□  2006.01 □  12≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫02
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
不思議な薬屋
昔ながらのデリー、イギリス統治以前からあった古きよきデリーは
「オールドデリー」にあり。インドのほこる作家、そしてジョーク本も
沢山出しているわがグルジー(師匠)Kushwant Singhの作品には必ず
登場するオールドデリー。
混沌とした街の風情が「インド好き」をたまらなく魅了する。


わが国外務省の通達で「訪問を避けるべき場所」に入っているのも然り。
あやしげな路地、あやしげな輩、そして怪しげな店。

そんな中で観光客が通るルートになっているジャマ・マスジッドからの
横道・ダリバ通りをぬけて、チャンドニチョウクへと繋がる路地に
その店はある。
どの国の骨董屋にもありそうな、薬箪笥。でもここのは現役なのだ。
インド古来の薬草に加え、トカゲのしっぽやトラの爪、蛇の皮やらなんやら…
映画やマンガに出てくる悪者魔女の薬調合室みたい。

イスラムの医者・ハキームの店なんだから、れっきとした効能があるのだぞ。
…でもハキームさま、薬箪笥を開けて見せてくれたら、いつもゴキブリが
出てくるのはなぜ???
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
スパイスボックス
インドの家庭のキッチンには、このようなスパイス容器があります。
「お袋の味」を生み出すもとですから、各家庭で内容物には多少差はあれど、
ステンレスの容器に小さなカトリ(ちび容器)が入っていて、塩・唐辛子・
ターメリック・ジーラ・アムチュール(未熟マンゴの乾燥粉)・
アジュワイン(消化によいゴマ粒くらいの種様香辛料)などが入れられています。


この容器はどこのマーケットに行っても「バルタン」=金物を扱う店に
置いてあるので、インド料理好きな方へのお土産にはおすすめ。

そして下の写真・中央のものは主に南インドで使われているスパイス容器。


ココナッツの幹をくりぬいて作られていて、年月を経るとともにこげ茶が
いい具合に。
デリーだとスンダルナガルのアンティークショップなどでも売っています。
シャープルジャートのGoodness Graciousの陶器・雑貨部門店にもあり。
アジアン雑貨でインテリアをまとめたい…って時には、いいアクセントに
なりそうですね。
人気blogランキングへ
2006.01.29(Sun)  雑貨COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
学習しない犬
犬が大好きです。世界中の犬の写真を撮りまくったほど。
大体その場でてなずけ、仲良くなってワンちゃんたちがお腹を見せて
寝転がって「なでて~~!」と言うほど心中通じ合う仲。

でも、こいつだけはなぜか出合って3年以上たつってのに、まだ吼えます。
息子のクリケット教室のグラウンド近くにあるアパートにいる犬。
塀の上、柵の間(高さ1,5メートルほど)のところからバウバウ吼える奴。
なんでしょうね?よほど可愛がられてないのか、日本人にいじめられた
記憶でもあるのか?
人の顔ってもんを覚えないのかなぁ??誰か犬に詳しい方、解明して下され。
日本じゃ今やめずらしいスピッツの血が混じっているらしいですが。


そういえば、お友達と北海道旅行で小樽を散策していて、可愛いラブちゃんを
見かけたので座ってなでなでしようとしたら、いきなりラブちゃんに押し倒された
ことがあったっけ。「あ~~~れ~~~、こんな所で、せめてお布団のある
ところで~~。」と叫んだら、それをビデオに撮られていて、さんざん
物笑いの種にされたっけ。

しかし、この犬は何とかてなづけたいもんです。今年の目標だな。
人気blogランキングへ

2006.01.28(Sat)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
共和国記念日
インドの共和国記念日は今から57年前の1月26日、インド憲法が発布され
共和国となったことを記念する祝日です。デリーではパレードが大々的に行われ、
大統領官邸付近は日暮れとともにライトアップ。


インドを旅していると、その国土の広さに改めて驚きます。(航空運賃も高いけど。)
そして、地域性の幅広さにもびっくり。考えてみると、インドの南北差は
イギリスとスペイン南端とを比べるようなものですもんね。そんな大きな国が
よくもまぁ、一つの国としてまとまっているなぁと感心します。
地方分権だし、それぞれの地域が抱える問題は昨今のようにインド経済が
注目を浴びるにつれ浮き彫りになってきてはいますが、それにしても
「インド経済=巨象経済」とはよく名づけたものです。


ま~経済の難しい話は経済誌にお任せするとして、共和国記念日は
だらだらなまけて過ごした私。だってお誕生日なんだもん。
夜はケーキでお祝い。これは美味しいフルーツケーキでしたよ。
インドでもこういう美味しいケーキが売られるようになったのねぇと
感慨深く頂きました。Vasant Continental Hotelのベーカリー製。
550ルピー。お試しあれ。(お姉ちゃんの接客がまったりしていて、これはこれで
インドらしいんだけどね。)
人気blogランキングへ
2006.01.26(Thu)  インドの祝祭日COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
花で贅沢
時節柄の話題ってことで、共和国記念日パレードのお話。
パレードの入場券を手にしたら、指定の駐車場へ。それからセキュリティ
チェックですが、な~~んにも持って入れないので、すべて車に残して
行きます。指定ブロックでは前方は芝生席。後ろは椅子席で、早いもの勝ち。

しょっぱなはジェット機で驚きます。陸海空各軍や各州の警察隊の
パレード、戦車や戦闘機、ロケットがぞろぞろと続き、え~~こんなのまで
見せちゃっていいの?国家機密じゃないの?とドキドキ。

そして、各学校や各州のフロートが延々と続き、最後はヘリコプターが
パラパラパラパラ…と音をたてつつ、オレンジ色の煙幕を撒き散らし…と思いきや、
何とはらはらと舞い降りてくるのは煙じゃなくて、無数の花びら。
マリーゴールドや薔薇の花びらがふわふわひらひらと舞い落ちてきます。
何と贅沢な花の使い方。自然豊かなインドの一面。
さて、今年はテレビでパレードを見るとしましょう。現場に行くより
アップで良いところが見れるしね。(写真は早朝のフラワーマーケット)


人気blogランキングへ
2006.01.25(Wed)  青蓮日記COMMENT(3)TRACKBACK(0)TOP
季節ごとのみどころ
ようやく日向はぽかぽかの小春日和のデリー。
近所の公園にはちびちびオレンジのなった木があり、たわわに実っています。
レモンの木もあるし、デリーは柑橘系の木が育つに適した気候なのかしらん?
しかも誰も実を採ろうともしないのがまた、おおらか。


そして薔薇もあちこちに。もうすぐ花の綺麗な時期に入ります。
大統領官邸のお庭(ムガールガーデン)が一般公開される時期。
行列に並んで、お行儀良く見学しなくちゃならないし、カバンや携帯など
一切持って入れないし、カメラなんてもってのほか…ってのは残念ですが
機会があればぜひご覧を。


そして、共和国記念日をはさんだ3日間は大統領官邸と政庁舎のライトアップが
それはそれはみごとです。デリーにいる時にしか見られないもの、
楽しまなくてはね。
人気blogランキングへ
2006.01.22(Sun)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
運動会シーズン来る
デリーの学校では1月下旬から2月にかけてが「運動会シーズン」です。
束の間の早春…って感じでしょうか。昨日おじゃました日本人マダムの
お宅では、鉢植えのスイートアリッサムが白いレースみたいに可憐に
咲いていました。
そんな中、わが子も幼稚園最後の運動会。出場したレースは
かけっこと風船割りレース。ふたつとも金メダルをもらいました。
…そのあとお父さん達のレース「かかと走り」。


そして!!やってきました「ママレース」。
私はこんなことだろうと運動靴で行ってましたが、他のママたちは
ご覧の通り。サリー姿の人もいて、ヒールをぬぎすて走る走る!!
普段運動してない人は足がもつれて転んだり。
子供達も大騒ぎ。

さ~、あとは「卒園式」ですか~。学年の区切りが日本とは違うので
1999年10月01日生まれ~2000年09月30日生まれまでの子が同学年、
日本なら4月から年長さんの年齢なんですが、わが子は早くも
1年生(Class One)になるのです。何だか感慨深いわ~。(親ばか?)
人気blogランキングへ
共和国記念日、間近です。


酷使したのでマウスが言うこときかなくなりました。
USBに接続されているデバイスが機能していません…
とか何とかコメントが出ます。くぉら~~!!忙しいんじゃぃ
しっかり動かんかい!!と叱咤激励してもだめらしい。
…ので、だんなのマウスをちょっくら借りて…っと。

一昨日午前中インド門の近くまで行ったら、途中ずっと
警官がいっぱい立ってて、??????と思ってたんですが
何と、1月26日の共和国記念日Republic Dayのパレードの
リハーサル日でした。
今日も騎馬兵がお馬さんたちと一緒に大統領官邸のところに
いましたよ。観覧席はすっかり準備が整っているし、あとは
当日を待つばかりって感じ。

共和国記念日のパレードに際し、警備も厳しくなっていますが
前後は人ごみの中には行かないようにとの大使館からの
お達しもあり。去年はパレード観に行きましたけど。へへへ
実は、1月26日って私の誕生日。
インドの共和国記念日=誕生日、つまり私はインドに呼ばれる
べくしてやってきたのだ~と思うことにしています。
インド中が祝福してくれてジェット機は飛ぶわ、戦車は出るわ、
軍隊から警察からみ~~んながパレードして祝ってくれるわ、
と毎年ひとりでハッピー気分。

それより、今年のお誕生日祝いにだんなに何をねだろうか?
まさか「マウス」で誤魔化されはしないだろうなぁ??
人気blogランキングへ

2006.01.19(Thu)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
捨てられないもの
捨てられないものって、ありますよね。
何でもためこんでおくのは母譲りなんだけど、インドでは手に入らないかも、
と思うとまたまた「貯め込み癖」に磨きがかかる昨今。


これは息子のファーストシューズ。靴底もふにゃふにゃで場所をとらないので
まぁ、良いんだけど。…とか何とか言い訳しつつ、捨てられないので
狭い家に荷物は増えるばかり。そのうえ自分の服や靴は増えるばかり。
皆さんどうやって収納していらっしゃるんでしょうか??

これじゃ~仕方ない・片付かないので、諦めのつきそうなものは
デジカメで写真を撮って、お手伝いさんやドライバーさんの子供達に
あげることにしました。

あとは息子のプレイスクール時代からの作品と宿題と、落書き帖などなど。
これもデータで残すしかないかなぁ。(でも本人が大きくなったら
「なんだぁ、これ??」って言うかも。)
…片付かない家の中で、うろうろしています。
人気blogランキングへ
テーマカラーはオレンジ


予言(?)のとおり、ローリー祭のあと格段に寒さがやわらいだデリー。
朝早くからの息子のクリケット教室も、随分参加者が増えました。
(寒いとお布団から出たくないのは万国共通??)
コーチがこれまた鷹揚というか、インド的というか、時間通りには
来たためしがないので、危なくないように見張りをしながら
(なんせ同じ敷地で大人は硬球で練習してるので)芝生のグラウンドを
うろうろお散歩。先週あたりからマリーゴールドが花盛りで
まんまるなお花をつけています。オレンジ色があざやか。


さて、このオレンジの集合体は何??変種のぶどう??
これは、冬に出回る果物で、ヒンディ語ではラスペリと言いますが
甘酸っぱくて、ビタミンCがいっぱいで、私は大好き。
ホテルのケーキバイキングなどではラスペリののっかったタルトが
出てきたりしますよね。なんせビタミンCですから、風邪予防にはなるし
お肌も白くなるし。


モノはなにか??ってぇと、「食用鬼灯(ホオズキ)」です。
ね、こうやってアップで見るとあ~~、鬼灯だぁってわかるでしょ。
ご丁寧なことに、ひとつひとつ皮を後ろにまわして、糸でぐるぐる巻きにして、
上の写真みたいな球体にまとめてあるってわけです。人件費安いから
できることだね~。ぜひぜひお試しあれ。
人気blogランキングへ
2006.01.15(Sun)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
Lohri(ローリー)祭


毎年1月13日はLohri(ローリー)というお祭り。
デリーではこの日を境に冬が終わると言われていて、例年
本当にこの日をすぎると寒さがやわらぎます。不思議不思議。
特にパンジャブ出身者たちにとってローリーは豊穣を祈り
命の芽吹きを祝う特別なお祝いでもあるのです。

夜の帳がおりると、家族や友人が集まって焚き火をし、
ポップコーン、ナッツ、ガジャックとよばれるゴマと生姜たっぷりの
お菓子を焚き火に投げ入れつつ食べ、そしてみんなとたわいもない
おしゃべりが延々と……。
この日の食事の定番はパンジャビの好物、サルソン・カ・サーグ
(からし菜の葉っぱで作ったカレー)とマッキー・キ・ロティ
(とうもろこしの粉で作った薄焼きパン)!!

ローリーは特に北インドで祝われますが、同時期タミルナードゥでは
「ポンガル」、アッサムでは「ビフ」、カルナータカやビハール
ウッタルプラデシュでは「サンクランティ」というお祭りの時期。

初めてのローリーを迎えるお嫁さんのいる家、赤ちゃんの
初ローリーのある家には特に来訪者も多く、子供達はおやつを
もらいに近所の家を訪ねるのが楽しみなお祭りです。

ローリーに焚き火に投げ入れる+焚き火を囲んで食べるもの。
ゴマのお菓子、ガジャック(ゴマと生姜の香りのさくさくお菓子)
グル(黒砂糖)を使ったかりんとうのようなもの、
ムーンフリ(ピーナッツ)、フリヤ(米で作ったポンポン菓子)
ポップコーンなどなど。う~~ん、おしゃべりしながらボリボリ
食べているとまた太りそうだなぁ~
人気blogランキングへ
2006.01.13(Fri)  インドの祝祭日COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
イスラムの犠牲祭
今日はイスラムの祭礼の中で最大の「犠牲祭」、別名「バクリ(ヤギ)
イード」とも呼ばれるお祭り。アラビア語のiwdは「祭り」zuha=uzhaiyya
は「犠牲」を意味します。

この祭りはハズラト・イブラヒムの行いをたたえ、自己犠牲の備えをするよう
呼びかけるものでもあります。その昔アッラーの神がイブラヒムに一番大切な物を
捧げよと命じた際に、彼はたいそう大切にしていた息子イスマイルを生贄に
しようとした、という話に基づき、山羊を犠牲に捧げるのです。
息子を捧げ目隠しをしたまま刀を振り下ろしたイブラヒム。
アッラーの計らいにより、生贄として捧げられたはずの息子は無事で代わりに
羊が斬られていたという事。

この日イスラム教徒は朝モスクでの祈りのあと、自宅で生贄を捧げ、その後
調理して友人や親族と分け合います。。下の写真は今朝の新聞に載っていたもの。
生贄として捧げられる山羊は一匹5000ルピーから25000ルピーで売られているそうです。
毎年最高値の山羊の値段が新聞で発表されるのですがさて今年はおいくら??


ムスリムたちは新調した服で挨拶回りをし、富めるものは貧しいものに
お金や衣服などを振舞うのです。子供たちもお年玉のようにお小遣いを
もらえるので楽しみにしているお祭り。
この期間に捧げる祈りは通常のものよりご利益があるとされます。
預言者モハメッドはこの祭りを3日間と定めましたが、イードウルズーハ当日は
「コーラン」の成立日ともされています。この時期が聖地メッカへの巡礼「ハッジ」
の時期なので、デリーの国際線空港の近くにある「ハッジ専用ターミナル」も大賑わい。

セヴィヤン(またはセーミヤン)と呼ばれるビーフンのようなものをたっぷりの
ギー(精製バター)と砂糖、ミルクで煮詰めて作るお菓子がこの祭りの定番。
インドでは「お菓子」を贈り合う習慣があるのでイスラム教徒が多い地区の
お菓子屋さんは大賑わいの時期でもあります。

色んな宗教が混在しているインド。
それぞれの宗教を尊重しながらうまいこと共存しているのですね。
人気blogランキングへ
2006.01.11(Wed)  インドの祝祭日COMMENT(4)TRACKBACK(1)TOP
ことほぎの色
日本じゃ紫が流行色だったそうで。
夏はターコイズブルー一辺倒だったのにねぇ、流行の移り変わりの
早いこと!年末年始、雑踏を歩いていると「ふわふわモヘア・
パステルカラー・パール」が何だかとても目だっていました。
帰国中、しっかり楽しんだのは倖田來未とヒロシ。(どんな組み合わせじゃ?)
ま~でも、お正月のテレビって相変わらずだらだらしてましたねぇ。
…とか言いつつ、「新撰組」を観てしまったワタシ。粒ぞろいの精悍な
顔立ちの日本男児満載のキャスティング・三谷幸喜さん万歳!!
奥様の小林聡美さんはインド映画のダンスシーンに出演したことあるのよね。
(すっかりミーハーおばさんと化しております。)

インドに戻ってぶったまげたことの一つ。
いまだかつてない大きさ、厚みの結婚式招待状が届いていたこと。
寿ぎの色、赤満載で賑々しいこと!!
一族郎党が宝石商や貿易を営むインド人家庭からの招待状ですが


こ~~んな派手さ。行ってみたいけど、この寒さじゃなぁ……
しかもジャイナ教徒だから菜食だしなぁ……

寿ぎの色ついでにもひとつ。機内販売で買ってみた赤い箱が目立つ
ブルガリのコロン。「ティートリーオイルをベースにペッパーの
スパイシーな香りをブレンドしたユニセックスな云々」というのに
ついついつられ……さっき開けてみて、香りにどひゃ~!!


爽やかな香りなんだけど、まんま「マサラ・チャイ」みたい。
…今年もどっぷりインドに浸かれ…っていうことだぁな。
人気blogランキングへ

2006.01.10(Tue)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
新年のご挨拶
謹賀新年
(ご挨拶が遅い!!??夕べ無事JA○でデリーに戻って来ました!)
行きも満席だったんだけど、帰りもほぼ満席でリクエストしてた座席も
変更され…(間をあけて息子がA、私がCなら間にだれも入らないだろうと。)
でも実際座ってみると、通路側は空いていました。やったぁ!


…やっぱり日本のお正月は良いですねぇ。インドは大晦日のカウントダウンパーティ
にでも行かない限り、元旦と言っても何もないしねぇ。
お雑煮を食べ過ぎて(1回につき4個X3回…食べすぎ??)ウエストが
なくなった私です。(もともとなかった、という説も。)


しかも今年は日本は寒かったぁ!!実家のある博多は滅多に雪が積もらないのに
1月4日は何と!!積雪。写真は実家の前の池の風景。…どんな田舎じゃ?と思った方、
何とこれは賑やかな商店街のすぐ裏手なのです。街中なのに、池には鴨が飛来。
それだけ街にはどんどん自然が少なくなってるってこと???
この鴨が時ならぬときに「あ~っはっは、くぁ~っかっか」とおばちゃんの
笑い声のように啼くのです。それでつられ笑いをした日々でした。

夕方デリーの家に戻ったら、近所にいるママ仲間から「明日から3日間
寒さのため学校は休みになるよ」との連絡網が。デリーの幼稚園、小学校は
デリー政府の通達により、休校ですって。何せ山の上の避暑地、シムラーよりも
デリーのほうが寒いっていうんだから…
何はともあれ、皆様お風邪など召されませんように。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます~~。
人気blogランキングへ
2006.01.09(Mon)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。