□  2005.12 □  11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
年の暮れのご挨拶
今年もあと6日間になりました。来週の日曜日は新しい年、2006年。
今晩のJALで成田へひとっ飛び!!同じ便で日本に行く皆様、
騒がしい親子がいたら、それは私達です。ご迷惑をおかけします。
(…とあらかじめお断りしておいて…っと。)
息子はただ今飛行機に持って乗るおもちゃの選択に余念なく。
昨日カンマーケットで間に合わせに買った中国製のベイブレード、150ルピー。
夜中にクリスマスソックスの中に入れておいて、朝見つけたときの嬉しそうな顔!!
でもね、1時間もたたないうちに分解して壊れました。ごめんよ、日本で
もっといいやつを買ってあげるからね。


…てなわけで、皆様今年もどうもお世話になりました。
ブログを通じて知り合った皆様、デリーでお友達になった皆様、
そして日本の友人達、世界にちらばる後輩達、
来年がみなさんにとって素敵な年でありますように!!


「おまけ」に我が家のマンゴ、本日のお姿。私が日本から戻るまで
元気でいてね!…って、この霧・この寒さじゃだめかなぁ??
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
2005.12.25(Sun)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
この寒いのに
朝から霧で、我が家のバルコニーからは下界が見えません。
そんな中、いつもどおりにわが子はスクールバスで通園。
明日から「冬休み」にはいるので、今日は学校をあげての
ウィンターカーニバルなんだって。そもそもカーニヴァルって何の
ためだかわかって企画しているんだろうか、先生方よ。


カバンはいらない、水筒だけ持たせてくださいといわれ、親も許可証を
提示すれば途中で子供を連れて帰ってよいシステム。
うちの子は10枚綴りのクーポンを早々と使い果たしたらしく、担任の先生から
「おなかもすいたらしくて、お迎えを待ってますよ~」と11時前に電話が。
一日中霧がすっきりと晴れない日でしたから、可愛そうにみんな寒さで
震えつつも、校庭は大賑わい。ミニ列車あり、射撃あり、ダーツゲームあり、
ラッキードローでは何と冷蔵庫が当たる!!ってのも。(寒いぞ~)
バスケットボールコートはフードコートに変身!していて、チキンビリヤニや
ルマリロール、フレンチフライズ、パオバジなどを食べてから家に戻りました。


うちの子の最大の心配事は「サンタがお願いをかなえてくれるかどうか」
学校のツリーにベイブレードと Hot Wheelって書いた紙をつるしたんだって。
それって七夕と混同してない??

皆様が素敵なHoliday Season を迎えられますように☆
人気blogランキングへ
デリー・冬の必需品
石の床はしんしんと冷えます。デリーの冬はとっても寒いんですから。
キーボードたたく手も冷え冷え。末端を暖めるにはコレでしょう。


喉が痛いときにもちとかじると良いし~、って別に私はMittal Teasの
回しもんじゃありませんが、チャイの他にここでよく買うのは
タンドゥーリマサラとこの生姜の砂糖漬け。(生姜砂糖漬けは私にとって
博多・筥崎宮の「放生会(ほうじょうえ)」というお祭りの味です。)

灯油のストーブがあると、応接間やロビーまでがんがん暖まると
思うんだけど~、天井高い・石の床・隙間風の三重苦(?)の中、
一番活躍してるのはやっぱしインド製のヒーターです。
USHAというメーカーが一番頑丈で長持ち。これ一個で部屋が暑いくらい
あったまるのはすごいよねぇ。


日本の冬の寒さはまだ「Wet Cold」だから慣れてるけど、
インドのは「Dry Cold」だからすぐに喉がやられたり、お肌が
かさかさになったりするのだ。
もひとつ私のおたのみ一番はコレだ。風邪引いてる暇がないときには
頼りになるインド薬のひとつ。(Vicksの回しもんじゃありません。ばははは)


皆さん、お風邪など召されませんように。
うがいにはインド薬のBetadineですよ~、ってコレはスイスのバーゼルに
ある会社との共同開発なので、安心です。(ん???)
人気blogランキングへ

2005.12.22(Thu)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(1)TOP
忘年会・タージホテルの動と静
日曜日の午後4時過ぎまでグルガオンをさまよっておりました。ついつい
日用雑貨の買い物したりして。あわてて家に帰って、衣装もとい洋服を
着替え、壁塗りして車に飛び乗り、車の中でマニキュア塗り塗り…だって
子供がいると落ち着いてマニキュア塗れないんだもん!!(そこまで誰も見てない?)


日本からのゲスト出演「エンカペラG」(演歌をアカペラで歌うじじぃ、の
略だって。皆さん渋くてカッコ良かったですよぉ。)とわがデリーの
コールマユールのジョイントコンサートに始まり、クイズ大会や余興が
例年のごとく大幅時間オーバーで繰り広げられました。
異国で「ふるさと・にっぽん」を思い出させるような和太鼓や御神輿登場もあって、
楽しかった!参加者473名とあって、誰がどこにいるのやら、よくわからないまま
終わってしまいましたが。


でも、個人的に好きだったのは殿に扮して「マツケンサンバ」を踊ってくれた、
ちと恥ずかしそうなお父さん達。素顔でぜひ合コンしたい…ってか!?
被り物、塗り物関係なら私も得意です。来年はぜひお声をおかけ下さい。
(だってマダムたちは一緒に出てくれないんだもの。)
いんじゃない会の皆さん、やっぱり私は「ウォーターボーイズ」ファンですっ!!


大盛り上がりの忘年会から混雑を避けてメインロビー側に出ると
しっとりとしたピアノとクラリネットの生演奏が。
時間が遅かったのもあって、「大人のクリスマス」って雰囲気でしたよ。
夫婦でしっとりと「クリスマスディナー」を楽しむなんて、もう子育てが
終わってじじばばにならないと無理そうです。ぷふふふふ
人気blogランキングへ
2005.12.20(Tue)  青蓮日記COMMENT(5)TRACKBACK(1)TOP
インドのサンタクロース
ヒンドゥ教徒8割強のインドにも、「クリスマス商戦」が。
ショッピングセンターはいずこもクリスマスツリーが出現し、サンタが
子供にキャンディを配っていたりします。


グルガオンのビッグバザール(100円ショップのノリ)が入ってる
ショッピングセンターで、サンタ発見!えらく色が白いのねぇ…と
遠くから眺めていたのですが…

地下駐車場から出てくるところで「そり」ならぬ馬車に乗ったサンタと
ミセスサンタ発見!!カメラを向けると手を振ってくれました。
サンタさんは「お面」をかぶっていました。ほ・ほ・ほ~!!

…18時までに日本人会忘年会の会場に「インド服」で行かなくちゃ
ならないというのに、最後の最後まで走り回っている年の瀬。
インドにもクリスマスはやってくる……
人気blogランキングへ
夜の国立博物館
閉館後に公会堂で行われる「出版記念式典」に参加のため、閉館間際の
National Museumへ。
ラジャスタンに残るミニチュアール絵画のうち、ピチュワイという流派の
若き伝承者、Desmond Lazzaro氏のピチュワイ技法紹介と作品集が出版
されるにあたり、スピーチと討論会が行われたのです。


会のはじめには神様への感謝をこめて、プージャとランプ・ライティング。
居並ぶミニチュアペインティングの先生達の中でも「グルジー(師匠)中のグル」
が写真右から2番目のおじいちゃんだそうです。


ラジャスタンでも伝統的な手法で細密画を描けるプロが減少している中、
ロンドン生まれのラザロさん<著者>がグルジーたちに弟子入りして
熱心に技法を習得したとのこと。
討論会の話題は「いかにして伝統を守るか、無知のため取り壊される
貴重なフレスコ画をいかにして守るか」などなど、あつ~い討論。
「日本は寺社にある古い宗教画を一般公開しているのか?」
「日本画との共通点は??」などと質問されてたじたじ…(あたしゃ専門家じゃないっちゅうに!)


こういう伝統を若い芸術家たちが継承していくのが大切だって
みんなわかっているでしょうが、一度消えてしまうと「復刻」「復興」って、大変。
手法説明は舞台全面スクリーンで、エスラージというインドの伝統楽器の生演奏入りで
行われました。夜の国立博物館の中庭に展示された絵と絵の具(顔料)、とても幻想的。

大先生のおじいちゃんが意見を求められて言った言葉がけだし名言。
「絵描きは手は動くんじゃが、口は、よう動かん」…芸術家です。
人気blogランキングへ
2005.12.17(Sat)  芸術・文化COMMENT(0)TRACKBACK(1)TOP
インドのムスリム12%
10億をゆうに超えると思われるインド人口(住民登録などしていない
路上生活者も多いので、正確な数字はつかめないらしいです。)
Census of Indiaという国勢調査も近所のおばちゃんみたいな人たちが
書類を持って回って来ます。
こんなんでちゃんとした調査はできるんかいな~??って感じでしたよ。
水飲んで、チャイ飲んで、「ご主人は何してるの??」って世間話して
帰っていったような記憶があります。

で、ヒンドゥ教徒はインド国民の82%、イスラム教徒は12%強と
言われていますが、実際に住んでみて、インド国内を旅行していても
感じるのは、イスラム教徒がどうもそれより多いような…
デリーは特に「オールドデリー」地区にイスラム教徒が多いから
そう感じるのかも知れませんが、アウランガバード(かのムガール帝国
アウラングゼーブ帝の名に由来)でもそうだったし…
地名が○○○バード(イスラマバードとか)というのはたいてい
イスラムの街で○○○スタン(ラジャスタンとか、ヒンドゥスタンとか)
というのはヒンドゥの街だと聞きました。


オールドデリーのジャマ・マスジッド。偶像崇拝を禁止している
イスラム教徒のモスクですから、内部はいたってシンプル。
お祈りのために同方向に並べるように、大理石のラインがあって
イードのときには外まで人があふれています。
礼拝のある金曜日やお祈りの時間帯を除いて、イスラム教徒でなくとも
中に入れます。ここのテラスから「ラル・キラー=デリー城」の
全景が見えますし、ミナレットに上るとオールドデリーの喧騒を
見下ろすことができるのです。
インド人の男性と一緒のほうが安心ですが、デリーの違った顔を
発見できる界隈でもあります。
人気blogランキングへ

Joy to the world !!


舞台に登場した子供達はジングルベルの替え歌で
「Dada Dadi Nana Nani Welcome to our show」と
賑やかに私達を出迎えてくれました。
今日は「おじいちゃん・おばあちゃんの日」
Dada(父方のおじいちゃん)Dadi(父方のおばあちゃん)
Nana(母方のおじいちゃん)Nani(母方のおばあちゃん)と
パパ、ママとみ~んな勢ぞろいでの「クラス発表会」の日。

ヒンドゥ教徒が8割強を占めるインドですが、イスラム教徒も
ジャイナ教徒も仏教徒もキリスト教徒もシーク教徒もいるので
インドの学校ではそれぞれの祝祭日が祝われます。
今日の発表会は「クリスマス」と「おじいちゃん・おばあちゃん」が
テーマ。ミニミニ生誕劇もありましたよ。

日本ならこういう発表会で「お礼」のスピーチをする人は
前もって原稿など用意しているのでしょうが、そこはインド
孫達の発表を見て、孫の手作りギフトをもらって感極まった
おじいちゃん、おばあちゃんがマイクを率先して握って
感想を述べました。おまけに1人のおばあちゃんは今日が
お誕生日とあって、ヒンディ語のスピーチのあと、子供達に
山ほどのキャンディを大盤振る舞い。

な~んか心温まる、素敵な会でした。おまけに面白い画像をば。
「クリスマスツリーに扮した子供」残念ながらうちの子じゃありませんよ~。
人気blogランキングへ


2005.12.14(Wed)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
職人技だっせ
季節の果物…どうも今の時期、デリーではパイナップルが旬らしい。
やたらとあちこちのマーケットで見かける。


沖縄でパイナップル園に行ったとき、熟れ頃のパイナップルは切り口から
甘い香りがすると教えてもらったので、早速マーケットで匂いを嗅いで
いたら、周りを通る人だけでなく遠くのほうからも笑って見ている人が。
しかも思い切り鼻の近くで嗅いだもんで、鼻の頭が赤くなった。(そこまでして
一体いくらの高級パイナップルを買うんだ??と思うでしょう?)


一個25ルピーですよ。70円くらいで結構大きいの。もう一回り
小さいのは20ルピー。そんで、お兄ちゃんが「マダム、皮を取りますか?」と聞くので
自分で切るのも面倒だし、頼んでみようと思ったわけです。上と下を
切って、皮を剥いてくれるのかな~と思って。


ま~、ここまでやってもらっていいの??って感じでしょ。
いがいが(?)の部分を螺旋状にうま~く取ってくれて、輪切りにしたら
ぎざぎざ模様の花形になるように、切ってくれました。
売り子のお兄ちゃんのナイフは「びよぉん」としなる薄っぺらなもの。
持って帰って、輪切りにして食べました。ちょっと甘酸っぱいけど
新鮮なお味でしたよ。チャレンジしてみる????
人気blogランキングへ
2005.12.13(Tue)  食文化COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
大好きな本
あ~、こういうのってアフィリエートとかでやると良いんだろうけど
そこまで頑張る暇がないのだ。「好きな本」紹介に関してだけど。

学生時代に試験のために歴史年号を覚えるのが嫌いだった。
でも、ヨーロッパの遺跡や建物の現物を見ると、すいすい歴史の流れが
頭に入った。「カノッサの屈辱ぅ?だから何よ」って感じだったのが
バチカンやアヴィニョンに行って、「こういう事だったのかぁ」と納得。

で、インドに来たら「うひゃ~」な発見だらけ。なぁんだ、ここで
この人が登場するのか!!って1人で納得してます。
遺跡でうなずく日本人、それは私です。デリーは特に遺跡が多い街だから、
探検の楽しみも一杯。クトゥブミナールとか、フマユーン廟とか。


これが私の愛読書のひとつ。ムガール帝国のことや、マラタ同盟のことが
よくわかります。随分前に手に入れたものだけど、続編は出てるのかなぁ??
塩野七生さんの「ローマ人シリーズ」もはまったんだけど、
この「インド三国志」、続きがあったら絶対家事そっちのけになりそう。

ママァ!!と1日100回くらい私をよぶ息子。ストーカーもびっくりなほど
くっついて回るので、ゆっくり本屋さんめぐりなんてできません。が、!!
とっても気になっているのはオールドデリーの古本市。
誰かボディガードを雇って、いつの日かオールドデリー古本市デビューするわよ!
人気blogランキングへ
明日も吉日
このところインドの「大安吉日」だらけ。結婚式だらけ。
招待状にはBaratという花婿入場の儀式の時間が書いてあっても
ま~、30分くらい遅れて到着すれば大丈夫。馬に乗ってやってくる
(象も、らくだに乗ってくる場合もある)花婿の周りには、親戚や友人が
狂ったように(?)踊りまくり、札束を手にしてぱらぱらとお札をふりかける人あり。
この「ふるまい銭」は使用人や結婚式のバンドメンバーや、写真屋さん、
ビデオ屋さんに渡すんだそうな。
花婿さん側で招待されたら、この「踊りの輪」に引きずり出される。


踊り隊の到着を待ち構えているのは、「花嫁側」の両親や親戚一同。
父親から父親へ、お祖父さんからお祖父さんへ、叔父さん同士、
伯父さん同士、花輪が交換される。そしてギフトの応酬。
婚約式でさんざんギフト交換して、金製品やサリーを贈り合ったにも
関わらず、結婚式でもまたまた。「名古屋嫁入り物語」もびっくりだ。


そして待ちくたびれた頃に花嫁が入場。サリーにしろ、レンガー(スカート
とブラウス、それにヴェールの3点セット。着付け次第でサリーのようにも見える)
にしろ、赤やピンクが花嫁の色。その家系によって赤のシェードが決まって
いるんだって。ある家はエンジっぽい赤、ある家は朱赤、また別の家は
真紅…同じように花嫁が身につける腕輪<チューリ>の赤の色もサリーや
レンガーの色とマッチしている。

カラフルで、生き生きとしていて、賑やかで…インドにどっぷり浸っていられる
結婚式の季節・まっただ中。
人気blogランキングへ

インド・民俗学
火曜日に日本人会婦人部ボランティアグループのイベントで、
プラガティマイダンにある「クラフト・ミュージアム」へ。ここはとても
こじんまりとしていて、インド各地の民芸品や土着宗教の断片、宗教儀式の
道具やハヴェリと呼ばれるインドの邸宅がグジャラートやラジャスタンから
移築されていたりして面白いのです。野外展示も広いから、子連れでもOK!
建物自体はインドの有名建築家チャールズ・コレア氏の設計だって。


写真を撮りたい人は受付で登録を…と言われましたが、その登録をしても
ギャラリー内部は撮れないのです。残念!!撮って良いのは中庭や野外展示だけ。
図書館も貴重な本が一杯あるのだけど、責任者がいないときには鍵が
かかっていて勝手に閲覧はできないシステム。


何はともあれ、とても興味のあるインド各地のサリー展示あり、
今では職人さんがいなくなりつつあるカシミール織のアンティクショールあり、
宮廷衣装や宝石、戦地幕営で使ったという豪華な敷物など、小さい割に
内容物豊かな博物館でした。なんせ入場料「ただ」ってのが良いよね。
人気blogランキングへ
2005.12.09(Fri)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
季節感
インドにいて実感がわくことの一つ。野菜って、季節を如実に反映する
ものだった、という事実。日本はハウス物なんかで年中どんな野菜でも
手に入るようになってますから。お正月前に京人参やクワイが出回ると
おぉ、お正月かぁと思うことはあれど、博多じゃお正月に欠かせない
「がめ煮」(筑前煮のことですョ~)の材料も、カット野菜の真空パックに
なってるし。


デリーでローカルマーケットに行くと、季節によって野菜の種類がはっきり
分かれています。冬は野菜の種類が多いので、野菜マーケットでの買い物も
楽しい!!今安いのはブロッコリーやカブ、人参など。
暑い時期はやたらとロキ(瓜の一種)だらけで、楽しみはとうもろこしを買って
BBQするくらいかなぁ。昔の日本にあったような、歯ごたえの良いとうもろこしですよ。


野菜を買ったら「おまけ」をくれます。このミントの葉もおまけに貰ったのだ~。
青唐辛子やちびライムも「わしづかみ」でおまけに入れてくれます。
冬、鍋の季節。年末の一時帰国では土鍋を新調達しようと思っています。
ふっふっふ。
人気blogランキングへ
2005.12.08(Thu)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
かわいいチャイカップ
インドではお客様の来訪に、まず一番に差し出すのは「冷たい水」です。
暑い国ならでは?その後、おもむろにミタイ(あま~いお菓子)や
ナムキーン(塩辛いおつまみ・塩味の豆やベビースターラーメンもどき)が
出てきて、夏場なら冷たいコーラやジュース・冬ならチャイが出されるのです。
それも、断っても「遠慮してるんだ」と思うらしく、何度も何度も
すすめられるので、いつもお腹がぷんぷくりんに膨れるまであれこれと
食べさせられ(?)ます。

チャイはその日の体調や、気候などによっても加えるものが違います。
冬場は身体を温めるために生姜を多めに加えたり、喉の調子が
悪いときにはムラティという薬草の枝のようなものを入れて煮出したり。
インド料理と同じく、チャイもまさに「薬膳」って感じ。


このチャイカップ、可愛いでしょう!!バンガロールに行ったときに
Oxford Cafeにあったもの。あんまり可愛いのでつい写真に。
こういうおちゃめなカップがあると、何だかチャイを入れたくなりますよね。
人気blogランキングへ
2005.12.07(Wed)  雑貨COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
しわができるワケ
冬のデリーはめっちゃ乾燥しています。12月に入って寒くなった途端
乾燥がひどくなりました。我が家の可愛いマンゴの木も、乾燥のために
砂塵を被り、葉っぱを洗ってもすぐに白っぽくなって、しかも葉先が
なんだかかさかさ枯れてきました。うえ~~ん、今年もダメかい??

お肌もかさかさ、唇もがびがび。日本から持ってきた化粧水も
そろそろ底をつき、保湿パックもけちけち使い…
そこで登場するのが冬になくてはならない現地調達物品たち。
ワセリンクリームとベビークリームです!!
お風呂上りにたっぷりワセリンを塗りたくり(てらてら光って
怪しいけど、乾燥のウロコ肌にはかえられないのよ!)寝る前には
唇にもべろべろと塗ります。
ベビークリームは化粧下地にまぜまぜ。こんなにたっぷり塗っても
乾燥のせいでしわが!!!



通園前の朝風呂が習慣になった息子(インド人のお友達はみんなそう
してると言い張るので)、お風呂場をあったかくして、朝ごはんの後に
お風呂に入って、綺麗になってから通園です。クリームを全身に
塗っていると「ママの手、冷たい」とブーイング。んも~~~!!
「早く福岡のばぁばのおうちの大きなお風呂に入りたいね」だって。
ちびすけなのに、お風呂好きなのはやっぱり日本人ですなぁ~
人気blogランキングへ
2005.12.06(Tue)  天気COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
がび~~ん
今朝、出かける前にあわててメールチェックして、ついでにブログの調子
を見てたら写真が出ないので・・・・ま、ネット接続がとろいのはいつもの
事だし。と思ってました。戻って息子を昼寝させてからゆっくり管理画面を
見てみたら!!ショック!
本日、ユーザー名が n で始まるお客様のブログに障害が発生し、
アップロードしたファイルデータが消失致しました。
だって。

がび~~ん。アップした途端にさっさとゴミ箱に捨てた画像もあるのよぉ。
どこに入れたか見つからないのもあるし。何とか探し出したものは早速
再アップロードしましたが、そんな訳で写真のないブログもあります。
とほほほ。これを教訓にちゃんとバックアップしておきませう。
それにしても何故にnで始まる人だけ!?いぢわる!!
人気blogランキングへ
2005.12.05(Mon)  青蓮日記COMMENT(5)TRACKBACK(0)TOP
インドは鳥インフルエンザ知らず
インドのチキンが日本に輸出されるそうで。(詳しくはさぶずぃや庵さんのブログで。)
インドのチキンはしっかり火を通したもので、香辛料を一杯使うから安全
なんだとか。先日バンコクからいらしたお客様も「インドでたらふくチキンを
食べて帰るぞ~!」と仰るので、タージマハル観光の途中でインド料理のチキンを、
デリーに戻ってからは中華でチキンをご堪能。


今日、魚を見に新しくなったチットランジャンパークのマーケットへ。
表通り(オープンエア)には活きの良い鶏が。寒かったのでみんな身を
寄せ合うように片側にかたまっていました。そのうちバイクに乗った
おっちゃん二人が鶏買いに登場。つかまった鶏さんが「KYUN KYUUUUN
(何故?何故に私が~??)」と泣いていたように聞こえた私は
ヒンディ語のマンガの観すぎ??
人気blogランキングへ

2005.12.04(Sun)  食文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
子供と侮るなかれ
朝7時20分過ぎに息子をスクールバスに乗せて、それから準備して
ママ仲間と一緒にインディラ・ガンディ・インドアスタジアムへ。
ヒンドゥスタンタイムズが主催のミュージカル「ピノキオ」を観に。


今日3回、明日と明後日は2回ずつの公演なんですが、何と今日の
午前の部2回は息子の通ってる学校の子供たちが出演したのです。
総勢150人近くの大所帯の中、プロのダンサー以外は全員小学生と
中学生。息子達はスクールバスで到着し、それぞれ指定席へ。
私は「日本のうた」「折り紙」を教えたりして学校に貢献したから…と
招待状をもらって、中央の前から2列目で観ました。
チーフゲストはマンモハン・スィン首相の奥様。そしてデリー知事の
シーラ・ディクシット女史。お二人を間近で見ましたよ!!!

子供の劇でしょ~、とたかをくくっていたら、しょっぱなからすごくて
感激でうるうる…知ってる子が何人も出ていたので、またうるうる…
インドの子供達は自己主張がすごくて、うるさい!と思うこともあるけど
こういうときにはそれがすごい武器になるのですね。普段からインドの古典舞踊を
習っている子供達や、ローラースケートクラブにいってる子たちが多いので
フルに活躍してたって感じでした。もっともっと宣伝して、日本人学校の
お子さん方にもぜひ見てほしいのに~~、と思いました。
スクールバスの先回りして、バス停にお迎えに行きお昼のあとは宿題。
さて、今からクリケット教室に連れて行かなくちゃ~。何だか忙しいなぁ。
人気blogランキングへ
バザーの戦利品
今日は朝から冷え冷えとしていて、日中も日陰は寒かったですねぇ
そういえば今日から「師走」ですもんね~。

そんな中、「デリー日本人会婦人部 ボランティアグループのバザー」に
行ってきました。開場の30分以上前から行列だったんですよ~
お目当ては「手作り食品(ケーキや和菓子、お惣菜など)」「無農薬野菜」
という方も多かったようで、皆さん買い物籠持参でのお出まし。
私の戦利品(?)は…


カレーパン(写真撮ったあとは即息子のお腹へ)、大学芋、あられ
キムチ、こんにゃくなどなど…今晩のおかずはもちろん「おでん」!!

本当の戦利品は「手作りビーズアクセサリー」でしたのよ。
宝飾デザイナーもびっくりのデザインをなさるマダムの作品。
ア~あれもほしい、これもほしい…だったのだけど、とりあえず
年末の帰省で母やお友達に…といくつかゲット。家に帰る途中
車の中でじっくり見て、やっぱり全部自分のものにすることに。
だんなに見せたら「全部自分のか!!」と言われそうなので、隠しておこう。
みんなぁ、内緒だよ!!
人気blogランキングへ
2005.12.01(Thu)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(1)TOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。