵌。インドの伝統模様が刻まれています。
・・・・・とかなんとか薀蓄をたれて(?)いるようで、実はどちらも去年の出張のときと、
つい最近の都合2回、誘惑に勝てずにジャイプールで買ってしもうたのじゃ。
みなさん、このでっかいインド指輪をはめているのが私ですっ。
・・・・別にComing Outせんでも、デリーのマダムたちにはバレバレばってん。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.03.01(Thu)  ファッションCOMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin