FC2ブログ
□  2006.03 □  02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
ホーリーの由来
むか~しむかしの事じゃった。ある所に、自分の息子がヴィシュヌ神に
傾倒し熱心に参拝することをねたみ、息子を殺害しようとたくらんだ
たいそう傲慢な王様がおったそうじゃ。
息子のプララダを殺そうと、色んな手を使っても失敗ばかりで、とうとう
自分の妹、ホーリーカを刺客としてさしむけたと。このホーリーカは
火中に身を投じても決して焼け死ぬことのない、魔女であったそうな。
ホーリーカは王子プララダを招いて、共に火の中に座ったところが、な~んと
プララダは火にあぶられても火傷ひとつせず、ホーリーカは焼け死んで
しもうたそうじゃ。「ホーリー」はこの話に基づき、満月の夜に大きな大きな
焚き火を焚いて、悪を追い払うんじゃと。悪者は滅する。めでたし、めでたし。


アミターブ・バッチャンとヘマ・マリーニ主演の映画、Baghbanのホーリー)

そして焚き火(今晩)の翌朝(15日午前中)には無礼講・カースト関係なく
色水や色粉をかけあうことが許されているのです。普段は女性に触れる
なんてとんでもない!とされているけど、この日は大目に見られるのもあって、
思い切ってべたべた女性を触ろうとする男性も。胸をむにゅ~と掴まれたりね。
今年は「いやがる人に色粉をつけたり、女性に触ったりすると逮捕」と
デリー警察の広告が出てます~。
まぁ、この騒ぎもせいぜい13時ごろまでにはおさまりますから、色粉をつけられたり
触られたりするのがイヤな人は午前中は「引きこもり」ですな。
家でおとなしくしてますから。
(またはFICCIとかの主催する、良識ある人が集まる「ホーリー」パーティなら
セクハラにあうことはないので大丈夫。色粉は最近は「天然もの」に
こだわる人も増えて来ましたが、大体はカラフルな化学染料。洗っても
取れない場合が多いので、汚れても良い服装でご参加下さい。)


(写真は昨日学校で早々とホーリー行事を済ませて帰ってきた息子。
おでことほっぺにちょんちょんと粉をつけられた程度でママ安心。)
ではでは皆様、 !!
人気blogランキングへ

スポンサーサイト
2006.03.14(Tue)  インドの祝祭日COMMENT(9)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin