□  2006.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
ツボ
「壺」売りに来たわけじゃありません。

今朝の新聞でツボにはまった画像のご紹介をば。
今日は10月最後の日、Happy Halloweenってことで。


可愛いよね~、この画像はTimes of Indiaに載ってましたよ。
しかも、だんなが言うには私は左端の犬の顔をして笑うとさ。
犬に似ているといわれる私って・・・・・・??

それからもひとつ、昨日急遽学校が休みになった息子、
お手伝いさんの仕事の邪魔をしまくり(?)ながら、何かこそこそ
やっているなぁ、と思っていたら、こんなの作ってました。


作品名:鳥、飛行機、ディヤ だって。
日本みたいにすぐに「100均」で粘土や絵の具や画用紙が調達できる訳じゃ
ないから、彼なりに考えた「粘土遊びに最適な材料」は、なんと
チャパティを作るためにこねてあった「アター」でありました。
生活の知恵っちゅうか、なきゃ~ないで生きていけるっちゅうか。

明日から、デリーの現地学校の制服は「冬服」。
昨日制服屋さんに行ったら、大賑わい。
インド人も「泥棒を見て縄をなう」だな。
(我が家は学校の制服コーナーで寸法を測って頼んでいたブレザーを
受け取りに行っただけなのよ~)
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
2006.10.31(Tue)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
ブルー・マンデー
ばばシャツを着ていったら、電車の暖房がもやもや効いていて
キモチ悪くなり、途中下車してばばシャツを脱いだ。

そんな経験がありませんか?なんでこんな話題になったか~??ってぇと
ディワリの後、朝晩急に冷え込むようになったデリー。
気温差ですでに靄?霧?が発生し、視界はすこぶる悪く、冬の厳しい寒さを
連想させるような今日この頃なのですよ。朝ジョギングに行ったら、
スポーツクラブの芝生は朝露でびしょびしょでしたもん。それで、そろそろ
本格的に冬物を出したほうが良いかなと思って。

え?毎朝ジョギングしてるんですか~って??と~んでもない。
息子が来る「日本人学校運動会」で一般参加種目の1キロ走に出ると
言うもんで~、伴走する母もちったぁ走る練習したほうが良いかなっと。
肉体系(まちごうた、「運動系」と書くつもりだった。)の私に対し、
頭脳系のだんなは「お~、頑張って来いよ~」と送り出すのみ。

しかも~、今日はいつもどおり早起きして、お弁当作って、息子を
朝シャワーに入れて、さ~~~てと準備していたらテレビで「本日からの
ストライキに際し、以下の学校では臨時休校を宣言しました。以下云々」
あ~~~!!うちの息子の学校も入ってるよ!
新聞で確認すると、同じく「月曜日、休校を決めた学校」に載ってる。
土曜日の段階では「授業はやります、登校させるかどうかは親次第」って
言ってたくせに。仕方なしに、二人でジョギングに・というのがコトの真相ざんすよ。

そんなこんなで、今日は息子につきあって一日終わったのでありました。
チャン♪チャン♪そだ、日本人学校は普通どおりだったの??
人気blogランキングへ
2006.10.30(Mon)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
週末クッキング~・豆編①
さて、今日明日は買出しで忙しくなりそうなので、買い物品のリストアップに
余念なく。だって~、10月30日から3日間、デリー中の小売店がストライキなんだよ。
なんでかって~??9月20日のブログでご紹介した「MCDの突然やってきて
店舗を閉鎖しまくり部隊」への抗議行動だって。んも~~~!!

それはさておき、今回の青蓮・週末クッキングは「インドおふくろの味」豆料理で~す。
まずは~、色々ある豆の中で煮えやすくて作りやすいムーン・キ・ダル
行きましょう!!


材料:
①ムーン・キ・ダル(左上写真参照:一番小粒の黄色い豆)1カップ
②水    カップ3杯
③塩    小匙(tsp)1.5杯
 ハルディ(ウコンパウダー)tsp1
④玉ねぎ 中一個みじん切り
⑤ねぎ  みじん切り少々
⑥ガラムマサラ  tsp1
 ラルミルチ(唐辛子パウダー)tsp1
⑦バター  大さじ2杯
⑧ダニア みじん切り/仕上げ用にひとつまみ

作り方:
A:圧力鍋に①ムーン・キ・ダル②水③塩とハルディを入れ、蓋をして
強火で煮る。⇒1度蒸気が噴出したら弱火にして5分ほど置いてから
火を止める。(最上段右写真)


B:深めの厚手鍋に④玉ねぎ⑤ネギと⑦バターを入れて弱火で炒める。(上段左写真)
 ⇒少し色づいたら(上段右手写真参照)⑥のガラムマサラおよびラルミルチを
加えてよく混ぜる。


C:よく混ざったBにAの豆汁を全て注ぎかき混ぜて、塩・胡椒加減を見てから
仕上げにダニア(コリアンダー)のみじん切りをぱらぱら…

圧力鍋を利用するのであっという間に出来あがり!
チャパティと食べるのが定番ですが、ご飯にかけてもトーストと食べても好相性。
ムーン・キ・ダルは別名マー・キ・ダル(おふくろの豆)とも呼ばれ
まさにインド家庭料理の味!ためしてみてね~。

さて、ためしてみてね~と言えば、今日のバカウケは~~
右脳左脳占い」でっす。私は「さ・さ女」。
占いの結果を読んで、あまりのピッタシさに大爆笑!!
「女性の中で最も男らしい」タイプだってさ~。ためしにやってみて!
人気blogランキングへ
まったり まったり まったりなぁ~~♪
一人の時間があってゆ~っくりできるとき、何をしていますか?
私は何か作っているか、文章を書いているか、爪を塗っているか 

ネイル・ポリッシュにはこだわりが。インドでも良いサロンは
外国製を使っていますね~。発色や輝きはO.P.I.が綺麗だと思います。が~
私のお気に入りは昔からコレ。スイス製のMAVALA


世界の都市の名前がついている色があって、すっごくよく特徴をつかんで
いるので。ニューデリーの深紅なんて、<写真右上、92番>
サリーを着たインド美人を連想させるのですよ。
ちび瓶で700円ってのはちょっと痛いけど、長持ちするし。
一時帰国のたびにソニプラで調達しています。
まったり まったり していられる時には 念入りにネールポリッシュを
ぬりぬり。そしてちび筆で模様を描いたりして、「プチネイルサロン」状態。
お手軽ネイルアートには「ファッション・ビンディ」が活躍ですよ。
下地を塗って、ビンディを貼り付けて、クリアカラーで仕上げ。

あとは~、自分で撮った変な画像を改めて眺めては、悦に入ってることも。
これはディワリギフトの群れ(?)に混じってこっそり売られていた素焼き人形たち。
なんにも買わないのに写真撮るのってなかなか勇気いるよね。あはは


真ん中のオバちゃんは、首がバネになってて高さ20センチくらいでした。
一体どんな人が買うのかなぁ?としばらく眺めていたけど、誰も買い手は
現れず。両側のも、イマイチなんだなぁ・・・・こうやって画像で見ると
オモロイが。コルカタのローカル市場に可愛い土人形が売っているらしく
それを買いに行きたいのだけど、そのためにコルカタに行こうとは
言い出せないしなぁ・・・・・何かついでの用事を作らなきゃね。ぶふふ
人気blogランキングへ
2006.10.27(Fri)  雑貨COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
価値があるかないか
「フェアリー・クイーン号」という、1855年から使われている蒸気機関車で
1泊2日の旅が楽しめるのを、ご存知でしたか~?
インド国内、子連れ旅の行き先のチョイスは限られているので~
折角のお休み、どこに行ったら、子供が楽しめるかなぁと母は頭を悩ませるわけですよ。

この冬の、フェアリー・クイーン号の運航スケジュールが発表になりました。
出発日は11月11日・25日、12月9日・23日、年明けて1月は13日と27日・・・
とまぁ、10月から2月までのインドの観光シーズンにあわせて運航になるのです。


定期運航されている蒸気機関車の中では、世界最古にあたるというこの
機関車、ギネスブックにも載っているのですよ~。
1泊2日でデリーから、アルワールまでを往復。アルワールからは
専用車でサリスカ自然保護区にあるタイガー・デンというホテルまで
移動。カルチュアル・プログラムもあって、全食事とティータイムまであり
大人は7,500ルピー、子供(12歳以下)は半額。
片道の列車のみ乗車することもできま~す。男の子は喜ぶよね。
お申し込みはRailway Museumにて。(あたしゃ国鉄博物館のまわしもんか!?)

ちょいと日程を覗いてみるとぉ~~~
1日目
08:30 デリー・カントンメント駅集合
09:00 デリー発
15:00 アルワール着、専用車にてスィリセト・宮殿に立ち寄りお茶タイム
    その後宿泊先のタイガー・デンへ
    夜はCultural Program
2日目
早朝  ベッドティーでお目覚め
06:30 ジープでサファリツアーへ出発!!
    ホテルに戻り朝食、その後アルワール博物館見学
    アルワール駅へ移動
13:00 アルワール発
18:45 デリー帰着

インドといえば鉄道でしょ!
インド滞在中に国鉄の旅も経験したいでしょ!
ホントは一番おすすめはPalace on Wheel(宮殿列車)なんだけど
ヨーロッパの団体で占められていて、予約も入らないし、高いのよね。
それからDeccan Odysseyというのもありますが、ちょっと列車が
しょぼいのよね。
・・・ってわけで、Fairy Queenならお手軽に楽しめると思いま~す。
さぁ、寒い冬も楽しく過ごすためには、計画的にならねば!
(ディワリが終わって、頭は早くも冬支度モード。)
人気blogランキングへ

2006.10.26(Thu)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
どの情報がホント?
昨日うちのお手伝いさんが休みをもらった・・・ってことは彼女は
イスラム教徒なので、昨日24日がイードゥル・フィトル(ムスリムの
断食月明け)だったの??
今朝の新聞(Hindustan Times=HT)にはオールドデリー、ジャマ・マスジッドでの
礼拝の模様が掲載されてましたし~。(下の写真がそれです)
(HTもTimes of Indiaも今朝の1面トップは試合先チャンディガルの
モスクでイードのお祈りをする、パキスタンのクリケットチームの画像でした。)


学校では25日がイードだと言われたし、ラクノウ(ウッタルプラデシュ州の州都)の
イマーム(ムスリムの高僧)も25日がイードだと宣言してました。
んが~、いつもこれでワケわかんなくなるのよね。
そんで、シーア派は24日・スンニー派は25日がイードだとかの
発表もあったりして~。新月って世界どこでも決まった日じゃないのかね?
と不思議に思う私でした・・・・・


で、こちらはディワリやらイードやらで里帰りする人々でごった返す
国鉄駅の模様。インド国鉄はこの時期、列車本数を増便します。
ラッルー・プラシャード大臣になってから、国鉄は格段にサービスも
良くなったと思いま~す。見た目は田舎のおじちゃん、だし、喋る言葉も
ビハールのヒンディ語で、いつもパーンをくちゃくちゃ噛んでる・・・って
イメージのラッルー大臣ですが、やるときゃ~やる!
しかもアクションが早いので驚きです。インド国鉄・侮れませんぜ~

本日の交通関係の話題では、デリーメトロがプラガティ・マイダンまで
繋がったことも。これで見本市などに出掛けるには、駐車場でぼられたり、
やたら長いこと駐車場から歩いたりせずに快適に行けるってことよね。しめしめ・・・
みなさ~ん!!これから「見本市」続きのデリーですよっ!ファイトォ!!
人気blogランキングへ
サリーにもさまざまあれど


いきなり「顔ぼかし」画像からですけど、私じゃありませんから。わはは
これはポーチャンパッリ・サリーといって、南インドの同名の村で
継承されている縦横絣のサリー。インドも広~~い国ですから、地域によって、
そしてイベントによってサリーの使い分けもあるわけで。
伝統的な柄で、寺院や卍などが織り込まれているものは「プージャ・サリー」
などとも呼ばれお参りの際に特別に着用されるのです。
霊験あらたか~なサリーですね。過去のサリー記事



そしてこちらのピンクは、私にしては珍しい色なんですが、これまた
プージャや、目上の女性たちの集まりにご挨拶に出掛けるときなどに
着用します。ん???「目上の女性達」??
つまり、お姑さん年代のインド人マダムの集いに出るときには、
ガン(?)つけられないように可愛らしく、おとなしそうに見えるサリーが
良いってわけよ。ばっはっは~!!


パッルー(たれ)の部分とすそにはこんなビーズ刺繍が施されています。
こういうのはSouth ExtentionやKarol Baghに並んでいるサリー専門店で、
6,000ルピーくらい。ここ一番のパーティのときには、サリーだけでも
数万ルピー散財するのよ。
私の行きつけのサリーの店は、チャンドニチョウクにあります。んふふ


そして、腕の見せ所、いんや「おしゃれ心」をくすぐるのが、とも布で
オーダーするブラウス。色んなデザインの中から選んで、サイズぴったりに
縫ってもらうんだけど、これまた阿吽の呼吸でやってくれるテーラーさんを
探すのが至難の業なんだな。いつもどこでも帯に短し襷に流し・・・・
というより、私の体系に問題アリかね???
インド人女性のメリハリボディ、うらやましぃ。万が一生まれ変われたら
アイシュワリヤ・ライになりたい。・・・って強欲な~・・・・
人気blogランキングへ

おまけ:今日はBhai Doojというお祭。姉妹が兄弟たちにティッカをつけ
無事と健康を祈り、お返しに兄弟は姉妹を保護し守る・・・というもの。
ヒンドゥ教徒は菜食の日で~す。
2006.10.24(Tue)  ファッションCOMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
お祭り済んで。2006秋
今日は「10月21日、土曜日:インド最大のお祭」ディワリの報告よん。

ディワリのプージャには、常設祭壇を使う家もあれば、集う人数にあわせて
居間に仮設祭壇を設ける家もあります。祭壇には富と繁栄の女神、ラクシュミーが。
パンジャビの家庭では同時に「ヴァイシュノ・デヴィ女神」が飾られ
デリー周辺では、ガネーシャ神も祀られます。プージャの時間はお坊さんの
助言にしたがい、今年は「19時10分から21時10分の間に」とのお達し。
メインの大きなディヤ(灯明)の火は、プージャから翌朝までともし続けるのです。


素焼きの小さな祠にラクシュミー女神とガネーシャ神を祀ったものを
「ディワリ」と呼んでいます。この日のプージャには欠かせないもの。


ドゥカン(店)と呼ばれる容器(画像左)の中には、砂糖菓子や豆菓子が入れられ
その家の子供の数だけ準備されます。子供たちの健康を祈るための慣わし。
右手のディヤは、本来は菜種油を入れるのですが、最近のは蝋燭式。


ディワリの1週間くらい前から、各家は電飾ピカピカ。我が家はこんな
感じでしたが、いかんせんバカチョンカメラでは思うように撮れず。
雰囲気だけ味わってね~。


プージャの後は、外に繰り出し花火大会。
素人なのに、こんな大きな打ち上げ花火をやっても良いのか??
1,000連発爆竹なんて、お手の物。え~い!この花火の煙でデング熱媒介の
蚊が全滅すれば良いやぁっ!!!ハングル文字のついた打ち上げ花火には
プリティ・ズィンタがにこやかに微笑んでおります。良いのか??


そして、へっぴり腰で屋上に上ってみました。ドキドキ。
すぐそばで花火がどぉ~ん!!遠くまでよく見えま~す。


ディワリも無事終わり、明日は兄弟の健康を祈る「バイ・ドゥージ」
明後日はムスリムの断食明け「イードゥル フィトル」
まだまだインドのお祭シーズンは続きます・・ほんっとにお祭好きな国やなぁ。
人気blogランキングへ
2006.10.23(Mon)  インドの祝祭日COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
今日の戦利品だよっ!!
朝からデリー各マーケットをあたふた走り回っている日本人・・・それは私。
さすがにカーンマーケット以外ではガイジンはあまりうろうろしていません。
去年のディワリ時期のテロ事件もあったし、大使館からの注意喚起もあるしね。

画像はゆうべのグリーンパークの老舗お菓子やさん「Ever Green」です。
右手がMithai(インドの甘~~いお菓子)たち。量り売りなので売り場に
たどり着くにも力勝負でしたよ、夕べは。大声で押しの強い人が勝ち、って感じ。


そして~、今日は朝から走り回ってこんなディワリグッズを購入して来ました。
まずは、「ディワリ」と呼ばれるラクシュミ女神とガネーシャ神を祀った
小さな祠。それとメインのディーヤー(灯明をともす容器)


そしてぇ~、左手のは玄関の扉につける飾りたち。
今年はテーマを「エコ」として素焼きのものを中心に買い集めてみました。
これから1年頑張ってもらわなくちゃ。まさに「注連縄」という感じでしょうか。
右手のは上から吊り下げる灯明入れ。可愛いのでついつい買ってしまったよ。


え~とそれからディワリ当日の夕方、プージャー(お祈り)に使う
ラクシュミ女神とガネーシャ神の像。この2体はこれからの1年間、
祭壇に鎮座まします有難いお二方でございます。
富と幸せと健康を我が家に招き入れてくださいませよ~!


そして、最近出回りはじめた金属製のディヤ。これもプージャのあとには
祭壇で活躍しますよ。


このほかにもキャンドルの大小さまざまを山ほど。20箱くらい買い込み
子供たちのための「ドゥカーン」と呼ばれる素焼きの容器に入れる
お決まりのお菓子たちを買い込み、流石に疲れたので一度家に戻りました。
(一度家に・・・・ってことはまた夕方出掛けるのね?へへ)

今日はChoti Diwali(小ディワリ)と呼ばれ、前夜祭のようなもので
5~6個のディーヤーを灯すのですよ。皆さんのお家も「富と幸せと健康」に
恵まれますように!!
人気blogランキングへ
2006.10.20(Fri)  インドの祝祭日COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
7年目の浮気
我が家も結婚して7年目・・・・そろそろ倦怠期か?
いや、今日の話題はそんな事とちゃうねん。

ずっと愛用してきた朝チャイ用の紅茶葉。煮出してミルクや香辛料を入れるので
「ダストティー」(くず紅茶)なんですけど、オールドデリーの
野菜市場の近くの店のを使っていました。でもなんだか最近味も香りも
しないし、ち~とも紅茶らしくない感じ。


で、7年目の浮気をしてみようかと。
TATAのヤツを使ってみて、問題なければ浮気がマジになるかも。
(写真右端の香辛料はチャイには欠かせない「カルダモン」ですよ~)

今日は電飾の取り付けで朝からごそごそはさみと紐を持って、作業中。
お手伝いさんたちに手伝ってもらえばいいんだろうけど、私の描くイメージって
やつがあるもんで~。だんなにもこれは手伝わせませんよっ。ぷぷぷ
毎年買い足しているライトアップ用品、マーケットに行くと明らかに中国の
ダンピング製品だろっていうような、「ミニ提灯」(絶対旧正月に使ったものの残り)
があったりして笑えます。

さて、あとはメインのディワリ(ラクシュミ女神とガネーシャ神が乗った
屋根つきのミニ祭壇:去年のはこちらよ)と素焼きのディヤや
え~とそれから蝋燭を大量に買わなくては。
お手伝いさんとドライバーさんへのお菓子も忘れずに~・・・とか言いつつ
いつもディワリ当日まで走り回っていたりする我が家なんだな。
人気blogランキングへ




2006.10.19(Thu)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
それぞれの街で
ディーパヴァリ、すなわちディワリのお祭の時期・・・・
ディーパヴァリは、「光のお祭り」と呼ばれ、
「灯明の列(Deep = 灯明,Vali =列)」のこと。
灯明の列は、ラーマ神が14年間の国外追放の後に祖国アヨーディヤに
帰還したことを表すシンボルで、家の周りをディヤと呼ばれる小さな
素焼きのオイルランプで飾ります。

子供が学校で作ってきたディヤ。左下のは「手捻り」


世界中に散らばっているインド人たちも、ディワリの休みには
インドに里帰りする人が多いのです。
日本のお盆やお正月の帰省ラッシュと同様のことが、この時期インドでも。
それに加えてインドの富裕層が旅行に出かけたりするシーズンですから
飛行機も5ッ星ホテルも満員御礼状態ですからね~。
NRI(Non Resident Indian)の財力恐るべし!

世界の色々な街でも、ディワリ・光の祭りが行われているんですよ~
まずは、日本で。有名なのは横浜、山下公園でのディワリですね。
横浜インド文化交流協会の主催で、10月22日(日)10時から、
山下公園のおまつり広場で開催されるこのイベント、歌あり踊りあり・
バザーあり・最後はみんなで灯明に火をともすんだそうです。
葛西あたりにもインド人が沢山住んでいるから、何かイベントが企画されて
いるのかもしれませんね・・・??

そして、同じくインド人が多く住むシンガポールでは?
2006年9月21日 から 2006年10月29日まで、リトル・インディアが
ライトアップされています。南インドのタミル系の人が多いシンガポールでは
ディワリは「伝説の主教クリシュナが悪神ナラカスラを討ち取ったことを祝う」
というのが通説のようです。リトル・インディアには屋台が立ち並び
サリーや香辛料を買い求める人、多くの観光客で夜遅くまで賑やかだって。

インド系住民の多いロンドンでは、中心部のトラファルガー広場で
10月15日市長の宣言にはじまり、ディワリ市が開かれ、最後は平和を
祈るキャンドルが沢山灯されたそうです。
インド移民の多いトロントでも、ディワリ当日イベントが企画されているそうな。

世界中のヒンドゥ教徒が、光が闇に、善が悪に勝利したことを
この日に祝っているのですね。
いまや、デリーの街中も、ディワリグッズの店だらけですよね。
素焼きのディヤや、芥子油、電飾用のライトやギフトグッズの数々・・・
ディワリまであと3日!何だかウキウキしてきましたね!(オラだけか?)
人気blogランキングへ
2006.10.18(Wed)  インドの祝祭日COMMENT(10)TRACKBACK(0)TOP
お祭準備 佳境にむかう
明後日からいよいよ「ディワリ」休みに入るわが息子の学校。
今日は1年生2クラス合同での「Grand Parents Day」でした。
ラムリーラ劇やダンスなどの発表会で、服はクルタパジャマでしたが
靴はJutti(インド靴)を・・・との指定。普段インド靴は使わないし
あわてて買いに行きましたよ~。
別にうちの近くのマーケットでも良かったんだけど、Shabbyだったので
いつものごとく、「こだわり」のある私はJanpathのインド靴屋へ。


先がくるるんとなっているのが欲しかったのよね。
エアインディアのトレードマークおじさんが履いてるようなやつ。
買ってきたのはコレで~す。可愛いでしょ。


1年生ともなると覚える台詞も長くなって、よく出来る子は本当に
なが~~~い台詞をつかえもせずに言えるのです。ヒンディ語の発音も綺麗。
衣装がカラフルで、とってもインドらしいイベントでした。

明日は休み前の最後の登校日なので、クラスごとの持ち寄りパーティだって。
我が家の担当は「サンドウィッチ」で~す。
(良かった~!妙なインドメニューを指定されなくて。ホッ!!)


休みを前にSMSディワリのメッセージが携帯に続々届き始める時期。
昨日はご主人の転職のためバンガロールにお引越ししたママ友からSMS。
子供同士3歳のときから同じクラス、同じスクールバス、住んでるブロックも
同じだったので、本当に仲良しだったの・・・子供のRくんはバンガロールに
引っ越してからも1週間くらい泣き暮らし、しかも学校の勉強がすごく
難しくて、ついていくのに必死だって。ママ友、これから1年は
バンガロールにいて、来年末にはテキサスにお引越しなのだ。
テキサスに遊びに行かなくちゃね~!(spちゃん、行くから待ってて!)

さ~、我が家もそろそろディワリのお買い物にかからなくちゃ。
戦利品(?)はまたご紹介しますから~、お楽しみに!!
人気blogランキングへ
これ、な~~んだ??
デリーとアグラの中間地点にある、Country Innというドライブインにて。
ここはレストランのほかに宿泊施設もあり、ちょっとしたお土産屋さんもあって、
何よりお手洗いがまとも(?)なので安心して利用できる休憩場所。

象やラクダがいるのはいつものことなんだけど、今回はコイツを発見。
コブラ使いのおじちゃんが飼っていましたよ。見て見て!!さて、な~んでしょ?


可愛いでしょ~、まん丸くなって隠れているのよ。


おじちゃんは「Porcupine」ハリネズミだって言うんだけど・・・・
ヤマアラシ(Hedgehog)??どっち?ご幼少のみぎり、髪の毛を短くすると
「ヤマアラシ」、ちょっと長くなると「山伏」と呼ばれていた私には
他人とは思えません。剛毛なもんで。


おじちゃんに「これ、ヒンディ語で何ていうの?」とたずねると
「パハリ・チューア」=山のネズミ・・・・だって。
こういう場合、写真をとらせてもらうとチップに10ルピーほど渡します。
あぁ、また会いたいヤマアラシくん・・・・いや、ハリネズミくん??
人気blogランキングへ


2006.10.16(Mon)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
思い出したくない過去
怒涛のような一週間も無事終わり。仕事も無事山を越え。
・・・そして昨日は楽しみにしていた「ニューデリー日本人会婦人部総会」
でございました。去年は役員だったので、あたふたして終わりましたが
今年は自分も楽しむわよ~、と張り切りました。

毎年楽しみな出し物、今年は「和太鼓とインド古典楽器のコラボ」で
オリジナル楽曲もあり、感動!!しかもソーラン節の生歌や、お囃子の
笛の演奏まであって、すご~~~く本格的な出し物を堪能させていただきました。
異国にあって、日本を感じられるって素敵じゃな~い!


前日まで仕事で、衣装選びもしないまま。当日11時半には息子を
お誕生日会につれていかねばならず、着の身着のまま・サリー一式を抱え
Vasant Lokの美容室VLC○へ。・・・・思えばこの余裕のなさが失敗のもとだった。
サリー着付け+パーティメイクアップ+ヘアアレンジのパッケージを
予約していたのよね~。それも当日の朝電話して、細かい打ち合わせもせず。

まず、個室でサリーのブラウスとペチコートを着て椅子にすわり、
壁塗り開始。ファンデ塗り終わったところで、本当に「塗り壁」状態だったのだよ。
「もっと薄くして~」と言ったら「30分もすればなじみますから」だって。
リクライニングシートになってて、いちいち鏡を覗き込めずにいるうちに
なんだかぐりぐり塗られてるなぁ・・・とは思ってたんだけど。
目の中にまで「カージャル」塗られてあぁ~~~と呻くも遅かりし!
出来上がったら・・・・・・「魔女」になっていました。とほほほ

会場シャングリラ・ホテルに向かう車の中で、タオルで顔を拭き拭き。
ホテルに着いたら「2階の会場へどうぞ」と案内してくれるホテルスタッフを
制止し「化粧室はどっち!??」・・・・
まだ「見られる」顔になるまで、ティッシュを濡らして拭きとりまくり、
ようやく会場に行き着いたのでした。


教訓:
☆やっぱりお化粧は自分でするに限る。(だんなが一言・・・・だれが
化粧までインド風にしろって言った??だと。
ちょっとでも綺麗に見えたらいいな~と思っただけなのにぃ。)
☆パーティに行く日は余裕を持って準備するべし。

忘れてしまいたい過去だけど(?)グジャラート風のサリーの着付けだけは
上手にやってくれたので、写真をアップします。
はじめて私を見たかたがた、本当はもっと普通の人なんですよ~。
あんな顔じゃないんですから!!ショックから立ち直るのに2~3日かかるから、
みんな私に会ってもこの話題には触れないで~~。うぇ~~~~~ん!!
人気blogランキングへ

追記:顔塗りに30分ほどかかりましたけど、完璧に化粧を落とすのにも
同じくらい時間がかかった!目の周りは拭きすぎて痛いし、耳から
鎖骨のあたりまで、オレンジ系の粉でぼかしてあって、着替えたTシャツにも
オレンジ粉つきまくり。顔がかゆいです。もう2度と行かんもんね。



2006.10.15(Sun)  青蓮日記COMMENT(12)TRACKBACK(0)TOP
ディワリまでの道のり
で、ディワリをむかえる準備にはさまざまあれど、インドの住宅街では
なくてはならない作業がいくつか。
まず~、Horticulture Departmentに依頼して、伸びすぎた木を切ってもらうのじゃ~。
でないと、木がジャマしてディワリの電飾が見えなかったり、電線と接触して
漏電の原因になったりするでしょ。我が家の近所は昨日作業に来ましたよ。


・・・作業を2階から見物。どうやって切るかな??と思ってたら
切るんじゃなくて「折って」行きました。長~~~い竿の先にV字型に
カギ状にひっかかる部分が作ってあって、それで高い枝をびゅ~んと
引っ掛けて、引っ張って、無理やり折って折って折りまくる!!


そしてどど~んと落ちた枝を持ち運びやすいように切って、どこからともなく
女子供が登場、ぜ~~んぶ綺麗に持ち去って行きました。チャン♪チャン♪

もひとつは、巡回ペンキ屋さんが、「鉢」を塗りにやってきます。
素焼きの植木鉢を使っている家が多いので、1年もたつと色あせてくるでしょ。
それを、赤土で塗りなおしてくれるっていうわけ。ディワリをむかえる前に
家中の壁や、門扉を塗りなおしたりする人が多いので、ついでに植木鉢も
塗りますぜ~、と飛び込み営業にやって来ます。おもしろいでしょ。
人間やる気になれば、どんな仕事でも考え付くもんだなぁと感心しきり。

日々の生活のなかで、着々と「インド最大のお祭・ディワリ」にむけて
準備が整っているのです。秋だわ~~
☆私事ですが本日からちょいとデリーを留守します。
コメントのお返事は戻ってから書きますから、ちょっと待っててね~
人気blogランキングへ
夫の日・・・となっ!?
今日は体育の日・・・じゃなくて、カルワ・チョウトというお祭なのであ~る。
ご主人の長寿と健康を祈って、女性は断食する日。
北インド、特にデリー近辺やパンジャブ州、ラジャスタン州などで
盛んなお祭なのだ。先週の土曜日あたりから、各マーケットには
チューリ(バングル=腕輪)屋さんがしのぎを削っている。
カルワ・チョウトの日のプージャに着るサリーや、パンジャビスーツに
あわせて、新しいチューリセットを買う慣わしなのだ。


ま~、売り場のかしましいこと。
やれ「この色とこっちのキラキラのを組み合わせてくれ」だの、
「これはいらないからちびちびパールのついたのを2本いれてくれ」だの、
手をにゅ~っと割り込ませて、「私のサイズのを頂戴」だの。
オトナシク順番を待つ、なんて日本人的な事では、目当ての物は買えませんから。

で、チューリを選んだら、次はメヘンディ屋さんへ。
前々日からは両手で100ルピーが相場。前日夜には片手100ルピーになります。
そんな中、人気のメヘンディ屋(テントの中にメヘンディ・ワラが集まって
営業している)は「整理券」が配られるほどの大盛況。
しかもみんな、ちょっとでも上手な人にやってもらおうとするもんだから、
人気のメヘンディワラには長蛇の列が。
ここで日本人らしくあきらめて、まぁまぁの人のところに並んじゃ負けなんだな。
やっぱ上手な人に描いてもらわなきゃな~~。ファイト!!


まずレモンオイルを手のひらと手の甲に塗り塗りし、メヘンディで
吉祥文様を描いてもらったら、乾かします。生乾きのときに、「レモン汁に
砂糖をとかしたもの」をコットンでぴたぴたつけておくと、色が長持ちします。
1時間くらいで完璧に乾きますから、そしたらポロポロとはがして下さい。
(水で洗い流してしまうと、色が綺麗に残りませんよ~。)
オレンジっぽい色が、体温でだんだん濃くなります。2~3日は手のひらから
「草」の匂いがします。メヘンディの粉は、ミソハギ科の植物由来のものだからね。
ところで~、メヘンディをする前にはお手洗いを済ませて、ご飯も食べて
喉が渇いてたら何か飲んでおこうね!描いてもらってから1時間は手が使えず
身動き取れないんだから~。


断食当日、女性はみんな朝4時ごろ、ごそごそと軽食。それから断食に突入。
昨日ママ友に聞いたところによると、ラジャスタン出身の彼女の家では
ご主人も断食するんだって。どっひゃ~
そして、ベンガル出身ママ友や、南インド出身ママたちは「あたしたちは
カルワ・チョウト関係ないからばくばく食べるよ~」だってさ。


この日はお姑さんとお舅さんにギフトを渡すことになってる家庭もあるようで。
満月をかたどったマッティというお菓子などが人気。夫婦仲良く、そして
大家族が円満に行くように、潤滑油になってるお祭だなぁと感じます。

今日のBlue Lotus版トリヴィアの泉、「へぇ」何個??
人気blogランキングへ




2006.10.10(Tue)  インドの祝祭日COMMENT(14)TRACKBACK(0)TOP
袋の中身は~~??
最近インドもエコブームで、おしゃれなブティックはたいてい
店のロゴ入りの布袋に買ったものを入れてくれるようになりました。
布製品の大御所Yaminiもそうだし、ブロックプリントのAnokhiも
私の好きなブティックCottonも、そしておしゃれ雑貨のThe Next Shopも。
それでそれで、このネクストショップの袋には一体なにが~~~??


そろそろ「光のお祭」、インドのお正月ともいわれる一番のお祭
ディワリの準備にかからねばな~・・・・ってことで、可愛い
キャンドルスタンドを購入。これをずら~~~っとバルコニーに
並べたら、可愛いだろうと一人で盛り上がってます。うっふん


色は赤、緑、黄色、青、オレンジとあったんだけど、やっぱ赤でしょう。
一個113ルピー。普通のディヤ(素焼き、油を入れて芯をつけて火を燃やす)は
2ルピーくらいからあるから、破格の値段だけど、使い捨てじゃないんだから納得。
火をともすと、柄が浮き上がって可愛いんだ、これが。


というわけで、これから21日のディワリまではお祭前の買い物ネタが増えるかも。
本領発揮ってか~~!!

いや、その前にお祭がもう一丁!
明日はヒンドゥ教徒の女性がご主人の健康・長寿を祈る日「カルワ・チョウト」
なのだ。(去年の記事はこちらココよ~)
日本人学校の手前、マスードプールのマーケットにも
チューリ(腕輪)屋さんや、メヘンディ屋さんがずらりと並び
夜まで電飾ぎらぎら、にぎわっていますよ。
ヒンドゥの女性たちは明日は月がのぼるまで「断食」ですから~。
明日はお手伝いさんがちょっとボ~っとしてても、許してあげてね☆
人気blogランキングへ
2006.10.09(Mon)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
気が気じゃない
すみません。
ホークスのプレーオフ中なもんで
落ち着きをなくしています。おろおろ。


あぁ、城島がいてくれたなら~
斉藤(和)、キミだけが頼りだ。松中~打ってくれ~ぃ!
デリーでどっかパブリックビューイングしよらんとかいな~??
女子高生限定やったピンクユニが欲しい。うぇ~~~ん
人気blogランキングへ


2006.10.07(Sat)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
おすすめ書籍
芸術の秋、文化の秋だし、たまには高尚な話題もね。
インドの生んだ、偉大なノーベル賞受賞作家「Rabindranath Tagore」
(ラビンドラナート・タゴール)についての考察(て威張って言うほどの
もんじゃないわいな~。)


私が一番好きな「Short Stories」の本を、アマゾンで検索したら
何と!2,303円もするじゃあ~りませんか!!インドのペンギンブックスで
250ルピーですよ。・・・

この文豪タゴールは岡倉天心などとも交流があり、インド独立以前は
ガンディジーとも仲良くしていたそうです。そんなこんなで(どんな?)
インド国歌のJana Gana Manaはタゴール翁の作品なんですな。
しかも、タゴール家が創立した、ベンガル州の「シャンティ・ニケタン」こと
ビシュヴァ・バラーティ大学内には、ガンディが滞在したゲストハウスが
残っていますし、学内にガンディの銅像もあります。ふむふむ・・・・

「ノーベル賞作家なんて~、お堅い文章にちがいない」と思ってあたしゃ
食わず嫌いでおりましたが、この短編集で目からウロコ。
私の研究対象(何の?)であるイギリス統治時代のインド、荘園システムの
ころのインド人地主のくらしぶりなどが、生き生きと描かれたもので
一日一篇、ささっと読めますよ。お薦めですから。
いや、別にペンギンブックスの「サクラ」じゃないばってん。


「タゴール」という名を知ったのは、初インド旅行の前のこと、かれこれ
14年昔。「嫁してインドに生きる」という本を手にしてみると、著者は
タゴール暎子さんという方で、かのノーベル賞作家を輩出し、ベンガルで
一番有名な名門タゴール家に嫁いだ日本人の方なのでした。
(その他にも「インド探訪」「私の中のインド」「人になりそこねたロバ―
インドの民話」「ドルドルドラニ―ベンガル語への誘い」などの著書があります)
す、すごい!日本からこの名門タゴール家に嫁いだ人がいるなんて!と
当時めちゃくちゃ驚いたもんでした。

そして、ベンガルが産んだもう一人の巨匠、映画監督でもあるサタジット・レイ。
(ベンガル風発音だとショトジット・ロイになるのよね。
Satyajit Rayという表記だから「真実は勝つ」みたいな意味の名前??)
映画「大地の歌」三部作はあまりにも有名ですが、彼は子供向けの冒険小説も
書いているのですよ。日本では「くもん出版」から出ています。
satyajit-ray.jpg

私のだ~い好きな西岡直樹さん(詳細は過去記事「私のバイブル」を読んでね)
が、日本語訳を担当しているのだよ。「黄金の城塞」や「消えた象神(ガネーシャ)」
特に、ジャイサルメールに旅行する方は「黄金の城塞」を読んでから行くと
ラジャスタンの砂漠にぽっかり浮かぶ城塞の、ノスタルジーを十分堪能できるはず。
(いや~別にくもん出版の「サクラ」じゃないばってん・・・しつこい?)

読書の秋、たまにゃ~まじめな本でも読むかね、
マンガばっかり読んでるトシじゃないわな。
今日はたまたまベンガル関係の作家ばかりになりましたが、
他のインド人作家の話はまた改めて。(え?興味ない??)
人気blogランキングへ


2006.10.06(Fri)  芸術・文化COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
たまにゃ~南の料理も
いつもは北インド、それもムグライが好物の我が家ですが~
たま~に「南インド料理」も食べたくなるのよね。
コンノートに2店舗あるSaravana Bhavanや、
アショーカホテル地下、Vasant Kunj、Malviya Nagar、グルガオンの
ショッピングセンターなどにもある「Sagar Ratna」は有名ですよね。
あ、それからAndhra Pradesh Bhavanってのもありましたな。
でも、最初にできたころに比べると、同じメニューでも量が少なくなったり
めっちゃ値上がりしたりで、「量」が大事な私としては、ちと不満。

で~、どこに出没するかってぇと、R.K.Puramのローカルマーケットにある
「Madras Coffee House」って店です。めちゃくちゃローカルですから、
マダムたちはドン引きかも。しかも店員さんもお客さんも
何だか「ぐるぐる文字」=タミル語で会話していることが多い・・・・・ってことは、
本場の味に近いってことだよね。(と一人納得しつつ通っているのぢゃ。)
Madras Coffee Houseって名前がいかにもありがちな南インド料理店みたいだしね。


安いのが取り得で、Vada(香辛料入りの米の粉を発酵させて、ドーナツ状に
して揚げてある)とサンバル(酸味のきいた野菜たっぷりスープカレー)なんて
Vada2個セットで16ルピーですから。これでお腹いっぱいになるのよ。
下の画像は南インド風お好み焼き=ウッタパム。サンバルとココナツチャトニと
赤唐辛子ベースのチャトニがついてるやつ。


最近ち~と値上げされ、しかも中華メニューが幅をきかせたりしてますが
我が家では南インド料理食べたくなったときは、迷わずMadras Coffee Houseよ。
南インド風コーヒーがまた、食後の一杯に最高やけんね~☆
(砂糖少な目で頼むべし)
人気blogランキングへ



2006.10.05(Thu)  食文化COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
私よ、ワ・タ・シ!!
ブログを開いて「あれ、違うところに来ちゃった」と思った方々~
Blue Lotusで間違いありませんから~。ワタシですってば~!!
青い蓮の写真を使いたかったので、ちょっとテンプレートをいじってみました。

お祭続きで忘れていましたが、うちの息子がTiny Tots Cricket Tournamentの
選手に選ばれたことを皆さん覚えていらっしゃいますか??


デリー内の系列校から年長さんと1年生のみの14チームが参加し、その様子は
アメリカのリトルリーグさながら、泣きべそかきながらボウリングする子あり
アウトになったら号泣する子あり・・・・でもね~何と!!
うちの子のチームが見事「優勝」したのですよ!新聞にもテレビにも
出ましたよ。が、シカ~シ!!最後の最後でわが子は「補欠」に。
え?理由??喋りすぎで集中力がないから・だって!!母、ショック!


インドの1年生の一日って・・・・
学校から戻って、昼ごはんのあとは宿題。それからお疲れモードの日は
お昼寝。我が家の場合はとにかく男の子だし、有り余る体力を消耗させねば、
と夕方毎日スケート教室通い。女の子はダンス教室とかに通ってますね。
戻ってからシャワー浴びて夕ご飯。(インド人家庭では21時ごろ夕食)
そして算数と英語のお勉強・・・・とまぁ、毎日同じような生活ですが。

男の子ってみんなこんなに体力あるのかね??他の男子ママたち、どうですかぁ?


まさか自分が結婚するとは思わなんだし、子供を産むとは爪の先ほども
予想せず、更にインドに住むとは・・・・人生ってわからんもんですな~。
しみじみ・・・・・・

さて、お祭第2弾ディワリをいよいよ21日に控え、24日がBhai Dooj
(兄弟の無事を祈る日)25日がId Ul Fitr(ラマダン:断食明け)で、
その前に小ディワリやら、月曜日がついでにお休みになったりして、
19日(木曜日)から25日まで学校は1週間まるまる休みで~す。

何とか日々のラマダン明けで賑わうオールドデリー・ジャママスジッド界隈を
徘徊したいのだけど、だんなが強力にダメ出し。
・・・・ブルカ(頭からすっぽり覆うイスラム女性の黒い服)被ってもだめ??
人気blogランキングへ

2006.10.04(Wed)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
脳みそはこの程度
インドで検索してブログにご訪問いただいた方々、本日はインドネタでは
ありません。あしからず。

デリーで日々過ごしていると、不思議なこと・面白いことに遭遇する確立が
めっちゃ高い。何だぁコレ?と思うと、解明するまでインド人に聞きまくり・・・
なので、ブログネタには事欠かない。
しかもそれ以外に、頭にポッと浮かぶ「内輪ウケ」する出来事や発見の数々。

最近ず~っと気になっているのは、このスラム街。南デリーにお住まいの
方なら、どこだかすぐにわかるよね。そう、ヴァサントロックからJNUにぬける
道の角っこにある、あの野豚が徘徊している界隈ですよ。


ここにお手紙を届けるとしたら、住所はやっぱりVasant Vihar(デリーの
ビバリーヒルズ)・・・・になるってこと??Vasant Vihar ゼロ番地かい。
・・・・・すごすぎる。(一人でウケてどうする~誰か同感の人いないか~?)

お次はナオミちゃんに教えてもらったこの「ターバン野口」なるもの。
ちょっと前に教えてもらって、これをアレンジして100ルピー札で本家インドの
「お祭ターバン・ガンディジー」を作ってみた。折りしも昨日は
ガンディさんのお誕生日だったことだし、記念に画像を載せてみる。


そして、前々からうちの息子の小さいころの写真を眺めつつ
何かに似ている・・・・と思っていたのだが、名前が思い出せず。
先日ようやく探し当てたので、連結写真大公開。にこちゃん大魔王!!


こんなことしてる暇があったら、仕事しろよ~、家事に精出せよ~
人気blogランキングへ


2006.10.03(Tue)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP
お祭り期間、インド人は何してる??
デリーおよび近郊の場合・・・・

今日10月2日で10日間続いたお祭り期間、ダシャラは終わり。
そんでダシャラってどんなお祭りなのよぉ~??
興味のある方は去年の関連記事10月5日10月11日分へどうぞ
ラーマーヤナと密接な関係のあるお祭り・・・青蓮訳・簡単ラーマーヤナは
9月22日~9月27日の日記を読んでちょ!

それで、この期間「インド人は一体何して過ごすのか??」気になるよねぇ・・・
まず、ダシャラを前にこのような店に鉢を買いに行くのですよ。


これは、祭祀のために鉢に大麦を植えるためのもので、信仰の厚い人ほど
8日目のアシュタミの祀りまでに麦がよく育つと言われています。
いろんなマーケットにこういうお祭グッズの店があるんですが、ここは
ヒンドゥのお祭グッズを何とスィク教徒が販売しているというので
面白い!!・・・と私は思ったのだ。何でもアリのインドらしいでしょ。


で、初日のプージャ(お参り)のときに、右手のように各家の祭壇に
花輪を沢山飾り、鉢にも花や線香を挿して、お祈りしつつ大麦を蒔くのです。
左手の鉢セットは20ルピー。土もセットになってるところが、世相を
反映しているなぁ、面白い!!・・・・と私は思ったのだ。
だって、日本と同じく昔は土がそこここにあったはずでしょ。今じゃ
滋養ある土すら、お金を出して買わなきゃいけないって訳で~。インドよ、お前もか。


それで、毎日女神達へのお祈りと水遣りを欠かさず行い、8日目には
「カンジャク」のお接待。(近所の女の子たちを招いて、お膳を供する)
年々成長するご近所の子供達。生理が始まると、その子はカンジャクには
参加できないのです。それで自分が年老いて行くのにも気づき、愕然。
男の子は「縁起かつぎ」で、たいてい一人は女の子のお祭に呼ばれます。
そして、育った麦はガンジス川またはその支流に流すか、大きなお寺に
納めに行って、ひと段落というわけ。
その後10日目の夕方、ラムリーラ劇のクライマックスを見て
ダシャラはおしまい・・・そしてディワリの準備が始まるのです。

10月21日(土)はインド最大のお祭ディワリ(ディーパヴァリ)。
現在ムスリムも断食期間中で、10月25日(水)が断食明けのId ul Fitrですから
何やかんやで学校も役所も会社も連休になりま~す。
おまけに、10月1日から結婚シーズン突入、日本でいう大安吉日みたいに
日の良いのが近場では10/1~10/8と11/2。この期間デリーの主だった
ホテルや結婚式場は満員御礼。もう、ホテルも取れませんから~。
11月2日だけでも15,000カップルが結婚式挙げるんですよぉ!
ア~大変大変。



・・・先週の土曜日9月30日はニューデリー日本人学校での夏祭り。
お神輿も登場!!詳細はこちらでご覧下さい。
あたしゃ~夕方5時までカンジャク接待の手伝いをして、浴衣に着替えて
夏祭りへ。その後、家に戻って息子を寝かしつけ、ダンディヤダンス最終日の
模様を写真に撮ろう、先生方にお別れの挨拶を・・・と会場にかけつけ。
写真撮るだけで許してもらえるハズもなく、浴衣でまたまた踊ってしもたがな。
・・・・・深ぁ~~~く、反省・・・・・
人気blogランキングへ
2006.10.02(Mon)  インドの祝祭日COMMENT(4)TRACKBACK(1)TOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。