FC2ブログ
□  2006.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
チベタン・キャンプ
さぶずぃや庵さんの記事を読んでから、ずっと気になっていたデリーの
「チベタン・キャンプ」。前に日本からお坊さんがうちに遊びに来たとき
同行するチャンスを逃してから、ずっとず~っと行きたかったところ。
ラジ・ガートを通り過ぎ、更にラルキラーを過ぎると、バスセンター
ISBTが現れる。この近くにあるボード・ヴィハールのほうに行ってきた。


沢山の服や靴を売る店を通り抜け、まずはヤムナ河に出てみる。
どっひゃ~~~、誰か沐浴してます~~~


おぢさん、ここの水はかなり汚いように思うのですが・・・・大丈夫?

しかも、河の近くにはインド人には有名なプロレス道場があると。
プロレス好きとしては、これも見てみなくては(どんなシュミしとるんじゃ?)
マスター・チャンドギラム道場というそれは、すご~いあばら家みたいな所。
一応いろんなジム用品がおいてあり、しゃばい体つきの大学生くらいの
男の子が、マスターらしき人から腕立て伏せなどやらされていた。
南インドの「カラリパヤット」みたいなものを想像していた私は、ちょっと
拍子抜け。だ~れもこんなとこ覗きに来る女性はいないらしいけどな。


さて、敷地内にはチベットの人々の心の支え、チベット仏教寺院も勿論ある。
これはラダックのチベット仏教徒からの寄進で出来たお寺とのこと、
入り口にで~っかいマニ車が置いてある。
・・・・まじめにお寺参りしたら


次はやっぱりご飯でしょ!!
左から、コーティという名の焼きマトン餃子、そしてチキンモモ(フライド)、
更にマトントゥクパ。悔やまれるはマイ酢醤油&ラー油セットを忘れたこと。

インドには「日本人街」がないから、代わりに「チベット人街」に行こう!!
・・・ってか、多分チベタンキャンプの皆さんは私を見て「なんか白くて
太いチベット人だな~」と思っていたかも。とほほほほ
でも、次はもう一箇所の「マジュヌ・カ・ティッラー」目指していくわよ!!
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
2006.08.21(Mon)  青蓮日記COMMENT(14)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin