□  2005.07 □  06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
インド映画


封切りが待ち遠しいインド映画の大作登場!!
インド映画っていうと「ムトゥ・踊るマハラジャ」しか知らない
日本の方々が多いので、声を大にして言いたい。
「インド人ってみんなムトゥみたいなんだと思わないでぇ~!」
ハンサムが沢山いるんだから。写真のアーミル・カーンなんて
歴史物もよし、現代物もかっこいい俳優さんです。

アカデミー賞候補にもなったラガーンはご覧になった方も
多いかもしれませんが、8月に封切りになるのは
「Mangal Pandey THE RISING」という、セポイの反乱の映画。
歴史物が大好きな私には歴史もアーミルもダブルで楽しめそうな
作品なのです。当初はTHE RISINGという題名で、アイシュワリヤ・
ライが出るという噂もあったりしましたが、豪華女優陣は
ラニ・ムカルジーとアミーシャ・パテルで決まり。
映画の主役、セポイの反乱の勇士マンガル・パンデイの子孫からの
物言い(?)がついたりして、タイトルには彼の名前がそのまま
使われたようです。ヒンディ版・英語版同時進行で撮影したそうなので
またまたアカデミー賞狙いか!?

他にハンサムと言えば、リティック・ローシャンでしょ、
万年青年役が似合うシャー・ルク・カーンでしょ、
お父様があまりに大物すぎて影が薄いアビシェイク・バッチャンでしょ
それから個人的にはジャッキー・シュロフ大好き。
てなわけで、インドを語るにははずせない映画の話題第一弾でした。



スポンサーサイト
2005.07.31(Sun)  映画・テレビCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
クリケット教室


スポーツクラブで少年クリケット教室があり、5歳から
入れるというので、我が家の息子も行かせてみることにしました。
週に4回、2時間で月謝は1,000ルピー。(2,500円弱)
お兄ちゃんたちにもまれて、逞しく(?)なるかしらん。
プロテクターやグラブ、バット一式の入ったバッグは
体より大きい!?
おしゃべりで困っているうちの息子、クリケットに行っても
コーチ相手に喋り捲っています。
「べたべたママにくっついてお喋りしてるのも今だけよぉ。」
と先輩ママたちから言われていますが、本当かなぁ。
学校でも喋りすぎで「隔離」されたりしてるのになぁ……とほほ。

クリケット教室はジュニアグループが5歳~10歳位まで。
プロテクターをつけるのも一人でできないわが息子、先輩たちが
よってたかって面倒を見てくれています。
インドの子供って、とても人懐こくて、質問好き。
しかもみんな強気で「Show off」がすごい!!
テレビで有名選手のプレーを観ているので、子供と言えども
派手なスライディングキャッチなど真似しています。

今日からインド・スリランカ・西インド諸島三国対抗戦が
始まるので、インド人男性はテレビに釘付け。
大事なマッチのある日はみんなテレビにかじりついているので
マーケットもガラガラ。
レストランや店に行っても、従業員がクリケット観戦中でちっとも
仕事してくれないので困ります~~。
捨てるものなし


日本への帰国が決まった駐在員家族や大使館員の方々が
インドを去るときに、不用品などを「カバリ」と呼ばれる業者に
頼んでオークション形式で処分することがあります。
カバリ業者からはとにかく何でも売れるから、インクのないペンでも
空気のぬけたテニスボールでも、取っておいてくれと言われるそうで。
お友達は「砂だらけのスニーカーも売れたのよ~」と驚いていました。

確かに、マーケットに行くと「修理屋さん」がいろいろいます。
電気製品はもちろんのこと。公式の修理店のほかにもどんな物でも
修理してくれる便利屋さんが山ほど。たとえばモーターがだめに
なった洗濯機、公式修理の店ではモーターを取り替えて4,500ルピー。
インド人が利用してる便利屋さんは何と銅線を巻きなおして
使えるようにしてくれて500ルピー。どちらを取るかはあなた次第。
写真のちっちゃな店はガスコンロと圧力鍋の修理やさん。
取っ手の取れたのをつけなおすなんて、お茶の子さいさい。
何でも修理して使う「辛抱」な使い方って、日本では
廃れてきましたよね。インドの修理技術・恐るべし!!
2005.07.29(Fri)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
季節のくだもの


ヒンディ語で梨(洋ナシ)のことを「ナシパティ」と言います。
ただ今ナシパティの季節。そのまま食べても良し、
シロップ煮にしても良し、タルトにしても美味しい果物。
インドは果物も野菜も旬がはっきりしています。
日本ではいつでも何でも手に入るので、季節感が薄れつつ
ありますよね。モンスーン時期に出回るのはマンゴーと
桃、スモモ、梨。これが終わるとりんご、ぶどうの季節になります。

りんごと言えば、ヒマチャル・プラデシュ州のマナリあたりで
盛んに栽培されています。デリーではくたびれた(?)風体の
リンゴしか市場に出回りませんが、ヒマチャルの集積市場に
行くと、大きくて新鮮な「インドリンゴ」が一杯!!
しぼりたてリンゴジュースやリンゴジャムなど、産地ならではの
ものも手に入ります。こんな綺麗リンゴがあるのに、何で
デリーにはないの??と尋ねると、「質のいいのは箱詰めにして
ムンバイから外国むけに出荷する」のだそうで。で、我が家では
毎年9月にヒマチャルにリンゴ狩りならぬ、リンゴ買い付け(?)に
ドライブ…と相成りまぁす。


2005.07.28(Thu)  食文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
インド柄


ネット環境が普及して、すっかり「手紙を書く」事がなくなりました。
それでも、可愛い模様やインドらしい柄のレターセットを見ると
買わずにいられない私。季節のご挨拶など、まとめて印刷する際に
使っていますが、供給が需要を上回り、引き出しからあふれています。

おすすめはムンバイに本店があるChiman Lal(チマン・ラル)の
紙製品。レターセットは毎年新作が出ます。
お店にある紙質見本と色見本とで、自分のオリジナル品を
作ってもらえるのも魅力。
何せ人件費が安いので、街中のマーケットで印刷をたのんでも
安く仕上がります。名刺なども、日本語フォントで作成したのを
フロッピーで持ち込めば、同日仕上げしてくれるところもあり。
文房具、紙製品フリークにはちょっと嬉しいインドです。


2005.07.27(Wed)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(1)TOP
幼稚園グッズ


カラフルなお道具たちは息子の「幼稚園グッズ」です。
制服はありますが、バッグは特に指定されていないので
リュックで通っています。
必ず持っていくものが写真の通り、お弁当(ピカチュウ)
筆箱(ミニーマウス、本人がディズニーショップで「これがいい!」と
選んだもの。もっと男の子らしいのにすれば~?と言っても聞かず。)
クレヨン(学校指定のをペコちゃんの箱につめかえた。)
それからスレート(黄色い書き取り板、アルファベットや数字の
練習をする。鉛筆で書いたり消したりできる。)
これに水筒が加わって、首から写真入IDカードをさげて
スクールバスに乗って通園します。

最近お友達(日本でいうなら年中さん)の間ではやりの
習い事は「ソロバン」。週一度で月謝が約2,000円、800ルピー。
けっこうなお値段ですが、みんなおそろいのTシャツ・算盤・バッグを
持って通っています。ハワイ経由で入ってきたアロハ・アバカス
教室というのだそうで。
公文が進出するとの噂もあり、教育熱は高まるばかり。
折り紙


インドの受験戦争がなかなか熾烈なのをご存知ですか??
特に教育熱心な中流以上の階層が多く住む南デリーの競争率は
300倍、500倍という学校もざら。たいていの私立校が
幼稚園から高校までのエスカレーター式なので、幼稚園から
希望校に入れるため、1歳半になったらすぐに「プレイスクール」に
通わせて準備する親が多いのです。

お受験についてはまた後述するとして、子供たちにはさまざまな
活動を通して楽しく学ぶ工夫が紹介されています。
折り紙もそのひとつ。デリーでは毎年日本文化センターの後援で
「折り紙大会」が開催されます。テーマに沿って生徒の個人戦
団体戦、先生の個人戦もあり、体育館にマットを敷いて
各校の代表が本当に楽しそうに折り紙をしています。
「Origami」として馴染みがある子供たち、これが日本のものだって
わかってるかなぁ??テレビでやってるポケモンだって
ベイブレードだって、日本のアニメなんだよ!!
オベロイホテル世界ランキング入り


Travel & Leisureという世界でも名の通った旅行雑誌での
「世界ベストホテル」ランキングによると、世界第三位のホテルに
ジャイプールの「オベロイ・ラジヴィラス」が選ばれている。
第一位はバリ・サヤンのフォーシーズンズリゾート
第二位は南アフリカのスィンギタ・プライベートゲームリザーブ。
10位までにフォーシーズンズ系列が4つ入ってて、アマンの名が
どこにもないのでちょっと????ではありますが、
わが(?)インドのオベロイが入ったのは嬉しい。

最近インドの宮殿ホテルや豪華リゾートが日本のメディアでも
どんどん取り上げられるようになって、脚光を浴びていますが
一泊350ドルなんてところはざら。インド=安いという公式は
当てはまらない世界です。
だって、プールつきファームハウスに住んでるようなお金持ちも
人口に比例して一杯いるってことだもんね。息子の18歳の
お誕生日に「航空会社」をポンとプレゼントしたりする大富豪も
いるのだぁ~~!!
「天空の城」と渾名される写真のホテルはオベロイ系列の
マショブラ(シムラーの更に先)にあるワイルドフラワーホール。
緑にかこまれ、ヒマラヤの山並みが見えて、夏の避暑地に
統治時代のイギリス人が好んで訪れた地であることが納得できます。
2005.07.24(Sun)  旅行COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
朝ごはん・その2


食べ物ネタ続きです。だんなと結婚したのも「食道楽・大食い」の
共通点があったからこそ。…って、関係ないか。

広~~いインド、食べ物も様々ですが主食の決定的なちがいは
北は「小麦」南は「米」ってこと。北は肉料理も多々あり
南は菜食が多いのも特徴です。
北ではアター(全粉小麦粉)でチャパティ作ったり、プーリーを
揚げたり、パラタ(つめもの入りのインドお好み焼きって感じ)を
焼いたり。
南では米そのものの他、米の粉を発酵させて薄焼きにして
ドーサにしたり、蒸してイドゥリにしたり、揚げてヴァダにしたり
はたまたみじん切り野菜を入れてお好み焼き風に焼いたり。
写真はウッタパム(南インドお好み焼き)、カトリ(小さい器)に
入っているのは唐辛子主体のペーストと、ココナツペースト。
あぁ、食べ物の話になると力がはいってしまいますぅ。
2005.07.22(Fri)  食文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
インドの朝ごはん


インドといっても広いので、「これ!!」って限定できないのが
おもしろいところ。東西南北それぞれちがうし、デリーにいても
出身地方やカーストによって食べ物は決定的にちがう。

……で、北インドの人が好む朝ごはんのひとつ。
「プーリー」というのは全粒粉(アター)をうすく円形にのばし
油で揚げたもの。おもしろいようにぷわぁ~~っと膨らむのよ~。
それをジャガイモ主体のタリワレ(汁が多いあっさりカレー)か
ジーラをいれて炒めたドライ風カレーかと一緒に食べる。
ガタイの大きな北インドのひとは、これを朝から4~5枚食べる。
朝から揚げ物はねぇ~…と日本人は思うのだが、南インドでも
ドーサ(米の粉をクレープ状にうすく焼いたもの)やヴァダ
(米の粉に香辛料を加えてドーナツ状にして揚げたもの)も
油分多いしねぇ。こんなに朝から油の多いもの食べてるから
中年太りがひどいんだよ~、インドのおばちゃまたちぃ!!
2005.07.20(Wed)  食文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
おすすめ


インド製品というと、雑然とした雑貨屋で、1,980円で売ってる
象とラクダの型押し模様のベッドカバー・しかも一度洗うと色が
ぬけおちるやつ…ってイメージじゃありませんか??

いえいえ、最近はインド人の購買力が増したのもあって
見る目も厳しく、「安かろう悪かろう」は影を潜めつつあります。
インドといえばお土産に登場するのはジャイプールプリント
デリーで外人に人気なのはAnokhi(アノーキ*風変わりな、とか
奇妙なといった意味)ですが、服のサイズはちょっと大きめ。
グリーンパークやコンノートにも店があるSomaは色使いがソフトで
花柄もあり、ロマンチック系です。ベッドまわり品、テーブルリネン、
レディス服やスカーフ、小物、子供服まであって何かしら
お土産になりそうなものが見つかるおすすめの店。
2005.07.19(Tue)  ファッションCOMMENT(1)TRACKBACK(0)TOP
掘り出しもの


デリーのど真ん中、コンノートプレースの近くの
ジャンパトゥという通りは、インド土産やネパール製品、あやしげな
骨董品などが並ぶところ。この中にいつも覗くスカーフ屋さんがある。
山積みのスカーフの中から、あれこれ選ぶのは楽しい。
ヨーロッパやアメリカからの買い付けらしき外人が、
うなぎの寝床みたいな店の奥に陣取って、オーナーのおじちゃんと
丁々発止のやりとりをしてるのも面白い。

このオーガンジーにビーズの花模様刺繍の縦長スカーフは
おじちゃんにたのみこんで、50ルピー(120円)で買ったけど
黒いノースリーブとあわせると、パーティウェアに変身。
ここにはインドのお経(多分サンスクリット語)の書いてある
有難い布も売っていて、インドにはまったリピーターに
人気らしい。何に使うんでしょう??客引きがしつこい店があるのが
たまにキズなんだけど、ジャンパトにはコテージエンポリアムという
政府経営のお土産やさんもあるし、南インド料理で有名な
サラヴァナ・バヴァンレストランはあるし、日本へのお土産探し
の日にははずせない場所です。
2005.07.18(Mon)  ファッションCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
マンゴフェスティバル


マンゴの季節です。先週末はタルコトラスタジアムでデリー州政府
主催の「マンゴ祭り」が行われました。インド中のマンゴが
大集合するとあって、毎年大変な賑わいです。

INAマーケットの前のディッリーハートでもマンゴ祭りが
あるというので行ってみました。各州の名産品が一堂に会している
デリー政府観光局運営の施設内で、ウッタルプラデシュ州主催で
舞台あり、マンゴ製品即売あり、マンゴを使った食事コーナーあり
でしたが、わざわざ出かけるほどのものではなし…って感じ。

マンゴを使ったいろいろなレシピは面白かったです。
写真左から「アーム(マンゴ)パラタ」「アーム・ケリ・プディナ
キーマ(マンゴとミントでマリネして炒めたマトンひき肉)」
「アームカバブ」。
マンゴ祭りはモンスーン時期のデリーの風物詩でもあります。
2005.07.17(Sun)  食文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
インドの機内食


インドの国内線は色んな会社が参入して、運賃もずいぶん
安いのが出てきた。早割りもあるし、日程が確定していたら
正規の約半額になる(ただし外国人には適用されませんのです。
インドに住んでる「レジデンシャルパーミット」があれば
インド人と同じ料金設定が利用できます。)

スチュワーデスさんが綺麗で制服もおしゃれなのはジェット航空。
サリー姿でちょっと無愛想で怖いデスもいるのが
インディアン航空。美人ぞろいというふれこみの、新会社が
スパイス航空。サハラ航空の制服はインドで人気のデザイナー、
サティヤ・ポールのデザインだって。

機内食もずいぶん質が向上し、写真のはジェット航空のです。
カトラリーもプラスチックとはいえ、ロイヤルブルーで綺麗。
サハラ航空はエコノミーでも布ナプキンにくるまれた
フォーク・ナイフが出てきたりして高級感漂い…
昔は禁止されてた機内でのカメラ撮影も、許可になったので
おおっぴらに機内食の写真を撮れます。(…って、乗ってる
インド人は誰も写真なんか撮っていないのでした。)
2005.07.15(Fri)  食文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
サリーを着るには


サリーを着るための準備。サリー屋さんで好みのものを買ったら
次に準備するのはサリーのブラウスとペチコート。
ペチコートは既成品の店があるので、サリーを持っていて
似たような色のをウエストと長さとをあわせてから買う。
サテンのペチコートはずれてくるので綿のがおすすめです。
上質のサリーの端には、とも布のブラウス用生地がついているので
その部分を切って、テーラーに持ち込んで好みのデザインで
ブラウスを作ってもらう。襟ぐりのかたち、前や襟足をどのくらい
出すか、袖の長さなど、うるさく指定したほうがいい。
ブラウスはぴちぴちに作ってもらうべし。そのほうが着た時綺麗。

ブラウス分を切り取ったサリーは、サリー屋さん・または
仕上げ専門店で裾まわりに15センチくらいの別布をつけて
もらう。(着物の裾よけの役目をはたす)
パッル(たれ)の部分に金糸銀糸が使われた繊細なものや
ビーズ刺繍のものには、裏にネットをはってもらう。写真では
わかりづらいですが、これがネットをはった部分。これをやって
おくと、アクセサリーなどが引っかかって生地を傷めることが
防げます。……これでようやくサリーを着るための準備万端。
ちなみにサリーはボン・キュッ・ボン体系のほうが似合います。
インド女性って、胸があるのでサリーのブラウスも
胸元あけてもカッコ良いんだけど、私たち日本人は…とほほ。
2005.07.14(Thu)  ファッションCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
タイル


日曜大工をするといっても、DIY専門の店がほとんどないに等しい
インド。(材料も安いし、人件費も安いから、自分でする必要が
ないってことか。)グルガオンにあったARCUSは消滅したし。
たまに工具やセメント、ペンキなど扱っているマーケットを
うろつくと、こっちがジロジロ見られる。
オイオイ、品定めしてるのはこっちだぞ~。

タイル屋さんが並んでいるマーケットにて。
見本が陳列してあるので、わかりやすいが、写真のような
神様タイルは何に使うんだ??
(家の内部の祭壇や、お寺で使うらしい。売れ筋だって。)
2005.07.13(Wed)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
大ヒットおすすめ品


インドもので久々のヒット商品!!
ケロッグのマンゴコーンフレーク、95ルピーなり。
マンゴピューレ使用と銘打ってあるだけあって、本当に
マンゴの香り、味がするコーンフレーク。
鉄分もたっぷりあって、視力アップにも効果的とのこと。
桃やナシなどちっちゃくカットしたのをのせて、
牛乳をかければ、子供にも大うけ。

マンゴの季節のまっただ中だから、あるのかなぁ?
キャラメルコーンの季節限定版メロン味や桃味ののりかなぁ?
年中売ってくれたら嬉しいんだけど。
インドもののマンゴピューレは商社を通じて某お菓子メーカーや
某コンビニチェーンに買取されているとのこと。
あなたが口にしているマンゴプリンやマンゴヨーグルトは
はるばるインドから輸入されたピューレが使用されているのかも。
2005.07.12(Tue)  食文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
日本食


デリーには日本食材が手に入るスーパーが一軒あるが
よほどのことがないと行かない。
食材は一時帰国のたびにせっせと運んで帰ってくる。
今までに食べたいなぁ、あったらいいなぁと思ったもの*ごぼう。
庭に種を植えてみた。お手伝いさんの掘り方が浅かったのか、
季節が悪かったのか、芽も出ないまま消滅。

暑いと冷奴が食べたい。デリーの和食の店で出てくるような
あらめのじゃなくて、つるるんの豆腐が食べたい。
ざる豆腐でもいいわ。…ってなわけで、日本から持ち帰った
大豆でまずは豆乳を作ってみようとサイト検索してみました。
大成功。おからも写真のようにきれいにできあがり、
早速せっせと作っておいしく頂きました。ふっふふ。満足満足

食い意地は人生を彩る。
2005.07.11(Mon)  食文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
バラ園


デリーにはあちこちに「Rose Garden」がある。
空港のすぐそばにも、ネルー公園にも、首相官邸にも。
それも、手入れにはあまり気を使っていそうにない。
日本なら綺麗に薔薇を咲かせようと思ったら
虫がつかないように気をつけて、とても手がかかるのに。
空気が乾燥してるから??

何より嫌いな「なめくじ」も、インドにはいない!!と
たかをくくっていたら、やっぱりモンスーンでじめじめの時期
日本のよりでかい、強そうな奴が(!)公園あたりに出没。
う~、子供は公園で遊びたがるし、私はなめくじを
見たくもないし、ジレンマ。
2005.07.10(Sun)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
揺れるイヤリング


典型的なインドデザインのイヤリングです。
丸い銀色の傘にぷちぷち丸いガーネットが山ほどついているもの。
お店で見るとちょっとインド色濃すぎるかなぁと思うけど
実際つけてみると、可愛い。
着る物の色も選ばず、何にでもあわせやすいので350ルピーは買い。

このプチプチガーネット、一杯ぶらさがっていて
ブドウのようになってるのもある。
これでペンダントとか、指輪とかシリーズ作ってくれたら可愛いかも。
2005.07.09(Sat)  ファッションCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
ギフトバッグ


子供のお祝い事や、記念日にインド人から銀貨をいただくことがある。
吉祥天ラクシュミー女神や、富と学問を司るガネーシャ神などが
ついている、有難いシルバーコイン。
たいてい写真のような可愛い袋に入っている。

ギフトやお祝い袋などを扱う店で手に入る、ギフト用の
ちびちびバッグ。(5X7センチくらい)
一個15ルピー(40円弱)でガネーシャの絵にきらきら飾りまで
ついたのが買える。これでお年玉などもらったら、日本の子供は
びっくりするかなぁ???
2005.07.08(Fri)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
インドの花
flowervase.jpg

インドの花はとても色鮮やか。
水盤に水をはって、マリーゴールドや、真紅の薔薇を浮かべる
という贅沢なアレンジもお手のもの。
暑い時期には花の種類が限られるので、この時期は
香りの良いチューべローズやグラジオラスが
花屋さんに並んでいます。

朝早く、花市場に出かけるととっても安くお花が買えるのも
嬉しい。雨に打たれてホコリが洗い流され、
デリーの街路樹も緑が綺麗に照り映えています。


2005.07.07(Thu)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
流行の色
jwl-pendanthead-bluecross.jpg


今年はファッション雑誌、どれを見てもどこもかしこも
ターコイズブルーですねぇ。
インドのファッション界も、流行色には敏感です。

で、画像のペンダントトップ。グレーターカイラシュの
アクセサリーショップで見つけました。
革紐でも、シルバーチェーンでもOKの涼しげなデザイン。
インドのアクセサリー、加工が上質なものは本当に
上品で、使い勝手も良いんですよ。ぜひお試しあれ。
2005.07.06(Wed)  ファッションCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
モンスーン
pakora1s.jpg

デリーはただ今モンスーン真っ只中。
じとじと降り続く日本の梅雨とは異なり、インドの雨季は
1日に1~2時間土砂降りの後、からりと晴れ上がることが多い。
蒸し暑くて、洗濯物の乾きも悪いのが困り物。

日本人には憂鬱に感じられる雨も、インド人には好評。
「雨が降ったら涼しくなるでしょ」って。
雨の日にはパコラ(野菜やパニールを材料に作る
インド式天ぷら)を食べながら、バルコニーに椅子を
持ち出して、のんびり雨でも眺めて過ごす…ってのが
インド式。
うちも今晩は天ぷらにしようかなぁ~。
2005.07.05(Tue)  天気COMMENT(1)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。