□  2005.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
酒飲みの資質


うかれたお祭り気分も、爆破テロでちょっと意気消沈したデリー
おとなしく家で息子の粘土遊びにつきあっていますが、出来上がるのは
「なめくじ」とか「へび」とか…男の子って夢のある可愛いものは
作れないのかぁ~!!

博多のお土産で豚骨ラーメンを頂いたので、器もラーメン屋さん風に
気分を出してみました。あぁ、博多駅前の辛子高菜入れ放題の
ラーメンが食べたいよぉ。もう一つの画像はある日の息子リクエストの
おかず。「オクラの酢の物」「ふろふき大根」「ポテトサラダ」…って
ゆくゆくは酒飲みになる素質十分???

明日、11月1日のディワリ当日と11月4日のイード《イスラム教徒の
断食:ラマダンのとけるお祭り》はデリーは「禁酒日」なので
お酒を買い置き。


インド国産ワインを侮っているあなた!!ぜひチャレンジしてみましょう。
…って、私は下戸なのでわかりませんが(奈良漬でもほろ酔い気分になる
家系です。お正月のお屠蘇で午前中は家族全滅。はっはっは)
ワイン好きな方々にも、なかなかフルーティで飲みやすいと評判です。
オベロイホテルのワインセラーにも置いてある、国産ワインの
おすすめ銘柄は「SULA」(スーラ)可愛い太陽のへたうまなイラストが
目印。赤は470ルピー、白は440ルピー、ナースィクで作られています。
もうひとつはRivieraという銘柄で赤330ルピー。こちらはマハラシュトラの
ナラヤンガオン産。
こりゃ~意外なインド土産になるかも。あと、ラム酒もコーラ割りで
なかなかいけるそうな。ラム酒は140ルピーです。おひとついかが??
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
2005.10.31(Mon)  青蓮日記COMMENT(5)TRACKBACK(0)TOP
爆破テロ
昨日の夕方、デリー日本人会婦人部の「緊急連絡網」が回ってきた。
17時過ぎにパハルガンジ(ニューデリー駅近く、バックパッカーが
利用する安宿がかたまっている所)、サロジニナガル(庶民の市場
日曜雑貨や食料品に加え、海外輸出衣料の規格外品を叩き売りする店や
スポーツ用品店などもあるのでたまに買い物に出かけるマーケット)、
ゴビンドプリで爆破テロが起きたので、巻き込まれた人は大使館へ
連絡するようにとの内容。ひゃ~~とテレビをつけてみたら、
ニュース各局はその報道で持ちきりだった。

インド一番の、日本で言うならお正月のような里帰りの時期でもある
ディワリのお祭りを前に、賑わっていた地点を狙っての犯行。
家族でうきうきとお祭りに必要なものを買出しに行っていて、被害に
遭ってしまった人も多い。火がすぐ近くにあった「花火売り場」まで
いたらなかったのは不幸中の幸い。

朝一番に実家に電話して、無事を知らせる。案の定友人知人から
沢山の電話があったとのこと。チェンナイでの洪水の影響はないの?
と、インド=デリーというイメージで、位置関係や距離感がわからない
人も多いのだ。
皆さん、出歩くの大好きな私たち家族ですが夕べはめずらしく大掃除で
家におりまして、無事です。

今日の新聞一面はこのニュースばかり。火傷も生々しい画像がど~んと
載せられていて、日本では使うのがはばかられる様な写真が多いので
尚更胸が痛みます。
人気blogランキングへ
2005.10.30(Sun)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
贅沢な遊び
バンジ~~~ジャ~~~ンプ!!
週末は長蛇の列のグルガオン・メトロポリタンモール内のバンジージャンプ。
子供の体重にあわせて、ロープの数を調節して、トランポリンの上を
びよ~んと上下にジャンプするだけの単純なものですが、うちの子も
毎回やりたがるお気に入り。(初めてのときは、あまりのスリルに顔が
だんだんかたまって行くのが可愛そうなくらいでしたが…今じゃ
へらへら笑いっぱなし。)大人がやってるのは見たことないけど、
ここで日本人がチャレンジしたら、さぞかし見物人が集まるだろうなぁ。


もう一つ子供がお気に入りの遊び場は、アンサルプラザの中にある
Funky Orbitのプレイペン。4階建ての大きな隠れ家って感じで
ボールプール、滑り台、サンドバッグみたいなものなど、盛りだくさん。
うちの運転手さんもとても興味があるらしく「マダム、いくらですか?」
と聞くので45分で150ルピーだよ~と言うと、「高い」と一言。
本当に、外遊びが存分にできる環境なら、室内でわざわざお金払ってまで
遊ばせることはないんだよね。

…でも、毎年5月、6月に一時帰国する日本では公園につれて行っても
砂場は犬猫の糞尿で不衛生…とかで遊ばせないお母さんが多く
緑一杯の公園だと「虫に刺される」と連れてこないお母さんもいて
昼間の公園は閑散としています。
なんだろうね~??どっちが良いんだろう??と考えてしまいます。
で、うちの子の帰国中の楽しみは「コナミの水泳教室」だって。
面食いらしく、一番綺麗なコーチにラブラブです。あははは
人気blogランキングへ
格安フライト
学校はディワリに続きバイ・ドゥジ、あわせてイード(イスラム教徒の
断食がとける日)のお祭りもからめ、前後2週の土日を含めて何と
9日間のお休みです~~。体力の有り余っている息子をど~すりゃいいの?
9月には、キングフィッシャーエアラインズが何と片道999ルピーの
デリー~ゴア間格安切符をネット販売したんだけど、どっかまた安いのが
出てないかなぁ…と調べてて、昨日のThe Economic Timesにショックな記事を発見。




No more low airfare ticketだって!!
1ヶ月前の早割を利用すれば、半額になってた国内線も、原油の値上がりで
値上がりしたにも関わらず、需要の多さでノーマル運賃で売れて売れて、
満員御礼状態!!
おまけにどこのホテルも(五つ星)軒並み満室なのだぁ。
今まで列車で移動してたインド人も、早割りなら列車運賃と大差ないし
インド人の飛行機利用者が増えたのね。それに高級ホテルだって
インドのお金持ちそうなマダムが一杯だし。
むこう3ヶ月はエアもホテルも強気らしいです。ディワリの日までは特に超満員だってさ~。

インドの好景気、「ほんまもん」らしいです。
人気blogランキングへ
2005.10.27(Thu)  旅行COMMENT(7)TRACKBACK(0)TOP
毛の生えたきゅうり
インドのホリデイシーズン、運転手さんやお手伝いさんも里帰りの時期です。
海外に住んでるインド人も里帰りするし、田舎に帰る人が多いので
飛行機も列車もディワリの時期は満杯。
うちの運転手さんたちも交代でお休みを取ります。(お手伝いさんは
代わりの人をさっさと手配して、すでに里帰りしています。)

先月スンダルナガルで遊んでいたら、うちから電話で「すぐに運転手を
帰してあげて」と。何でも妊娠8ヶ月の奥さんが産気づいたそうで。
コルカタから不妊治療のためにデリーに来ている…って話は聞いてたけど
いつの間に妊娠に成功していたのだ??
8ヶ月目だし、何かあっては大変とすぐに帰らせたら
その晩のうちに無事待望の男の子が生まれたとのこと。めでたしめでたし。
初ディワリはコルカタに帰るのかなぁ?と思っていたら
もう少しお金を貯めてからにするとのこと。


もう一人はジャールカンドの貧しい村の出身者。怒るとすぐに
パニック状態になって、曲がってはいけないところで曲がったりするので
彼の運転のときにはカッカしないように気をつけています。

ジャールカンドからいつも持ち帰ってくれるお土産が、ほのぼのしている。
写真の「毛が生えたきゅうり」と「かた~い黒い皮付きのジャガイモ」
みたいなものは運転手さんの田舎から。今度はでっかいかぼちゃを
持って帰って来ます!!だって。
名前もわからないし、お料理の仕方もわからないから、聞いてみても
何なのかわからんまま。結局スープカレーのようなものの中身になって登場。
こんな野菜が市場で売ってても、多分自分では買わないだろうなぁ。

さて、ご近所のインド人宅にはディワリのための電飾がつきました。
うちも飾ろうっと!!
人気blogランキングへ
2005.10.26(Wed)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
ターバンあれこれ


おっと!!いけねえ。もうすぐお客さんが到着するってのに
おいらまだターバンまいてなかったぜ。ちょいと、こっちの端っこを
持っててくんな。


あ~~、間に合った。うしろ、はみ出てないかな??
よっしゃ、今日もチップはずんでもらえるようにがんばろ~っと。

…とこのおじちゃんたちが言ってたかどうかはわかりませんが
ラジャスタンのレストランでのひとコマ。
ターバンってのは英語で、ヒンディ語では「パグリ」と言います。
パグリの撒きかたは、シーク教徒の場合にはきちんとプリーツを
よせながら。ラジャスタンのはねじねじネジってからぐるぐる巻き。
結婚式のときに男性親族がしているパグリは帽子型でかぶるだけで
OKというのもあります。(パグリまきつけ専用職人が雇われている
場合もあり、身長や年齢にあわせて「たれ」の長さを調節したりして
芸が細かいよ~)


インド人=ターバンっていうイメージがあまりにも浸透してますが
色々と奥が深くて面白い。シークの女性も宣誓式(洗礼のようなもの)
の時には、右の写真のようなターバンを巻くんだって。びっくり。
シーク教徒のおしゃれな金持ちぼっちゃまの服とターバンとのコーディネート術を
見物するのがわたしゃ楽しみです。これから結婚式シーズンだしね。


ターバンとは無関係ですが皆様、お待たせしました。
(誰も待ってないってか??)
我が家のマンゴ、本日のお姿です。
人気blogランキングへ
インド靴


インドムードたっぷりの靴、とうとう手に入れました。
ず~~っと気になっていたんだけど、どこに履いていくんだ~~??と
躊躇する気持ちもあったし…ま、ジーンズに合わせても可愛いか?
単色のビーズ刺繍のでなくて、ちょっと凝った色使いのが欲しかったの
ですが、今までなかなか思ったようなのにめぐり合えず…
夕べそぞろ歩いた(?)ジャンパトゥのインド靴専門店で気に入ったのを
見つけました。日暮れの時間も早くなり、6時半にはもう暗くなるデリー、
ジャンパトゥはかあかりがぎらぎらで、あやしい夜店の雰囲気満点でした。


さて、この靴ですが「ラクダの皮」でできています。
丁寧な手縫いで、シンプルな皮染めのタイプは部屋履きに丁度良さそう。
でもはじめはラクダの皮がちと臭いかも。
つま先部分のビーズ刺繍がまた凝っているでしょう。
おしゃれな靴屋やカンマーケットなどで見ると1,000ルピーくらいしますが
ジャンパトゥでは600ルピーほど。普通の単色ビーズのは500ルピー弱、
ビーズ刺繍つきスリッパ型のは300ルピー。


パンジャビスーツ、それもチューリダル《足首にたるませてはくタイプ》式の
サルワール(パンツ)にぴったりだと思います。
さて、この靴に合うパンジャビスーツを調達せねば。
(普通は服に合わせて靴を買うんじゃないか~??とだんなが…)
人気blogランキングへ
2005.10.23(Sun)  ファッションCOMMENT(3)TRACKBACK(1)TOP
ターバン デビューの日
息子が現地校に通っているので、色んなママ仲間ができました。
宗教も出身地もさまざま。プレイスクール時代からの仲間もいて
彼女たちは私が日本人だってわかってるけど、初めて会う人たちは
私のことを「東北地方=マニプール、シッキム、アッサムなど」からの
インド人と思っている人もいるらしい。わははは
実際マニプール出身のママ友達なんて全く「日本人」に見えるし。

こちらも彼女たちに不思議なインドの習慣について質問しまくり。
お弁当の中身について、色々と情報交換するのも楽しい。
息子の弁によると、「○○ちゃんのにはいつもマギーヌードルしか
入ってない」「○○ちゃんのは毎日パラタとゆで卵」…
あるママからは電話がかかってきて「お宅のティフィン《お弁当箱》に
入っているというピザトーストはどうやって作るの?」「切った果物が
変色しないのは何故?(塩水につけるのよ~)」などなど、


お友達のシーク教徒のお家におよばれ、下の子が1歳8ヶ月になり
この日初めて頭にターバンをまいたそうな。私たち家族が遊びに来るので
わざわざ見せてくれた。(お酒のビンは酔っ払って良い気分になった
パパたちが持たせたもの。)めっちゃ可愛いよね~!
大家族総出で大歓待してくれるので、ここんちに遊びに行くのは大好きです。

でも、インド人家庭におよばれするのに恐れていることがひとつ。
苦手な香辛料があるのです。たいてい菜食のジャイナ教徒宅で使われて
いるのですが、ヒーングというもの。英語でAsafoetida。
鼻がヒーング曲がりそうな臭い。(すんません、おやじギャグでした。)

これからディワリ《ディーパ・ワリ》のお祭りもあるし、またまた
不思議なインドの習慣について、ママ仲間に質問しまくり、
Blue Lotus調査隊出動の時期で~~す。(隊員は一人だけでんがな~)
人気blogランキングへ
カルワチョウト 当日のようす


昨日のブログで先行紹介(?)したカルワチョウトの当日の様子をご報告。
近所の公園などでターリーを持った女性たちが集まります。
夕方集合して《長老役の女性が時間を決めて近所の参加希望者に
伝達するらしい》、お供えの乗ったターリーをぐるぐる右回りに
渡しながらお祈りの歌を歌います。
その後、長老の話すカルワチョウトにちなんだ物語をみんなで聞きます。
《ターリーにはドライフルーツやミタイ(甘いお菓子)、ガンガージャル:
ガンジス河の水が入ったカルワ(水容器)が乗っていました。
満月をかたどったパイのような丸いお菓子:マッティもありました。》

月がのぼる頃(21時近く)、夕方のお祈りに使ったターリーを月に捧げ
ガンガージャルをたらして、断食は終わり。
パンジャビの習慣では、途中でご主人に飲ませてもらうミルク1杯だけは
許されているとか。地方や出身地によっても臨機応変なのがインドらしいですね。
質問ぜめにあわせたご近所のインド女性の皆様、ご協力ありがとうございました。
人気blogランキングへ

2005.10.20(Thu)  インドの祝祭日COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
カルワ・チョウト 断食の日


明日10月20日はヒンドゥ教徒の既婚女性がご主人の健康と長寿を祈って
断食する日、「カルワチョウト」です。
ウッタルプラデシュ、パンジャブ、グジャラートやラジャスタンなど
インド北部で特に盛んに行われているようですが、起源は何と
マハーバーラタの頃にまで遡ることができるとか。

朝4時ごろに軽く食事をした後は、夜9時前に月が昇るまで
断食…考えただけで頭痛がしそうですが、ヒンドゥ教徒の女性には
欠かせないお祭りのようです。
この日が近くなると、デリーでもパンジャビ出身者が多いマーケットでは
きらびやかなサリーや、チューリ(腕輪)が目白押し。
メヘンディ(手足にメヘンディで吉祥文様を描く)は通常片手で
15ルピー、20ルピーなのに、当日は両手で200ルピーまで値段が高騰。
メヘンディ屋さんは稼ぎ時です。
(パンジャビが多いマーケット=マルヴィヤナガル、ラジパトナガル)

女性たちは夕方公園などにそれぞれのターリー(お供えの乗ったお盆)
を持って集まり、長老役がこの日にちなんだ物語を披露、
そのあと輪になって歌を歌いながらターリーを右回りに回して
お祈りします。(一番上の写真がカルワ・チョウトのターリー)
カルワチョウトの日は嫁・姑がギフトを交わす日でもあります。

カルワチョウトのものがたりなど、もっと詳しく読みたい方は
こちらのKarwachauth.comへどうぞ。はまりますよ!!
人気blogランキングへ

2005.10.19(Wed)  インドの祝祭日COMMENT(6)TRACKBACK(3)TOP
コピーライトは?


インドで。え~~こんなの使っていいのぉ?と
思わずつっこみたくなるような、なんちゃって画像がけっこうある。
ちょっと顔のバランスの悪いピカチュウとか、
顔色の悪いキティちゃんとか、ひげのあるプーさんとか。
買い物に行って、あれこれ見せてくれる子供服にも
ほにゃぁぁあ~と力が抜けそうになるデザインが。
しかもインド人は頭が小さいので、首回りが小さくて
日本人には頭を通すだけで大変な…(脱がせるときには釣り目状態)
のものが多い。ベビー服やベビーものはやたらと小さいか大きいか。
「中庸」の大切さが身にしみる。

これからお祭りシーズン、そして冬場は結婚式のおよばれが
多いので、息子のインド風正装(クルタパジャマのセット)を
買いに行った。


…ら、その服を入れてくれた箱の中身で力が抜けてしまった。
子供3人のイラスト、ないほうがいいぞ~ってな顔ばかり。
お世辞にも可愛いとは言えましぇ~~~ん。
あぁ、力がぬけてもとにもどりません。ふにゃ~~
人気blogランキングへ


ヴァルミキ・ジャヤンティ
先週はラーマーヤナの主人公ラマ王子が悪魔ラヴァナをやっつけ
14年間の放浪生活のすえ、アヨディヤ王国に凱旋する…という
物語に由来する「ダシャラ」のお祭りでした。
で、今日はこのラーマーヤナをサンスクリットで表記した作者
ヴァルミキのお誕生日を記念して学校はお休み。


お誕生日とはいっても、なぜか移動祭日なので毎年日にちが
変わるのです。アイ・カヴィ(最初の詩人)と異名をとるヴァルミキの
お誕生日はアシュヴィナ月(9月か10月)の満月の日なんだそうです。
そういえば昨日の夜は殆ど満月だったなぁ。


昨夜はデリーのコーラスグループ・コールマユールのコンサート。
美しい歌声、ゲストのインド人小学生の可愛い歌声、
混声ユニットの楽しい歌声で、心洗われるイベントでした。
コールマユールの皆様、そしてスタッフの皆さまお疲れ様!!
人気blogランキングへ
2005.10.17(Mon)  インドの祝祭日COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
秋晴れの日曜日
秋晴れの日曜日、スポーツクラブのクリケットグラウンドでは
7時半からクリケットの練習が始まっています。子供クラスは8時から。
先週から急に芝生一面に「朝露」が降りているのです。
ゲートをくぐってつきあたりのバッティングエリアに送っていくまでに
靴もジーンズのすそもびしょ濡れになるほど。
はぁ~、朝晩涼しくなって日中との気温差があるからなぁと実感。


そういえば夜は何となく霧がかかっているような日も。
今からこれだったら、12月にはどうなるの??日本から友人知人が遊びに
来る時期、例年年末年始にかけては霧で飛行機の発着がめちゃくちゃに
なるデリー……想像しただけでめまいが…


さて、私ごとですがただ今ソフトバンクホークスのプレーオフ中。
昨日は川崎の活躍で勝ちました!あと2勝、連勝してくれ~~
松中・ズレちゃんたのむよぉ。


我が家の息子は城島の骨折・戦線離脱を知りませんが
なぜかメガホン持参で「じょ~じまぁ~」と叫びまわっています。デリーでね。
人気blogランキングへ
2005.10.16(Sun)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
ほんものの重み
15日土曜日、午後2時からデリーのオベロイホテルで
「日本人会婦人部総会」が行われました。
毎年異なったイベントやゲーム大会が企画されるこの集い、
今年の出し物は「バラタナーティヤム」ダンス。
海外でも数々の公演をこなし、インド国内でも若手ナンバーワンと
称されるダンサーの「ほんもの」の踊りを鑑賞できて
細かな手足の動きの美しさや目の動きにびっくり。
観光地のホテルでさわりだけ見せてくれる古典舞踊とはちがって
本格的だなぁということが、素人目にもわかりました。
しかも、踊ってくれたラマさんはとっても美人でした~!!


女性ばかり約130名ほどが一堂に会する…きらびやかで華やか~~
お召し物もサリーあり、パンジャビスーツあり、ドレスありで
お~!!すごいぞぉとひとごとのように感激。


この総会までにちょっとシェイプアップして~、なんて思っていたのに
間に合わず、ま、いいか!!忘年会までに痩せれば。
…と思いつつ、ハイティの美味しいメニューにおかわりしたりして
こりゃだめだぁ。オベロイのThree Sixtyのシェフが腕をふるったという
オープンサンドの数々、ミニサモサやミニ春巻き、ケーキ類も
インドにいることを忘れさせてくれるような、おしゃれメニューでした。
ハ~満足満足。人気blogランキングへ

2005.10.15(Sat)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
Tree of Sorrow
マンゴの季節が終わって久しいですが、我が家には忘れた頃に…
先月鉢に植えてみたマンゴの種から、芽が出てきたぁ!!
写真左は10月10日、そして右側は今日の状態。たった3日で
ぐんぐん育っています。一ヶ月ほど音沙汰なしだった(?)くせに。
この調子で伸び続けたら、鉢がはちきれる??大木に育ってマンゴが
たわわに実ったら、皆さんにお分けしなくては…
実は私、去年もこの段階までは成功したんです。でも嬉しさのあまり
水を遣りすぎて、根腐れ・消滅したのでありました。


この時期、デリーのあちこちには香りの良い花が自生しています。
ダシャラの頃になると咲く、この花は「ハルシンガル」
英語でTree of Sorrowとよばれています。夜の間にひっそりと咲いて
あたりに良い香りをふりまき、朝になると落ちてしまう花。
なんてロマンチックなんでしょ。
ようやく秋になり、デリーの街角の花屋さんにも花の種類が増えて
来ましたね。ご主人がた、マダムに花束のプレゼントでもいかが??
人気blogランキングへ


2005.10.13(Thu)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
カメラ目線連発
インドで生活していると人間と動物は共生しているんだなぁと実感します。
デリーの街中で暮らしていても、動物との遭遇率が高いこと。


これはラングールというサル。インドの一大叙事詩『ラーマーヤナ物語』に
登場するサルの英雄ハヌマーンに由来し、ハヌマーン・ラングールとも
よばれています。真っ黒な顔と銀灰色の毛で、手足が長く愛嬌ある顔。
ヒマラヤからスリランカにかけて、インドを中心に分布するそうですが
カメラを向けるとカメラ目線で答えてくれる確立が高い彼ら。


こちらは水牛。神様の乗り物・神様の使いとして保護されている牛とは
異なり、農耕作業などで大活躍している働き者。
なぜかいつもあごが上がっていて、尊大なイメージを与える。
我が家では夫婦喧嘩の際「な~に水牛みたいないばった顔してんのよぉ!」
などと応用されることもある。へへへへ 水牛も必ずカメラのほう向くよね。

動物や植物が好きな人には、インドはたまらなく魅力的です。
人間観察が好きな人には天国かも。
人気blogランキングへ
ダシャラ8日目の行事


10月4日から始まった秋のお祭りシーズン、一番目は「ダシャラ」という
お祭りです。この期間、ヒンドゥ教徒は菜食を守る人が多いです。
《シーク教徒は無関係、今年はイスラム教徒もほぼ同じ時期から断食期間
に入りました。》ダシャラの初日、神様にお祈りをしてから鉢に
「大麦の種」を植えます。その後毎日朝のプージャ(お祈り)の際に
鉢植えの大麦にガンジスの水を注ぎます。これは最終日にガンジス河に
流すか、お寺に納めに行きます。

8日目(今日)は「カンジャク」という近所の女の子〈月経前の処女)を招いて
お供え物の「お膳」を饗しお小遣いを渡す行事もあります。
「カンジャク」のメニューは決まっていて、チャナ豆を
塩・唐辛子・ダニアで炒めたもの、ご飯、プーリー、ハルワ
(粗引きのセモリナ粉をたっぷりのギーで炒めて砂糖水を加え、甘くしたもの)が
小さなお皿に盛り付けられ、51,101といった吉祥数のお小遣いと共に渡されます。
女の子達は色んなお家を回って、カンジャクの接待にあずかり、
お小遣いを貯められる日でもあるのです。(お年玉感覚ですね)
女の子ばかりの中に、一人男の子を入れると縁起が良いとされていて
うちの息子は朝からおよばれ続き。
お小遣いは本人はまだピンと来ないのでひたすらママの懐へ……へへへ

《8日目は“アシュタミ”と呼ばれています。朝からプージャもあって忙しい日。
今年はなぜか午前中までがアシュタミで、午後からは9日目にはいる
そうで何だか半日ずれています。
お寺ではアシュタミのお祈りのあと、無料で食事が提供されてるところも
あります。》


上の写真は「カンジャク」メニュー。およばれのあとは「お持ち帰り」



カンジャクによばれていた女の子。こぼれ落ちそうな目に思わず写真を。



ダシャラの時期、ベンガル地方ではドゥルガー女神をまつる
「ドゥルガープージャ」が盛んです。各町、村でみんなでお金を出し合って
会場にドゥルガーの祭壇を作り、色んな会場を回って楽しむのです。
日本のお正月と同じで、このために晴れ着を新調する習慣も。
このお祭り期間だけの市もたち、賑やかなドゥルガープージャ会場。
デリーでこの雰囲気を味わうには、GK(グレーターカイラシュ)近くの
チットランジャン・パーク=ベンガル出身者が多い地域へGO!!
ドゥルガープージャの最終日は明日、12日。
ダシャラの最終日、ラマ王子が悪魔ラヴァナ一族をやっつける場面
はりぼて人形が会場で燃やされるシーンもお見逃しなく。

お手伝いさんや運転手さんがベンガル出身者だと、仕事もうわの空??
人気blogランキングへ
2005.10.11(Tue)  インドの祝祭日COMMENT(1)TRACKBACK(1)TOP
地震
今日は体育の日。日本では「10月の第二月曜日が体育の日」という
観念は浸透しているのでしょうか?私は相変わらず体育の日=10月10日
という気持ちでいますが。(すっかり浦島太郎状態??)
…といって別に運動もせず、そろそろ「日本人学校運動会にむけて
1キロ走の練習でもしようかな~」なんて考えている平和な日々。

一昨日の朝、9時20分過ぎの地震は1分以上にわたり揺れが続き
本当にびっくりしました。最初は「あれ?めまい?」と思った程度。

その後パキスタンの地震被害者の数は増える一方。グルガオンの
高層マンションが揺れて亀裂が入った…なんて話を聞くと
本当にひとごとじゃ済まされません。

うちの子は丁度クリケットの練習に行っていたので、あわててむかえに
行きましたが他の親は誰一人来てなくて、インド人の地震認識の低さを実感。
それでなくても耐震構造にはなってない建物だらけなんだから、
即倒壊なんですよね。コワイ。
よ~く考えると、広いグラウンドにいた息子はよっぽど安全で
マンション内にいた私たちのほうが危なかったのですが…

一人でも多くの方が救助され、被害地が復興に向かうように
祈るばかりです。
2005.10.10(Mon)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
御伽噺の風景


東インドのブバネシュヴァルという所を基点に回る
仏教遺跡めぐりコースがある。
ここに行くのに渡し舟に乗るのだが、傍目で見てると
みんな頭に荷物を乗せて、立って乗ってる。
私にもできるでしょうと、案内のオリッサ州観光局の
運転手さんと一緒に乗ったところが、あやうく落ちるかと
思うようなバランスの悪い長細い舟だった。
みっともないけどヘリにしがみついて、しゃがんで
移動するしかなくて、しかも船底から水が入ってくるので
靴もびしょぬれ。
インド人はバランスがいいんだろうか??それとも鍛錬の成果?

こんな御伽噺に出てくるような舟をあやつる男の子も
いました。一寸ぼうしみたいでしょ。
竹で編んだ籠に泥をはりつけたような舟。怖くて乗れませんでした。
インドの田舎にはまだまだ見てみたいところが一杯。
さて、どこから回りましょうか??
人気blogランキングへ
2005.10.07(Fri)  青蓮日記COMMENT(3)TRACKBACK(0)TOP
お祭りの衣装
昨日からいよいよ本格的に「秋のお祭りシーズン」に突入した
インド。新聞では連日「Nav Ratna(9日間続く夜)」のスペシャル
メニューを出しているレストランの広告や(この期間は菜食なので)、
グジャラートのガルヴァダンス、ダンディヤダンスのこと、
それからベンガル州で盛んな「ドゥルガー・プージャ」の記事などが
紹介されています。

ダシャラはラーマーヤナという古代叙事詩にのっとり
10日間にわたって行われるお祭りです。
アョディヤ国に生まれたラーマ王子が、王位継承の争いで
国外を放浪すること14年、最終的に悪の代表・ラヴァナを
倒したことに由来し、期間中毎日ラーマーヤナの劇が上演されます。
最後の夜には上演用広場に立てられたラヴァナとその弟クンバカルナ、
息子のインドラジット3人のはりぼてにラーマ王子の放った火の矢が
あたり、炎上するのですが、この劇を見るのにみんなご贔屓の場所があるようで。
ある人はわざわざラルキラーの前の特設会場に出かけ
ある人はアールケプラムの広場に見物に…と最終日は賑やかです。


現地校に通っている息子も、土曜日からダシャラで5連休。
金曜日は劇中人物になって通園する予定です。
悪役ラヴァナの衣装を作りましたのでご披露を。
型紙なんてないのでラジパトの貸衣装屋でデザインだけ見てきて、
夜なべして縫いました。先生方からAuthenticだとお褒めの言葉が。

ついでに独立記念日のガンジーさんスタイルと
クリシュナ神スタイルもおまけ。
インドに住んでる邦人の皆さん、ダシャラ休みのご予定は????
人気blogランキングへ

優秀トイレタリーグッズ


昔はインドを代表する「しゃれた化粧品」っていうと
シャナーズ・フセインくらいしかなかったのに
今じゃスパ関係のものも含め、パッケージも香りも色も
格段の進歩。

カーン・マーケットに進出したForest Essentials
もともとテヘリ・ガルワル(Ananda in the Himalayasのある
リシケシュの上のほう)で製造され、名だたるホテルに
納められているトイレタリーグッズやお香のブランドだったのだ。
ヒマラヤの麓で取れる薬草抽出成分をふんだんに含んでいる、
アーユルヴェーダ処方というのが売り。
インターコンチネンタルホテル系列で採用されててパッケージが
シンプルでおしゃれ。日本のコンランショップのインドフェアにも
お香がお目見えしましたね。
最近はCCIE(コテージエンポリアム)にも製品が置いて
ありますが、鮮度の点ではカーン・マーケットをお勧め。

オベロイホテル系列ではKAMAというブランドが使われています。
これもアーユルヴェーダ処方。
Ananda in the Himalayasでは自社ブランドAnandaがあり
ホテル内ショップで大型サイズが手に入ります。
(一番上の写真は左から順にKAMA ・Forest Essentials・ Ananda)
その他、精油関係もインドはとても豊富。日本人観光客は
あまり買わないけど、台湾や中国からの観光客はこぞって
精油を買い求めるんだとか。

日本は「薬事法」が厳しいから、おいそれと化粧品や精油
石鹸などは取引できないらしい。
おすすめのインドヘアケアグッズをば……
安くても効果抜群なAyur社の Amla Shikakai Shampooと
ココナッツオイルのParachute。インドの気候に合ってるので
乾燥を防ぎます。髪が荒れたなぁ、パサパサしてる~というマダム、
ためしてみてね。
人気blogランキングへ




2005.10.04(Tue)  雑貨COMMENT(3)TRACKBACK(0)TOP
デリー・街角の風景
昨日のこと
ガンジーさんのお誕生日でマーケットはお休みだし
コンノートにでも行ってみよう!ってことに。
最近色々と新しい店もでき、地下鉄工事中は防護壁だらけ
だったのが、完成に近づくにつれ随分綺麗になったと言うし。


マックチキンを食べながら、コンノートBブロックの店内から
外を見れば、コンノートプレイスが見渡せる。
以外と綺麗でおしゃれな景観のビルがいっぱいあるし、
ここのマックは「一等地」にあるのね~と再認識。
同じブロックにはCafe100という喫茶店(インドおやつもある)
があるんだけど、改装後残念ながら入り口がすりガラスになったので
食事しながら道行く人や景色を眺めることができない。
改装にともない、往時の「コロニアル建築」の趣を
失っていく店が多いのは残念。(下の写真は私の好きな
Statesman House。オックスフォードブックカフェがあるところ)


地下鉄の開通で、オールドデリーに行くのにも
渋滞を気にせず移動できるようになったってことよね~。
探検に行かなくちゃ。(デリーは『インドで最も
Eve Teasingがひどい町』と超不名誉な称され方をしている。
探検のときにはボディガード付でブルカを被って…っと。
☆☆☆オイオイ、そこまでして行くか~??)

帰り道グランドの近くを通ったら、きらきら光るものが。
地学の時間くらいにしか見ることのなかった「雲母」が
南デリーの地盤には一杯含まれているのだ。
掘削作業中のヴァサントクンジモールのあたりも
雲母の宝庫ってこと??大変だ~!拾ってきたら売れるかも!?
人気blogランキングへ


2005.10.03(Mon)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
発音から学ぶ「ことば」
インドに来てから頻繁に使うようになった英単語がある。
お受験関係では「sibling」=兄妹 「elaborate」=説明する
生活関係では「fractuation」=電圧の変化で電気が不安定な状態
などなど、他の国じゃあまり必要なかったものばかり。
こうやって生活の中で覚えた単語は絶対忘れないと思う。

年中さんのわが子がどうやって英単語を覚えていくか??
2歳でプレイスクールに入って、3歳で年少クラスに入学してから
ず~~っと観察しているけど、とても面白い。徹底的に
phoneticsから入って行ってるのだ。一つ一つの文字を
音声でも認識させているので、文字の組み合わせになっても
何とか単語の発音ができるというわけ。あとはいくつかの
例外を頭に入れればいいのだから、論理的な英語の学び方だと思う。

昨日夕食に招かれて、ヤムナ河のむこうに遊びに行く途中
突然息子がヒンディ語の標識を読み出した!!今まで
学校でもらってくるプリントの単語だけしか復習させてなかったのに
デーヴァナガリは表音文字だから、基本が頭に入っていれば
読めるのだ!!しかも読んだ単語は「警察署」thanaだった。
あぁ、これで完璧にママはヒンディで(も)負け~!!


今日、10月2日はGandhi Jayanti、 Mahatma(maha=great,atma=soul)
とよばれ、インド国民の父として尊敬されているガンジーさんの
136回目のお誕生日。新聞のタイトルにもガンジーさんが登場。
明日からはいよいよダシャラ、秋のお祭りシーズンに突入です。
人気blogランキングへ

インドでも「日本晴れ!」


今日は朝から爽やかな風が吹き、洗濯物の乾きも上々。
先月後半は雨続きだったので、いまいち乾き具合が
納得行かなかったのだ。そろそろ衣替えだしね。
あっぱれ「秋晴れ」って感じの空。こんなお天気の日は
日本の運動会が懐かしい。今や日本じゃ6月頃の運動会が
当たり前になってるけど、昔は秋の行事だったよねぇ。
出始めの酸っぱいみかんやカリッと歯当りのよい梨
栗入りお赤飯が運動会のお弁当には欠かせなかった。
季節の果物や野菜がはっきりしてたもんね。

インドはあんまり品種改良にうるさくないのか、
酸っぱいものは酸っぱいまま。大根もなんであんなに細いの?
ずっと不思議に思っていたので、あるとき日本からの駐在の方に
尋ねてみた。農業指導などもなさっていた方だったのだが
「大根はねぇ、大きくなるんですけど、生産者が早くお金に
換えたいもんだから、細いままでひっこぬいちゃうんですよ。
まぁ、土壌の関係もありますけどね。」だって。
お手伝いさんにお願いして、日本から持ってきたごぼうの種を
植えてみたけど、全滅。苗じゃないとだめなのかなぁ??


今日はインディラマーケットで珍しく大きな蓮根を
発見したので、きんぴら蓮根を作りおき。これから息子と
お弁当用のクッキー作り。このあいだ夏祭りで買った
ジンジャーブレッドマンの形のチョコクッキー(ボタンの
部分にマーブルチョコがついてた)が、いたくお気に入りで
あれと同じものを作ってくれ~とうるさいのだ。頑張らねば。
人気blogランキングへ
2005.10.01(Sat)  青蓮日記COMMENT(3)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。