FC2ブログ
□  2006.04 □  03≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫05
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
インドファッションウィークの軍配は?
今日は得意ネタなので、話が長いよ。覚悟して読んで下さい☆

ただ今デリーでは「ファッションウィーク」開催中。
実はこのファッションショーがらみで、昨年から「インドファッションの
中心地はムンバイか、デリーか」を巡り、熱いバトルが繰り広げられているのです。


(ロヒット・バルのコレクションより。パーティで目立つことまちがいナシ!)

「ファッション・デザイン・カウンシル・オブ・インディア」(FDCI)に
登録しているデザイナーたちが出場権を得る「India Fashion Week」と
いうのが毎年大々的に開催されていたのですが、メインスポンサーはインドの
資生堂とも言うべき、Lakmeという化粧品メーカーでした
ところが、例年会場がデリーになっているため
☆デリー出身のデザイナーに有利な出場順が与えられている とか、
☆有名デザイナーにばかり良い時間帯の出場権があたり、新人の出る幕がない とか、
☆FDCIの発言権が強すぎて、デザイナー発掘の場になっていない とか、
まぁもろもろ反対意見があり、とうとうスポンサーであるLakmeが強気に
出て、ムンバイとマハラシュトラ州を後ろ盾に今年 Lakme Fashion Week
ムンバイを会場にして別立てしてしまった、という経緯があります。

FDCI側は「インディアファッションウィーク=以下IFW」こそ
唯一の本物だと主張し、LFWに出るデザイナーはIFWとのダブルエントリーが
できない等、色んな制約を設けたわけです。
エントリー締め切り間際まで、どのデザイナーがどちらに出るか、
インドファッション界は戦々恐々。早々と、私はこちら!!と公言した
デザイナーもいたりして、新聞もこぞって書きたてていました。蓋を開けると…


(マニシュ・アローラのコレクションより。タージマハルとインド門と
クトゥブミナールがモチーフ!!)


ムンバイのLFW(3/28~4/1)に出ためぼしいデザイナーは

Manish Malhotra=ボリウッド映画でひっぱりだこの男性デザイナー
Wendell Rodricks=シャープなラインがお得意の新進気鋭
Ritu Beri=たしか昔、日本人会婦人部でチャリティショーをやったよね
Suneet Varma=Tuscan Verveというブランドの専属デザイナー

一方デリーのインディア・ファッション・ウィークにエントリーしたのは

Abu Jani/Sandeep Khosla=チカン刺繍をファッショナブルにした先駆者たち
Meer & Muzaffar Ali=Kotwara(ニムラナでも取り扱っている)のデザイナー
Manish Arora=キッチュでサイケな服はロンドンでブレイク中。Casa BRUTUSにも載った。
Rohit Bal =インドの伝統を今に生かす「布の魔術師」Seven Seasで紹介記事あり。
Tarun Tahiliani=サン・モトヤマにも作品があるし、雑誌マダムでも取り上げられた。
Chiara Nata&Puniit Nanda=ご存知、Satya Paulの専属デザイナーたち。
JJ Valaya=ターバン巻いてでっかい体躯の割に、繊細デザインが得意でインドセレブに人気。

Lakmeがスポンサーから撤退しちゃったら、どうすんのよ~??と
心配してましたが、そこはFDCI、ちゃんとWillis Life Styleを
メインスポンサーにむかえ、パワー全開です。いずれもZ-TVとKingfisherを
スポンサー陣に抱え、デリーでは更にRadio MirchやセキュリティのG4Sも加担。

それでどうなのよ!!??
私の軍配は「Willis Life Style India Fashion Week」です。
それぞれのウェブサイトを見ても、IFWが勝ちでしょ~って感じ。

LFWでは、モデルの服がずり落ち、胸がペロンと出たり、ジッパーが閉まらず
お尻を手で隠して登場した場面があったり…これも「宣伝効果狙い」かもと
陰口を叩かれているし、4月5日のデリーのIFWのオープニングにあわせ
LFWは秋もファッションウィークを実施します」とプレス発表会を行ったりして
火花ばちばち!!しばらく目が離せないインドのファッション業界でございます。
人気blogランキングへ

ラクメ・ファッションウィークのホームページはここ
ウィリスライフスタイル・インディアファッションウィークはこちら
スポンサーサイト
2006.04.07(Fri)  ファッションCOMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin