FC2ブログ
□  2006.09 □  08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
怖い目にあったら・・・
一日ひとつの発見で、あなたのインドは楽しさ満開
・ ・・ってくらい、毎日最低一つは「ほほぉ」と驚いたり
妙に納得したりすることがある、インド生活。

今日は、「インド人がお化けを見たら、どうする??」ってテーマで。

日本の時代劇なら「くわばら、くわばら」とか言いつつ、町人が
小走りで長屋に逃げ込む・・・ってシーンを想像してね。
インドじゃまず口にするのは「ハヌマーン・チャリス」(猿神
ハヌマーンのお経)なんだって!!

ハヌマーンといえば、インドの叙事詩「ラーマーヤナ」の中で、
ヴィシュヌ神の化身ラーマ王子を助けて大活躍する猿の神様で、
孫悟空のモデルとなったとも言われていますよね。
ラーマ王子への忠誠心と、神通力を持った大戦士は、
その強さと勇気とで「戦いの神」として祀られ、インドでは
プロレスラーや、格闘家の信望を集めている神様でもあるのです。


風の神様ヴァーユの化身で、ヴァーユと猿の女王との間に生まれた
とされているハヌマーンさま。手足と顔が黒いお猿さん、
ハヌマーン・ラングールはこの神様の眷属とされていて、ヒンドゥ教の
寺院では大切にされています。

よくあるこの絵は、ラーマ王子の弟ラクシュマンが病気になったとき
特別の薬草が必要となり、薬草の生えた島ごと運んできたハヌマーンを
あらわしています。(全身にハヌマーンマントラが書かれていて、
耳なし芳一の話をすぐさま思い出したのは私だけ???)


このハヌマーン、タイでは相当なヒーローで、「ウルトラマンシリーズ」とか
「仮面ライダーシリーズ」にも登場するんだけど、それがまんま
バンコク・エメラルド寺院の壁画にでてくるハヌマーン神のデザインで
とってもタイらしいのも、面白いなぁと感心します。
(え??感心すること、驚くことが多すぎますかね???)
日本では「おひさまをほしがったハヌマーン」という童話も出ているほど
子供にも人気のハヌマーン神様なのでございます~~。
人気blogランキングへ


スポンサーサイト

TopAdmin