□  2006.12 □  11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
とし~の最後のごあいさつぅ~♪


 
・・・題名を読んで、何の歌だかわかったあなたは同年代!!ぶふふ

日本のみなさ~ん、お待たせしました。賑やかな親子が帰って来ます!
今回は短期間ですが、法事やら同じく子連れで帰福するドイツからの
お友達との再開もあり、盛りだくさんの日程。
昔とった杵柄で、息子を「アイススケート」デビューさせる予定。
ママがブレーキのかけかたやらジャンプやら教えてやるけんね!
(アンタ何者?と思うでしょうが、中学のころ当時の博多の不良はスケート場で
たむろしていたのでございます・・・・・おほほ、て今更上品ぶっても遅い。)

そしてインドのみなさ~ん、今年もお世話になりました。一緒に遊んで
くれたマダムたち、デリー・ネット友の皆さん、私たちがいないので
年末年始デリーは静かですよ~。

皆様良いお年をお迎え下さ~~~~い!!
(ヒンディ語の表記のまちがいは、許して~。一生懸命書いたことを褒めて~
このフォントをまだ使いこなせない私。最後の点はいるのかなぁ?
アルカカットさま、Ishwarさま、どないだしょ??)
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
2006.12.22(Fri)  青蓮日記COMMENT(21)TRACKBACK(0)TOP
最後の最後まで
息子(インドの1年生・日本にいたら年長さん)の通っている現地校は
明日が冬休み前の最終登校日。今日は先日の創立記念日にやった
「Starlight Express」ミュージカルの再演で、低学年は午前中観劇に。
明日は最後の日だっちゅうのに「ピクニック」に行くとのたまうので
「はぁ~~~???この寒いのに?」と思っていたのじゃ。
よくよく聞いてみると、大きなファームハウスを持っている父兄が
会場を提供してくれて、そこで1年生が「クリスマスパーティ」するんだと。
・・・・この寒いのに外でパーティかい・・・・・・・
日本に帰る前に風邪引いたらどうしてくれるんだよ~?

が、しかしわが子のためとあらば、この気ぜわしいなか
最後の最後までアップル・マフィン焼いたりしています。
・・・・自分が食べたかったと言うのもあるけど。けけけけ・・・・


デリーは23日から急激に寒くなるとの気象庁の予報。霧が発生する時期が
やってくる~。おまけに冬は洗濯物が乾きにくくて困りますね。
我が家の暖房手段はUSHAの電気ヒーター。部屋のドアを閉めまくり
暖房を「強」にして一気に暖めてからスイッチを切ります。一応
サーモスタットついてるので、自動的に温度調整してくれるんだけど、
つけっぱなしだとお肌がかさかさになるので。
こんなとき、日本の昔ながらのダルマストーブとか、灯油ストーブが
あったらなぁ・・・・と。(遠い目)インドにも日本製のストーブが
売ってるけど、あまりに高い。しかも日本みたいに灯油を配達してくれる
所は聞いたことないしなぁ・・・
皆様、冬場はどうやって暖をとっていらっしゃいますか??
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2006.12.21(Thu)  青蓮日記COMMENT(11)TRACKBACK(0)TOP
子供 産みます
張り切って、もういっちょ~・・・・


いや、スーツケースの話なんですけど。紛らわしくてごめんね。
会社の福利厚生・日本物資送付システムなどがない我が家、
日本のものはせっせと自分で運ぶしかありません。買い忘れや
詰め忘れがないように、用意周到に・・・・それも「容れ物」
あってのことですからね。
博多来るときゃ~一人で来たが、帰りゃ~人形と二人連れ~♪
ぺぺぺん、しゃん♪

・・・じゃ~なくて、デリーを出るときにはスーツケース一個。
でも中身は・・親スーツケースの~中には子スーツケースを詰めて~、
子スーツケースの中にぃはぁぁ孫スーツケース詰めてぇぇ~~♪
空港セキュリティの画面を見つめているおじちゃんも「??」と
思っているかも。しかも子供の服はとりあえず着替え1式だけ入れて
あとは全部現地調達、私の服は実家にあるのを着回し。こんなとき
コンサバな服は意外と役に立つのさ~。流行はとりあえず、小物で
取り入れてっと。おっと、そろそろ本気で荷物を詰めねば。

今日はおまけに最近のヒット商品をご紹介。イライラが募るあなた
子供のカルシウム不足が心配なあなた、これはいかが?


右手から「子供用カルシウムタブレット」「子供用カルシウムグミ・
バタースコッチ味」「女性用カルシウムタブレット・いちご味」。
それぞれ容器がいかしてるでしょ、女性用はいかにも「インド」って
感じ?切れ長の目がちょっとコワイんですけど。タブレットはちょっと
粉っぽいけど、中央のCalcium Soft Chewは子供も喜んで食べてます。
お試しあれ~
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


2006.12.20(Wed)  青蓮日記COMMENT(13)TRACKBACK(0)TOP
日曜日、コンノートで。
・・・って、何かおしゃれな「待ち合わせ」って感じじゃな~い??
コンノートプレイスは、以前と比べると格段に綺麗になり、先週は中央広場の
改装オープニングセレモニーもあって、夜の噴水がとても綺麗でした。


何せ「コロニアル・スタイル」の建物が多い場所。「コンノート・プレイス」って
1921年にインドを訪問した、イギリス国王ジョージ5世の叔父さんの名前
に因んで名づけられたのです。インナーサークルとアウターサークルとが
放射線状の道路で区切られている界隈は、1933年ごろの建物ばかり。
由緒ある、植民地風・・・って感じでしょ。

 
コンノートに行ったら、必ず寄るのはパンやケーキの老舗「Wenger's」
でしょ、それからミルクシェーキが美味しい「Keventer's」でしょ。
マンゴシェーキのほかに、ストロベリー・バタースコッチ・コーヒー・
ローズなどなど、種類も豊富で、ガラスの「牛乳瓶」で出てくるところが
またレトロ~なのよ。ま、最近はKFCに直行することが多いんだけどね。

「日曜日、コンノートで・・・」って、何しに行ったかって??

言わずと知れたぁ、「お土産ハンティング」ざんすよ。
ま~だやってたかって?
コンノートにしかないものもあるのよ~!!

その1:インドちっくなカレンダー。時節柄お土産として外せない。
近所の本屋には置いてないが、コンノートは観光客も多いので見つかるんだな。
その2:Somaの布製品。ここの製品はソフトトーンで、日本人には
受け入れやすいと思うのですよ。グリーンパークの店がなくなったから
もはやコンノートKブロックの、「へ?ここか?」ってな階段を上った
ところにある店舗に行くしかないのじゃ。有難いことに日曜日開いてるし。


個人的趣味に他なりませんが、これを買おうと思ったのよ。「湯たんぽ」
夏の冷房も苦手だけど、冬の暖房も嫌いな私。均一な風がもや~~っと
くるのがどうにもイヤなので、自力であたたまるしかない!けど
できるだけお肌が乾燥しない方法・・・・というと、「湯たんぽ」は非常に優秀。
しかも可愛いカバー付だしね。どうよ????


私が好きなNeemranaのホテルでは、冬になると夕食のあと(22時ごろね)
レストランを出るときに、そぉっとこんなカバー付の湯たんぽを
宿泊客一人ひとりに手渡してくれるのですよ。あったか~い心遣いでしょ。
人気のホテルはこういうちょこっとしたところがニクイのぉ~。

・・・ってわけで「日曜日・コンノート荒らし」のレポートでしたっ!
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2006.12.18(Mon)  青蓮日記COMMENT(12)TRACKBACK(0)TOP
道路が先に完成したよ
南デリーの高級住宅地ヴァサント・ヴィハールと
アジア最大の集合住宅を控えるヴァサント・クンジとを結ぶ
一直線の道路、「ネルソン・マンデラ・マルグ」。(車をばびゅ~んと
ぶっ飛ばすと気持ち良~いのだが!ネズミ捕りがいるので要注意)
その道路沿いに出来上がるはずのアジア最大の(この表現が好きね)
ショッピングモールコンプレックス「ヴァサント・クンジ・モール」建設工事が
頓挫してから約1年。師走になって、ようやく工事が再開されました。
(ヴァサント・クンジ・モール、過去の関連記事はこちらこっち

そもそも「リッジ」と呼ばれるこの貴重なグリーンベルトの土地を
所有しているのはDDA(デリー開発公社)。土地をディベロッパーに
どど~~んと分譲し、Regency Park Management, Beverely Park-
Maintenance, Ambience Developer, Jasmine Projects, ・・・・・・
といった大手開発会社がどんどん建設に着手したのでした。
と・こ・ろ・が!

常々水不足、電力不足に悩まされている住民たちも黙っちゃいない。
おまけに環境・森林省(Misnistry of Eivironment and Forests)が
これらのビル建設が環境保護基準を満たしていないとして、裁判所へ
訴えたのです。更に「the Ridge Bachao Aandolan」(リッジを救う会)
という団体までもが加担して、モール建設反対運動が盛り上がりを見せました。
最高裁判所は「確固たる措置をとり、更に罰金を支払うこと」と命令を下し、
11月25日にはようやくこの基準をクリアして、最高裁が工事再開許可を
与えました。(罰金額は明らかにされていませんが・・・)12月6日には
工事が再開され、寂しかったモール建設予定地にも灯りがともり、
人の気配が戻ってきました。

が、最高裁の決定を不服としてリッジを救う会は更に上訴を予定して
いるそうで。「緑を守る」のはもちろんのこと、ヴァサント・ヴィハールや
ヴァサント・クンジ住民にとっては、依然「生活用水の確保」「電力の確保」
は保障されていないんですよね。ネルソン・マンデラ・マルグ界隈にある
大学にも電力、水の供給は必要なわけで、こんなにでっかいモールが
出来たら、当然JNU(ジャワハルラルネルー大学)やIIT(インド工科大学)
にだって、悪影響がでるのです。我々邦人もひとごとじゃ済まされないよね。
モールができるのは嬉しいけど、そんなにいくつもいらないよ。
だって、ヴァサント・クンジにも一つすでに建設中なのよ。
(セントラルマーケットの先、日本人学校の手前の左手のやつね)


しかも・・・・・工事が頓挫していた間、着々と出来上がっていた
ショッピングモール前の立派な道路。これって、「どうせ何だかんだ言っても
工事OKになるんだから、道路はとりあえず作っておこうよ」って??
「年度末までにとりあえずこの道路の分の予算はあるんだから、だめなら
取り壊せばいいじゃん」って????摩訶不思議なインドの行政でございます。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
嫌いだってば!
算数嫌いなのよ、私。なのに最近「二桁の足し算引き算」しかも繰り上がりや
繰り下がりのをやっている息子。練習問題を作るのがとっても憂鬱なのだ。


毎日40問も作らなきゃいけないのよ。憂鬱で髪の毛が禿げそうだよ。
日本で仕事してたとき、海外出張はお手の物だったけど、その後の清算が
超イヤだったな~。レート計算がイヤなんだも~ん。足し算も苦手なんだも~ん。
持って行ったお金と、持ち帰ったお金が合わないんだも~ん。(あの頃は
口が裂けても言えなかったが、結構自腹を切っていたぞ。後輩達よ、偉そうに
みんなの清算チェックとかして、ごめんよ~。)

あぁ、でも嫌いだとも言っていられず、せっせとドリルを作る私。
日本ならKUMO○のドリルとか本屋さんで売ってるのにねぇ。インドも
売ってはいるけど、学校で教えてることと微妙に違うのよね。使えない。
しくしく・・・・誰か算数の得意な方、お友達になってください。


昨日は「フラワーアレンジ」の授業があったのさ。12月の行事予定に
そう書いてあったのに、お花を持たせるのを忘れた私。スクールバスを
見送った後に気づいたのだ。バサントでヒノキの葉っぱとオレンジの
バラを2本買って、教室まで届けましたよ。
帰ってくるときには素敵にバラとヒノキが花瓶に生けられているだろう・・・
とスクールバス停に行ったら~
持って帰ってきたのは「菊とガーベラ」でした。あれ?????
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


つまらないものですが
お尻に火がつきました。あと10日で帰省どぇっす。
お土産も、いつもなんだか同じようなものになってしまってねぇ~
「インドからのお土産」って、皆さん何を期待しますか?教えて!
紅茶はまぁ、お決まりで持って帰るとして・・・・
エコブームにのっとって(?)インドにも添加物の少ないものがあるよって
ことで、Khadi(ガンディ翁がはじめた手つむぎの綿織物のこと、転じて
手作り国産品を売る店の名前になっています)の自然素材石鹸や
ローズウォーターはいかがでしょう?インド伝統医学アーユルヴェーダに
興味のある方へは、マッサージ用オイルなども。


お料理好きなあなたには、カレー作りに大活躍のガラムマサラや
カスーリ・メッティ(フェヌグリークの葉っぱを乾燥させたもの。仕上げに
パラパラふりかけたり、ジャガイモと炒めてカレーにしたり)、そして
無農薬栽培のダニア(コリアンダーの種)。無農薬ってのがミソよ。


お約束の(?)Anokhi(ジャイプール・プリント)ものも忘れずに。
ランドリーバッグと、ペンケースと、携帯電話ケースなどなど。


日本で仕入れてくるもののリスト作りもはじめなくちゃね。
食品類はもちろん、雑貨が結構いるのよ~。しょっちゅうお誕生日によばれる
インドのお子様ソサエティ、インド人が持ってくるギフトといえば
箱入りのゲーム(バッタ物の人生ゲームとか、ピカチュウの絵はついているが
なんら関係のないすごろくとか)や、ペンセット(マジックやクレヨンが
40本くらい入っている中国製、最近リターンギフトにもこれをもらうことが多い)。
明らかに同じものを2個ももらっても、困るでしょ。そこで日本で何か
Made in Japanものを買って帰るの。ユニ○ロやG○Pのワゴンセールの
子供服や、帽子、手袋なんかもママたちのほうが喜んだりして。

息子の下着や靴下なんかも買わなくては。
え~、インドってそんなものもないの?って???いや、ありますよ、
でも「子供が自分で脱ぎ着しやすい」ものにこだわる私。インド人は
頭が小さいから、子供服もこっちのは首まわりが小さくて、脱がせる時に
釣り目になっちゃうんだな。笑いごっちゃないってば。おまけにニット用の
糸が使ってないから、脱ぎ着のたびにあちこちから「ばり」っと糸が切れる、
ほつれる。制服だって、ぜ~んぜん伸びない靴下:子供が一人じゃ履けない、
ボタンがかたくてこれまた子供が一人ではめられないカッターシャツ、
脱ぎ着のたびにどこかがほつれるセーター。んも~~~!!
日本のフ○スケやグ○ゼはすごいなぁと、改めて感心するのですよ。

どうでしょ、工場設営や基幹店の候補地探し、広告媒体の手配などは
私がやりますから、日本の服飾企業のみなさん、インド進出を考えてみては?
今なら下着業界、靴下業界は「売り手市場」ですよ~!!!
Victoria's Secretみたいなセクシー下着も売れると思いますよ~!!
主婦の意見だと思って、バカにしてたら「あ~あ、あの時インドに
進出しておけば・・・・」と後悔するかも。いかが??
何せインド人総人口の1割、つまり1億人は富裕層なんですからね~。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2006.12.14(Thu)  青蓮日記COMMENT(19)TRACKBACK(0)TOP
お茶会です
昨日は「クリスマスお茶会」へ。
デリーにはなんと「お茶室」があるのですよ~。驚きでしょ。
日本情緒をかもし出すそれは、ニューデリー日本人学校の中に
あります。石灯籠もあったりして、畳も新しく藺草の良い香り。
着物姿のお嬢様方にもうっとり、思わず「やっぱ日本女性は
綺麗だわ~」とオヤジみたいな感想を漏らす私であったよ。


お茶のお作法・・・さっぱりわからんので、緊張のあまり
右手と右足が同時に出るような歩き方・・・しかもよりによって
正席です、ワタシ。緊張も最高潮に達したそのとき!きらり~ん


白金台Ericaのクリスマス限定チョコレートと、Kさん手作りの
スノーボールが登場!おっしゃれ~☆懐紙に乗せて、ぱくっと!!
そして、萩焼の茶碗でたてられたお抹茶をぐぐいっと・・・・
「はぁ~、日本人でよかったよ~」と実感したひと時でした。
足のしびれもそうひどくなく、立ち上がって歩いて帰れてヨカッタ。
こんなところで転んだ日にゃ~、末代までの恥やけんね~


クリスマスお茶会と銘打っただけあって、あちこちにクリスマスらしい
しつらえが・・・ここはホントにデリーか???と思うような
異空間でした。来年も参加希望ですから~、茶道部のみなさん!!
(・・・と根回ししておいて、っと)手作りういろうを頂き
家に帰ってから息子と奪い合いして食べました。もうすぐ帰省。
日本の繊細な味のお菓子を食べまくってやる!!!
栗饅頭だって一気に2個づつほおばってやる!
日本のみかんなんて丸ごと一口で食べてやるぞぉ~~!(こらこら!)
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2006.12.13(Wed)  青蓮日記COMMENT(12)TRACKBACK(0)TOP
ご招待
インドと日本、小学校同志の交流が続いていることをご存知ですか?
長野オリンピックのときに長野国際親善クラブが中心となり
「一校一国運動」が展開されました。長野市内の小中学校が、
冬季オリンピック出場国をそれぞれ担当して、応援してくれたのです。
その際、インドの担当だった小学校がデリーの小学校と交換プログラムを始め、
毎年1月長野の小学生がデリーにホームステイと体験学習に、
6月にはDPSの子供達が長野に行きだしてはや7年。


長野市若穂の川田小学校はDPSヴァサント・ヴィハール校と
長野市内の松代小学校はDPSイースト・オブ・カイラシュ校との
交換プログラムを実施しています。
小学校5・6年生のことですから、初めて過ごす異国での
親元を離れての1週間、双方色々なドラマを生み出しているのですよ。

普段お手伝いさんが掃除でも何でもやってくれるインドの子供達は
日本で児童が校内掃除をやっているのに驚き、おそるおそる箒や
モップを手にお手伝い・・・そしていつも運転手さんつきの車や
スクールバスで通学しているインドの小学生、「歩いて学校に通う」
ことにもまたまた驚き。そして寒いと言いながら、雪が降ることはない
デリーの子供達、長野の雪山を見てまたまたびっくり!ってな具合。


日本からの児童たちがデリーに来たときも、最初は顔見知りの子
(前年自分の家にホームステイしたDPSの児童)にくっついていますが、
滞在中にお友達も一杯でき、ヒンディ語授業に参加したりタージマハル見学に
行ったり、交流会でダンスや縄跳びを披露したり・・・と心を開いての交流。
毎年「お世話係」の私は、感動の1週間を過ごしています。

折りしも来年は「インドにおける日本交流年」。その幕開けともいえる
1月に、長野の2小学校から16名の小学生と、引率の先生方が
デリーを訪問します。公式歓迎イベントなど目白押し。この機会に
インドの学校を見てみたいわ~と言う方、日本の小学生を応援したい方
そして、長野出身のあなた!!「参観希望」とご連絡いただければ
前もって入場券などお渡しします
。(イベントは1月23日、25日の予定)
インドの子供たちのすごいパフォーマンスも見れるし、
あの小泉前首相が公式訪問した学校に潜入するチャ~~ンス!!
みんなで日本の小学生を盛り上げましょ~~~!!
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
今年もこの時期
一年が経つのは早いものです。特に子供の夏休み、冬休みや学校行事に
追われていると、本当にあっという間。
そして今年もやってまいりました~!ニューデリー日本人会恒例の「忘年会」!!
タージパレスのダルバルホールを借り切っての大宴会でございますよ。

ワタクシ、婦人部総会で「パーティメイクアップ+サリー着付けセット」で
痛い目に遭いましたから(ううぅぅ・・・また傷口に塩をすりこんでしもうた。)
今回は自分でサリーも着ました、メイクもヘアアレンジも自分でしました。
増えに増え続けるデリー在住邦人数・・・ついに今年はいつもの会場に円卓が
セットできず、椅子席にてのパーティでした。でも、このほうが自由に
お友達と座れて良かった良かった。おでんもおそばも太巻きも食べたし。


大好きなコールマユール(女性合唱グループ)の歌声のあとは、
余興が盛り上がりましたね~。和太鼓の音にあわせてまさか「ピンクレディ」が
登場するとは思いませんでしたよ。おまけに「サウスポー」の音楽に乗せて
安来節が出るとは・・・しかもあの安来節のお二人のメーキャップと
息のぴったり具合が、今思い出しても笑えます。
混声合唱団チャットマサラのハレルヤコーラスもお見事でした。
ほんとに役者が揃ってるわぁ~


そしてIN-JAボーイズの皆さんは「なつかしのメロディ」
ここでも女装姿のピンクレディが登場。そして、なぜか踊らない光GENJIも。
(スケートで舞台を通りぬけるだけでも大変だったのでしょうね~)
前日子供達のスターライトエクスプレスを見ていた私は、一人で光GENJIに
うけまくり。(でもやっぱし私は「ウォーターボーイズ」が好きよ)

そんなこんなで、今年も無事終わろうとしていますが
まだまだ年末の帰省前にも色々とイベントが目白押しなのよね~。
しかも、来年の「インドにおける日本友好年」にむけて、なんだか
忙しい年の瀬です。(・・・年の瀬と言うには、まだ早いか)
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2006.12.11(Mon)  青蓮日記COMMENT(16)TRACKBACK(0)TOP
スターライト☆エクスプレス
インドの、というと語弊があるので「我が家の接する機会のあるインドの
子供達」は、としよう。そのインドの子供達は自己主張が強い、そして
できないことでも“I can do it!"と手を上げる、声がでかい、おまけに
親も自分の子供を取り上げてもらうのに必死で売り込む。
さながら芸能ママたちのようなのだ。関ジャニもびっくりでんがな。
が、しかし!!これがイベントとなるとすごい効果を生み、感動の結果を出すのだ。


昨日はわが息子の通う現地校の「創立記念日」。午前中学校では簡単な
式典があり、式典に出なくていい低学年の子供達は学校はお休み。
で、夕方から「インド空軍大講堂」を借り切って、あのアンドリュー・ロイド・ウェバーの
「スターライト・エクスプレス」を子供達が上演するというのだ。
あの、アポロシアターでロングランした、ローラースケートで走り回る
ミュージカルよ!川崎麻世が新幹線役で出たやつよ!
それが縁でカイヤと結婚してしまったというやつだ!(って、年がバレるってば)
ジャニーズにローラースケートを流行らせ(?)「光GENJI」へと繋がるのよ。


実はVIP席をもろうたのぢゃ。すぐ前に主賓のインド軍ナンバー2が
座っておったがな。そして、空軍マークつきの食器で軽食まで。しかし
我が家はVIP扱いに慣れていないので、挙動不審だったかも。悲しいのぉ庶民は。
空軍施設の敷地内に入れることなんて、そうそうないから、どど~んと
飾ってある飛行機の写真でも撮りたいところだが、さすがに軍事機密だし
撮影禁止であったよ。残念無念。


覚えていますか、おんぼろ機関車ラスティや、花形列車パール
おしゃれな食堂車バフィや、ディーゼルのグリースボール、高速列車エレクトラ。
あぁ、青春が蘇る~。もう、オープニングからバカみたいに目汁鼻汁・・
じゃなく、涙と鼻水があふれ出す私。すごいね、インドの子供達って。
もはや「学芸会」レベルじゃないのよ。これ、Pogoという子供チャンネルで
放映されるそうなので、皆さん見てやってくださいな。


わが子はまだ1年生なので、出演はしませんでしたが、私ももう少し
インドらしく「うちの子もできますから!」って押しだしたほうが良いのかな?と
思ったりもしました。さて、今日はスケート教室でのパーティです。
スピードレースと、年齢別レースと、障害物に出場するうちの息子。
さぞかし賑やかだろうなぁ・・・・ではでは皆様良い週末を!
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ぶったまげた値上がり
昨日は朝から晩まで国立博物館で過ごしました。・・・というのは
婦人部のボランティアサークルの企画で、マダムたちに見所を説明するため。
自分自身、ここの説明は禁忌にしてたんですが、日本語できるインド人ガイドさんだと
やっぱり日本人が知りたい事や「機微」がカバーできないので、とうとう自ら
やっちまいましたがな。やおらメモ帳を出すマダムあり、ミニ録音機を
取り出すマダムあり・・・やばっ!口から出まかせ言えないじゃん!<コラ!!>


ここの展示物には、世界に誇れるようなものが山ほどあるのですよ。
上の写真は撮影禁止の「インダス文明」展示室(ご安心あれ、ちゃんと
展示総括ディレクターの撮影許可を頂いてますから~)
その他の展示室はカメラ使用料金を払えば、写真OKですよ。


ね、世界史の教科書で見覚えありませんか?パシュパティ<獣の王:
シヴァ神の原型だと言われている>の印章や、踊り子の像。
皆さん現物の小ささに驚いたようでしたが、このギャラリーには
約5000年前の生活のようす、おもちゃ、化粧道具など、その生活水準の
高さを示すお宝がてんこ盛り。現代インドデザインにも通じる幾何学模様の
描かれた陶器なども見ものなんです。NHKでインダス文明の特番やりましたよね。
あのDVDをご覧になれば、そのスケールもよくわかって、なお面白いかも。


そして、世界中からインドにやってくる仏教徒たちが目指すはここ
「仏教美術ギャラリー」。写真は左から:初期仏教彫刻・アマラヴァーティで
発掘されたもの、そしてガンダーラ仏、同時期にマトゥラで彫られた
マトゥラ彫刻など・・・なんといっても見逃せないのは、ピプラワーで
見つかった「仏舎利」そのものなのでございますよ。
昔はもっとシンプルに飾られていたんですけど、最近はタイの仏教徒から
贈られたという金ぴかのお御堂に仏舎利が祀られております。
もちろん、ヒンドゥ教美術も満載ですよ~。ガンガー・ヤムナー両女神の像や
ガネーシャ神、ヴィシュヌ神、ナタラージャ(踊るシヴァ神)もね。

そんでもって、細密画もとてもわかりやすく展示されてますが
やっぱり説明つきでないと、何がみどころなんだかわかりにくいかも。
いくつかの細密画の流れがあって、それがわかると面白いですね。
ムガールの宮廷画、ラジャスタンのクリシュナ題材画や武人・庶民を
描いたもの、ジャイナ教関連のもの、そして数少ない仏教の貝葉経も
展示されています。ぜひ見てね。


その他コインや武具や少数民族や楽器など、展示物は数々あれど
最後にご紹介したいのは「インドの布」です。
上の2点はベンガル地方の「カンタ刺繍」、日本でいう刺し子のようなもの。
そして、地方によって特色ある布の数々・・パンジャブ地方の「フールカリ刺繍」
ベナレスの錦織やグジャラートの絣、絞り染めなど盛りだくさん。

今までは「インド人10ルピー」「外人150ルピー」だったんですけど
今月に入って衝撃の値上げ!!!インド人は10ルピー、私たちのように
インドに住んでて居住者登録している外人もインド人料金で入館できます。
でも、外人料金が300ルピーに値上げされてましたぁ!ま、外人は展示品説明の
イヤホンが借りられるからその代金だと思えば良いんだけど。日本語のもあり、
イヤホンマークを辿っていくと、主要作品の説明が聞けます。
さぁ、デリーにきたら、国立博物館へ直行だぁ!!
(あたしゃ、デリー観光局から表彰状もらえるかも。ばははは)

家に戻って、だんなに今日の報告を・・・と思ったら
「あんた、午前2時間 午後2時間もしゃべってきたのに、まだ喋るか?」
と言われた。ぷん!!
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2006.12.07(Thu)  芸術・文化COMMENT(12)TRACKBACK(0)TOP
ブログ雑感
ブログをやっていることはだんなには内緒にしていたのだ。
でも、とある方がだんなに
「奥様のブログのアドレスを教えて~Blue Lotusの」と・・・
バレました。「オレの悪口ばっかり書いてるんじゃないかぁ~」だって。
ばれた日は、ブログをやめようかと思いました。
折角の「自分だけ」の場所だったんだからね。

でもぉ~、コレのおかげでつながったお友達も多いし
日本に帰国なさった先輩マダム方も、読んで下さっているし
しかも毎日150人とかの世界各国の方が読んでくださっているのが
わかって、ビックリしてます。Neo Counterというのをつけてみたら
どの国からのアクセスがあるか、わかるのよ。日本やインドはともかく
フィンランド、ノルウェー、ウルグアイ、ユナイテッドアラブエミレイツ・・・
すごくない??改めてネットの力を思い知っている昨今でございます。
Neo Counterはそろそろ無料お試し期間が終わるので、本契約にしようか
どうしようか思案中。

仕事しつつ、主婦もしつつ、お友達とも遊びつつ、子育てもしつつ
しかもブログにも手をだす・・・それには自分で決めた鉄則が。
「ブログ更新は息子の昼寝中」
その他のSNS関連は会社で暇を見つけて・・・ってコラコラ!!

でもね、実は他にも色々とやってみたいことが。
しかし・・・時間は限られていて、私も一人しかいないわけで~
独身時代仕事をバリバリこなしていて、でも結婚もして子供も産んだ・・・
という女性たちは誰しも、ジレンマに陥っているのではないかと思うのですよ。
仕事もしたい、でも子育ても家事も完璧にこなしたい、というジレンマ。
それには満を持して「来るべきチャンス」を待つしかないのかな。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2006.12.05(Tue)  青蓮日記COMMENT(20)TRACKBACK(0)TOP
遺伝はあるか?
才能の遺伝を信じますか?
我が家は私が文系かつ体育会系(あれ、この二つは相容れるのか?)
だんなが理系の頭脳系。息子はまだ1年生なので、海のものとも
山のものともつきませんが・・・・算数は好きらしく。
キャ~大変、将来はIIT(インド工科大学)か!?(親ばか)

して、私は図画工作も大好き。はさみと糊がたまらなく好き。
トンカチも好き。最近はもっぱら学校に頼まれた絵(教室のデコレーションや
学校行事のポスターなどに使う)を描いたりするのがせいぜいですが。
不器用なインド人の子供達に、折り紙を教えつつぷっつん切れそうに
なったりしますが~。でもインド人の子供の絵って、すごくカラフルで
おもしろいので、指導する美術の先生は責任重大だなぁと思いますよ~


息子は暇さえあればせっせとカレンダーの裏紙に絵を描いております。
サーカスのピエロと象の話を読んであげたら、こんなんが出来ました。


そして、今日は学校に飾ってあったという絵が返却されて来ました。
こ、コワイ顔・・・・勢い余って紙からはみ出しとりまんがな。


ラーマーヤナに出て来る悪魔「ラヴァナ」ですと。
あごが分かれてるのはなぜよ?うちにあるラーマーヤナの挿絵のラヴァナが
あご割れなんで、印象に残ってたのかしらねぇ。
いつまでこんなオモロイ絵を描いて、私を楽しませてくれるのでしょうか。
常識的な絵を描くようになったら、つまんないなぁ。

理数系はだんなに、文系と図画工作と運動能力は私に似てくれると
良いんだけどなぁ。そううまくは行かないのが、世の中さ~
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
デリーの恒例行事
デリーの日本人会関連の行事、12月といえば~~~忘年会!!
いやその前に!!!!
毎年私が楽しみにしているのが、ボランティアサークル主催の
「バザー」なのです!いつも開始30分前には行列ができるほどの人気。
息子を預けて~、買い物袋とお財布を持って~・・・っと。
今年も30分前に会場に到着しましたよ!でももうすでに並んでいる人が!

開場と同時に「フードコーナー」を目指す皆様。私の目指すのは~~~
手作りビーズや半輝石のアクセサリーなのよん。
みんなが「フードコーナー」に釘付けになっている間に、さっさと
欲しいものをゲット!去年はリストウォッチを3つを買って、二つは
泣く泣く(?)お友達へのプレゼントに。今年は専ら自分のものを物色。
本当はもっと一杯買ったのだけど、一部だけ公開するざます。


欲しいものを手に入れて満足した特攻マダムはやおらフードコーナーに
移動し、息子のおやつや、今晩のお惣菜購入。
アラハバードの農業研修所の青梗菜やらお米なども。ルン♪ルン♪


家の中にいると、なんだか底冷えがするなぁとフリースを着ていったのに
ポカポカ陽射しのなか、汗ばむくらいでした。
そんなこんなで、12月もあっという間に過ぎて行く~~。
日本に帰国なさったマダムがた、今年もボランティアバザーは大繁盛でしたよ。
売り上げ金は施設支援基金や、奨学金として使われるので、買い物しただけで
すごく達成感がある(?とか言って、散財を正当化したりする)イベントでした。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2006.12.02(Sat)  青蓮日記COMMENT(14)TRACKBACK(0)TOP
絶対読むべし デリー関連書籍
色んな旅の本や、色んな旅ブログに必ず出てくること
「日本から到着したら、デリーは通過地点にして、ぼられる前に、
だまされる前にとっとと目的地点への移動を開始するべし」・・・・

ちょ、ちょっと待っておくれでな~いかえ~~。
そりゃあんまりなおっしゃりようじゃ~ござんせんか~
ムガール帝国の首都が置かれた花の都でござんすよ、デリーは。
インドのマハーバーラタという叙事詩にも登場する古都ですよ、あ~た。
セポイの反乱の主戦場でもあったし、ガンジーさんも活躍したし、
なんせ「デリー特別区」でござんすよ~。


ま、黙ってこの街のノスタルジーに浸るには、私の師匠Khushwant Singh老師の
本を読むのだす。これを読むと、デリーの魅力がぐいぐい迫ってくるざますよ。
物語は、新聞記者くずれの主人公が、デリー観光局のコーヒーハウスに
座って、「バグマティ」というヒジュラ(インドのオカマ)のことを語りだす所から
・・・・・今と昔とが入り混じり、不思議な世界にあっという間に引き込まれます。
ペンギンブックス刊。<ペンギンブックスの回しもんか、ワシャ~>
それが終わったら、Train to Pakistanも読んでね。こちらは印パ分離の際の
ちょっと怖い歴史的事実が小説仕立てになっています。作者のクシュワント・
スィン大先生は93歳、でもちょっとエッチな話題もお得意。お笑いネタの
Indian Jokesの本も沢山書いている偉大な文筆家です。だぁい好きッ。

そして、デリーを語るなら、何はさておきこの本も読まねば。


City of Djinns=邦題:精霊の街デリー凱風社刊)
Djinn(精霊)って、とあるHRホテルのバーの名前にもなってるでしょ。
デリーには昔からDjinn:ジンが住んでると言われているのです。
できれば英語版が、William Dalrympleの言わんとする事がわかっておすすめ。
日本語版も出てます。「City of Djinn」はデリーに住むことになった外人が
大家のスィク教徒や、よく利用するタクシースタンドのオーナーや
知り合ったイスラムの学者との触れ合いの中で、1年各時期を通じて
デリーの歴史を紐解いていく・・・というものですが、近年では
インディラ・ガンディ首相が暗殺された後の、デリーでのスィク教徒迫害の
ようすなどもよく描かれていて、ぐいぐい読ませてくれます。
彼の本では、White Mughalもおすすめ。

どちらも、はまってしまって寝不足になってもあたしゃ~責任持てんよ~。
ベンガル関連、ベンガル出身文豪の記事はこちらよ

人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
2006.12.01(Fri)  青蓮日記COMMENT(10)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。